Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

ブレイク必至の16歳シンガーソングライターの現在地に迫る

次世代アーティストao、新曲で示すたしかな成長と無限大のポテンシャル

2022.12.27 18:00

2022.12.27 18:00

全ての画像・動画を見る(全15点)

今年3月に1st EP『LOOK』をリリースしたシンガーソングライター、ao。オンタイムなポップサウンドの精度、陰影に富んだソングライティングの筆致、そしてすでに備わっている独立した歌のグルーヴという点においても、彼女を語る際にどうしても「10代とは思えないという」枕詞を添えたくなるのは重々承知だ。しかし、それだけの切り口では彼女の歌の本質を捉えることはできないということを、はっきりと提示しているのが新曲「瞬きと精神と君の歌と音楽と」である。これまでの様相とは異なるあり方で、オーガニックかつオーセンティックな普遍性をまとったラブソングを作り上げたaoにその現在地を聞いた。

ao

──aoさんの歌は一貫して陰影の表現を大事にしていますよね。

普段、世の中に対して思っていること、「こういう仕組みはおかしいんじゃないかな」と思うこと、そういう社会への不満、みたいなのが根底にあって。その上で具体的な自分の体験談とかを曲の詞にすることが多いので、そういう暗い感情が歌詞やメロディーラインに表れているんだと思います。そこから作ったメロディーラインをアレンジャーさんに渡したり、そのメロディーや歌詞にインスパイアを受けて「こういう楽器を組み合わせるとかっこいいな」と思ったりするので、そうやってだんだんと陰影を感じる音楽が形成されていってるのかな、って思います。

──その核は歌を書き始めた当初から感じていましたか?

「no THANKYOU」も当時、友達と喧嘩した時の話で。次にリリースされたデビュー曲の「Tag」は、自粛生活の中で、ちゃんとやりたい自分とできない自分の追いかけっこ、みたいなジレンマ的な気持ちを書いたりしたので、割と最初からそういうマインドで曲を書いていましたね。

──幸福感を覚えるような瞬間を歌にしたいとはあまり思わない?

あまり思わないですね。結構「嬉しい」っていう感情って「嬉しい」で終わっちゃうことが多くて。その先の感情を考えたりとかもあんまりしないんです。でも「悲しい」とか「悔しい」とかって「なんでこうなったんだろう?」とか、原因を探したりするじゃないですか。だから深掘りしやすいっていうか、曲にしやすいっていうのがあります。

──ずっと思考をし続けている人の歌だと思うんです。

そうですね。ずっと考えちゃうタイプです。全然曲を作る前の話なんですけど、小学生の時にお友達とトラブルというか仲間割れしちゃったことがあって、先生に呼び出しされて(笑)。でもその時、私たちの中では既に完結していたんです。それでも先生が干渉してきて、「原因は何なんだ?」と問い詰められたりして。その時に「なんでこんなことするんだろう?」ってすごい疑問に思いました。きっと先生達は、小学生だから根本的なものをまだ解決できてない、根本から解決したい、と思ったのかもしれないんですけど、そうやって掘り起こされて、解決してたのにまた散らばっちゃって。

皆きっと、個人個人が深く考えてるんじゃないかなって思うんです。私自身は特に、グループとか団体の中でもリーダー的な立ち位置になることが多かったので「この子はこういう時にこう思ったからこうしたんだろうな」と、自分の中でも色々考えていて。そこから「じゃあ、こうしよう」って結論を出して意見をいうことが今まで多かったです。

ao – チェンジ (Official Video)

次のページ

aoの音楽制作の基礎になったもの

作品情報

ao Digital Single『瞬きと精神と君の歌と音楽と』

『瞬きと精神と君の歌と音楽と』ジャケット

『瞬きと精神と君の歌と音楽と』ジャケット

ao Digital Single『瞬きと精神と君の歌と音楽と』

2022.11.30 Release

配信はこちら

ao Digital Single『余所見』

ao『余所見』ジャケット

ao『余所見』ジャケット

ao Digital Single『余所見』

2022.10.19 Release

配信はこちら

[date of birth] May 2006
[instrument] Piano , Guitar , Ukulele , Percussion , DTM(Logic pro)

ao、16才。
ただ歌うことが好きだったaoが、小学6年生の時に初めて出演したオーディションで、その才能を見出される。
2021年9月に「Tag」でメジャーデビューを果たし、2022年1月にはSpotifyが選ぶ2022年に活躍を期待する次世代アーティスト「RADAR:Early Noise 2022」に選出。
同年3月には小学6年生からの4年間で制作した楽曲を収録した1st EP「LOOK」を、6月にはDigital Single「リップル」をリリース。
8月には東宝YouTube映画『チェンジ』主題歌「チェンジ」、10月には作詞・作曲のみならず編曲まで深く関わった「余所見」、続く11月には渾身のウィンターバラードとなる「瞬きと精神と君の歌と音楽と」を立て続けにリリース。
リアルな日常を独特の完成で切り取った歌詞、重厚感のあるダークなビートサウンドから高揚感溢れるキャッチーなメロディまで、その全てを唯一無二の声で表現していくao。
流行に捉われることなく、言語や世代を超え、これからの音楽シーンに新たな希望を見出す。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube