Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

本間昭光のMUSIC HOSPITAL 第7回 ヒグチアイ(前編)

ヒグチアイと考えるアーティスト人生、一歩ではなく半歩先を行く難しさ

2022.12.27 12:00

2022.12.27 12:00

全ての画像・動画を見る(全7点)

ポルノグラフィティの作曲&トータルプロデュースやいきものがかりのサウンドプロデュースなど、数々のヒット曲を生み出してきた本間昭光の対談連載「本間昭光のMUSIC HOSPITAL」。本間のプライベートスタジオを舞台に、毎回セルフプロデュースに長けた若手アーティストを招いた音楽談義が繰り広げられていく。

今回のゲストは、幼少期からクラシックピアノに触れながらさまざまな楽器や音楽を経験、18歳から鍵盤弾き語りを生業とするヒグチアイ。2016年のメジャーデビュー以降、自分自身を鼓舞するような楽曲リリースを重ね、着実に支持者を増やしてきた彼女は、何に迷い、どんな壁を越えて今にたどり着いたのか。前編ではまず、これまでの音楽人生に自ら向き合ってもらった。

ヒグチアイ

本間昭光(以下、本間) ヒグチさんの曲の歌詞がいいなと思って。歌詞を先に作られているんじゃないかなと思ったんです。

ヒグチアイ(以下、ヒグチ) どっちもですね。曲からの時もあるし、歌詞からの時もあります。

本間 詞先の時は歌詞を全部書いてからメロディーを書きます?

ヒグチ 2パターンあって、最初にワンコーラス歌詞を書いてメロディーを乗せるパターンと、頭の中でメロディーをつけつつ、歌詞を全部書いちゃってからメロディーをちゃんとピアノで作るパターンがあります。

本間 歌詞が自然に入ってくる曲が多くて。メロディーが先だと小節数とか譜割りがこうならないだろうなっていうのをいっぱい感じたんです。

ヒグチ どういうことか細かく教えてほしいです(笑)。

本間 自然なんです。僕は弾き語り最強説というのを持っていて。

ヒグチ え! なんでですか?

本間 自分のタイミングと表現で、一人でオーケストラになるので一番強いなって。どんなにアレンジ頑張っても、その曲を弾き語りされたりすると叶わないなって思うんですよね。間合いとか。

ヒグチ 最強ではあるんですけど、弾き語りのワンマンはみんな聞いてて疲れるだろうなと思っちゃいます(笑)。

本間 1時間半ぐらいだったら、ギリギリいけるんじゃないですか(笑)。世界観に没入できるからすごくいいなと思って聴いてました。逆にバンドでやるときは、委ねられるってことですよね?

ヒグチ もともとクラシックをやっていたので、スクエアな感じの人とは感覚が合わないんですよね。

本間 間合いがすべてじゃないですか。言葉じゃ説明できないんですよね。

ヒグチ できないし、ピアノはギターみたいにリズムを出すのが難しい。どうしたらいいんだろうなって毎回思うところです。

本間 ピアノはパーカッションですから。床を足で一発踏むだけで、ドンっと響くんじゃないですか。THE FIRST TAKEとか見ても、自分の間合いでやってらっしゃるじゃないですか。あれを理解できるミュージシャンってそうそういないですよ。

ヒグチアイ – 悪魔の子 / THE FIRST TAKE

ヒグチ 間合いを合わせるのは難しいと思いますか?

本間 今20代のミュージシャンとか、本当に上手な人が多いんですけど、スクエアなんです。スクエアが悪いとは言わないけれども、むかし武部聡志さんが、Adoちゃんにインタビューをして、何になりたいのかって聞いたら、ボカロになりたいって答えてて。

ヒグチ へえー!そうなんですね。

本間 一番理想なのはボカロの初音ミクみたいな歌い手で、それが根本にあるんだっていう話をしてて。でも彼女はそこにオリジナリティがあるじゃないですか。間合いのとり方とか、ニュアンスであったり。

ヒグチ 子音と母音の組み合わせによって、発音が遅くなるんですよ、私は。そこが自分の弱みだとずっと思っていて。

本間 それが個性なので全然いいと思いますよ。日本語ってもともとまろやかな言葉なのでハキハキ歌うのもいいけども、ヒグチさんのような発声・発音で歌う方が、語り部のような感じで。自分のペースでやる、つまりは言葉が伝わりやすいペースを自分でコントロールしている部分があるんじゃないかと思うんです。

ヒグチ 言葉に対する潔癖みたいなところが歌い方にも出てるのかもなと思うと、もう14年もやってるので、ちょっとあきらめました(笑)。

本間 できなくて当然ですよ(笑)。そんなに幅広くっていうのは。だからアーティストは唯一無二になると思うんですよね。あれもこれもやっちゃうと、何がその人の顔かわからなくなることってあると思うんですよ。それが売りの人もいますけどね。だけど、お客さんが求めるものっていうのは14年間の中で培われてきたし、きっとファンの皆さんの中にも育っていて。でも色々やりたくなるっていうのはすごく理解できます(笑)。飽きっぽいんですよね。アーティストは。

ヒグチ わかります。

次のページ

現代の女性シンガーソングライターとして感じること

作品情報

ヒグチアイ 配信シングル『悪魔の子 – From THE FIRST TAKE』

『悪魔の子 – From THE FIRST TAKE』ジャケット

『悪魔の子 – From THE FIRST TAKE』ジャケット

ヒグチアイ 配信シングル『悪魔の子 – From THE FIRST TAKE』

2022年12月23日(金)配信

配信はこちら

ヒグチアイ 配信シングル『小さな夢』

『小さな夢』ジャケット

『小さな夢』ジャケット

ヒグチアイ 配信シングル『小さな夢』

2022年12月9日(金)リリース
NHKみんなのうた2022年12月〜2023年1月曲
うた:ヒグチアイ
作詞・作曲:ヒグチアイ/編曲:ヒグチアイ、松岡モトキ/アニメーション:山村浩二

配信はこちら

ヒグチアイ 配信シングル『ネオンライトに呼ばれて』

『ネオンライトに呼ばれて』ジャケット

『ネオンライトに呼ばれて』ジャケット

ヒグチアイ 配信シングル『ネオンライトに呼ばれて』

ABEMA『恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK』第3話主題歌

Sound Arrangement & Produce:A.G.O
Recording Engineer:NNZN
Mixing Engineer:Hiraku Someno

配信はこちら

イベント情報

HIGUCHIAI band one-man live 2023

HIGUCHIAI band one-man live 2023

2023年5月13日(土) 名古屋 SPADEBOX
OPEN 17:30/START 18:00
2023年5月19日(金) 大阪 心斎橋 BIGCAT
OPEN 18:45/START 19:30
2023年6月11日(日) 東京 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
OPEN 17:15/START 18:00

BAND MEMBER:Ba 御供信弘/Dr 伊藤大地/Gt ひぐちけい

チケット情報:
【名古屋】指定席:前売 5,500円(税込)+1Drink/スタンディング(全自由):前売 5,000円(税込)+1Drink
【大阪・東京】全席指定:前売 5,500円(税込)+1Drink
オフィシャル先行(抽選/1次) 受付期間:2022年12月11日(日)20:00〜2023年1月4日(水)23:59迄

HIGUCHIAI band one-man live 2023

ヒグチアイ

アーティスト情報

平成元年生まれ。シンガーソングライター。
生まれは香川、育ちは長野、大学進学のため上京し、東京在住。
2歳のころからクラシックピアノを習い、その後ヴァイオリン・合唱・声楽・ドラム・ギターなどを経験、様々な音楽に触れ、18歳より鍵盤弾き語りをメインとして活動を開始。

2016年、1st ALBUM『百六十度』でメジャーデビュー。
これまでに培った演奏力と、本質的な音楽性の高さが業界内外から高い評価を受け、「FUJI ROCK FESTIVAL」「RISING SUN ROCK FESTIVAL」など大型フェスへの出演も果たす。

2022年1月、TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season Part2のエンディングに抜擢され『悪魔の子』を書き下ろし。圧倒的な説得力を持って迫る、歌うようなピアノとまっすぐに伸びるアルトヴォイス。ピアノと一体になった小さな身体から振り絞られる熱情が、時にたおやかな美しさを、時に心かきむしられる焦燥を、時に喪失の中の光を描く。独特の視点で綴る歌詞世界は、ありふれた日常の風景を短編小説のようにドラマチックに昇華させる。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 全国8ヵ所を巡るツアーも開催決定 チャラン・ポ・ランタン、ニューアルバム『紆余曲折集』を今春リリース

    2023.01.31 21:00

    もも(唄/平成生まれの妹)と小春(アコーディオン/昭和生まれの姉)による姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタンが、2023年春にニューアルバム『紆余曲折集』をリリースすることを発表した。 2020年のアルバム『こもりうた』以来となる今作には、フジテレビ系列で放送されている昼のバラエティ番組『ぽかぽか』テーマソングで亀田誠治プロデュース曲「ぽかぽか」を含む15曲程度が収録予定。アルバムの詳細は随時発表される。 また、新アルバムを引っ下げ、「チャラン・ポ・ランタン ニューアルバム「紆余曲折集」リリース記念ツアー『紆余曲折集会』」を全国8ヵ所で開催することも決定。5月11日(木)の東京・Spotify<a href="https://bezzy.jp/2023/01/18238/">…

  • ジャズの世界観にダンサンブルなトラックが融合した1曲 香取慎吾×SEVENTEENが音楽で華を添える、草彅剛主演ドラマ主題歌「BETTING」配信開始

    2023.01.17 00:00

    1月16日(月)にスタートした草彅剛の主演ドラマ『罠の戦争』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)の主題歌で、香取慎吾とSEVENTEENが共同で制作した楽曲「BETTING」の配信が本日スタートした。 ドラマ『罠の戦争』は、草彅剛が主演を務める『銭の戦争(2015年)』『嘘の戦争(2017年)』に続く「戦争シリーズ」第3弾で、弱者による強き権力者への復讐劇が描かれた作品。愛する家族を傷つけられた議員秘書が知略を尽くして鮮やかな“罠”を仕掛け、悪しき政治家を失脚させる痛快なエンターテインメント作品となっている。 主題歌である「BETTING」は、香取慎吾が最新アルバム『東京SNG』で見せた<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17102/">…

    #SEVENTEEN#罠の戦争#草彅剛#香取慎吾

  • 初回盤にはファンクラブツアーZepp Haneda公演映像を収録 aiko15枚目のオリジナルアルバム『今の二人をお互いが見てる』3月29日リリース決定

    2023.01.31 21:00

    aikoが、キャリア15枚目となるアルバムを2023年3月29日(水)にリリースすることを発表した。 前作『どうしたって伝えられないから』から約2年ぶりとなる今作には、現在放送中のフジテレビ系 木曜劇場『忍者に結婚は難しい』主題歌「あかときリロード」のほか、カルビーのポテトチップスCMソング「夏恋のライフ」「食べた愛」、昨年4月27日にリリースした「ねがう夜」や映画『もっと超越した所へ。』主題歌「果てしない二人」含む全13曲が収録される予定。 初回限定仕様盤A・Bには、昨年8月から10月まで3ヵ月に渡って開催された約15年ぶりのファンクラブツアー「aiko Live Tour『Love Lik<a href="https://bezzy.jp/2023/01/18259/">…

    #aiko

  • 壮大な演出が伝わる約11分 サカナクション、映像作品『SAKANAQUARIUM アダプト ONLINE』全曲ダイジェスト映像公開

    2023.01.26 18:30

    サカナクションが、2023年2月22日(水)にリリースする映像作品『SAKANAQUARIUM アダプト ONLINE』より全曲を網羅したダイジェスト映像をYouTubeで公開した。 コロナ禍で見出した新しい音楽表現手法であるオンラインライブの可能性を追求し、2021年11月20日(土)・21日(日)の2日間にわたり実施された「SAKANAQUARIUM アダプト ONLINE」。“舞台×MV×ライブ”というコンセプトのもと、4階建てビル相当の巨大な造形物「アダプトタワー」を舞台にリアルタイムでライブ演出が展開された。その映像作品となる今作においても同ライブの総合演出を務めた映像ディレクター田<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17922/">…

    #サカナクション

  • 高身長を活かし年齢を感じさせない動きを見せる 51歳スヌープ・ドッグが見事なダンクシュートを披露した動画が話題に

    2023.01.11 19:00

    1993年にリリースされたデビューアルバム『Doggystyle』が世界で1,000万枚以上のセールスを記録したスヌープ・ドッグ。1992年にリリースされたドクター・ドレーの「Deep Cover」に参加したことによってラッパーとしてデビューしたベテランラッパーであるが、51歳になった今でも身体能力は健在なようだ。 この度スヌープ・ドッグが見事なダンクシュートを披露した動画がSNSで話題になっている。身長193cmのスヌープ・ドッグは片手でバスケットボールを掴み、コートのベースラインからダンクシュートを決めており、51歳という年齢を感じさせない動きを見せている。 スヌープ・ドッグは高校生のとき<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16769/">…

    #Snoop Dogg#スヌープ・ドッグ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube