Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

来日したグラスゴーの天才ビートメーカーにインタビュー

ハドソン・モホークが語る音楽ルーツ、ターンテーブリストからプロデューサーへの軌跡

2022.11.25 18:30

2022.11.25 18:30

全ての画像・動画を見る(全7点)

スコットランド・グラスゴー出身のDJ、ビートメイカー、プロデューサーとして活躍するHudson Mohawke (ハドソン・モホーク)。ヒップホップやソウルの要素をレイヴ、ビート・ミュージック、エレクトロニックに詰め込み、常に先進的なサウンドでビートミュージックのパイオニアの一人として、多くのプロデューサーに影響を与えてきた。イギリスの名門レコード・レーベル〈Warp Records〉からアルバム『Butter(2009)』でデビューし、ルニスとのサイドプロジェクトTNGHTは、後に確立されるダンスミュージにおける「トラップ」というスタイルのルーツを語る上で欠かせない。

ハドソン・モホークの音楽はフライング・ロータスやカニエ・ウェストも魅了し、カニエの『Yeezus』と『The Life Of Pablo』にプロデューサーとしても参加。楽曲「Chimes」は、AppleのMacBook AirのテレビCMにも起用され、今年の8月には7年ぶりとなる自身3枚目のアルバム『Cry Sugar』をリリース。そんな彼が10月に行われたスクエア・プッシャー来日公演のゲストDJとして緊急参戦したので、その出番前にインタビューを敢行した。

──最近は結構ツアーとかやっていますか?

いや、していないよ。前作をリリースして少ししてからツアーをするのは止めたんだ。アメリカに引っ越して、スタジオで作業をしたかった。2016年の終わりにアメリカに引っ越したんだけど、2009年ぐらいからずっと継続的にツアーをしていて、飽きたわけじゃないんだけど、ツアー生活に疲れていた。あまりにもパーティーしていたし、あまりいい状態じゃなかったから、ツアーを止めたほうがいいと思ったんだ。

──今アメリカのどこに住んでいるのですか?

ロサンゼルスだよ。

──僕もロサンゼルスに昔住んでいました

そうなんだ! 実は僕の父親がロサンゼルス出身なんだけど、僕自身はあまり街との繋がりがなかったんだ。でもLAがどういう場所なのかわかろうとするよりも、実際にそこで時間を過ごしてみたほうがいいと思った。色々まとまっている大都会で時間を過ごした後にLAに行くと、不思議な感じがする。どこに何があるかわからないし、都会のように感じない。孤独な感じもする。でも常に何かが起こっているという感覚もあった。だから住んで6年目になる。

──ハドソンはスコットランドのグラスゴー出身ですが、音楽シーンはどのような感じですか?

UKもアンダーグラウンドのシーンがとても強いんだ。アメリカに引っ越して思ったのは、UKとかヨーロッパで育った僕たちは音楽シーンに恵まれていたということだ。多くの街では、メインストリームなシーンよりもアンダーグラウンドのシーンのほうが大きかったりする。ロンドンもそうだけど、グラスゴーもアンダーグラウンドなライブハウスやクラブのほうが多い。アメリカに引っ越すまで気がつかなかったんだけど、そういうアンダーグラウンドなクラブが多い場所で育ったのは運が良かったと思う。パーティーと音楽そのものを愛する人たちが良いバランスだった。世の中には聴いたことがある音楽じゃないと受けつけない人たちも多いけど、グラスゴーは知らない音楽でも良いものを受け入れる土台があったと思う。

様々なDJやバンドがグラスゴーから出てきたし、ダンスミュージックでいうと、グラスゴーは昔からテクノが強い場所だった。エディンバラがジャングルやドラムンベースの街で、グラスゴーがテクノだった。どちらもオープンな耳を持った人たちが多くて、みんなに知られている曲を聴きたいのではなく、単に音楽を聴いて良い時間を過ごしたい人たちが多かったと思う。

次のページ

音楽との出会い、ターンテーブリストからプロデューサーへ

作品情報

『Cry Sugar』

『Cry Sugar』ジャケット

『Cry Sugar』ジャケット

『Cry Sugar』

2022年8月12日(金)リリース
●CD 国内盤 BRC711/¥2,200(税抜)
●CD 輸入盤 WARPCD347/¥2,000(税抜)
●LP 限定盤 WARPLP347I ※ブルー・ヴァイナル/¥4,300(税抜)
●LP 限定盤 WARPLP347 ※ブラック・ヴァイナル/¥4,300(税抜)

購入はこちら

収録内容

01. Ingle Nook
02. Intentions
03. Expo
04. Behold
05. Bicstan
06. Stump
07. Dance Forever
08. Bow
09. Is It Supposed
10. Lonely Days
11. Redeem
12. Rain Shadow
13. KPIPE
14. 3 Sheets To The Wind
15. Some Buzz
16. Tincture
17. Nork 69
18. Come A Little Closer
19. Ingle Nook Slumber

ハドソン・モホーク

アーティスト情報

スコットランド・グラスゴー出身のDJ、ビートメイカー、プロデューサーとして活躍するHudson Mohawke (ハドソン・モホーク)。ヒップホップやソウルの要素をレイヴ、ビート・ミュージック、エレクトロニックに詰め込み、常に先進的なサウンドで多くのプロデューサーに影響を与えてきた。イギリスの名門レコード・レーベル〈Warp Records〉からアルバム『Butter (2009)』でデビューし、LuniceとのサイドプロジェクトTNGHTはフライング・ロータスやカニエ・ウェストも魅了。今年の8月には7年ぶりとなる3rdアルバム『Cry Sugar』をリリースし、10月に行われたスクエア・プッシャー来日公演のゲストDJとして緊急参戦した。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 手元にもフォーカスした演奏力を堪能できる映像 BAND-MAID、メイド風衣装とのギャップ際立つインスト曲「from now on」MV公開

    2022.11.25 12:00

    BAND-MAIDが、インストゥルメンタル曲「from now on」のミュージックビデオを公開した。 本楽曲は2022年10月・11月に開催した2万人超を動員したアメリカ単独ツアーでの披露をはじめ、11月6日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催された「Guns N’ Roses JAPAN TOUR」サポートアクト出演時の1曲目にも演奏したインスト曲。メイド風の衣装とゴリゴリのロックサウンドとのギャップで観客の度肝を抜き“BAND-MAID”がTwitterトレンドワード入りをするなど大きな反響を巻き起こした。 今回公開されたMVは9月21日にリリースされた最新EP『Unlea<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14043/">…

    #BAND-MAID

  • 観戦するブラックパンサーやデアデビルの様子も エミネムとスパイダーマンが表紙でラップバトル 特別版コミックが限定販売されるも即完売

    2022.11.24 19:15

    今月ロックの殿堂入りを果たしたエミネムが、コミック『The Amazing Spider-Man』のヴァリアント・カバー(特別版表紙)に登場した。 自身がスパイダーマンとラップバトルしている様子が描かれた表紙をSNSに投稿したエミネム。こちらは今年の4月に発売された『The Amazing Spider-Man #1』の特別版表紙となっており、表紙にはラップバトルを観戦するブラックパンサーやデアデビルの様子も見受けられる。こちらの特別版は、エミネムの公式サイトで5,000部限定で販売されたが、現在は売り切れとなっている。 エミネムはSNSで、「“Amazing Spider-Man (2022<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14015/">…

    #Amazing Spiderman#アメイジング・スパイダーマン#エミネム#スパイダーマン#マーベル・コミック

  • 何度も訴訟を経験する彼が最近訴えた相手とは? 50セント、今までに弁護士費用で約30億円ほどを使ったと明かす

    2022.11.25 18:00

    2003年にリリースされたデビューアルバム『Get Rich Or Die Tryin’』が900万枚を超える大ヒットとなった50セント。今ではラッパーとしてだけではなく、俳優や映像ディレクターとしても活躍する彼は今までに様々な訴訟に巻き込まれている。 YouTuberのBrian Robertsとのインタビューで、ジョージ・フロイドの遺族がカニエ・ウェストに対して損害賠償訴訟を起こしたことについて語った50セント。彼は自身の経験について、以下のように語った。 「2003年に成功をしてから、俺は2,300万ドル(約32億円ほど)を弁護士費用で使ったんだ。だから自分が“成功した”とか、レベルが違<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14061/">…

    #50 Cent#50セント

  • ダンサーとバンドメンバーと歌で表現しきった作品 宮本浩次、新作カバー集『秋の日に』より「飾りじゃないのよ 涙は」MV公開

    2022.11.25 22:00

    宮本浩次が、11月23日にリリースした新作カバー作品『秋の日に』より中森明菜の名曲「飾りじゃないのよ 涙は」のミュージックビデオを公開した。 本楽曲は小林武史が全曲プロデュース&アレンジした宮本の新作カバー作品『秋の日に』の収録曲で、本来ならば本日テレビ朝日系で生放送された「ミュージックステーション」で生パフォーマンスされるはずだった楽曲。(宮本は体調不良のため出演キャンセルに) 公開されたMVの監督は、宮本と初タッグとなるウスイヒロシ。宮本と小林武史のタッグによって鮮烈で清新な全く新しい作品として生まれ変わった世界を、ダンサー、信頼を寄せるバンドメンバー、そして宮本の歌唱によって表現しきった<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14126/">…

    #宮本浩次

  • 初回盤には日比谷野音&Zepp Yokohamaライブ映像 PassCode、1年ぶりEP『REVERBERATE ep.』リリース決定

    2022.11.11 19:00

    ロックファンからアイドルファンまで幅広い支持を得る4人グループ、PassCodeが約1年ぶりのEP『REVERBERATE ep.』を2022年12月21日(水)にリリースすることを発表した。 今年2月に自身初となる日本武道館公演を完全ソールドアウトさせ、国内シーンでも存在感を放つラウドクイーンへと成長を遂げたPassCode。 同作のタイトルであるREVERBERATEという単語には「反響する」「鳴り響く」という意味があり、“世界中にPassCodeの音楽を響き渡らせる”という思いが今作には込められている。全て新曲の全4曲が収録され、2022年5月に初披露され夏のライブツアーでも鮮烈な印象を<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13022/">…

    #PassCode

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube