Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

新アルバム『FLOWERS』とバンドの現在地を語る

go!go!vanillas牧達弥に訊くメンバーの進化、新作で立ち返る“自分たちのフィールド”

2022.12.15 17:00

2022.12.15 17:00

全ての画像・動画を見る(全12点)

原点回帰とバンド・サウンドの更新を印象づけるニュー・アルバム『FLOWERS』が発売された。今回もgo!go!vanillas(以下、バニラズ)らしい多彩な全12曲が揃っているが、バンドが原点回帰するには、そもそもバンドが進化していることが前提として必要だ。今回のインタビューでは原点回帰やバンド・サウンドの更新についてはもちろんのこと、そこに至るまでの進化をどう捉えているのか、バンドを代表して牧達弥(Vo, Gt)に訊いてみた。来年2023年、インディーズ・デビュー10周年、翌2024年、メジャー・デビュー10周年を迎えるバニラズの活動はここからさらに加速していきそうだ。

牧達弥(go!go!vanillas)

──9月30日の日本武道館公演で、今回のアルバムの1曲目を飾る「HIGHER」を聴いて、とてもかっこいい曲だと思いました。アイリッシュ・フォークやカントリーといったルーツ・ミュージックの要素は、これまでのバニラズの楽曲からも聴き取れましたが、「HIGHER」はフォークやウェスタンの要素を、壮大かつアトモスフェリックな曲調で聴かせたところがバニラズの新たな一面に感じられ、新しいアルバムへの期待がぐっと高まったんです。今回の『FLOWERS』、そんな期待通りの、いや、期待以上のアルバムでとても聴き応えがありました。

すごく自然に生まれてきたんですよ。しかも、僕ら4人だけではなく、僕が入れたいと思った楽器を演奏している3人を迎えたことで、僕らも気合いが入ったし、3人もそれに応えてくれるように魂を吹き込んでくれていると感じながら作れたので、音楽的にも一番、楽しめたアルバムだと思います。

──ピアノの井上惇志さんとトランペットのファンファンさんとは以前に共演歴がありますが、フィドルの手島宏夢さんは今回のアルバム制作のタームからの参加ですね。

そうです。今回、レコーディングに落とし込む音は、ダイレクトに人間力を感じながら表現したかったので、どうしてもフィドルを入れたいという話をして、紹介していただきました。その3人と「LIFE IS BEAUTIFUL」という曲を、ほんと手合わせするみたいに、「まずはみんなでやってみよう」ってところから作り始めたのが今回のアルバムなんですよね。

go!go!vanillas- 「HIGHER」Music Video

──人間力という言葉が出ましたが、今回、『FLOWERS』を聴いて、第一印象として感じたのが、生のバンド・サウンドとビートルズをはじめとする60’sのロックというバニラズの原点回帰だったんです。もちろん、「HIGHER」を聴けば、原点回帰だけにとどまらない作品だということはわかるのですが、人間力を求めたのは、原点に回帰したいという気持ちからだったのでしょうか?

原点回帰というところもあるのかもしれないですけど、前作の『PANDORA』を作ったのがコロナ禍の混乱が一番不安な時で、メンバーとディスカッションするのもリモートだったので、自分のよりパーソナルな部分で曲を作るってことをやって。パソコンでいろいろな音を選びながら、普段やらないことまで含め、遊ぶって感覚で作りながら、それはそれですごく楽しかったんですけど、やっぱり1人で作り上げるってことに対する孤独もあって。そんなふうにラボみたいな感じで作り上げたので、次の作品ではメンバーそれぞれの演奏のカラーを広げていく方向で、サンプリングをプリセットですることが当たり前の時代にロック・バンドとして、自分達の演奏で音楽を作り上げてきたという自負も含め、僕らだけの音を作ろうっていうのが今回、アルバムを作るとき、最初に思った気持ちでした。

次のページ

海外シーンから見たバニラズの音楽

作品情報

ALBUM『FLOWERS』(完全限定生産盤)

『FLOWERS』ジャケット

『FLOWERS』ジャケット

ALBUM『FLOWERS』(完全限定生産盤)

2022年12月14日(水)リリース
CD+Blu-ray:VIZL-2130 ¥5,500(税込)
CD+DVD:VIZL-2131 ¥5,500(税込)

購入はこちら

収録内容

【CD収録内容】
01. HIGHER
02. The Marking Song
03. ペンペン
04. I Don't Wanna Be You
05. 青いの。
06. Two of Us feat. 林萌々子(Hump Back)
07. Dirty Pretty Things
08. My Favorite Things
09. 硝子
10. RUN RUN RUN RUN
11. LIFE IS BEAUTIFUL
12. きみとぼく

【Blu-ray/DVD収録内容】
「FLOWER OF LIFE」

「LIVE & DOCUMENTARY at 大分 iichikoグランシアタ 2022.5.5」 (79min)
・今年の5月5日=“go!go!の日” 開催、2度の延期・中止により果たせていなかった、 牧達弥(Vo/Gt)と長谷川プリティ敬祐(Ba)の地元大分凱旋ワンマン“「青いの。ツアー 2022」-FINAL-”より、厳選ライブ映像
サクラサク / 青いの。 / FUZZ LOVE / T R A P ! / ヒートアイランド / アメイジングレース / セルバ
・実家で家族との時間を過ごす牧や、出身中学校で旧友と再会するプリティなど、生立ちまでに肉迫した超貴重な密着ドキュメンタリーを収録したスペシャルムービー

「FLOWERS “プログラムノート” INTERVIEW」 (58min)
アルバム完成直後に撮り下ろしたメンバー全員のアルバムディープインタビュー

ALBUM『FLOWERS』(通常盤)

『FLOWERS』ジャケット

『FLOWERS』ジャケット

ALBUM『FLOWERS』(通常盤)

2022年12月14日(水)リリース
CD:VICL-65748 ¥3,300(税込)

購入はこちら

収録内容

01. HIGHER
02. The Marking Song
03. ペンペン
04. I Don't Wanna Be You
05. 青いの。
06. Two of Us feat. 林萌々子(Hump Back)
07. Dirty Pretty Things
08. My Favorite Things
09. 硝子
10. RUN RUN RUN RUN
11. LIFE IS BEAUTIFUL
12. きみとぼく

イベント情報

go!go!vanillas「FLOWERS」TOUR 2023「FLOWERS」TOUR 2023 フライヤー

go!go!vanillas「FLOWERS」TOUR 2023

1月17日(火)KT Zepp Yokohama
1月20日(金)Zepp Osaka Bayside
1月21日(土)Zepp Osaka Bayside
1月26日(木)長崎 DRUM Be-7
1月27日(金)大分 DRUM Be-0
1月29日(日)Zepp Fukuoka
2月4日(土)郡山 HIPSHOT JAPAN
2月5日(日)仙台 GIGS
2月11日(土)Zepp Sapporo
2月17日(金)Zepp Nagoya
2月18日(土)Zepp Nagoya
2月26日(日)Zepp Haneda
3月9日(木)岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
3月11日(土)BLUE LIVE 広島
3月12日(日)高松 festhalle
4月7日(金)長野 CLUB JUNK BOX
4月8日(土)りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場

<追加公演>
3月24日(金)中野サンプラザ
3月25日(土)中野サンプラザ
4月20日(木)大阪 オリックス劇場
4月21日(金)名古屋国際会議場 センチュリーホール
4月23日(日)福岡市民会館
5月5日(金・祝)鹿角市文化の杜交流館コモッセ 文化ホール

チケット料金:5,500円(ドリンク代別)

go!go!vanillas「FLOWERS」TOUR 2023「FLOWERS」TOUR 2023 フライヤー

go!go!vanillas

アーティスト情報

牧 達弥(vo/g)、柳沢 進太郎(g)、長谷川プリティ敬祐(ba)、ジェットセイヤ(dr)の4人からなる新世代ロックンロール・バンド。
さまざまなジャンルを呑み込んだオリジナリティ豊かな楽曲で聴く人を魅了し、ライヴでは強烈なグルーヴを生み出す。
音楽ルーツへのリスペクトにとどまらず、常に変化・革新をし続けている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube