Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

本間昭光のMUSIC HOSPITAL 第8回 ヒグチアイ(後編)

ヒグチアイが目指すアーティスト像、寄り添う歌で立ち続けたい場所

2023.01.15 12:00

2023.01.15 12:00

全ての画像・動画を見る(全7点)

数々のヒット曲を手がけた日本を代表する音楽プロデューサー、アレンジャーである本間昭光の対談連載「本間昭光のMUSIC HOSPITAL」。本間氏のプライベートスタジオを舞台に、ジャンル・スタイルを問わず現在活躍中の若手アーティストとの音楽談義をお届けします。

前回に続き、今回のゲストも性別問わず幅広い世代から支持を集めるシンガーソングライター・ヒグチアイ。約1年前にTVアニメ『進撃の巨人』The Final Season Part2のエンディングテーマ「悪魔の子」で一躍その才能がフィーチャーされた彼女は今、ヒットを振り返り何を思うのか。取り巻く環境の変化やこれからの目標など、“アーティスト人生”についてディープなトークを繰り広げた前編に続き、後編でもリアルな本音を語ってもらった。

ヒグチアイ

一生音楽からは離れられない(本間)

本間 でもヒグチさんがご自分のことをサブリーダー的存在だとおっしゃってるのを聞いて思い出した実体験があって。山に5人で登って、一人60代の方がいらっしゃったんですけど、登山って上りより下りがつらいから、うちのマネージャーがその方に寄り添って。僕らは先に降りて車とか手配して、2人は4時間遅れで到着したんです。

ヒグチ えー! すごいですね!

本間 その時間で2人の信頼関係はゆるぎないものになってますよね。だからサブリーダー的な感じで寄り添いながらって、もの凄い強い絆を皆さんとつなげられるんじゃないかなって思います。

ヒグチ 5人だったら3人は先に行くわけじゃないですか、だから寄り添うって大人数じゃできないんですよ。時間がかかって、ちょっとずつしか強固な関係になれないというか。

本間 ライブハウスっていう環境が、寄り添っていくのに一番いいと思うんですけど、これからキャパ広げるってなった時に、どういうMCやパフォーマンスがいいのか、どんな照明がベストなのかとか、会場が広くなると変わるじゃないですか。フェスでもまた変わるでしょ。だからまだどっちつかずなお客さんがどれだけ見ているか、都度都度アーティストは全部背負わなきゃいけないから大変だなと思いますね。「悪魔の子」(アニメ『進撃の巨人』The Final Season Part 2 エンディングテーマ)をリリースした後ってガラッとそういう層が増えたんじゃないですか?

ヒグチ 増えましたね。よく言われますもん。『進撃の巨人』のエンディングやってる人って。

ヒグチアイ / 悪魔の子【Official Video】

本間 ヒットの裏返しにそういうのはついてくるものなので、僕も20年ぐらい前は「ミュージック・アワー」みたいな曲を書いてくださいって100回ぐらい来ましたから(笑)。

ヒグチ 100回ってすごいですね(笑)。

本間 同じようなのはできるけど、それだと意味ないじゃないですか。そこで反骨心出ちゃって、オーダーする方々の感覚に反応しちゃうんですよね。例えば「Bメロが好きなんです」とか、「ああいう展開があるものを」とか、ポイントで抑える力をどれだけ持っている方なのかっていう。そこまで深堀りしてきてくれる人がいると、こっちもいろいろ考えなきゃって思うこともあったんですけど。当時はチャートの上からなんとなくオーダーする人も少なからずいたので、ちょっと違うよなと思いながら。言われた通りに書いたりする人たちはどんどん職業色が強くなるんですよ。それも一つの生きる道というか。

ヒグチ いまだに違和感がありますか?

本間 ありますよ! でも顔には出さず、やることはやる。木崎賢治さんっていう大プロデューサーも、断ることが大切だと言ってました。「ありがとうございます。でも今自分がやりたいのはそこじゃないんです」「こういうことがやりたいと思ったときまた一緒にやりたいです」っていうのを、電話じゃなくて顔を見ながら話すようにしたんですって。なるべく自分も断るときは、理由を言うようにしてて。その仕事はなくなるし、嫌われるかもしれないんですけど、何年かしてまたやることがあるから。その時には一瞬離れることにはなっちゃうんですけど。一生音楽ってやるじゃないですか。

ヒグチ やれたらいいんですけどね。

本間 できますよ! 離れられないから。一生離れられないんだろうなって自分も思います。宮古島行ってもやるんだろうなって(笑)。

ヒグチ たしかに。想像できます!

次のページ

音楽家のパブリック・イメージについて

作品情報

ヒグチアイ 配信シングル『悲しい歌がある理由 – From THE FIRST TAKE』

『悲しい歌がある理由 – From THE FIRST TAKE』ジャケット

『悲しい歌がある理由 – From THE FIRST TAKE』ジャケット

ヒグチアイ 配信シングル『悲しい歌がある理由 – From THE FIRST TAKE』

2023年1月4日(木)配信

配信はこちら

ヒグチアイ 配信シングル『ネオンライトに呼ばれて』

『ネオンライトに呼ばれて』ジャケット

『ネオンライトに呼ばれて』ジャケット

ヒグチアイ 配信シングル『ネオンライトに呼ばれて』

ABEMA『恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK』第3話主題歌

Sound Arrangement & Produce:A.G.O
Recording Engineer:NNZN
Mixing Engineer:Hiraku Someno

配信はこちら

ヒグチアイ 配信シングル『悪魔の子 – From THE FIRST TAKE』

『悪魔の子 – From THE FIRST TAKE』ジャケット

『悪魔の子 – From THE FIRST TAKE』ジャケット

ヒグチアイ 配信シングル『悪魔の子 – From THE FIRST TAKE』

2022年12月23日(金)配信

配信はこちら

ヒグチアイ 配信シングル『小さな夢』

『小さな夢』ジャケット

『小さな夢』ジャケット

ヒグチアイ 配信シングル『小さな夢』

2022年12月9日(金)リリース
NHKみんなのうた2022年12月〜2023年1月曲
うた:ヒグチアイ
作詞・作曲:ヒグチアイ/編曲:ヒグチアイ、松岡モトキ/アニメーション:山村浩二

配信はこちら

イベント情報

FM大阪Double-E × Billboard Live presents – SPOTLIGHT –

FM大阪Double-E × Billboard Live presents – SPOTLIGHT –

出演:ヒグチアイ/ReN MC:KOJI(FM大阪「Double-E」DJ)
■2023年2月9日(木) ビルボードライブ大阪
1st OPEN 16:30/START 17:30 2nd OPEN 20:00/START 21:00 info:Billboard Live OSAKA
■2023年2月15日(水) ビルボードライブ東京
1st OPEN 16:30/START 17:30 2nd OPEN 20:00/START 21:00 info:Billboard Live TOKYO

サービスエリア¥6,000-/カジュアルエリア¥6,000-(1ドリンク付き)
※ご飲食代は別途ご精算となります。
※席によっては別途指定料がかかる席がございます。

FM大阪Double-E × Billboard Live presents – SPOTLIGHT –

HIGUCHIAI band one-man live 2023

HIGUCHIAI band one-man live 2023

2023年5月13日(土) 名古屋 SPADEBOX
OPEN 17:30/START 18:00
2023年5月19日(金) 大阪 心斎橋 BIGCAT
OPEN 18:45/START 19:30
2023年6月11日(日) 東京 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
OPEN 17:15/START 18:00

BAND MEMBER:Ba 御供信弘/Dr 伊藤大地/Gt ひぐちけい

チケット情報:
【名古屋】指定席:前売 5,500円(税込)+1Drink/スタンディング(全自由):前売 5,000円(税込)+1Drink
【大阪・東京】全席指定:前売 5,500円(税込)+1Drink
オフィシャル先行(抽選/1次) 受付期間:2022年12月11日(日)20:00〜2023年1月4日(水)23:59迄

HIGUCHIAI band one-man live 2023

ヒグチアイ

アーティスト情報

平成元年生まれ。シンガーソングライター。
生まれは香川、育ちは長野、大学進学のため上京し、東京在住。
2歳のころからクラシックピアノを習い、その後ヴァイオリン・合唱・声楽・ドラム・ギターなどを経験、様々な音楽に触れ、18歳より鍵盤弾き語りをメインとして活動を開始。

2016年、1st ALBUM『百六十度』でメジャーデビュー。
これまでに培った演奏力と、本質的な音楽性の高さが業界内外から高い評価を受け、「FUJI ROCK FESTIVAL」「RISING SUN ROCK FESTIVAL」など大型フェスへの出演も果たす。

2022年1月、TVアニメ「進撃の巨人」The Final Season Part2のエンディングに抜擢され『悪魔の子』を書き下ろし。圧倒的な説得力を持って迫る、歌うようなピアノとまっすぐに伸びるアルトヴォイス。ピアノと一体になった小さな身体から振り絞られる熱情が、時にたおやかな美しさを、時に心かきむしられる焦燥を、時に喪失の中の光を描く。独特の視点で綴る歌詞世界は、ありふれた日常の風景を短編小説のようにドラマチックに昇華させる。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 本間昭光のMUSIC HOSPITAL ヒグチアイと考えるアーティスト人生、一歩ではなく半歩先を行く難しさ

    第7回 ヒグチアイ(前編) 2022.12.27 12:00

    ポルノグラフィティの作曲&トータルプロデュースやいきものがかりのサウンドプロデュースなど、数々のヒット曲を生み出してきた本間昭光の対談連載「本間昭光のMUSIC HOSPITAL」。本間のプライベートスタジオを舞台に、毎回セルフプロデュースに長けた若手アーティストを招いた音楽談義が繰り広げられていく。 今回のゲストは、幼少期からクラシックピアノに触れながらさまざまな楽器や音楽を経験、18歳から鍵盤弾き語りを生業とするヒグチアイ。2016年のメジャーデビュー以降、自分自身を鼓舞するような楽曲リリースを重ね、着実に支持者を増やしてきた彼女は、何に迷い、どんな壁を越えて今にたどり着いたのか。前編では<a href="https://bezzy.jp/2022/12/15965/">…

    #インタビュー#ヒグチアイ#本間昭光#本間昭光のMUSIC HOSPITAL

  • 本間昭光のMUSIC HOSPITAL Lucky Kilimanjaroの中心人物、熊木幸丸と語り合うダンスミュージックの可能性

    第5回 熊木幸丸(前編) 2022.11.20 17:00

    これまでポルノグラフィティの作曲&トータルプロデュースやいきものがかりのサウンドプロデュースなど、数々のヒットソングを生み出した本間昭光の対談連載「本間昭光のMUSIC HOSPITAL」。本間氏がホストとなり、毎回現代のセルフプロデュースに長けた若手アーティストを招いての音楽談義や楽曲制作にまつわるトークをお届けします。 今回本間のプライベートスタジオを訪れたのは、「世界中の毎日をおどらせる」というテーマを掲げるバンド・Lucky Kilimanjaro(通称ラッキリ)のコンポーザー、熊木幸丸。彼らのステージを「ずっと観てみたかった」という本間と、ポルノグラフィティが楽器を志したきっかけだと<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12674/">…

    #Lucky Kilimanjaro#インタビュー#本間昭光#本間昭光のMUSIC HOSPITAL#熊木幸丸

  • 本間昭光のMUSIC HOSPITAL eillと語るアレンジ術、僅かなこだわりが生む芸術性

    第4回 eill 2022.09.23 17:00

    日本を代表する音楽プロデューサー、アレンジャーである本間昭光のインタビュー・コラム「本間昭光のMUSIC HOSPITAL」。毎回現代のセルフプロデュースに長けた若手アーティストを本間のプライベートスタジオに招き、世代を超えた音楽談義をお届けします。 今回お迎えするのは、9月7日(水)にEP『プレロマンス / フィナーレ。』をリリースしたeill。同作に収録された2曲は、ともに9月9日(金)公開の劇場版アニメ『夏へのトンネル、さよならの出口。』を彩るべく書き下ろした楽曲だ。今回はその2曲の話題を中心に、「その発想はなかった」と本間も驚いた楽曲アレンジや、eillの楽曲制作スタイルについてトーク<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9182/">…

    #eill#インタビュー#夏へのトンネル、さよならの出口。#本間昭光#本間昭光のMUSIC HOSPITAL

  • 本間昭光のMUSIC HOSPITAL マルシィの希望と野望、本間が見る解像度

    第3回 マルシィ 2022.08.22 13:00

    数々のヒットソングを生み出し、日本を代表する音楽プロデューサーでアレンジャーの本間昭光がホストとなり、若手アーティストとの音楽談義を繰り広げる対談企画「本間昭光のMUSIC HOSPITAL」。2回目となる今回のゲストは、6月1日に1st アルバム『Memory』でメジャーデビューを果たした福岡発の3人組ロックバンド・マルシィ。同作には、本間がサウンドプロデュースを手がけた「ワスレナグサ」も収録されている。今回の対談では当時の制作秘話はもちろん、バンドの現在地、これからの展望を吉田右京(Vo &Gt)、フジイタクミ(Ba)、shuji(Gt)の3人と本間でじっくり語り合ってもらった。ト<a href="https://bezzy.jp/2022/08/6596/">…

    #インタビュー#マルシィ#本間昭光#本間昭光のMUSIC HOSPITAL

  • 本間昭光のMUSIC HOSPITAL キタニタツヤと語る、バランスと“ずれ”

    第1回 キタニタツヤ(前編) 2022.07.05 12:00

    数々のヒットソングを生み出した日本を代表する音楽プロデューサー、アレンジャーである本間昭光の対談連載「本間昭光のMUSIC HOSPITAL」。本間氏がホストとなり、毎回現代のセルフプロデュースに長けた若手アーティストを招いての音楽談義や楽曲制作にまつわるトークをお届けします。 記念すべき第1回は、5月25日に最新アルバム『BIPOLAR』をリリースした若手シンガー・ソングライターの筆頭、キタニタツヤ。宅録からメジャーシーンにかけ上がり、自身名義の音楽活動に留まらず、ベーシストとしてヨルシカのバンドサポートなどでも活躍する彼は、実は大のポルノグラフィティファン。なお当連載は、毎回本間氏が所有す<a href="https://bezzy.jp/2022/07/2040/">…

    #インタビュー#キタニタツヤ#本間昭光#本間昭光のMUSIC HOSPITAL

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube