Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

本間昭光のMUSIC HOSPITAL 第3回 マルシィ

マルシィの希望と野望、本間が見る解像度

2022.08.22 13:00

本間昭光 × マルシィ(左からshuji、吉田右京、フジイタクミ)

2022.08.22 13:00

全ての画像・動画を見る(全9点)

数々のヒットソングを生み出し、日本を代表する音楽プロデューサーでアレンジャーの本間昭光がホストとなり、若手アーティストとの音楽談義を繰り広げる対談企画「本間昭光のMUSIC HOSPITAL」。2回目となる今回のゲストは、6月1日に1st アルバム『Memory』でメジャーデビューを果たした福岡発の3人組ロックバンド・マルシィ。同作には、本間がサウンドプロデュースを手がけた「ワスレナグサ」も収録されている。
今回の対談では当時の制作秘話はもちろん、バンドの現在地、これからの展望を吉田右京(Vo &Gt)、フジイタクミ(Ba)、shuji(Gt)の3人と本間でじっくり語り合ってもらった。
トークのはじまりは、本間も現地に足を運び、マルシィのステージも観たという「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」(通称、ロッキン)の話題から──。

本間昭光 × マルシィ

本間昭光(以下、本間) まずはロッキンお疲れ様でした。このステージはひとつの目標だったわけじゃないですか。実際ステージからの風景はどうでした?

shuji あの人数の前で演奏したことがなかったですし、野外だったので空も見えて開放的で、今まで観たことのない風景に感動して泣きそうになりました。

吉田右京(以下、右京) ずっと出たいと思ってたフェスのひとつだったので、俯瞰して「わ、出れてるんだ」っていう瞬間があって、そこで僕もちょっと泣きそうになりました。それと同時に、よりたくさんの人に観てもらいたいと思いました。だから「もっと頑張らなくちゃな」と。

フジイタクミ(以下、タクミ) 「バンドやってるな」って思いました。 映像で観ていたので、「まさか自分が出演できるとは」っていう感じでしたね。ただ、そのあとLOTUS STAGEとかGRASS STAGEのライブを観て、頑張ってこっちのステージに立ちたいなと思いました。

本間 久しぶりに(マルシィを)観て、3人がすごく堂々としてステージ映えしていて、「もうPARK STAGEは小さいんじゃないかな」っていう印象を受けたんですよ。全体としてすごく良かったです。それぞれの音の存在感がしっかりしていて、3人の「マルシィサウンド」が確実に出来上がってきてると感じました。

マルシィ一同 ありがとうございます。

本間 そんななかで、ここ1〜2年って音楽のトレンドの変化がすごく大きいじゃん。特にリズムに関して。ある意味ダンスミュージック寄りというか。そういうのはどう受け止めてる?

右京 僕自身洋楽のサウンド感が好きで、マルシィとしても打ち込み、生楽器問わずにそういう気持ちいいサウンド感は目指していきたいなっていうのはメンバーでも話したりしています。

本間 ベースは特に、タクミなりに思うことはあるんじゃない?シンセベース弾こうとか思ったりする?

タクミ シンセベースは持っていて、ただ、自分たちが作っていく楽曲のなかでそれはまだ登場していないので、これからかなって感じです。

マルシィ – 最低最悪 (Official Music Video)

本間 今楽曲に沿ったサウンドっていうのが多いしね。ライブでもそれが違和感なく流れる感じがする。やっぱり高域のアルペジオがひとつのスタイルでいいね。

shuji ハイフレットの方に結構行きがちですね。色んなアーティストの影響を受けて、好んで使ってます。

本間 声のちょっと上くらいの音域だよね。だからそれがすごく綺麗にはまってる。なんかコーラス感があるというか。で、今割とギター不遇の時代で。

shuji そうなんですよ!

本間 どう?その時代を生きてるギタリストとしては。

shuji 2〜3年前から「ギターってどういう位置なんだろう」とは考えていました。最近その話題がトレンド入りしたりして、「いよいよ来たな」っていう感じはあったんですけど、僕的にはギターをもっと盛り上げていきたい思いは持っています。ギターソロも結構掻き鳴らしたいですし、「やってやろう」という気持ちで演奏しています。

次のページ

これから作りたい曲のイメージ

作品情報

1stアルバム『Memory』

『Memory』ジャケット

『Memory』ジャケット

1stアルバム『Memory』

2022年6月1日(水)リリース
UMCK-1713
¥3,300(税込)

購入はこちら

収録曲

1. ラブストーリー
2. プラネタリウム
3. ワスレナグサ
4. 君のこと
5. ピリオド
6. 花びら
7. 未来図
8. 最低最悪
9. 牙
10. 白雪
11. 絵空 ※CDのみ収録のボーナストラックになります。

Vo & Gt 吉田右京 / Gt shuji / Ba フジイタクミ
消せない記憶と生きていく
あなたの記憶をうたうバンド、マルシィ
“なんでこんなに私の気持ちを歌ってくれるの”
SNSの口コミから広がった失恋ソングが話題を集め、Z世代の女性を中心にマルシィにハマるリスナーが続出。
マルシィの描く新たな等身大のラブソングが共感を集めている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 怪談の第一章と音源も公開 メタリカのカーク・ハメットが自身の怪談に楽曲をつけるプロジェクトを開始

    2022.09.13 19:45

    メタリカのギタリストであり、ホラーファンとしても知られているカーク・ハメットが、自身の怪談に音楽をつけるプロジェクトを開始した。 山道の映像にアコースティックギターの楽曲をつけた動画をTikTokで公開したカーク・ハメット。彼はこの楽曲とともに、自身の怪談を掲載したRedditページのリンクも投稿している。今回掲載された怪談は「I Have To Get Rid of This Guitar I Found」の第一章となっており、彼はTikTokに投稿された音源を聞きながら怪談を読むことをおすすめしている。「Crossroad Magic Blues」と名付けられた第一章は、Abigail F<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8477/">…

    #カーク・ハメット#メタリカ

  • 噂話風に手をパクパクさせた振付けに注目 ITZY、日本2ndシングルより「Blah Blah Blah」MV公開&配信スタート

    2022.09.21 00:00

    5人組グローバルガールズグループのITZY(読み方:イッチ)が、10月5日にリリースする日本2ndシングルよりタイトル曲「Blah Blah Blah」のミュージックビデオを公開した。 TWICEの妹分として、2PM、Stray Kids、NiziUを輩出したJYPエンターテインメントより2019年2月に韓国からデビューしたITZY。2021年12月に日本デビューを果たし、オリコン2022年上半期セールスランキング新人部門では海外アーティスト史上2組目の1位を獲得している。 公開されたMVは、“自分の歩むべき道を堂々と歩んでいこう、自分を信じよう”という楽曲に込められたメッセージが込められた作<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8982/">…

    #ITZY

  • 約束から1年6ヵ月の時を経て実現 NulbarichとPhum Viphuritが念願の共演、「A New Day」パフォーマンス映像を公開

    2022.09.21 15:00

    NulbarichとPhum Viphuritによる「A New Day」のパフォーマンス映像が「AREA DIP」の公式YouTubeチャンネルにて公開された。 Phum Viphuritは、バンコクを拠点に活動する26歳のシンガーソングライター。2018年3月にリリースした「Lover Boy」はSpotifyとYouTube合わせて1億回再生に達するヒットを記録している。 2人は昨年リリースしたNulbarichの最新アルバム『NEW GRAVITY』に収録されている「A New Day」でコラボレーション。新型コロナウイルス感染拡大の影響により楽曲制作に関する全ての作業をリモートで行っ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8997/">…

    #Nulbarich#Phum Viphurit

  • 楽曲の一部を使用した予告編が解禁 玉置浩二×絢香がハーモニーを奏でる、映画『天間荘の三姉妹』主題歌リリース決定

    2022.09.09 08:00

    今年ソロデビュー35周年を迎えた玉置浩二が、映画『天間荘の三姉妹』の主題歌を書き下ろしたことを発表。フィーチャリングに絢香を迎えた新曲『Beautiful World』を10月19日(水)にリリースする。 映画『天間荘の三姉妹』は、天界と地上の間にある不思議な街・三ツ瀬を舞台にした物語。臨死状態に陥った魂が疲れを癒して肉体に戻るか、そのまま天界へ旅立つか。その選択を決めるための温泉旅館「天間荘」で働く三姉妹(のん、門脇麦、大島優子)の物語が描かれる。自らも客として訪れた“たまえ”(のん)が笑い泣き怒り悩みながらも成長していき、お客様や街の人々、そして自らの魂をも癒していく感動作となっている。 <a href="https://bezzy.jp/2022/09/8051/">…

    #のん#大島優子#天間荘の三姉妹#玉置浩二#絢香#門脇麦

  • ヒップホップで社会を生き抜く! DJキャレドが一流のプロジェクトマネージャーである理由とは?ジェイ・Zの関係から考えるプロデューサー論 

    2022.09.18 17:00

    音楽プロデューサーという職業を聞くと、誰を思い浮かべるだろうか?世の中にはマイケル・ジャクソンの『Thriller』や『Bad』などの名盤をプロデュースした大御所プロデューサー、クインシー・ジョーンズなどを思い浮かべる人が多いだろう。しかし、ヒップホップにおけるプロデューサーというと、ビートを制作した人物のことを指すことが多く、実際に多くのトラックメーカーがプロデューサーという肩書きを名乗っている。 本来であれば、プロデューサーという役割の仕事は幅広い。プロジェクトの責任者として、そのプロジェクトが成功するように管理をする立場の人を指す。ヒップホップにおいてはビートメーカーという認識の人は多い<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8820/">…

    #Beyonce#DJ Khaled#DJキャレド#God Did#Jay-Z#ジェイ・Z#ビヨンセ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube