Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

本間昭光のMUSIC HOSPITAL 第4回 eill

eillと語るアレンジ術、僅かなこだわりが生む芸術性

2022.09.23 17:00

2022.09.23 17:00

全ての画像・動画を見る(全7点)

日本を代表する音楽プロデューサー、アレンジャーである本間昭光のインタビュー・コラム「本間昭光のMUSIC HOSPITAL」。毎回現代のセルフプロデュースに長けた若手アーティストを本間のプライベートスタジオに招き、世代を超えた音楽談義をお届けします。

今回お迎えするのは、9月7日(水)にEP『プレロマンス / フィナーレ。』をリリースしたeill。同作に収録された2曲は、ともに9月9日(金)公開の劇場版アニメ『夏へのトンネル、さよならの出口。』を彩るべく書き下ろした楽曲だ。今回はその2曲の話題を中心に、「その発想はなかった」と本間も驚いた楽曲アレンジや、eillの楽曲制作スタイルについてトーク。最後にはちょっとした悩みなんかも打ち明けて……?
 

提供曲でも自分が歌う気持ちで書く(eill)

本間 音楽を始めたきっかけってなんだったんですか?

eill もともとK-POPがすごく好きで韓国のオーディションとかを受けていて、そこからK-POPのもとになっている部分もあるアメリカのポップスを聴くようになりました。それでビヨンセとかの存在を知って。で、お母さんがモータウン(※1)が好きだったので、そこからK-POPとR&Bとポップスが好きになって。
※1…アメリカ合衆国デトロイトが発祥のソウルミュージックやR&Bを中心に据えたレコードレーベル

本間 そこから自分でもやってみたいなという感じ?

eill そうです。それで15歳くらいから曲を作り始めて、19歳のときにSPACE SHOWER MUSICからリリースさせてもらったのをきっかけに、メジャーデビューしてからもずっとここまでやっている感じですね。

eill

本間 楽曲提供もたくさんやってるよね。

eill 最近だとBE:FIRSTやジャニーズWESTにも書かせてもらいました。

本間 音楽作るとき大切にしていることってありますか?

eill 自分で歌うにしろ、誰かに提供するにしろ、自分事として考えるようにしています。フロントマンって顔も名前も前に出るじゃないですか。だからいちばん傷つくし、いちばん幸せを感じると思うんですよ。だから(提供曲でも)自分が歌う気持ちで書くようにしています。

本間 その人の運命が変わる場合もあるし、提供曲はそこを背負うからね。自分の曲を作るときはどう?

eill すごくバランスが難しいなと感じることが最近多いんですけど、自分がいちばん作りたいと思うもの、自分が胸を張って発信したいと思う言葉とか、そこに悔いがないように作るようにしてます。

本間 その時々の人生の切り取りだもんね。

次のページ

eillの曲作りはイメージ!?

全ての画像・動画を見る(全7点)

作品情報

デジタルEP『プレロマンス/フィナーレ。』

『プレロマンス/フィナーレ。』ジャケット©2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

『プレロマンス/フィナーレ。』ジャケット©2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

デジタルEP『プレロマンス/フィナーレ。』

2022年9月7日(水)リリース

配信はこちら

収録曲

1. プレロマンス
2. フィナーレ。
3. 片っぽ - Acoustic Version
4. プレロマンス - Instrumental
5. フィナーレ。 - Instrumental

夏へのトンネル、さよならの出口

©2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

©2022 八目迷・小学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

夏へのトンネル、さよならの出口

2022年9月9日(金)全国公開

ウラシマトンネル――そのトンネルに入ったら、欲しいものがなんでも手に入る。ただし、それと引き換えに…。掴みどころがない性格のように見えて過去の事故を心の傷として抱える塔野カオルと、芯の通った態度の裏で自身の持つ理想像との違いに悩む花城あんず。ふたりは不思議なトンネルを調査し欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶ。これは、とある片田舎で起こる郷愁と疾走の、忘れられないひと夏の物語―。

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

主演:鈴鹿央士・飯豊まりえ
原作:八目迷「夏へのトンネル、さよならの出口」(小学館「ガガガ文庫」刊)
キャラクター原案・原作イラスト:くっか
監督・脚本:田口智久
キャラクターデザイン・総作画監督:矢吹智美
色彩設計:合田沙織
美術監督:畠山佑貴 栗林大貴
撮影監督:星名工
CG:チップチューン
編集:三嶋彰紀
音楽:富貴晴美
音響監督:飯田里樹
制作プロデューサー:松尾亮一郎
アニメーション制作:CLAP
主題歌:「フィナーレ。」 eill (ポニーキャニオン)
配給:ポニーキャニオン
製作:映画『夏へのトンネル、さよならの出口』製作委員会

イベント情報

eill “Solo Trip -9-” LIVE TOUR 2022

eill “Solo Trip -9-” LIVE TOUR 2022

2022年9月10日(土) 埼玉・HEAVENS ROCK VJ-3 さいたま新都心
2022年9月11日(日) 宮城・仙台MACANA OPEN
2022年10月1日(土) 愛知・名古屋E.L.L
2022年10月2日(日) 大阪・梅田Shangri-La
2022年10月16日(日) 広島・広島CAVE-BE
2022年10月17日(月) 福岡・福岡DRUM Be-1
2022年10月23日(日) 神奈川・横浜BAYSIS
2022年11月3日(木・祝) 北海道・札幌cubegarden
2022年11月20日(日) 東京・渋谷WWWX
料金:4,950円(税込)
主催:スマイルカンパニー
企画・制作:para de casa
後援:ポニーキャニオン / テレビ東京ミュージック

eill “Solo Trip -9-” LIVE TOUR 2022

※オールスタンディング(整理番号あり)
※別途ドリンク代
※未就学児のみでの入場不可。4歳以上要チケット
※録音・録画機材(携帯電話)使用禁止
※転売/譲渡禁止

東京都出身のシンガーソングライター。15歳の頃から歌い始め、同時にPCで作曲も開始する。2018年6月にシングル「MAKUAKE」でCDデビュー。ソウルやR&Bなどブラックミュージックの要素が色濃く反映された楽曲やシルキーかつソウルフルな歌声が魅力。K-POPをはじめ、韓国カルチャーへの造詣が深く、テヨン(ex. 少女時代)やEXIDへの楽曲提供などでも知られる。2021年4月にテレビアニメ「東京リベンジャーズ」のエンディング主題歌「ここで息をして」でメジャーデビューを果たし、その後「hikari」「花のように」「23」と立て続けに配信シングルをリリース。また同年9月に配信された竹内まりや「プラスティック・ラブ」のカバーは、映画「先生、私の隣に座っていただけませんか?」の主題歌として使用された。2022年2月にメジャー1stアルバム「PALETTE」をリリースする。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube