Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

本間昭光のMUSIC HOSPITAL 第5回 熊木幸丸(前編)

Lucky Kilimanjaroの中心人物、熊木幸丸と語り合うダンスミュージックの可能性

2022.11.20 17:00

本間昭光×熊木幸丸(Lucky Kilimanjaro)

2022.11.20 17:00

全ての画像・動画を見る(全7点)

これまでポルノグラフィティの作曲&トータルプロデュースやいきものがかりのサウンドプロデュースなど、数々のヒットソングを生み出した本間昭光の対談連載「本間昭光のMUSIC HOSPITAL」。本間氏がホストとなり、毎回現代のセルフプロデュースに長けた若手アーティストを招いての音楽談義や楽曲制作にまつわるトークをお届けします。

今回本間のプライベートスタジオを訪れたのは、「世界中の毎日をおどらせる」というテーマを掲げるバンド・Lucky Kilimanjaro(通称ラッキリ)のコンポーザー、熊木幸丸。彼らのステージを「ずっと観てみたかった」という本間と、ポルノグラフィティが楽器を志したきっかけだという熊木。2人の念願が叶った本取材は、本間が「ROCK IN JAPAN 2022」で初めて彼らのステージを観て間もない初秋に行われたこともあり、話題はまずラッキリのライブの感想からスタート。

熊木幸丸(Lucky Kilimanjaro)

本間昭光(以下、本間) よろしくお願いします。音源は聴いていたんですけど、ライブをずっと観てみたかったんですよ。

熊木幸丸(以下、熊木) じゃあ夏の「ROCK IN JAPAN 2022」で。

本間 そう。本当は初日と2日目どっちか1日にしようかと思ってたんだけど、Lucky Kilimanjaroが出るからどっちも観に行って、素晴らしかったです。流れが、出るところからハケるまで全部計算されていて、すごいプロデュースワークだなと思ったんですよ。あれは全部熊木くんが考えてるの?

熊木 「トータルでどういうセットにしていこうか」「どういうコンセプトにするか」とか、「今のLucky Kilimanjaroにはどういう面白さがあるのか」というのはメンバーと話し合いながら決めます。一方で「曲間何秒くらいにしましょう」とか、「この曲間にディレイとリバーブを足して、ちょっと残る感じで曲に入るようにしましょう」とか、クロスフェード感などは僕が基本的にコンポーズして、細かいところが気になったらどんどん変えていくというスタイルでやっています。

Lucky Kilimanjaro「HOUSE」Official Music Video

本間 ライブでは、最初から最後までノンストップでシーケンスを組んでたりするの?

熊木 そうですね。再生ボタンを押したら最後まで。少なくともフェスのセットはそうですね。

本間 だからあんなに流れが良かったんだ。

熊木 ライブの途中にMCとかできるだけ入れたくなくて。やっぱりダンスミュージックというジャンルをやっていて、みんなの熱量を変に冷めさせたくないというか。「少なくとも30分のセットは踊らせたいな」という思いがあって。

次のページ

本間が見たラッキリのステージ

作品情報

デジタルシングル『一筋差す』

『一筋差す』ジャケット

『一筋差す』ジャケット

デジタルシングル『一筋差す』

2022年11月30日(水)リリース

収録曲

1. 一筋差す
2. 越冬

イベント情報

Lucky Kilimanjaro ONEMAN TOUR 2023

Lucky Kilimanjaro ONEMAN TOUR 2023

2023年5月28日(日)金沢:EIGHT HALL
2023年6月3日(土)札幌:SAPPORO FACTORY HALL
2023年6月10日(土)大阪:Zepp Namba
2023年6月11日(日)名古屋:Zepp Nagoya
2023年6月17日(土)仙台:仙台PIT
2023年6月24日(土)広島:CLUB QUATTRO
2023年6月25日(日)福岡:Zepp Fukuoka
2023年7月1日(土)東京:豊洲PIT
2023年7月2日(日)東京:豊洲PIT

企画制作:dreamusic Artist Management,Inc./VINTAGE ROCK std.
TOTAL INFORMATION:VINTAGE ROCK std.

Lucky Kilimanjaro ONEMAN TOUR 2023

Lucky Kilimanjaro

アーティスト情報

Lucky Kilimanjaroは、同じ大学の軽音サークルで出会った6人で結成された。彼らが自ら考案し、掲げる「世界中の毎日をおどらせる」というバンドのテーマは、Lucky Kilimanjaroの音楽性と精神性を如実に反映した言葉である。彼らがおどらせるのはライブハウスやクラブのフロアだけではない。昨日から今日へ、そして明日へ。連続する日々を、そこにある私たちの生活と心をも、Lucky Kilimanjaroはおどらせる。

2018年にEP『HUG』でメジャーデビュー。その後、2020年にはメジャー初のフルアルバム『!magination』を、2021年にはメジャー2ndフルアルバム『DAILY BOP』をリリースしたLucky Kilimanjaro。作詞作曲を手掛けるボーカル・熊木幸丸の多作ぶりとバンドとしてのリリーススピードの速さで周囲を驚かせながら、作品を経る毎にクリエイティビティとキャパシティを広げていく彼ら。その音楽世界の根幹にあるのは、やはり、熊木のソングライティングである。時代や自己の内部に深く向き合いながらも、まるで友達のように親密な語り口で聴き手に寄り添いながら、明日をよりよく生きるための新たな視点と提案をもたらす歌詞。そして、先鋭的なポップミュージックのビート感やサウンド感を貪欲に取り入れながらも、きっと多くの人が懐かしさを感じるであろう、日本語の歌としての喜びを突き詰めていく彼のソングライティングは、蔦谷好位置やヒャダインといった音楽家たちからも高く評価され、また、Hey!Say!JUMPやDISH//といったアーティストへの楽曲提供にも繋がっている。

Lucky Kilimanjaroにとって、2021年は「駆け抜けた」という表現がしっくりくる1年だった。3月の『DAILY BOP』をリリース以降も、4月には日比谷野外大音楽堂での初のワンマンライブを開催。その後、5月から Zepp Haneda をファイナルとした7都市を回る初の全国ツアーを敢行し、さらに10月からは新たな全国ツアーを開催。このツアーではファイナル公演のZepp DiverCityがソールドアウドしたことに伴い、新木場STUDIO COASTでの追加公演も開催された。会場のキャパシティはツアーを追うごとに大きくなっているが、そこで生み出される興奮の濃度は、薄まるどころか、むしろライブを追うごとに色濃くなっている。躍動するリズム、色とりどりのメロディ、歌はときに鼓舞するように、ときに語りかけるように響き、人と人の間を伝播する、音と熱――Lucky Kilimanjaroが生み出すのは音楽だけでなく「空間」そのものといえるが、彼らが生み出す空間に満ちるものは、とても優しく、熱く、そして幸福なものである。

Lucky Kilimanjaroのライブは、バンドミュージックならではのアンサンブルのふくよかさと熱狂を持ちつつも、曲と曲がノンストップで繋がることで持続する高揚感が生み出される様子は、まるでクラブミュージックのようでもある。そのパフォーマンスを観れば彼らの音楽に「垣根」というものが存在しないことを実感するだろう。そして、垣根のなさは観客も同じ。実際に彼らのライブに足を運べば、熱心な音楽フリークやカップル、家族連れなど、「老若男女」という言葉では収まりがつかないほどに様々な人々が、体や心をおどらせている光景が広がっている。

2022年3月30日には新たなフルアルバム『TOUGH PLAY』を発売。アルバムを引っ提げたバンド史上最大動員の全国ツアー『Lucky Kilimanjaro presents. TOUR”TOUGH PLAY”』のファイナルの会場はパシフィコ横浜で開催。7月13日「ファジーサマー」発売と、9月11日から始まる『Lucky Kilimanjaropresents. TOUR ”YAMAODORI 2022”』の開催を発表。Lucky Kilimanjaroは、世界中の毎日をおどらせ続けている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • りえ高会員限定は初のミニタペストリー付き 高橋李依、2nd EP『青を生きる』ジャケット&新アー写公開

    2022.11.23 18:00

    シンガーとしても活躍中の声優・高橋李依が、2023年1月25日に発売する2nd EP『青を生きる』のジャケット写真と新たなアーティスト写真を公開した。 本EPは、今年10月に放送スタートしたTVアニメ『悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました』オープニング主題歌「共感されなくてもいいじゃない」含む全6曲を収録。初回盤と通常盤、さらにRIE TAKAHASHI OFFICIAL MEMBER’S CLUB「たかは私立りえ高校」会員のみが購入可能なCD+グッズの限定セットも販売される。 今回発表された初回盤のジャケットはメインカラーとなる青を基調としたシックなイメージに仕上がっており、通常盤のジャケ<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13925/">…

    #高橋李依

  • ニプシーの幼少期から人生を描くシリーズになると明かす レブロン・ジェームズが故ニプシー・ハッスルのドキュメンタリーをプロデュースすると発表

    2022.11.16 20:00

    2019年3月31日に自身が経営するアパレル店「Marathon Clothing」の前で銃撃され、亡くなったニプシー・ハッスル。ラッパーとしてだけではなく、事業家、活動家、そしてコミュニティに投資を続ける地域のリーダーとして、今でもその活動が讃えられている彼の人生がドキュメンタリー・シリーズになる。 ニプシー・ハッスルのドキュメンタリー・シリーズのプロデュースを発表したNBAスターのレブロン・ジェームズ。ニプシー・ハッスルのプロダクション会社Marathon Filmsとパートナーシップを組み、幼少期からミュージシャンと活動家として評価されるまでの道のりを描くと明かしている。また、スヌープ・<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13424/">…

    #Nipsey Hussle#ニプシー・ハッスル#レブロン・ジェームズ

  • 原作の装画手がける遠田志帆によるジャケット公開 福山雅治、清原果耶主演ドラマ主題歌「妖」デジタルリリース決定

    2022.11.26 15:00

    福山雅治が、女優・清原果耶が主演を務める日本テレビ系10月期日曜ドラマ『「invert 城塚翡翠 倒叙集」/「霊媒探偵・城塚翡翠」』主題歌「妖」を12月5日(月)にデジタルリリースすることを発表した。 ドラマの原作は、相沢沙呼によるシリーズ累計55万部突破の大ヒット小説『medium 霊媒探偵城塚翡翠』(講談社文庫)。「このミステリーがすごい!2020年版」国内編1位をはじめ、「2020本格ミステリ・ベスト10」1位、「2019年SRの会ミステリーベスト10」1位、「第20回本格ミステリ大賞」受賞、「2019年ベストブック」選出など、ミステリーランキングを総ナメにした話題作の連続ドラマ化となる<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14138/">…

    #invert 城塚翡翠 倒叙集#清原果耶#福山雅治

  • 3ヵ月連続配信シングル第2弾をリリース 竹内アンナが紡ぐ何気ない日常、歌で届ける“誰もが主人公”の物語

    2022.11.10 19:00

    今年メジャーデビュー4周年を迎えたシンガーソングライター・竹内アンナ。今年は3月にリリースした2年ぶりのアルバム『TICKETS』を皮切りに、ツアーに配信リリースにと、これまで以上に精力的なアクションが続いている。9月からは3ヵ月連続配信リリースをスタート、9月の「あいたいわ」に続く第2弾が「made my day feat. Takuya Kuroda / Marcus D」だ。タイトルにあるとおり、世界的トランペッターの黒田卓也と、こちらも世界を股にかけて活躍するビートメイカー、マーカス・Dが参加。これまでの竹内アンナとは一味違ったチルでジャジーなトラックの上で、とある深夜の恋人たちの風景<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12643/">…

    #インタビュー#竹内アンナ

  • 11月18日にリリックビデオも同時公開 BABYMETAL、初コンセプトアルバムより第二弾先行曲「Monochrome」配信&ジャケット公開

    2022.11.15 12:00

    BABYMETALが2023年3月24日(金)にリリースするコンセプトアルバム『THE OTHER ONE』より第二弾先行配信楽曲「Monochrome」を11月18日(金)0時より配信、合わせてOFFICIAL LYRIC VIDEOを公開することを発表した。 『THE OTHER ONE』はBABYMETALのもうひとつの物語をコンセプトにしたアルバム。同名タイトルを冠した復元計画では「THE OTHER ONE – BLACK BOX」に封印されていた時空を超えて存在する10個のパラレルワールドが明らかにされ、それぞれの世界のテーマに合わせた楽曲10曲が復元、まだ誰も知らない全10曲(す<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13286/">…

    #BABYMETAL

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube