Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

REPORT

メジャー1stアルバムを引っ提げ行われた超満員の東京公演

黒子首が初ワンマンツアーを完遂、独特さを武器に突き進む“ど真ん中”

2022.12.21 17:30

黒子首“ペンシルロケット”発売記念oneman tour 2022「Butterfly Crews」Spotify O-nest公演(写真:スエヨシリョウタ)

2022.12.21 17:30

全ての画像・動画を見る(全35点)

黒子首がメジャー1stアルバムのリリース記念の東名阪ワンマンツアー「Butterfly Crews」を実施。ここではSOLD OUTした初日の東京公演をレポートする。

ライブは初見だったのだが、堀胃あげは(Vo/Gt)という表現者が飽くまでも音楽を通じて目の前のオーディエンスとコミュケーションする姿勢に、彼らの曲のタイトルでもある「クールに戦え」の真意を見た。実はもっと突き放したライブをするバンドかと思っていたのだが、そんな態度はクールでもなんもなく、自信のなさの裏返しでしかない。黒子首はもっと強いミュージシャンであり、表現者だった。

堀胃あげは(Vo/Gt)

飛行機の着陸に見立てたアナウンスからスタートしたライブは1曲目からメジャーデビュー曲「やさしい怪物」で冒頭から盛り上がる。堀胃のトーキングとラップの中間のようなボーカルとアコギが生み出すグルーヴは他のバンドにはない特徴だ。サポートに秦千香子(Key/Cho)と江渡大悟(Gt)を迎えたバンドアンサンブルだが、堀胃のボーカルを生かす音量、特に田中そい光(Dr)のビートが干渉しないナイスバランス。そのバランスが静かな語り口のAメロを持つ「チーム子ども」でも光る。それでいて、音源よりグッとグルーヴを増しているのは、みと(Ba)の緩急の効いた16ビートのプレイもあるだろう。かと思うと、マスロック的なイントロからカラフルなメロディに移行していく「ランドリーランド」と、ジャンルに拘泥しないスタンスが明らかになる。

田中そい光(Dr)
みと(Ba)

「今日のために生きてきたと言っても過言ではありません。楽しみキングになるために戦おう」と、独特な言い回しでワンマンライブを待ち兼ねていた旨を述べる堀胃。アーバンな「熱帯夜」、〈カップラーメンを待つ三分間で〉という歌い出し然り、生活感たっぷりな分、独りの時に感じる自己嫌悪が共感を呼ぶ「インスタントダイアリー」。ロケットの発射時の音声をSEで流し、演奏に繋いだ「あかい惑星」は堀胃のルーツであるYEN TOWN BANDの「やさしい気持ち」などに通じるエバーグリーンなシンガーソングライター的な構成と、言葉数の多さが新鮮な化学反応を起こす。「WANTED」では、みとのよく動くベースと堀胃のアコギがチェイスするのもスリリングだ。アウトロの潔い終わり方も相まって、どんどん曲が演奏されていく印象。貴重なチケットを手にしたファンは楽曲を聴き込んでいるようで、スパッと終わるエンディングに対しても絶妙なタイミングで拍手を送る。ワンマンライブを待望していたことが分かるリアクションなのだ。さらに、夕日のようなオレンジのライティングも感情に訴える「おぼえたて」へ。観念的な愛ではなく、実感・体感で得た愛を歌う王道のミドルバラードでも、堀胃の表現はどこまでも自分の内面から出てきた言葉だ。そのことに凛とした意思を感じる。

真剣に聴き入るフロアを混ぜっ返す勢いで(失礼)、田中が軽いノリで「バタクル」のハッシュタグを作ったもののあまり浸透していないと不満を漏らすも、堀胃はクールにあしらう。チグハグに見える3人のキャラの違いももはやバンドの個性。堀胃が少し過去を振り返り、キャラ然り音楽性然り、「もうちょっと分かりやすくすれば?」という外野のアドバイスに騙されたり、抗ってきたと話す。だが、そのどんな決断も肯定したいと、メンバーだけで「夢を諦めたい」を演奏。弾き語り部分で生々しく曝け出される独白は、今も堀胃の根底にあるのではないかと思えた。

次のページ

偶然(?)あのヴァイオリニストが登場

全ての画像・動画を見る(全35点)

作品情報

1stアルバム『ペンシルロケット』

「ペンシルロケット」ジャケット

「ペンシルロケット」ジャケット

1stアルバム『ペンシルロケット』

2022年10月26日(水)リリース
通常盤[CD]TFCC-86880 / ¥3,000(税込)
※初回生産分のみ特典映像が閲覧できるシリアルコード入り

購入はこちら

収録曲

1. クールに戦え
2. あいあい
3. 青鬼ごっこ
4. やさしい怪物 feat. 泣き虫
5. WANTED
6. インスタントダイアリー
7. あかい惑星
8. 水面下の太陽
9. おぼえたて ※TVアニメ「忍の一時」エンディングテーマ
10. question for / 黒子首と斎藤ネコ
11. 怒り
12. かくれん坊
13. トビウオ愛記
14. ランドリーランド
15. ぼやけて流星

Gt. / Vo. 堀胃あげは
Ba. みと
Dr. 田中そい光

2018年7月に結成。東京都を中心に活動する3ピースバンド。
聞きやすいPOPさを前面に出しながらも、非常に豊かな音楽的背景を具現化したサウンドを奏でる。
2021年7月に初の全国流通盤である1stアルバム「骨格」をリリース。
2022年2月のデジタルシングル「やさしい怪物 feat. 泣き虫」でトイズファクトリーよりメジャーデビュー。
同年8月に発売したデジタルEP「ぼやぁ〜じゅ」収録曲が全国ラジオ各局のパワープレイを獲得するなど着実に成長を続け、10月に満を持してメジャー1stアルバム「ペンシルロケット」を発表。
2023年に入ると、1月の日本テレビ「バズリズム02」新春恒例企画「これがバズるぞ2023」で25位にランクイン。またアルバム「ペンシルロケット」が第15回CDショップ大賞2023入賞作品<青>に選出されるなど、耳の早い音楽リスナーから熱い注目を集めている。7月にデジタルシングル「カナヅチ」をリリース。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • yahyelのメンバーが手がけた自己紹介ラップ曲 ExWHYZが久しぶりに6人集結、休養中のmidorikoも参加した「6WHYZ」MV公開

    2023.11.24 21:00

    ExWHYZが、先月リリースされたEP『HOW HIGH?』より「6WHYZ」のMusic Videoを公式YouTubeチャンネルにて公開した。 「6WHYZ」はEPのオープニングを飾る自己紹介ラップ曲で、プロデュースをyahyelの篠田ミル、山田健人が手がけた楽曲。また、山田はMVのディレクションも手掛けている。撮影には現在休養中のメンバー・midorikoも参加しており、久しぶりにメンバー6名揃ったMVとなった。 また、ExWHYZは明日・11月25日(土) 福岡evoLより、7月から続いた『イレイションツアー』の締めくくりとして『ExWHYZ TOUR 2023 ‘eLAT<a href="https://bezzy.jp/2023/11/36534/">…

    #ExWHYZ

  • 家族との時間を優先したいと発言 キコ・ルーレイロがメガデスからの長期離脱に至った背景を明かす

    2023.11.30 17:15

    スラッシュ・メタルのビッグ・4でもあり、世界的に人気を誇るメタルバンド、メガデス。先日、2015年にメガデスに加入して以来リードギタリストを務めてきたキコ・ルーレイロの“一時離脱”が延長され、2024年のライブにも参加しないと発表された。 ポッドキャストAmplificaの最新インタビューに登場したキコ・ルーレイロは、長期離脱の理由について、“自由が必要な人”だと説明し、「自分の人生の出来事から、メガデスにから離脱することを選んだ。それは私の持つ権利の一つであり、自由とは2つの選択肢から選ぶことができる状況だ」ともコメントした。 また、彼は家族と過ごすことを優先する旨についても発言しており、2<a href="https://bezzy.jp/2023/11/36850/">…

    #Megadeth#メガデス

  • 過去の破天荒な行動が生んだイメージとは? オジー・オズボーンが今まで出回った“最もヤバい噂”を明かす

    2023.12.08 18:50

    1970年にブラック・サバスのボーカリストとしてデビューして以来、世界中のハードロック/メタルファンを魅了してきたオジー・オズボーン。過去にはライブ中にファンがステージに投げ入れたコウモリを人形と勘違いし噛みちぎり、狂犬病の治療をしながらツアーを回ったり、記者会見では鳩の首を食いちぎるなど、破天荒な行動でも知られていた彼だが、さらに“ヤバい”噂も回っていたようだ。 先日オズボーン家のポッドキャスト「The Osbournes Podcast」の最新回で、ファンから「今まで出回った噂で最もヤバいものは?」と質問されたオジーは、驚きの答えを披露した。 「オジーは15匹の子犬を殺戮してからじゃないと<a href="https://bezzy.jp/2023/12/37184/">…

    #Ozzy Osbourne#オジー・オズボーン

  • ユニゾン、LiSA、ドミコ、時速36kmが出演 a flood of circleが主催する4日間の2マン「A FLOOD OF CIRCUS 2024」対バン発表

    2023.11.10 22:00

    a flood of circleが2024年1月より東京の4会場で開催するライブ「A FLOOD OF CIRCUS 2024」の出演者が発表された。 「A FLOOD OF CIRCUS」は“a flood of circle流ロックンロールサーカス”として2016年にスタートしたイベントで、これまでにも数々のスペシャルなゲストを迎え開催。会場やステージにはサーカス小屋のような装飾が施され、出演者も来場者も特別な空間を楽しめるというもの。例年は1日のみの開催で数組のゲストを迎えての開催だったが、今回は4日間にわたり全て異なる会場での2マンでのイベントとなる。 今回のゲストは、インディーズ時<a href="https://bezzy.jp/2023/11/35839/">…

    #a flood of circle#LiSA#UNISON SQUARE GARDEN#ドミコ#時速36km

  • 育ててくれた祖母に高価なプレゼントを購入 50セントがデビュー時の契約金100万ドルで購入したものを明かす

    2023.11.29 12:50

    2003年にエミネムとドクター・ドレーのレーベルからデビューしたラッパー、50セント。ドクター・ドレーがエグゼクティブ・プロデュースした1stアルバム『Get Rich Or Die Tryin’』は全米で900万枚を超える大ヒットとなり、ラッパーとして人気を博した後もテレビドラマのプロデューサーとして活躍している。 当時エミネムとドクター・ドレーと100万ドルの契約金でデビューした50セントは、その契約金で自分を育ててくれたお婆ちゃんにベンツを買ったようだ。彼は先日出演したApple MusicのRebecca Juddの番組にて「当時、ばあちゃんにC220ベンツを買ってあげたんだ。あの車を<a href="https://bezzy.jp/2023/11/36784/">…

    #50 Cent#50セント

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube