Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

待望のロックナンバーをリリースした4人の現在地

新しい学校のリーダーズが世界へ踏み込む軸足、結成8年で放つ“裏の裏”のド直球

2023.03.30 18:00

2023.03.30 18:00

全ての画像・動画を見る(全11点)

際立つ個性と自由極まるパフォーマンスで世界から支持される4人組、新しい学校のリーダーズが新曲「じゃないんだよ」をリリースした。3月24日に公開された映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』の主題歌でもある今作は、劇中で描かれる突き抜けるような青春群像アクションを一層盛り上げる疾走感溢れるロックナンバーだ。

2021年にはアジアの有望アーティストを世界に発信するレーベル「88rising」より世界デビュー、TikTokの最新フォロワー数は脅威の580万超え。筆者が知る限りでも、彼女たちのファンを公言している若いアーティストは本当に多いと実感する。今年で結成8年、変わらない部分と変わった部分を自ら回顧してもらいつつ、新曲タイトル「じゃないんだよ」をテーマにワクワクする未来への想いも膨らませながら話を聞いた。

新しい学校のリーダーズ
(左上から時計回りにRIN、SUZUKA、KANON、MIZYU)

今だから投げられるストレート

──映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』には、出演もされていらっしゃいますね。

全員 そうです! ちょびっと。

──撮影現場の楽しそうな雰囲気が伝わってきたのですが、皆さんの出演シーンはどうでしたか?

SUZUKA 組体操して、イエーイって言ってたな。

KANON 映画に出るといっても、私たち自身は何かの役になるわけでもなく本人役で出たので、いつも通りの楽しさで出させていただきました。

RIN 思ったよりもがっつり出ていてびっくりしました。

KANON ね、結構しっかり。

『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』場面写真 ©2023「ベイビーわるきゅーれ2」製作委員会

──監督がもともと皆さんのファンだったことからのオファーだったんですか?

SUZUKA どうなんですかね? でも主演のお二人も知ってくださっていたので、実際に撮影でお会いできた時に「好きなんですよ!」って言ってくれて「嬉しいです。ありがとうございます」っていうお話ができて。

──主題歌「じゃないんだよ」が日本語でどストレートでロックぽさもある楽曲でびっくりしました。88risingから世界デビューが決まって以降、ダンスに寄った曲が多かったと思うのですが、ここにきてストレートを投げるに至ったきっかけはなんだったんですか?

MIZYU jon-YAKITORYさんが作詞作曲してくださったんですが、私たちは方向性を決めたというよりは、歌でパッションを入れさせていただいた感じです。でも、今このストレートな楽曲をやるのは私たち的にも熱くて。今だからこそストレートに表現できることが嬉しいなって思うし、jon-YAKITORYさんがくださった歌詞もエモーショナルな気持ちになるし。私たちはもうすぐ結成8年になるんですけど、幸せが当たり前じゃないこととか、コロナ禍も経て今回の歌詞がもっと染みてくる。私たちも共感できるし、魂が入ったレコーディングができて。自分たちのものに落とし込めて気持ちいいです。

SUZUKA 今まで歌詞のコンセプトは学校あるあるとか、「まさかこんなところに!毛が!」って話したりとか、学校っていうコンセプトをひねった歌詞が多かったので……ひねくれたことをいっぱいやってきたからこそ、ド直球にストライクを投げるような感覚は今だからできるなって思います。

MIZYU 4年前ぐらいだったらちょっと恥ずかしかったかもしれないけど、今だからこそまっすぐ歌えるし表現できるなと思います。

──もっと前にやることになっていたら、歌詞の解釈も全然変わったかもしれないですよね。

MIZYU ひねくれたパフォーマンス作っていたかもしれないですね(笑)。歌詞がまっすぐだから。

RIN 逆を行くのが好きな部分があったので、この曲はそれをせずにやりたいなって思える状態で本当に良かったです。しかも映画とも歌詞がリンクしていて。主題歌と私たちもリンクしている感じで、今の私たちとすべてが繋がってよかったです。

──KANONさんはどうですか?

KANON みんなが言っている通り、その通りですね(笑)。

SUZUKA わしらが今ストレートをやるっていうことが逆っていう感覚じゃない?

KANON そうかもね! この間出した「The Edge」という楽曲は今までよりも洋楽に寄った曲だったり、MONEY MARKさんと一緒に作った『SNACKTIME』っていうEPも日本らしさがどこにもない楽曲だったりしたので、いろんなバリエーションが増えたからこそ、日本のファンの方たちには「やっときた」って刺さる部分がたくさんあると思います。海外の人も歌謡曲感が入ってる曲とか“ジャパン”っていう感じの曲が好きだったりするので、海外の方にも刺さるんじゃないかな。だから今ベストな楽曲だと思います。

次のページ

異質さに胸を張れるようになった時期

全ての画像・動画を見る(全11点)

作品情報

新しい学校のリーダーズ EP『一時帰国』

『一時帰国』ジャケット

『一時帰国』ジャケット

新しい学校のリーダーズ EP『一時帰国』

2023年4月12日(水) 配信リリース
全7曲収録

配信はこちら

収録曲

1. じゃないんだよ
2. 青春を切り裂く波動
3. Girl Girl
4. Suki Lie
5. オトナブルー
6. 乙女の美学
7. 踊る本能001

新しい学校のリーダーズ「じゃないんだよ」

「じゃないんだよ」ジャケット

「じゃないんだよ」ジャケット

新しい学校のリーダーズ「じゃないんだよ」

2023年3月22日(水) 配信リリース
映画『ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー』主題歌
作詞&作曲:jon-YAKITORY

配信はこちら

ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー

©2023「ベイビーわるきゅーれ2」製作委員会

©2023「ベイビーわるきゅーれ2」製作委員会

ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー

2023年3月24日公開
制作プロダクション:シャイカー
配給:渋谷プロダクション
2023年/日本/カラー/シネマスコープ/5.1ch/101分

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

キャスト:髙石あかり、伊澤彩織
水石亜飛夢、中井友望、飛永 翼(ラバーガール)
橋野純平、安倍 乙/新しい学校のリーダーズ/渡辺 哲
丞威、濱田龍臣


監督・脚本:阪元裕吾
アクション監督:園村健介
主題歌:新しい学校のリーダーズ「じゃないんだよ」
オープニングテーマ曲:KYONO「2bRaW feat. N∀OKI (ROTTENGRAFFTY)」

製作:奥村雄二、人見剛史、松原 憲、小林未生和
エグゼクティブプロデューサー:鈴木祐介
プロデューサー:角田 陸、後藤 剛
音楽プロデューサー:松原 憲
音楽:SUPA LOVE
撮影:伊集守忠
照明:日比野博記
録音:五十嵐猛吏
美術:岩崎未来
スタイリスト:入山浩章
ヘアメイク:赤井瑞希、仁部遥香
ガンエフェクト・編集・VFX:遊佐和寿
音響効果:吉田篤史
アクションコーディネーター:川本直弘
助監督:工藤 渉
制作:新関収一、小玉直人
スチール:富山龍太郎

新しい学校のリーダーズ a.k.a.ATARASHII GAKKO!

アーティスト情報

自称"青春日本代表”パワフルなダンスを武器に、全曲メンバー振り付けで構成されたライブが、おでんの中の大根より熱いと支持され、アジアのカルチャーを世界に発信するレーベル88risingより2021年世界デビュー。
代表曲「オトナブルー」がTikTokより火がつき総再生回数は33億回を突破、SNS総フォロワーは1500万人を超える。2023年にNHK紅白歌合戦出場、2023年1月には単独武道館完売公演を実施、4月には米CoachellaにてGobiステージ大トリを2週にわたり務めるなど日本国内外で活躍する。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube