Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

来日したグラスゴーの天才ビートメーカーにインタビュー

ハドソン・モホークが語る音楽ルーツ、ターンテーブリストからプロデューサーへの軌跡

2022.11.25 18:30

2022.11.25 18:30

全ての画像・動画を見る(全7点)

世界中に同志が点在している状況がイケてる時代だった

──何年に〈Warp Records〉と契約したのですか?

たぶん、2008年か2009年だよ。

──それは音楽活動の初期から契約していたことになりますよね?

はじめてリリースしたのが2005年? とかで、契約したときが19歳ぐらいだったと思う。今では19歳で契約するとかは普通なことだけどね。

──当時はInstagramとかが無いなか、どのようにして音楽を届けていたのですか? Myspaceなどでしょうか?

そう! Myspaceは僕たちのシーンで大きな要素だったし、Myspaceでいろんな人とつながったよ。Myspaceでフライング・ロータスを知ったし、ルニスと知り合ったのもそうだ。Myspaceがなかったら出会わなかった人たちは多いだろう。

──今考えると、あの時代は良い時代だったように感じます。ただの良い思い出かもしれませんが(笑)。

そうだね(笑)。僕もよくそんなことを考えるよ。本当に当時が良かったのか、単に良い思い出がたくさんあるだけなのか。でも個人的に素晴らしいと思ったのが、世界中の全く違う場所に点在している人たちが、DAWとネットを介してひとつの音楽シーンを作っているということだった。それがとてもクールに思えた。今では、それが一周回って、またローカルで小さくイケてるシーンを作ることがクールになったように思える。

当時は、世界に点在しているという状態が新しかったから、違う国のミュージシャンたちがネットを通して知り合い、お互いを招待してライブをしたりするのがクールだった。前にグラスゴーで、「自分の街に留まってレプリゼントしようと思わなかったのですか?」って聞かれたけど、世界中に同志が点在している状況が新しくて、イケてるという時代に育ったから、あまりそういう意識がなかった。

──今では、なんというか、グローバルにローカルなシーンを探す人が増えたように思えます。世界中で起こっている熱いローカルシーンを調べたり。

そうだね。今の20代ぐらいの人たちにとっては、ひとつの音楽シーンが世界中に点在しているのは新しいことではなく、当たり前だからそこまで面白くないと感じるんだろうね。

──初期の『3Pac』ミックステープなどはヒップホップの要素が入った、チョップされたテクノとかエレクトロのようなスタイルで、ソウルからの影響も聞くことができます。あの時代に、他に影響を受けたプロデューサーはいますか?

マッドリブとかかな。あともちろんJ・ディラとかJust Blazeとかだな。Just Blazeのビートはアンダーグラウンド・ヒップホップにも聞こえるけど、かなり大きなヒット曲だったりもする。アンダーグラウンド・ヒップホップのようなサウンドなのに、大衆にヒットすることが興味深かった。

──特にジェイ・Zとか〈ロッカフェラ・レコード〉との曲はそう感じます。

本当に100パーセントそう! あとは2000年代前半に〈Stones Throw〉がやっていたことは全部好きだった。それ以外だと2000年代前半のFour Tetとかかな。Caribouのサンプルがたくさんレイヤーされている感じも好きだった。多分DJ Shadowの潮流でもあるけど、もう少し複雑で前進したものに影響された。

後はテクノ側からはUnderground Resistanceとか、デトロイトから出てきた音楽とかかな。ダンス曲なのにアグレッシブなだけではなく、素晴らしいコードが使われていた。

──コード感の話題で思ったのですが、音楽を作る上で楽器を学んだりしましたか?

学校でドラムはちょっとだけやってたけど、音楽は全く学んでいない。コードを押さえたりはできるけど、演奏できるわけじゃない。もちろん新しい手法やアプローチとかを試したりはするけど。

──カニエ・ウェストと仕事をはじめたのはいつ頃ですか?

2010年かな? 『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』の後だった。最初に連絡くれたのはヴァージル・アブローだった。ヴァージルから「スタジオにきて君の音楽を流してくれないか」って言われたんだ。

次のページ

最新作『Cry Sugar』とプロデューサーたちへアドバイス

作品情報

『Cry Sugar』

『Cry Sugar』ジャケット

『Cry Sugar』ジャケット

『Cry Sugar』

2022年8月12日(金)リリース
●CD 国内盤 BRC711/¥2,200(税抜)
●CD 輸入盤 WARPCD347/¥2,000(税抜)
●LP 限定盤 WARPLP347I ※ブルー・ヴァイナル/¥4,300(税抜)
●LP 限定盤 WARPLP347 ※ブラック・ヴァイナル/¥4,300(税抜)

購入はこちら

収録内容

01. Ingle Nook
02. Intentions
03. Expo
04. Behold
05. Bicstan
06. Stump
07. Dance Forever
08. Bow
09. Is It Supposed
10. Lonely Days
11. Redeem
12. Rain Shadow
13. KPIPE
14. 3 Sheets To The Wind
15. Some Buzz
16. Tincture
17. Nork 69
18. Come A Little Closer
19. Ingle Nook Slumber

ハドソン・モホーク

アーティスト情報

スコットランド・グラスゴー出身のDJ、ビートメイカー、プロデューサーとして活躍するHudson Mohawke (ハドソン・モホーク)。ヒップホップやソウルの要素をレイヴ、ビート・ミュージック、エレクトロニックに詰め込み、常に先進的なサウンドで多くのプロデューサーに影響を与えてきた。イギリスの名門レコード・レーベル〈Warp Records〉からアルバム『Butter (2009)』でデビューし、LuniceとのサイドプロジェクトTNGHTはフライング・ロータスやカニエ・ウェストも魅了。今年の8月には7年ぶりとなる3rdアルバム『Cry Sugar』をリリースし、10月に行われたスクエア・プッシャー来日公演のゲストDJとして緊急参戦した。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube