Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

本間昭光のMUSIC HOSPITAL 第5回 熊木幸丸(前編)

Lucky Kilimanjaroの中心人物、熊木幸丸と語り合うダンスミュージックの可能性

2022.11.20 17:00

本間昭光×熊木幸丸(Lucky Kilimanjaro)

2022.11.20 17:00

全ての画像・動画を見る(全7点)

ダンスミュージックがロックミュージックと交わるラインがある(熊木)

本間 みんな踊ってたね〜。だから、楽曲ごとのBPMの設定とかすごく考えてやってるんだろうなと思った。ライブアレンジってどれくらい施すの?

熊木 そもそも僕の作品自体がDTMというかITB(※1)で済むもので作っているので、そこからどういうふうにアナログらしさやバンドらしさを足していくかという感じです。うちのドラムは結構ゴスペルチョップスが好きで、「じゃあここにそういうフィルを配置しようか」とか、そんなことをメンバーと何回も話し合います。
※1…In The Box=コンピューターのみで の意

本間昭光

本間 それが、無理なく無駄ないチョイスをされているから、ずっと楽しんで観てました。「身体が揺れるってこういうことなんだな」って思って。で、最近ダンスミュージックの流れが完全に来てるじゃないですか。みんなダンスミュージックがどういうものか分かってるけど、そこにバンドとしての存在感をどう混ぜていくか、もしくはソロでやっている人でもギターをどう乗せるかとか迷っているところとかがあると思うんだけど、ラッキリのステージを観てて、そこにひとつの答えみたいなものを感じて勝手に勉強になっていました。

熊木 ありがとうございます。デジタルを主軸にアナログをどう足していくかっていう考えのもとにバンドをコンポーズするようになっているので、グリッドしている部分と、グリッドにアナログの要素が気持ち良く乗っている部分のバランスを、どう提案してそれを踊らせる形に昇華するか、最近大きなフェスに出させていただくようになってからより深く考えるようになりました。技術に溺れずみんなが楽しく踊れるようになればいいなと思うので、そこをすごく大事に考えています。

本間 ステージから見てて気持ちいいでしょ。夏のロッキンのお客さんのノリはどうでした?

熊木 自分のワンマンで踊ってくれるお客さんとはまたちょっと違う踊り方だけど、よりダンスミュージックがロックミュージックとうまく交わるラインがあるんじゃないかなと感じたライブでした。

本間 フェス全体の流れもそんな感じになってきてる印象を持ったのね。だけど、バンドサウンドと打ち込みのバランスをめっちゃコントロールしてるっていう意味でいうと、ラッキリすごかったなと思います。

熊木 ありがとうございます。

本間 みんな踊れる音楽にシフトしてるなって感じました。後ろの人たちも割と好き勝手踊ってる人たちが多くて、もしかしたら日本の音楽のなかで本当の意味でここまでダンスミュージックに寄り始めたことは今までなかったんじゃないかなと思います。90年代から潮流としてダンスミュージックというものが確かにあったと思うんだけど、2020年代になって余計にそれが花開いてきたんじゃないかなと。もしかしたら子どもの頃からそういうのを聴いてきたからそれが成長して成熟してるのかな。だから今ラッキリがすごく注目されていることは必然じゃないかなって。で、ラッキリのサウンドめちゃくちゃ気持ちいいよね。

熊木 僕のなかでも気持ちよさがいちばんというか。気持ちよく聴ける、気持ちよく心乗せられるという状態がいちばんいいと思っているのでそこを目指して制作しますし、ライブもそういう形であれたらいいなと思っています。

次のページ

熊木のギターの原点はポルノグラフィティ

全ての画像・動画を見る(全7点)

作品情報

デジタルシングル『一筋差す』

『一筋差す』ジャケット

『一筋差す』ジャケット

デジタルシングル『一筋差す』

2022年11月30日(水)リリース

収録曲

1. 一筋差す
2. 越冬

イベント情報

Lucky Kilimanjaro ONEMAN TOUR 2023

Lucky Kilimanjaro ONEMAN TOUR 2023

2023年5月28日(日)金沢:EIGHT HALL
2023年6月3日(土)札幌:SAPPORO FACTORY HALL
2023年6月10日(土)大阪:Zepp Namba
2023年6月11日(日)名古屋:Zepp Nagoya
2023年6月17日(土)仙台:仙台PIT
2023年6月24日(土)広島:CLUB QUATTRO
2023年6月25日(日)福岡:Zepp Fukuoka
2023年7月1日(土)東京:豊洲PIT
2023年7月2日(日)東京:豊洲PIT

企画制作:dreamusic Artist Management,Inc./VINTAGE ROCK std.
TOTAL INFORMATION:VINTAGE ROCK std.

Lucky Kilimanjaro ONEMAN TOUR 2023

Lucky Kilimanjaro

アーティスト情報

Lucky Kilimanjaroは、同じ大学の軽音サークルで出会った6人で結成された。彼らが自ら考案し、掲げる「世界中の毎日をおどらせる」というバンドのテーマは、Lucky Kilimanjaroの音楽性と精神性を如実に反映した言葉である。彼らがおどらせるのはライブハウスやクラブのフロアだけではない。昨日から今日へ、そして明日へ。連続する日々を、そこにある私たちの生活と心をも、Lucky Kilimanjaroはおどらせる。

2018年にEP『HUG』でメジャーデビュー。その後、2020年にはメジャー初のフルアルバム『!magination』を、2021年にはメジャー2ndフルアルバム『DAILY BOP』をリリースしたLucky Kilimanjaro。作詞作曲を手掛けるボーカル・熊木幸丸の多作ぶりとバンドとしてのリリーススピードの速さで周囲を驚かせながら、作品を経る毎にクリエイティビティとキャパシティを広げていく彼ら。その音楽世界の根幹にあるのは、やはり、熊木のソングライティングである。時代や自己の内部に深く向き合いながらも、まるで友達のように親密な語り口で聴き手に寄り添いながら、明日をよりよく生きるための新たな視点と提案をもたらす歌詞。そして、先鋭的なポップミュージックのビート感やサウンド感を貪欲に取り入れながらも、きっと多くの人が懐かしさを感じるであろう、日本語の歌としての喜びを突き詰めていく彼のソングライティングは、蔦谷好位置やヒャダインといった音楽家たちからも高く評価され、また、Hey!Say!JUMPやDISH//といったアーティストへの楽曲提供にも繋がっている。

Lucky Kilimanjaroにとって、2021年は「駆け抜けた」という表現がしっくりくる1年だった。3月の『DAILY BOP』をリリース以降も、4月には日比谷野外大音楽堂での初のワンマンライブを開催。その後、5月から Zepp Haneda をファイナルとした7都市を回る初の全国ツアーを敢行し、さらに10月からは新たな全国ツアーを開催。このツアーではファイナル公演のZepp DiverCityがソールドアウドしたことに伴い、新木場STUDIO COASTでの追加公演も開催された。会場のキャパシティはツアーを追うごとに大きくなっているが、そこで生み出される興奮の濃度は、薄まるどころか、むしろライブを追うごとに色濃くなっている。躍動するリズム、色とりどりのメロディ、歌はときに鼓舞するように、ときに語りかけるように響き、人と人の間を伝播する、音と熱――Lucky Kilimanjaroが生み出すのは音楽だけでなく「空間」そのものといえるが、彼らが生み出す空間に満ちるものは、とても優しく、熱く、そして幸福なものである。

Lucky Kilimanjaroのライブは、バンドミュージックならではのアンサンブルのふくよかさと熱狂を持ちつつも、曲と曲がノンストップで繋がることで持続する高揚感が生み出される様子は、まるでクラブミュージックのようでもある。そのパフォーマンスを観れば彼らの音楽に「垣根」というものが存在しないことを実感するだろう。そして、垣根のなさは観客も同じ。実際に彼らのライブに足を運べば、熱心な音楽フリークやカップル、家族連れなど、「老若男女」という言葉では収まりがつかないほどに様々な人々が、体や心をおどらせている光景が広がっている。

2022年3月30日には新たなフルアルバム『TOUGH PLAY』を発売。アルバムを引っ提げたバンド史上最大動員の全国ツアー『Lucky Kilimanjaro presents. TOUR”TOUGH PLAY”』のファイナルの会場はパシフィコ横浜で開催。7月13日「ファジーサマー」発売と、9月11日から始まる『Lucky Kilimanjaropresents. TOUR ”YAMAODORI 2022”』の開催を発表。Lucky Kilimanjaroは、世界中の毎日をおどらせ続けている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 歌詞では別次元の扉が開く始まりを超新星に例える aespa初フルアルバムより「Supernova」MV公開、“Season 2”の本格スタートを予告

    2024.05.13 19:00

    aespaが5月27日(月)に発売する1stフルアルバム『Armageddon』より新曲「Supernova」を本日先行配信リリースし、合わせてミュージックビデオを公開した。 「Supernova」はヒットメーカーであるKENZIEが作詞・作曲に参加した曲で、重みのあるキックとベースのミニマルなサウンドが印象的なダンスチューン。キャッチーなトップラインとシンセサイザーサウンドが魅力的で、歌詞では別次元の扉が開かれる事の始まりを超新星に例え、aespaの世界観Season 2の本格的な物語の始まりを予告。自分自身の中で大爆発が始まったことをヒップなムードで表現し、aespa特有のインパクトとエネ<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44445/">…

    #aespa

  • 昨日公開されたHARVEYの動画にも続々と反響が到着 XG、ラップコンテンツ最新作第2弾でMAYAが名曲「Million Cash」をビートジャック

    2024.04.24 18:30

    HIPHOP/R&BガールズグループXGが、昨日に続くラップコンテンツシリーズ「XG TAPE」の新作となる「[XG TAPE #4] Million Cash (MAYA)」を公開した。 昨日公開された「[XG TAPE #4] Big Mad (HARVEY)」は「XG TAPE」シリーズとしては初となる縦動画のコンテンツで、金髪にサングラス姿のHARVEYが独特のフロウでKtlynの「BIG MAD」のビートでラップパフォーマンスを披露。公開直後から海外を中心に多くのリアクションビデオが投稿され続けている。 「They don’t like my tone as if it&<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43770/">…

    #XG

  • 山下智久「メンバーから頼まれた時はとても嬉しかった」 timeleszのEPリード曲を山下智久がプロデュース、旅立ちに相応しい決意表明のような楽曲に

    2024.05.17 17:00

    2024年4月1日にグループ名をSexy Zoneから改名したtimelesz(佐藤勝利・菊池風磨・松島聡)の第一弾リリースとなるEP『timelesz』のリード曲「Anthem」を山下智久がプロデュースしたことが明らかになった。 timeleszメンバーからの依頼を山下智久が快諾をした形で実現した今回の楽曲プロデュース。作詞を山下が手掛け、新たなスタートを切るtimeleszが“龍のように力強く舞い上がってほしい”という願いを込めて制作された。タイトルが表すように聴く者を鼓舞するような歌詞と低音が響くトラックが相まった力強いダンスチューンで、 timeleszの旅立ちに相応しい決意表明のよう<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44580/">…

    #timelesz#山下智久

  • 普段見ることができない表情が満載の映像に 前田佳織里、ジャケット撮影やMV撮影に密着した2nd EP初回限定盤Blu-rayのトレーラー公開

    2024.05.15 18:00

    声優の前田佳織里が、6月5日(水)にリリースする2nd EP『Grab the World』初回限定盤に付属するBlu-rayのトレーラー映像を公開した。 EP『Grab the World』は初回限定盤(CD+Blu-ray)と通常盤(CD only)の2形態でリリースされ、初回限定盤付属のBlu-rayにはリード曲「常識外れヒューマン」のMusic Videoや、“Grab the World” Behind The Scenesと題したジャケット撮影の裏側やMV撮影に密着したドキュメンタリー映像が収録される。普段見ることのできない前田の表情など満載の映像となっており、公開されたトレーラー<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44522/">…

    #前田佳織里

  • ジャケットに続きフラワーアーティストの東信とコラボ ゆず9ヵ月ぶりの新曲「Chururi」MV公開、音楽とアートの新たな融合を感じさせる映像に

    2024.05.16 21:10

    ゆずがオフィシャルYouTubeチャンネルで最新曲「Chururi」のミュージックビデオを公開した。 5月15日(水)に配信リリースされた「Chururi」は、昨年8月リリースの「ビューティフル」以来、ゆずにとって約9ヵ月ぶりとなる新曲。作詩は北川悠仁、作曲は北川とトオミヨウが担当した。今を生きる人々の日常に寄り添うような歌詩とカラフルなサウンドアレンジ、曲中で繰り返される合言葉のようなフレーズ“ちゅるり”が印象的な、ゆずの新たなポップソングとなっている。 公開されたミュージックビデオでは、今作のジャケットアートワークも手がけたフラワーアーティスト・東信氏とコラボレーション。東氏が主宰するクリ<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44542/">…

    #ゆず#東信

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube