Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

『仮面ライダーBLACK SUN』主題歌でメジャーデビュー

超学生が語る継続の秘訣、ファンと二人三脚で邁進するこれからへの期待

2022.11.04 19:00

2022.11.04 19:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

“超絶ガナリヴォイス”を持つ2001年生まれのボーカリスト、超学生。小学生で歌ってみた動画を投稿し、以降も勉学と並行しながらコンスタントに活動を継続。高校を卒業した年である2020年に初のオリジナル楽曲「ルームNo.4」をリリースし、歌ってみた楽曲とオリジナル楽曲どちらも精力的に発信し続けている。

そんな彼が10月12日に、VOCALOIDクリエイター・すりぃが提供した「サイコ」をリリース、さらには10月28日リリースの「Did you see the sunrise?」でメジャーデビュー。同作は松隈ケンタによる書き下ろし楽曲で、西島秀俊と中村倫也がW主演を務めるPrime Video『仮面ライダーBLACK SUN』の主題歌に起用されている。

活動10年目を迎え、アーティストとして過渡期の渦中にいる彼は、今の音楽シーンや自分の状況をどのように見据え、どのような心境を抱えているのだろうか。ロングインタビューで迫った。

超学生なら何をやってもいいと思える

──前々から公言なさっていた「メジャーデビュー」がとうとう叶いましたね。

ありがとうございます。1、2年前ぐらいから本当にありがたいことに、いろんな方からお声掛けいただいたり、たくさん動画を観ていただいていたので、ついにメジャーデビューを迎えた感慨深さもありつつ、これから先にどんなことがあるのかのワクワクが勝っていますね。

──メジャーデビューを志したのはいつ頃でしたか?

ほんと活動を始めた初期くらい、小中学生の頃ですね。その頃くらいから歌い手さんがメジャーデビューすることが増えていったので、僕もその後を追いたいなと思いました。実際にメジャーに身を置いてみて、やれることの幅の広さや選択肢の多さを実感していて。自分だと難しい音の処理やクリエイターさんとの制作などを実現させていただけて、本当にありがたいです。

──特に超学生さんは、歌に限らず様々なことに挑戦したいとおっしゃっているので、メジャーというフィールドは向いていそうです。

音楽ももちろんですけど、たとえばYouTuberさんとゲーム実況をしたり、企画のコラボとかもどんどんしていけたらいいなと思っていて。というのも、僕のファンの方々は、僕が苦手なことをしている様子も楽しんでくれるんですよ。ゲーム実況で苦手な謎解きゲームをして、同じところをぐるぐる回っちゃっても「へたくそ!」とか「やめちまえ!」みたいに言ってくる人がいなくて。寛容な方々のあたたかいコメントに助けられてるんですよね。だから自分でも「超学生なら何をやってもいいんだ」と思えるし、それを楽しめるんです。

──小学生で歌ってみたを始めたとなると、この10年で関わる方々のほとんどが年上だったと思うのですが、10代の超学生さんにとってその環境はどうでしたか?

もともと年上の方と接することがあまり苦じゃないというか、年齢自体を意識することが少ないんです。やっぱり誰でも年上の人と年下の人に対する態度は使い分けることがほとんどだと思うんですけど、僕の場合はみんな年上だから、一貫して同じ姿勢でいられました。でもそのクセが全然抜けてなくて……。この前「超パーティー2022」でご一緒した踊り手さんに「年下なんでタメ口で話してください」と言われても、全然タメ口で話せなくて。だから「敬語口調のキャラだと思ってください」と言いました(笑)。

──(笑)。多感な時期にこつこつと活動を続けてこれたモチベーションはどんなところにありましたか?

「いちオタクとしての超学生が観てきたコンテンツに関わりたい」という願望は昔から強いので、どんどんやりたいことが出てきちゃうんですよね。それが常にモチベーションになっていたと思います。長く続けてきたからこそタイアップをいただいたり、憧れの先輩方や歌い手さん、アーティストさんとのコラボが決まるんじゃないかなと思っていて。小学生の時からずっと超学生という名前を使ってきて、辞めないで良かったなと思っていますね。

──2010年代から現在にかけて、インターネットの音楽シーンにもいろいろと動きがありましたが、その中で活動してきた超学生さんにはどう見えていたのでしょうか。

2010年代初頭のVOCALOID音楽は、インターネットが好きな人が視聴している音楽の文化だったんですけど、それが徐々にJ-POPのフィールドに浸透していると思います。TVをつけるだけでも、VOCALOIDに関連するイベントの情報が流れている。そのきっかけになったのはやっぱり米津玄師さんだと思うし、ボカロやインターネット文化に懐疑的だった人もどんどんVOCALOIDを無視できなくなってきたんじゃないかとも思っています。あと、世の中で人気が出ている音楽は、掛け算的な要素が強いと思っていて。相互作用的な効果で広がりを見せていると思うんです。

──確かに。ここ2、3年はコラボレーションがキーになっていますよね。アニメのテーマソングであったり、VOCALOIDクリエイターさんと歌い手さんのタッグであったりと。

さらにインターネットやSNS出身の方は、ファンの人との掛け算が作れているのが大きいと思うんですよね。コメントの返信とか生配信とかで、親近感を抱いていただけたり。たとえばTikTokでも、オリジナル曲をアップしているTikTokerさんもそれを観る視聴者さんも、同じ「TikTokを楽しむ人」なんですよね。だからカリスマ的な存在の方であってもどこか身近に感じられるし、好きなTikTokerさんの動画が流行るのは、仲のいい人がTVに出てるのと似た感覚だと思うんです。

──なるほど。ファンの方との信頼関係が流行を生んでいる側面もあるということですね。

僕個人もいろんな人と仲良くしたい、友達になりたい気持ちは大きいので、配信も積極的にやりたいんです。ラジオやTVをきっかけに出会える人もいると思うので、出演の機会がもっと増えたらいいなと思っていますね。

次のページ

超学生から見た「サイコ」の主人公

全ての画像・動画を見る(全2点)

作品情報

『Did you see the sunrise?』

『Did you see the sunrise?』ジャケット

『Did you see the sunrise?』ジャケット

『Did you see the sunrise?』

10月28日配信リリース
Prime Video『仮面ライダーBLACK SUN』主題歌

配信はこちら

弱冠21歳、2001年生まれの注目の歌い手。
11歳の頃初の歌ってみた動画を投稿して以来、コンスタントに動画投稿を続け、現在は週1本のペースで新作動画を公開している。
YouTubeでのカバー曲総再生数3億回以上!
ベネチアンマスク越しに覗く端正な顔立ちと、それに相反するような“ガナリヴォイス”が話題沸騰中。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 仲間や家族との思い出や絆の大切さを歌うバラード My Hair is Badが『映画クレヨンしんちゃん』新作主題歌を担当、楽曲流れる最新予告解禁

    2024.06.13 08:00

    3ピースロックバンド・My Hair is Badの新曲「思い出をかけぬけて」が『映画クレヨンしんちゃん オラたちの恐竜日記』の主題歌に決定し、楽曲を使用した映画の最新予告映像が解禁された。 「映画クレヨンしんちゃん」シリーズ31作目となる『映画クレヨンしんちゃん オラたちの恐竜日記』は、現代に復活した恐竜がカスカベや東京で大暴れ。笑いあり、涙あり、そしてシロとカスカベ防衛隊が小さな恐竜と出会い、生命の垣根を超えた友情を描く。 その主題歌「思い出をかけぬけて」はMy Hair is Badが映画のために書き下ろした新曲で、かけがえのない時間をともに過ごした仲間や家族との思い出や絆の大切さに気づ<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45809/">…

    #My Hair is Bad#映画クレヨンしんちゃん

  • 特典会ではメンバー全員とのチェキ撮影会も実施 KARAが本格再始動、7月24日にニューシングル『I DO I DO』日本独自企画でリリース

    2024.06.18 13:00

    デビュー15周年を迎えて電撃復活したKARAが、ニューシングル『I DO I DO』を7月24日(水)にリリースする。 日本におけるK-POPムーヴメントの先駆けとして、大きなインパクトを残したガールズグループKARA。日本のみでシングル商品化される『I DO I DO』はメンバー別ジャケット5種類に加え、通常盤1種の計6形態で発売される。それぞれの形態には今回のシングルのために撮り下ろされた最新ビジュアルのトレーディングカードもランダムで封入。さらにUNIVERSAL STORE限定でメンバー別5形態が専用スリーブケースに入ったアクリルスタンド付きセットの発売も決定した。 また、シングル『I<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46100/">…

    #KARA

  • 兄ノエルのことを“弟”と呼び煽る リアム・ギャラガーが『Definitely Maybe』30周年ソロツアーでノエルの曲をサプライズカバー

    2024.06.04 19:20

    2009年に解散して以来、頻繁に再結成の噂が流れる伝説的なバンド、オアシス。リアム・ギャラガーとノエル・ギャラガー兄弟の不仲は広く知られており、いまだ再結成は実現していない。そんな中、リアムがノエルの曲をライブでカバーしたことが話題になっている。 現在オアシスの1stアルバム『Definitely Maybe』の30周年ソロツアーを行っているリアムは、その初日公演で1994年にリリースされたオアシスの「Half the World Away」を演奏。同曲はノエルがリードを務めた曲であり、リアムは「この曲は俺の“リトル・ブラザー(弟)”に捧げる」と、兄ノエルが子供のように振る舞っていることを示唆<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45329/">…

    #Oasis#オアシス#ノエル・ギャラガー#リアム・ギャラガー

  • 監督は初タッグの田中裕介、振り付けは辻本知彦が担当 米津玄師、破れかぶれの日常をワンカットで捉えた「毎日」MV公開 ダンサー7人との競演も

    2024.05.29 07:00

    米津玄師の新曲で、日本コカ・コーラ「ジョージア」のCMソングとして書き下ろされた「毎日」のMVが公開された 「毎日」は米津玄師が自身の日常を一筆書きで描いた楽曲となっており、「毎日毎日毎日毎日 僕は僕なりに頑張ってきたのに」という切実な歌い出しからはじまり、「月曜火曜水曜木曜金曜土曜日曜」と曜日を連呼しながら跳ねるリズムでハイテンションに突き進むナンバー。順調とはいえない日常を、破れかぶれの空元気さながらアップテンポの軽快な曲調で表現している。 今作のMVはワンカットの映像となっており、米津玄師と7人のダンサーが登場。監督は米津玄師とは初のタッグとなる映像ディレクターの田中裕介が担当し、ダンサ<a href="https://bezzy.jp/2024/05/45054/">…

    #米津玄師

  • タワレコ2店舗かオンラインの予約購入者から抽選で招待 a子、1stアルバムリリースを記念した初フリーライブ「Good News Sessions」7月23日開催

    2024.06.10 19:00

    シンガーソングライターa子(読み:エーコ)が、1st Album『GENE』のリリースを記念して自身初のフリーライブ「a子 Free Live“Good News Sessions”」の開催を発表した。 7月23日(火)に品川・クラブeXにて行われるフリーライブには、期間内にアルバム『GENE』をタワーレコードオンラインまたはタワーレコード渋谷店・新宿店にて予約・購入すると配布されるシリアルコードで応募が可能。応募者の中から抽選で公演に参加することができる。応募の1次受付は本日よりタワーレコードオンライン予約購入限定でスタートしており、詳細はタワーレコード特設ページで確認することができる。 a<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45644/">…

    #a子

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube