Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

『花は誰のもの?』ロングヒット記念インタビュー 2/2

元チェッカーズ鶴久政治が石田千穂に説くヒット曲の大切さ、STU48に願う未来

2022.10.02 12:00

2022.10.02 12:00

全ての画像・動画を見る(全6点)

瀬戸内7県を拠点とするアイドルグループ・STU48が今年4月にリリースした楽曲「花は誰のもの?」が、USENをはじめ口コミを中心にじわじわと広まっている。発売から約半年経ったいまも、その勢いは止まることを知らず、ダンスリリックビデオは300万回再生が目前に。「ミュージックステーション」への出演も果たすなど、世の中へと波及し続けている。

先に公開したインタビュー前編では、今回採用された「トライアングルセンター」のひとり、石田千穂にSTU48とはどんなグループかを聞いた。後編では「花は誰のもの?」の作曲者で元チェッカーズの鶴久政治を招き、石田とともに世界平和を願うメッセージソングである本楽曲が生まれた経緯や、ここまで広がりを見せている現状について、そして鶴久が思う名曲の定義まで、じっくりと対談で迫った。

記事の最後にはサイン入りチェキプレゼントも!是非ご応募ください。

STU48 8th Single「花は誰のもの?」MUSIC VIDEO

「花は誰のもの?」はいかにして誕生したか

──鶴久さんが「花は誰のもの?」の作曲を行うことになった経緯を教えてください。

鶴久 もともと高校生の頃から1960年代のシュープリームスなどのガールグループが大好きで影響を受けていたので、秋元さんがやられているグループにずっと興味を持っていたんです。秋元さんには、チェッカーズのときに楽曲を作ってもらったり、僕がソロでユニットを組むときもプロデュースや企画をやってもらったりしていて。AKB48が始まった頃、自分はそういうタイプの曲をまだ作れなかったので、グループの過去の楽曲などを聴きつつ素振りをし始めたんです。

──素振り?

鶴久 今のコンペってスピードが速いので、アレンジをやれる人、仮の作詞ができる人、ちゃんと歌える人でチームを組まないと、コンペに提出できるような曲が作れないんですよ。そこから仲間を集めて、3年前ぐらいに形になりはじめたので、ちょうど1年前の48グループや坂道グループのコンペに今回の曲を提出したんです。作ったときから、自分の中で自信があった曲だったので、絶対秋元さんも探し出してくれるだろうなと思って。

──最初、石田さんはどういう状態で楽曲を聴いたんでしょう?

石田 この曲をいただいたときは秋元先生の歌詞じゃなくて、別の歌詞が載った曲を聴かせていただいて。

鶴久 それが、僕がデモテープで仮に入れていた歌詞ですね。

石田 歌詞は違ったんですけどすっごく壮大で、世界観がぱっと広がったというか。実際に歌詞とメロディーと合わさったら本当に素敵で……。

石田千穂

──秋元さんのメッセージ性のある作詞が楽曲に載ったとき、鶴久さんはどのように感じられましたか?

鶴久 届くまで楽しみにしていたんですよ。秋元さんの中で手応えを感じて選んでくれているメロディならば必ず素敵な歌詞を書いてくれるだろうなと期待していたので。そしたら、その予想を遥かに超えました。ちょっと度肝を抜かれましたよ。

──特にどのあたりに度肝を抜かれたんでしょう。

鶴久 最初の「もしこの世界から 国境が消えたら」の時点で、国境というワードを使ったことがすごいなって。落ち着いて聴き始めると、「困る人がいるだろうな」とか皮肉った感じもすごいなと思って。戦争を連想する歌詞というか、差別だったり自分の中のわだかまりだったり、いろいろなことがあるじゃないですか? Dメロの「数え切れないくらいの花が一面に咲いていれば」ってところで、それまでの重いものを花で表現するところが本当に素敵だなと思って。あと、それが彼女たちにすごく似合っている。花での表現がなければ、重いだけの歌だったかもしれないですし、みんながスキップしてくるくる回るんですよ。あそこは本当に素敵ですね。

鶴久政治

──石田さんは、メッセージ性や社会性が含まれた歌詞を、どのような心持ちで歌われたんでしょう。

石田 この歌詞を初めて聴いたのがMV撮影中で、みんなで海を見ていたときだったんです。歌詞が来たよって言われて、みんなで聞いたんですけど、ちょうど戦争が始まった時期で。まさか自分が生きている時代に戦争が実際に始まると思ってなくて。この時期に瀬戸内を拠点としている私達がこういう歌を歌えるのはすごく意味のあることだと思ったし、海の向こうの人たちにも届くように歌いたいと思いました。

次のページ

秋元康が鶴久の曲を選んだ理由

作品情報

『花は誰のもの?』初回限定盤<Type A>

『花は誰のもの?』初回限定盤<Type A>ジャケット

『花は誰のもの?』初回限定盤<Type A>ジャケット

『花は誰のもの?』初回限定盤<Type A>

2022年4月13日リリース
価格:各¥1,750(税込)
形態:CD+DVD
品番:KIZM-90721~2

収録内容

CD
1. 花は誰のもの?
2. 船から降りた僕たちは・・・
3. 花は誰のもの?(off vocal ver.)
4. 船から降りた僕たちは・・・(off vocal ver.)

DVD
1.「花は誰のもの?」ミュージックビデオ

『花は誰のもの?』初回限定盤<Type A>

『花は誰のもの?』初回限定盤<Type B>ジャケット

『花は誰のもの?』初回限定盤<Type B>ジャケット

『花は誰のもの?』初回限定盤<Type A>

2022年4月13日リリース
価格:各¥1,750(税込)
形態:CD+DVD
品番:KIZM-90723~4

収録内容

CD
1. 花は誰のもの?
2. ポニーテールをほどいた君を見た
3. 花は誰のもの?(off vocal ver.)
4. ポニーテールをほどいた君を見た(off vocal ver.)

DVD
1. ドラマミュージックビデオ「光は君に、あの日々に。」〜主題歌:「花は誰のもの?」〜

『花は誰のもの?』通常盤<Type A>

『花は誰のもの?』通常盤<Type A>ジャケット

『花は誰のもの?』通常盤<Type A>ジャケット

『花は誰のもの?』通常盤<Type A>

2022年4月13日リリース
価格:各¥1,750(税込)
形態:CD+DVD
品番:KIZM-721~2

収録内容

CD
1. 花は誰のもの?
2. 船から降りた僕たちは・・・
3. 花は誰のもの?(off vocal ver.)
4. 船から降りた僕たちは・・・(off vocal ver.)

DVD
1.「花は誰のもの?」ミュージックビデオ

『花は誰のもの?』通常盤<Type B>

『花は誰のもの?』通常盤<Type B>ジャケット

『花は誰のもの?』通常盤<Type B>ジャケット

『花は誰のもの?』通常盤<Type B>

2022年4月13日リリース
価格:各¥1,750(税込)
形態:CD+DVD
品番:KIZM-723~4

収録内容

CD
1. 花は誰のもの?
2. ポニーテールをほどいた君を見た
3. 花は誰のもの?(off vocal ver.)
4. ポニーテールをほどいた君を見た(off vocal ver.)

DVD
1. ドラマミュージックビデオ「光は君に、あの日々に。」〜主題歌:「花は誰のもの?」〜

『花は誰のもの?』<劇場盤>

『花は誰のもの?』<劇場盤>ジャケット

『花は誰のもの?』<劇場盤>ジャケット

『花は誰のもの?』<劇場盤>

2022年4月13日リリース
価格:各¥1,150(税込)
形態:CD
品番:NMAX-1383

収録内容

CD
1. 花は誰のもの?
2. Sure、じゃあね
3. 花は誰のもの?(off vocal ver.)
4. Sure、じゃあね(off vocal ver.)

国内6番目のAKB48姉妹グループとして2017年3月に誕生。「瀬戸内」エリアを本拠地とし、「1つの海、7つの県」を中心に活動するAKB48グループ初の広域アイドルグループ。

瀬戸内(SeToUchi)の頭文字からSTU48(エスティーユー フォーティエイト)と命名される。
瀬戸内7県を巡業公演しながら、全国に「瀬戸内の声」を届ける活動とパフォーマンスを展開中。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 待望の「POPPY」先行配信は明日24時 STAYCが日本デビュー曲MVをプレミア公開、ティザー第3弾で「ポピポピダンス」披露

    2022.11.14 19:00

    韓国6人組ガールズグループSTAYCが、日本デビューシングル「POPPY」のMVを11月17日(木)0時にプレミア公開することを発表した。 STAYCは2020年に韓国でデビューし、K-POPシーンで数々のヒット曲を生み出してきた音楽プロデューサー、ブラック・アイド・ピルスンが手掛けることで知られる6人組ガールズグループ。11月23日(水)の日本デビューを前に11月21日(月)には日本で初めてのショーケース「STAYC Japan Debut Showcase~Star To A Young Culture~」を開催するが、チケットはすでにソールドアウトしている。 そのデビュー曲「POPPY」<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13267/">…

    #STAYC

  • 「90'S TOKYO BOYS IN HALL」最新作も収録 OKAMOTO’S、初のメンバーコラボアルバム『Flowers』リリース&全国ワンマンツアー発表

    2022.11.29 22:10

    OKAMOTO’Sが、初のメンバーコラボレーションアルバム『Flowers』を2023年1月25日(水)にリリースすることを発表した。 彼らの楽曲の多くはヴォーカルのオカモトショウとギターのオカモトコウキが担当しているが、前作『KNO WHERE』以来約1年4ヵ月ぶりとなる本アルバムではドラムのオカモトレイジとコウキが制作した「Flowers」やベースのハマ・オカモトとショウが制作した「オドロボ」など、初のメンバー内コラボレーションを試みた楽曲が収録されている。 付属のBlu-rayには、特別なライブイベントとしてファンの間で特に人気を博している「90’S TOKYO BOYS I<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14483/">…

    #OKAMOTO’S

  • 新旧楽曲を織り交ぜた熱演の一夜 Superflyが3年ぶりの有観客ライブでみせた新境地、過去と未来を同時に照らした15周年記念公演

    2022.11.26 18:00

    来年6月17日から全国9ヵ所13公演のアリーナ・ツアーを開催することを発表し、ファンを狂喜させた3年ぶりの有観客ライブは、タイトルで「Superfly 15th Anniversary Live “Get Back!!”」と謳っているとおり、ライブも含め本格的な活動の再開をアピールするという意味で、Superflyのキャリアにおけるマイルストーンの1つとなった。 1万4,000人を集めた、そんな一夜限りの有明アリーナ公演は、360度観客に囲まれるようにアリーナの真ん中に作ったピースマーク型の円形ステージの中央で越智志帆(Vo)が「行くぞ、有明アリーナ!」と声を上げ、「Bi-Li-Li Emot<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14077/">…

    #Superfly#ライブレポート

  • 初回盤には日比谷野音&Zepp Yokohamaライブ映像 PassCode、1年ぶりEP『REVERBERATE ep.』リリース決定

    2022.11.11 19:00

    ロックファンからアイドルファンまで幅広い支持を得る4人グループ、PassCodeが約1年ぶりのEP『REVERBERATE ep.』を2022年12月21日(水)にリリースすることを発表した。 今年2月に自身初となる日本武道館公演を完全ソールドアウトさせ、国内シーンでも存在感を放つラウドクイーンへと成長を遂げたPassCode。 同作のタイトルであるREVERBERATEという単語には「反響する」「鳴り響く」という意味があり、“世界中にPassCodeの音楽を響き渡らせる”という思いが今作には込められている。全て新曲の全4曲が収録され、2022年5月に初披露され夏のライブツアーでも鮮烈な印象を<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13022/">…

    #PassCode

  • トリオの要であったテイクオフを追悼 ミーゴスが音楽トレンドやファッションに与えた影響 故テイクオフが魅せたラップスキルも紹介

    2022.11.08 15:00

    11月1日にテキサス州ヒューストンで撃たれ、亡くなったミーゴスのテイクオフ。ミーゴスはアトランタ出身のヒップホップトリオで、ヒップホップのサウンドを変えたと言われるほどの影響力を持ったグループである。クエイヴォ、オフセット、そしてテイクオフの3人からなるミーゴスは、今までに2部門でグラミー賞にノミネートされており、2010年代で最もポップカルチャーに影響を及ぼしたグループのひとつと言っても過言ではないだろう。血縁関係にある3人のメンバーから繰り出されるフロウとアドリブは多くのフォロワーを生み出した。そんなテイクオフのトリビュートとして、ミーゴスの功績、そしてテイクオフのヴァースが特に光っている<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12388/">…

    #Migos#テイクオフ#トラップ#ミーゴス

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube