Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

REPORT

因縁の会場で行われた新体制初ツアーファイナルをレポート

BiSが6人で揃い踏んだ区切りの一歩、さらなる飛躍を予感させたLIQUIDROOM公演

2023.07.25 17:00

BiS「3 balls and 2 strikes TOUR」LIQUIDROOM公演より photo by sotobayashi kenta

2023.07.25 17:00

全ての画像・動画を見る(全9点)

BiSが新メンバー3名を加えた6人編成の新体制で初となる全国ツアー「3 balls and 2 strikes TOUR」を開催。全11公演(うち2公演は8月に振替)となる本ツアーのファイナルの場所として選ばれたのは、BiS三期が始まって早々に陥ったコロナ禍直前にワンマンライブを行った会場であり、先日のインタビューでもトギーが「これから頑張っていくぞっていう時にライブができない期間に入ってしまったので、ここからまた始められることがすごく嬉しい」と語っていた、グループとしては特別な、そしてある意味では因縁の、とも言えるLIQUIDROOMであった。

BiS「3 balls and 2 strikes TOUR」 LIQUIDROOM公演より

開演直前に会場入りした筆者が客席を見渡すとそんなメンバーの思いは既にフロアを埋め尽くす研究員にも伝播している模様。きっと会場に足を運んだ研究員なら分かっていただけると思うが、ステージに注がれる視線は血走っており、各々が心の中で肩をぶん回さん勢いであった。そう、研究員の殺る気は満々。さあ、BiSはどう出る……?

BiS「3 balls and 2 strikes TOUR」 LIQUIDROOM公演より

定刻とほぼ同時にメンバーが登場し、のっけから「LET’S GO どうも」がけたたましく放たれる。ステージにはオフィシャルロゴのバックドロップのみが後方に掲げられる以外には何もないと言うシンプル極まりない仕様。そして第3期BiSのデビューアルバム『Brand-new idol Society』のクロージングナンバーでもある当曲がオープニングとして選ばれたことから、どうやらBiS側も研究員とぶつかり合う(というより殴り合う?)覚悟をキメているらしい。かくして1曲目から早くも完璧に通じ合ってしまったBiSと研究員。場内をつんざく大歓喜のコールを受けたパフォーマンスはあたかもいきなりのクライマックスを迎えんとしていた。

とは言え、ここで本当にクライマックスとなるわけもなく、勢いそのまま「STUPiD」「teacher teacher teacher」を立て続けにフロアへ投下していく。前者ではBiSが6人編成での組体操を鮮やかにフロアへと見せつけたかと思えば研究員はジャンプでそれに応え、後者ではAメロのフリを研究員たちが完璧にコピーしてみせたかと思えばBiSはラインダンスのキックでそれに応えるなど、ステージとフロア間で熱い攻防が火花を散らす。THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのカバー「スモーキン・ビリー」では正にヤニでキマったかの様な目つきのシオンエピックがラスサビ前で悲鳴にも似通う絶叫! イルでワルなパフォーマンスでフロアを漆黒に塗り潰す。

各々が手短に自己紹介を挟んで矢継ぎ早に次なるブロックへ。とにかくテンポの速い楽曲が持ち味のBiSであるが、ここではテンポの速さはそのままに曲、並びにパフォーマンスの振れ幅の広さでもってフロアに更なる攻勢をかけていく。快速2ビートで突っ走る「BASKET BOX」、歌の合間にフロアに手を振り、それに全力のコールで応える研究員によって最早トラックがかき消えんばかりの大盛り上がりであった「GOiNG ON」、一転してどことなく和が香るメロディや6人が3組のペアとなるダンスが緊迫感すら醸す「FOOL PROOF」でがらりと空気を変えたかと思えば「hey boy hey girl」ではアイドルらしいキュートなラインダンスと、ほぼノンストップで目まぐるしくプレイされる楽曲の中においてもそれぞれに異なる表情、表現で彩りをつけていく様は、個人的なハイライトであった。

ナノ3が先導する形で行われたMCではツアーファイナルである本日の意気込みをメンバーそれぞれが語らう。どうやらイコ・ムゲンノカナタが1番ソワソワしていたらしく、開演までしきりに立ったり座ったりと落ち着かない状態であったらしいことが明かされ、シオンエピックは「PSYCHOだけに最高です!」とのこと(シオンの衣装にバックプリントされてる文字が“PSYCHO”のため)。しかしこれではまだまだ足りないと言った面持ちのトギーが汗たりてなくない!?とフロアを煽り立てるとライブは「少年の歌」に突入。

クレナイ・ワールズエンドのダンスのキレが冴え渡り、他メンバーもパフォーマンスにますますの華やかさを纏わせていく中で、なんとここで「thousand crickets」だ。イントロのリフや重厚なビート感も相まってヘドバンなどが適しているのだが、ライブでの本楽曲はメンバー、研究員一丸となって曲が終わるまで延々とスクワットをやり続けるのがお約束。この曲のみメンバーは一節たりとも歌うことなく、力技でライブハウスをジムへと変えたのであった。無限スクワットが終わるや否や無情にも次曲のイントロが間髪入れず鳴らされる。「I WANT TO DiE!!!!!」だ。体力が相当に削られているものかと思われる中でもトギーがハイトーンを振り絞るかのように響かせ一層のエモーショナルさを曲に添えていき、流麗なピアノがリードする「つよがりさん」がそれに拍車をかける形で本ブロックは終了。皆様、本当にお疲れ様です。

次のページ

新たなアンセム誕生を感じさせる最新曲

全ての画像・動画を見る(全9点)

作品情報

BiS シングル『LAZY DANCE』初回生産限定盤

『LAZY DANCE』初回生産限定盤ジャケット

『LAZY DANCE』初回生産限定盤ジャケット

BiS シングル『LAZY DANCE』初回生産限定盤

2023年11月8日(水)リリース
CD+Blu-ray
CRCP-10481/5,000円(税込)

収録内容

【CD収録内容】※初回生産限定盤・通常盤共通
1.LAZY DANCE
2.なまえをよんで
3.LAZY DANCE instrumental
4.なまえをよんで instrumental

【Blu-ray】
「3 balls and 2 strikes TOUR」FiNAL @LIQUIDROOM 完全収録
・「LET'S GO どうも」
・「STUPID」
・「teacher teacher teacher」
・「スモーキン・ビリー」
・「BASKET BOX」
・「GOiNG ON」
・「FOOL PROOF」
・「Hey boy hey girl」
・「少年の歌」
・「thousand crickets」
・「I WANT TO DiE!!!!!」
・「つよがりさん」
・「僕の目を見つめて 君の世界になりたい」
・「DA DA DA DANCE SONG」
・「LOVE」
・「イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム」
・「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」
・「CURTAiN CALL」
・「CURTAiN CALL」

BiS シングル『LAZY DANCE』通常盤

『LAZY DANCE』通常盤ジャケット

『LAZY DANCE』通常盤ジャケット

BiS シングル『LAZY DANCE』通常盤

2023年11月8日(水)リリース
CD
CRCP-10482/1,100円(税込)

収録内容

1.LAZY DANCE
2.なまえをよんで
3.LAZY DANCE instrumental
4.なまえをよんで instrumental

BiS シングル『イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム』

『イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム』ジャケット

『イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム』ジャケット

BiS シングル『イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム』

2023年7月12日(水)リリース 
CRCP-10479/税込¥1,100

収録内容/特典

収録内容
1.イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム
2.僕の目を見つめて 君の世界になりたい
3.イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム instrumental
4.僕の目を見つめて 君の世界になりたい instrumental

先着1枚購入特典
・タワーレコード(オンラインを含む):メンバーソロB2ポスター(ランダム6種)
・HMV(一部店舗を除く)/HMV&BOOKS Online:オリジナルB2ポスター
・Amazon.co.jp:複製サイン付きメガジャケ
・楽天ブックス:ステッカー
・クラウン徳間ミュージックSHOP限定:フォトカード(ランダム12種類)

先着2枚同時購入特典
・クラウン徳間ミュージックSHOP限定:メンバーソロチェキ(メンバーランダム)
※4月20日20時~ 一定数に達し次第終了

イベント情報

BiS 全国ツアー「INCREDIBLE BiS TOUR」

BiS 全国ツアー「INCREDIBLE BiS TOUR」

2023年
9月10日(日) 神奈川 Yokohama bayhall
9月16日(土) 熊本 B.9 V2
9月17日(日) 福岡 DRUM Be-1
9月23日(土) 新潟 新潟NEXS
9月24日(日) 石川 金沢AZ
9月30日(土) 広島 VANQUISH
10月1日(日) 香川 MONSTER
10月8日(日) 愛知 名古屋SPADE BOX
10月9日(月・祝) 大阪 GORILLA HALL OSAKA
10月14日(土) 岩手 宮古KLUB COUNTER ACTION
10月15日(日) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
10月28日(土) 北海道 BESSIE HALL
10月29日(日) 北海道 BESSIE HALL

BiS 全国ツアー「INCREDIBLE BiS TOUR」

トギー、ナノ3、ヒューガーからなるアイドルグループ。2010年にソロアーティストとして活動していたプー・ルイを中心に結成され、2014年に解散。2016年に2期BiSが始動したが2019年5月に解散。同年6月に3期BiSが活動スタート。ロックをベースとした楽曲と、破天荒なパフォーマンスで様々な話題を振り撒き続けている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • ニューシングルも11月8日に発売決定 BiS、新たな全国ツアー「INCREDIBLE BiS TOUR」12都市13公演開催を発表

    2023.07.18 20:30

    BiSが、本日7月18日にLIQUIDROOMで行われた新体制初の全国ツアー「3 balls and 2 strikes tour」ファイナル公演にて、ニューシングルの発売と全国ツアー「INCREDIBLE BiS TOUR」の開催を発表した。 BiSは先日、新体制初のシングル『イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム』をリリース。同楽曲のMVとカップリング曲「僕の目をみつめて 君の世界になりたい」のダンス・リリックビデオも公開されている。 全国ツアー「INCREDIBLE BiS TOUR」は、「3 balls and 2 strikes tour」に比<a href="https://bezzy.jp/2023/07/28985/">…

    #BiS

  • 激動の1年を経て6人で迎えた待望の新作リリース 生きる実感と日々成長、新体制BiSの素直な向上心

    2023.07.14 18:00

    「これから先もいっぱい活動して、みんなで頑張っていきたい!」決して優等生コメントを狙ったわけじゃないトギーの言葉は、良いニュースも、そうでないニュースもあった1年を乗り越え、ようやく新曲リリースを迎えたBiSがファンと自分たち自身に伝えたい100%の気持ちと思えた。2022年10月のヒューガー加入後、2名が脱退。今年3月のWACK合同オーディションで3名が加入し、6人となったBiS。全員に言えることだが、新メンバーも一度のインタビューでは計り知れない可能性とキャラクター性に溢れている。 新体制となり、7月12日にはBOOM BOOM SATELLITES/THE SPELLBOUNDの中野雅之<a href="https://bezzy.jp/2023/07/28708/">…

    #BiS#インタビュー

  • MVディレクションは映像作家・柿本ケンサク BiS、新シングルより「全員で立ち向かう」メッセージを込めたタイトル曲MV公開

    2023.06.28 00:00

    BiSが、7月12日(水)にリリースする約1年ぶりの新シングルより表題曲「イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム」のミュージックビデオを公開した。 中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES/THE SPELLBOUND)がプロデュースした本楽曲は、本日より先行配信がスタート。MVのディレクションはBOOM BOOM SATELLITESを始め数々の有名アーティストのMVを監督してきた映像作家・柿本ケンサクが担当した。新体制となるBiSが全員で立ち向かっていくというメッセージのもと、メンバー全員でのダンスシーンが散りばめられている。 現在BiSは<a href="https://bezzy.jp/2023/06/27852/">…

    #BiS

  • 外林健太が「もう全部めちゃくちゃにしたい」を表現 BiS、ブンブン・中野がプロデュースした1年ぶり新シングルのジャケットアートワーク公開

    2023.06.15 20:00

    BiSが、7月12日(水)にリリースする約1年ぶりの新シングル『イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム』のアートワークを公開した。 中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES/THE SPELLBOUND)がプロデュースする新曲2曲を収録した今作のアートワークは、これまでのBiS作品のアートワークを始め衣装、撮影と多岐に渡りBiSを支えるクリエーター・外林健太による作品。 タイトルの「イーアーティエイチスィーナーエイチキューカーエイチケームビーネーズィーウーオム」の意味となる「もう全部めちゃくちゃにしたい」をカラフルかつポップに表現している。 現<a href="https://bezzy.jp/2023/06/27378/">…

    #BiS#BOOM BOOM SATELLITES#THE SPELLBOUND

  • ツアー熊谷公演と水戸公演の中止を受けて急遽公開が決定 BiS、現体制初のワンマンライブより未音源化曲「少年の歌」ライブ映像公開

    2023.06.04 16:00

    BiSが、5月14日に開催したワンマンライブ「BiS the REPRODUCTiON LiVE」で披露した未音源化曲「少年の歌」のライブ映像を公開した。 ワンマンライブ「BiS the REPRODUCTiON LiVE」は、ガチャガチャ企画で観覧チケットが当選した研究員(BiSファン総称)を対象に開催した現在の6人体制のお披露目公演となったライブ。 現在開催している全国ツアー「BiS 3balls and 2 strikes TOUR」の熊谷公演と水戸公演がメンバーのコロナ禍感染を受け中止となったため、当日ニコ生で放送された映像を再編集したライブ映像を急遽公開することになった。 BiSは、<a href="https://bezzy.jp/2023/06/26740/">…

    #BiS

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube