Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

REPORT

ソロ初アリーナライブ「Black Rabbit」東京公演をレポート

全てをクロスオーバーする“香取慎吾”としての存在 2万人に贈られた最高峰のエンターテインメント

2023.01.23 12:20

2023.01.23 12:20

全ての画像・動画を見る(全14点)

香取慎吾がアート、芝居、バラエティ、音楽、ファッションなど様々なフィールドで活躍を続けているエンターテイナーであることは周知の事実である。3年ぶりの個展「WHO AM I -SHINGO KATORI ART JAPAN TOUR-」の展示作品を制作する様子がオフィシャルYouTubeチャンネルにアップされていたが、黙々と自分と向き合いながらひとり絵を描く姿には目を見張るものがあった。そんな様々な表現方法を持つ彼にとって音楽とは、自身がリスペクトする人々とのコミュニケーションのもと成り立つものではないだろうか。彼のアイデアと様々なアーティストの個性が融合した『20200101』と『東京SNG』の2作のフルアルバムにも、その姿勢はよく表れている。

香取がソロとして初めて行ったアリーナクラスのライブ「Black Rabbit」も、そのメンタリティが十二分に発揮されたステージだった。12名のダンサーチーム「SNG DANCERS」、9名編成のビッグバンド「SNG BAND」はもちろん、照明や映像、舞台演出、そして1万人(2日間開催で2万人)の観客、それぞれの美学が加わったことで、あの空間は完成されていた。本記事では1月22日(日)に行われた同公演2日目の模様をレポートする。(※一部ネタバレあり)

香取慎吾(LIVE「Black Rabbit」有明アリーナ公演より)

オープニングムービーと同様の白い衣装を身にまとった香取が、ステージ背面に配備されたモニターの裏から登場すると、WONKとの共作曲「Metropolis」でこの日の幕を開けた。ラップと英語詞で作り出すグルーヴ、心地よさと仄暗さがない交ぜになったサウンド、入れ替わり立ち代わりでステージに現れる黒いスーツを着たダンサーたち。会場一体が穏やかな緊張感で包み込まれてゆく。

TeddyLoid&たなかとの共作曲「Prologue」は白と黒を生かした映像やライトでシックに届け、香取が黒を基調としたスーツにチェンジした「Trap」では紫や青、白の照明がしなやかにステージを染める。色を効果的に使ったステージは香取の描く絵と通ずるものがあり、氣志團との共作曲「I’m so tired」では白いマイクスタンドと曲中に花道を走り抜けサブステージに移動するなど、ストーリー性のあるミュージカルライクなダンスが小気味よい。音楽やライブというフォーマットには、彼が持つ多彩な表現を存分に反映させることができるのだろう。序盤はポジティブな意味で、ステージと客席の間に明確な境目が見えた。スタイリッシュなダンスやエモーショナルなボーカルなどで観客の意識を引きつける。アート性に特化したパフォーマンス。ステージに立つ人間たちの強烈な矜持に息を呑む。

その空気が変わったのは、2019年10月にリリースされたソロ名義初楽曲の「10%」。リズムに特化したユニークなポップソングがゆえに、エネルギッシュかつ爽やかなボーカルや、観客と目を合わせるなどして会場を盛り上げる様子が印象に残った。だがMCなしで緊迫感のあるステージを5曲畳みかけ、ここであれだけ言葉数が多くキーも比較的高めの楽曲を持ってくるとは驚愕だ。敢えて自分を追い込むことでグッドパフォーマンスを引き出していくのも香取流なのだろう。

6曲連続で走り抜けた彼は「こんな大きいところで、ひとりでライブをする日が来るとは」と感慨深く語ると、各階の観客に語り掛けコミュニケーションを取っていく。「『10%』を歌ったら、身体の水分が0%になった」と500mlのペットボトルに入った水を飲む。最後にしっかりペットボトルを絞り潰していたのを見て一気飲みだと気付くくらいには、凄まじいスピードで飲み干していた。

SNG DANCERS各メンバーのソロパフォーマンスを交えたメンバー紹介を経て、最後に登場したダンサーMIPPOとタキシードを身にまとった香取の2名でパフォーマンスをしていると、徐々に背面モニターがせり上がりBGMを演奏していたバックバンドのSNG BANDの姿があらわになった。

ここから『東京SNG』で見せたジャズやビッグバンドの要素を生かしたセクションへと移行する。「こんがらがって」では楽器のフレーズと連動した映像も音楽的な要素をより高め、Gentle Forest Jazz Bandとの共作曲「シンゴペーション」ではミュージカル的なステージングと香取のスキャット、ダイナミックなホーンがユーモラスかつ鮮やかに絡み合う。どんなジャンルの音楽にも自分の軸を持てる香取のポテンシャルも凄まじいが、楽曲によって瞬時にアプローチを変えられるダンサーとバンドメンバーも相当だ。人と人の本気のエネルギーが反射し合うと、どんどん輝きは増し洗練されていくのだとあらためて痛感する。

次のページ

新しい地図メンバーのエピソードも披露

作品情報

香取慎吾×SEVENTEEN「BETTING」

「BETTING」ジャケット

「BETTING」ジャケット

香取慎吾×SEVENTEEN「BETTING」

2023年1月17日(火)リリース
Written by WOOZI,BUMZU,Nmore,Shannon,Yanosuke,Shingo

配信はこちら

イベント情報

香取慎吾LIVE「Black Rabbit」

香取慎吾LIVE「Black Rabbit」

【東京公演】
会場:有明アリーナ
公演日;2023年1月21日(土)15:00/1月22日(日)13:00

【神戸公演】
会場:神戸ワールド記念ホール
公演日:2023年3月14日(火)15:00/3月15日(水)15:00

【チケット料金】
全席指定9,800円(税込)

香取慎吾LIVE「Black Rabbit」

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • ジャズの世界観にダンサンブルなトラックが融合した1曲 香取慎吾×SEVENTEENが音楽で華を添える、草彅剛主演ドラマ主題歌「BETTING」配信開始

    2023.01.17 00:00

    1月16日(月)にスタートした草彅剛の主演ドラマ『罠の戦争』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)の主題歌で、香取慎吾とSEVENTEENが共同で制作した楽曲「BETTING」の配信が本日スタートした。 ドラマ『罠の戦争』は、草彅剛が主演を務める『銭の戦争(2015年)』『嘘の戦争(2017年)』に続く「戦争シリーズ」第3弾で、弱者による強き権力者への復讐劇が描かれた作品。愛する家族を傷つけられた議員秘書が知略を尽くして鮮やかな“罠”を仕掛け、悪しき政治家を失脚させる痛快なエンターテインメント作品となっている。 主題歌である「BETTING」は、香取慎吾が最新アルバム『東京SNG』で見せた<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17102/">…

    #SEVENTEEN#罠の戦争#草彅剛#香取慎吾

  • 日本オリジナル曲「BETTING」は1月16日初解禁 香取慎吾とSEVENTEENがコラボ発表、草彅剛主演ドラマ『罠の戦争』主題歌書き下ろし

    2023.01.01 18:30

    ソロアーティストとして活動を広げる香取慎吾と、昨年初日本ドームツアーを成功させた韓国の13人組グループ・SEVENTEENのコラボレーションが決定した。「香取慎吾×SEVENTEEN」(よみ:カトリシンゴセブンティーン)というプロジェクト名を掲げ、楽曲を共同で制作。誕生した楽曲「BETTING」が、1月16日(月)にスタートする草彅剛の主演ドラマ『罠の戦争』(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜22時)の主題歌に起用されることが発表された。 香取慎吾のアーティストコラボレーションは毎度大きな話題となっているが、SEVENTEENとの出会いは昨年の夏。交流を深める中で意気投合し、今回のコラボレーショ<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16279/">…

    #SEVENTEEN#罠の戦争#草彅剛#香取慎吾

  • 最新アルバムを掲げたライブツアー埼玉公演をレポート 宮野真守が身体で示した誇り高きエンターテインメント “楽しいだけではない、いいものを”

    2022.12.26 12:30

    宮野真守のエンターテイナーとしての実力を、つくづく思い知らされるライブだった。全国3箇所6公演にわたる約3年ぶりのライブツアーはコロナ禍という状況を逆手に取ったクリエイティブを発揮する、好奇心に満ちた空間だった。この記事では12月3日のさいたまスーパーアリーナ公演初日の模様をお届けする。 オープニング映像を経て、アルバムのタイトル曲かつ1曲目である軽やかなソウルナンバー「THE ENTERTAINMENT」でこの日の幕を開けた。4人編成のサポートバンドとタキシード姿の4人のバックダンサーで構成された「チームマモ」のメンバーとともに、心地よいグルーヴで場内を満たしていく。伸びやかな歌声、艶やかな<a href="https://bezzy.jp/2022/12/16004/">…

    #ライブレポート#宮野真守

  • STAYC Japan Debut!! 特集 STAYC初インタビュー はじめての日本で明かすフレッシュな野望

    第1回 2023.01.09 18:00

    昨年11月に待望の日本デビューを果たしたK-POPガールズグループ、STAYCの魅力をたっぷりとお届けする特集の第1弾では、デビュー直前に初来日した6人にインタビュー。日本の印象は? 日本でやりたいことは? などなど、はじめての日本にまだ慣れていない6人の初々しさ溢れる受け答えをお楽しみください。写真もすべて撮り下ろしの永久保存版、記事の最後にはプレゼントもあるので要チェック! このあと特集は3人ずつに分かれてのユニットインタビュー、そして過密スケジュールの合間で日本の伝統を楽しんだロケ企画(どちらも後日公開予定)へと続きます。お楽しみに! 長く長く活動したい ──まずは初登場ということで、S<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16563/">…

    #STAYC#インタビュー

  • FC限定ソロ盤特典は2ショット撮影会 Stray Kids、日本1stフルアルバムを2月22日リリース

    2022.12.23 14:30

    韓国で発売したミニアルバムが2作連続で米ビルボードのメインチャート「ビルボード200」で1位を記録しK-POP史上2組目の快挙を達成したボーイズグループ、Stray Kids(読み:ストレイキッズ)が、JAPAN 1stアルバムを2023年2月22日(水)に発売することが決定した。 本作は日本作品初となるフルアルバムとなり、初回生産限定盤A(CD+Blu-ray)、初回生産限定盤B(CD+スペシャルZINE)、通常盤初回仕様(CD only)に加え、各メンバーそれぞれのFANCLUB会員限定盤(CD only)8形態を加えた全11形態でリリースされる。FANCLUB会員限定盤はStray Ki<a href="https://bezzy.jp/2022/12/15803/">…

    #Stray Kids

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube