Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

本間昭光のMUSIC HOSPITAL 第6回 熊木幸丸(後編)

Lucky Kilimanjaroが提唱する“踊る楽しさ”と“楽しく踊れる”ライブ体験

2022.11.30 12:00

本間昭光×熊木幸丸(Lucky Kilimanjaro)

2022.11.30 12:00

全ての画像・動画を見る(全9点)

日本を代表する音楽プロデューサー、アレンジャーである本間昭光の対談連載「本間昭光のMUSIC HOSPITAL」。本間氏がホストとなり、毎回現代のセルフプロデュースに長けた若手アーティストを招いての音楽談義や楽曲制作にまつわるトークをお届けします。

前回記事に続き今回のゲストは「世界中の毎日をおどらせる」をテーマに掲げ、本日最新作となるシングル『一筋差す』をデジタルリリースしたLucky Kilimanjaroのコンポーザー、熊木幸丸。本間に「日本のダンスミュージックの最先端」と言わしめた対談前編に続き、後編では機材に明るい本間と熊木ならではのディープな機材話や、2人が定義する“グルーヴ”の話など、前編に続き音楽ファン必見のトークが繰り広げられた。

Lucky Kilimanjaro「一筋差す」Official Music Video

本間昭光(以下、本間) 80’sからは何か影響受けてるの?

熊木幸丸(以下、熊木) よく言われるんですけど、直接的に影響を受けているわけではないです。もともとダンスミュージックにハマったきっかけがDaft Punkとかがいたフレンチハウスやフレンチディスコを中心とするエド・バンガー・レコーズで。そういう音楽ってブギーとかディスコとか昔あったものをリエディットしていて、そこからチャカ・カーンとか聴いたりして自分でもディスコミュージックを作ったりして影響を受けてはいるんですけど、トータル的には「80’sがすごく好き」とかではなく、要素を入れていったら上の世代の方に「懐かしい」と言われたりするという感じです。

本間 だから、トレンドってひと回りふた回りするってことだよね。北米でシティポップがウケているのも、トレンドが何回りかして、「使ってる音が新しいな」ってなっているんだろうな。

熊木 別の形での70年代80年代の接続ができるのが日本の歌謡とかポップスな気がしてて、そういうところが今の向こうの感覚とリンクするんだろうなと思います。

熊木幸丸(Lucky Kilimanjaro)

本間 そうだろうね。そのぐらいの時代のBPM感ってちょっと遅いじゃん。

熊木 そうですね。BPM120とかいくとちょっと速くて、100〜110でやるって感じですよね。

本間 うんうん。で、今年夏のロッキン2日間観て、そのへんのBPMで踊らせてるアーティストが結構いたの。だからリスナーとしても気持ちよくなってきてるのかなとか思って。昔もっと速かったからさ。BPM128より上とか。そういう話をビッケブランカともしてたんだけど、彼は「今BPMは絶対下がってきてるし、英語の歌詞がOKになってきてる」って言ってた。熊木くんとかずっとアンテナ張ってやってるからさ、そういうのを見逃さないようにしてるよね。作品聴いてても全部新しいもんね。

熊木 そういう面白さはちゃんと作りたくて、「この要素とこの要素を足したものあまり聴いたことないな」という感覚が自分のなかで「楽しそう、面白そう」とかが作曲のスタート地点にあって。ある種の天邪鬼さというか、「踊らせたいけどそれだけじゃない面白さを入れたいな」という思いがあります。

本間昭光

本間 これだったら予定調和になっちゃうからちょっと裏切りたい、とか大事ですよね。それがサウンドなのかメロディなのか歌詞なのかっていうのはあるけれども。それはトータルで考える感じ?

熊木 そうですね。全部並行させてやっています。トラック作りながら歌詞もメロディも考えたりしてます。曲のコンセプトに合わせて文字を並べていって、類語検索して、こういう単語だったらもっとリズムにハマるなとかそういうことをやりながら、徐々に出来上がっていくという制作をいつもしてます。

次のページ

機械ではつくれないグルーヴ

作品情報

デジタルシングル『一筋差す』

『一筋差す』ジャケット

『一筋差す』ジャケット

デジタルシングル『一筋差す』

2022年11月30日(水)リリース

収録曲

1. 一筋差す
2. 越冬

イベント情報

Lucky Kilimanjaro ONEMAN TOUR 2023

Lucky Kilimanjaro ONEMAN TOUR 2023

2023年5月28日(日)金沢:EIGHT HALL
2023年6月3日(土)札幌:SAPPORO FACTORY HALL
2023年6月10日(土)大阪:Zepp Namba
2023年6月11日(日)名古屋:Zepp Nagoya
2023年6月17日(土)仙台:仙台PIT
2023年6月24日(土)広島:CLUB QUATTRO
2023年6月25日(日)福岡:Zepp Fukuoka
2023年7月1日(土)東京:豊洲PIT
2023年7月2日(日)東京:豊洲PIT

企画制作:dreamusic Artist Management,Inc./VINTAGE ROCK std.
TOTAL INFORMATION:VINTAGE ROCK std.

Lucky Kilimanjaro ONEMAN TOUR 2023

Lucky Kilimanjaro

アーティスト情報

Lucky Kilimanjaroは、同じ大学の軽音サークルで出会った6人で結成された。彼らが自ら考案し、掲げる「世界中の毎日をおどらせる」というバンドのテーマは、Lucky Kilimanjaroの音楽性と精神性を如実に反映した言葉である。彼らがおどらせるのはライブハウスやクラブのフロアだけではない。昨日から今日へ、そして明日へ。連続する日々を、そこにある私たちの生活と心をも、Lucky Kilimanjaroはおどらせる。

2018年にEP『HUG』でメジャーデビュー。その後、2020年にはメジャー初のフルアルバム『!magination』を、2021年にはメジャー2ndフルアルバム『DAILY BOP』をリリースしたLucky Kilimanjaro。作詞作曲を手掛けるボーカル・熊木幸丸の多作ぶりとバンドとしてのリリーススピードの速さで周囲を驚かせながら、作品を経る毎にクリエイティビティとキャパシティを広げていく彼ら。その音楽世界の根幹にあるのは、やはり、熊木のソングライティングである。時代や自己の内部に深く向き合いながらも、まるで友達のように親密な語り口で聴き手に寄り添いながら、明日をよりよく生きるための新たな視点と提案をもたらす歌詞。そして、先鋭的なポップミュージックのビート感やサウンド感を貪欲に取り入れながらも、きっと多くの人が懐かしさを感じるであろう、日本語の歌としての喜びを突き詰めていく彼のソングライティングは、蔦谷好位置やヒャダインといった音楽家たちからも高く評価され、また、Hey!Say!JUMPやDISH//といったアーティストへの楽曲提供にも繋がっている。

Lucky Kilimanjaroにとって、2021年は「駆け抜けた」という表現がしっくりくる1年だった。3月の『DAILY BOP』をリリース以降も、4月には日比谷野外大音楽堂での初のワンマンライブを開催。その後、5月から Zepp Haneda をファイナルとした7都市を回る初の全国ツアーを敢行し、さらに10月からは新たな全国ツアーを開催。このツアーではファイナル公演のZepp DiverCityがソールドアウドしたことに伴い、新木場STUDIO COASTでの追加公演も開催された。会場のキャパシティはツアーを追うごとに大きくなっているが、そこで生み出される興奮の濃度は、薄まるどころか、むしろライブを追うごとに色濃くなっている。躍動するリズム、色とりどりのメロディ、歌はときに鼓舞するように、ときに語りかけるように響き、人と人の間を伝播する、音と熱――Lucky Kilimanjaroが生み出すのは音楽だけでなく「空間」そのものといえるが、彼らが生み出す空間に満ちるものは、とても優しく、熱く、そして幸福なものである。

Lucky Kilimanjaroのライブは、バンドミュージックならではのアンサンブルのふくよかさと熱狂を持ちつつも、曲と曲がノンストップで繋がることで持続する高揚感が生み出される様子は、まるでクラブミュージックのようでもある。そのパフォーマンスを観れば彼らの音楽に「垣根」というものが存在しないことを実感するだろう。そして、垣根のなさは観客も同じ。実際に彼らのライブに足を運べば、熱心な音楽フリークやカップル、家族連れなど、「老若男女」という言葉では収まりがつかないほどに様々な人々が、体や心をおどらせている光景が広がっている。

2022年3月30日には新たなフルアルバム『TOUGH PLAY』を発売。アルバムを引っ提げたバンド史上最大動員の全国ツアー『Lucky Kilimanjaro presents. TOUR”TOUGH PLAY”』のファイナルの会場はパシフィコ横浜で開催。7月13日「ファジーサマー」発売と、9月11日から始まる『Lucky Kilimanjaropresents. TOUR ”YAMAODORI 2022”』の開催を発表。Lucky Kilimanjaroは、世界中の毎日をおどらせ続けている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • ライブ当日を追ったアフタームービーが公開 BiS、日比谷野音での現5人体制ラストライブを生産枚数限定でBlu-ray化

    2023.01.10 20:00

    WACK所属のアイドルグループBiSが、先日の1月8日(日)に東京・日比谷公園大音楽堂で開催したワンマンライブ「ESCAPE from BiSimulation」を完全収録した映像作品を3月15日に緊急リリースすることを発表した。 同ライブは、グループの脱退を発表していたオリジナルメンバーのイトー・ムセンシティ部とネオ・トゥリーズが在籍する5人体制での最後のワンマンライブ。チケットはSOLD OUTしており、多くの研究員(※BiSファン総称)の要望を受け映像化が急遽決定した。今作は完全生産枚数限定で、クラウン徳間ミュージックショップのみで販売される。 また今回のリリース発表に合わせて「ESCA<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16723/">…

    #BiS

  • 新メンバーは明日6日から毎日1人ずつ発表 櫻坂46が三期生加入を正式発表、4万5014通から選ばれた11人

    2023.01.05 12:20

    櫻坂46に三期生として新メンバー11名が加わることが決定した。本日2023年1月5日正午に櫻坂46のオフィシャルYouTubeにてティザー動画が公開され、三期生の特設サイトもオープン。新メンバー11名は、2022年の6月6日から始まった櫻坂46新メンバーオーディションで4万5014通の応募から選ばれた11名。約4092倍の狭き門をくぐり抜けた11名のうち2名は、学業のため3月からの合流となる。 三期生のプロフィールは6日正午から毎日1名ずつ公開される。「咲かない人は、いない。」というキャッチコピーで始まった新メンバーオーディションから約半年、研修期間を経てついにお披露目される。これにより櫻坂4<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16382/">…

    #櫻坂46

  • ソングライターとしても大絶賛 大御所プロデューサーのリック・ルービンが語る“世界最高のベーシスト”とは?

    2023.01.31 17:15

    ビースティ・ボーイズやRun-D.M.C.などのヒップホップアーティストだけではなく、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、スレイヤー、システム・オブ・ア・ダウンなどのロックバンドも手がけた大御所プロデューサー、リック・ルービン。〈デフ・ジャム・レコード〉の創設者であり、タイム誌に世界で最も影響力のある100人に選ばれたプロデューサーであるが、今まで出会ったなかで最も優れたベースプレイヤーについて語っている。 以前は「音楽について何もしらない」と明かし話題になったリック・ルービンであるが、Mojo誌のインタビューにてポール・マッカートニーについて以下のようにコメントしている。 「ベーシストのポール<a href="https://bezzy.jp/2023/01/18269/">…

    #ポール・マッカトニー#リック・ルービン

  • 楽曲も“ロボコの膝”がジャケットで配信スタート GANG PARADE、アニメ『僕とロボコ』テーマ曲MVで“膝”を大フィーチャー

    2023.01.03 00:00

    WACK所属のアイドルグループGANG PARADEが本日1月3日(火)に配信シングル「lol」をリリースし、そのミュージックビデオを公開した。 「lol」はTVアニメ『僕とロボコ』のテーマソングとして書き下ろしされた楽曲。作曲を永井葉子が手掛け、作詞はメンバーの月ノウサギを中心に、ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、テラシマユウカ、キャ・ノンが共作した。作品愛をこれでもかと詰め込みながら希望に溢れる歌詞や、目まぐるしくジャンルを横断していく楽曲展開、突き抜けるような多幸感たっぷりのサビなど、聴きどころ満載のダンス・ポップとなっている。 また、本日1月3日(火)は“膝の日” であり<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16315/">…

    #GANG PARADE#僕とロボコ

  • “メタル・ゴッド”としての評判を考慮した決断 ジューダス・プリーストが全英1位を獲れそうな曲をお蔵入りにした理由とは?

    2023.01.31 19:00

    世界的に最も知名度が高いメタルバンドの一つであり、ボーカリストのロブ・ハルフォードが「メタル・ゴッド」という愛称でも知られているバンド、ジューダス・プリースト。レザー・ジャケットにスタッズという“メタルのイメージ”のパイオニア的な存在でもあり、メタルを象徴するバンドであるが、ポップな曲をリリースしないように気をつけていたようだ。 数々の大ヒット曲を手がけてきたソングライター/プロデューサー・チームであるストック・エイトキン・ウォーターマン(通称:SAW)のピート・ウォーターマンは、過去にジューダス・プリーストと仕事をしたときのことをNMEに語っている。彼はジューダス・プリーストと、ソウルグルー<a href="https://bezzy.jp/2023/01/18285/">…

    #ジューダス・プリースト#ストック・エイトキン・ウォーターマン#ロブ・ハルフォード

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube