Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

オタズネモノ by 庄村聡泰 #4

SPiCYSOLに逆OB訪問、『SEASONS』をめぐるワンダーな歓談

2022.10.31 18:00

2022.10.31 18:00

全ての画像・動画を見る(全19点)

どうも読者の皆々様方「オタズネモノ」こと庄村聡泰にございます。第4回目は筆者とはそらもうご縁の深い事務所・UK.PROJECTよりSPiCYSOLの皆様にお越し下さいました。

なんでご縁が深いかって? 古巣だからだよ!([Alexandros]はUK.PROJECT所属のバンドなのです)

10月26日(水)リリースのメジャー2ndアルバム『SEASONS』を引っ提げてのご登場となった訳なのですが、今までもそしてこれからも感謝カンゲキ雨嵐なUK.PROJECTのバンド。いつかインタビューする機会なんかも来るんだろうなと思ってた瞬間に心躍る私。扉を開けて出迎えてくれたのはスタッフさんも含め知った顔ばかり。嬉しくってそんでもってアルバムもステキな出来だったもんで色々話してみたところ、まさかの変態呼ばわりですよ(笑)。サブスク時代における自身のスタンスや気になるVANのお話など、オタズネモウシテ参りました。

SPiCYSOL(左からKAZUMA、KENNY、AKUN、PETE)

──まずはニューアルバム発売おめでとうございます。

SPiCYSOL ありがとうございます!

──今回アルバムに収録されている曲も然り、2022年は約月1のペースで新曲をリリースしているんですか?

KENNY(Vo,Gt) 今年はそうですね。2021年がメジャーになって一発目だったんですけど、サブスク周りの再生回数がそんなに爆増えした感じがなくて。「むしろ数字だけで言ったら、気持ち減ってるんじゃね?」って。リリースの仕方に問題があるんじゃないかというところから、約月1ペースでという形にシフトしました。

KENNY(Vo,Gt)

──1年間の結果を受けて、メンバーでも数字の話をしなきゃいけない。それとも制作のペース的にもいい具合だからみたいな自然なノリでした?

KENNY  いや、前者っすね。もっと聴いてもらわないとダメでしょっていう感じです。

AKUN(Gt) SPiCYSOLを聴いてもらうファンの人たちが増えていったきっかけは、サブスクだと思っていて。UK.PROJECTって、ライブで魅せていくスタイルじゃないですか。先輩方がそういうふうにしてきたようにSPiCYSOLも意識していたんですけど、最初はサブスクから聴かれるようになったんです。サブスクのリスナーさんをコアファンにしようと考えていたんですけど、ライブしなきゃいけないし、フェスも出なきゃいけない。動かないといけないことが増えていって。でも、コロナで動けない。で、メジャーデビューが決まって、メジャーレーベルはCDも売りたい。でもサブスクの方が再生回数回ってるみたいな、どっちつかずな感じがありました。その結果がシンプルにアルバムの数字に出たんですけど、アルバムを売りたい気持ちはもちろん分かるんですけど、結局聴かれなかったら曲を作っている意味、ミュージシャンの意味がないと思ったんです。1曲1曲を大事に映像も作って、プロモーションしてもらって聴いてもらおうという気持ちがあったので、この形にしました。

SPiCYSOL 2nd Album「SEASONS」SPECIAL SESSION DIGEST MOVIE

──PETEくんはいかがです?

PETE(Key,Trumpet,Cho) そうですね……うーん……。

KENNY 特に何も考えてないよね(笑)。

(一同笑)

KENNY みんながそうするって言ったらね。

PETE  みんなで話し合って、うん! 賛成! みたいに(笑)。

PETE(Key,Trumpet,Cho)

──そういう立ち位置の人もいないと、バンドって回らないものですよね。KAZUMAくんも数字とかいろいろ考えたりしていたんですか?

KAZUMA(Dr) 僕も抜け感の一人なんですけど、でもPETEよりは考えているかな(笑)。リリースしないと再生回数も如実に下がるので、約月1で出して少しずつ上がっていったし。今までの最高月間リスナー数はいったと思います。

──今作『SEASONS』に収録されている曲だと、どれが一番手応えありますか?

KAZUMA 「Playback」が聴かれていたなって印象がすごくあります。

──怒涛のリリースペースの中、『SEASONS』というパッケージにしたわけじゃないですか。曲を出していく上でアルバムの完成予想図みたいなものはある程度想定していたんですか?

AKUN いえ、全く想定してなかったですね。その時のフレッシュなもの出していったので、リードっぽい曲が結構多くなってしまって。でも、アルバムって波がないと、ずっとステーキを食べる感じになって飽きるじゃないですか。なので、後半になってやさしめな曲が増えてきた気もしていて、そこでパワーバランスをとった感じですね。「Far Away」とか「CHASE」だったり、「LOUDER」はポイントで出したいって思っていたんです。やっぱりうれしいことにタイアップで決まる曲もあって、このタイミングでこれを選んでくるんだって感じで僕の頭の中で描いていたものとは全く違う楽曲を選んでいただいたり。そうなったら計画通りにいけない状況じゃないですか。

──メジャーあるあるではあるけども、うれしい悲鳴みたいな(笑)。

AKUN はい(笑)。その中でもアルバムにストーリーがあったり、アルバムだからこそ聴けるものを作りたいなと思ったんです。8月末ぐらいに残り3曲ぐらいを選ぶ中で候補は5~6曲あって、その中でバランスよく決めました。「これは入れた方がいいね」って話し合って、やっと8月末にアルバムの全貌が見えた感じです。そこからタイトルを決めてという感じなので、本当にギリギリまで全貌は見えてなかったですね。

次のページ

『SEASONS』の前の仮タイトル

作品情報

メジャー2nd ALBUM『SEASONS』

『SEASONS』ジャケット

『SEASONS』ジャケット

メジャー2nd ALBUM『SEASONS』

●CD+BD:WPZL-32016~7 価格4,950円(税込)
●CD+DVD:WPZL-32018~9 価格3,850円(税込)

購入はこちら

収録内容

CD―

M1.Treasure
M2.Skyscraper
M3.Playback
M4.LOUDER
M5.CHASE
M6.Natural
M7.Lens
M8.Bell
M9.Holy Night
M10.Far Away 

BD / DVD ―
SEASONS SPECIAL SESSION MOVIE

M1.CHASE
M2.Playback
M3. Natural
M4. Lens
M5. LOUDER
M6.Skyscraper
M7.Far Away

イベント情報

『SEASONS』ミニライブ&サイン会

『SEASONS』ミニライブ&サイン会

11月6日(日) 14:00〜 タワーレコード横浜ビブレ店
11月20日(日) 14:00〜 タワーレコード新宿店
11月23日(祝水) 14:00〜 タワーレコード梅田NU茶屋町店

『SEASONS』ミニライブ&サイン会

SPiCYSOL Tour 2022

SPiCYSOL Tour 2022 "SEASONS"

11/12(土) 福岡スカラエスパシオ 17:00/18:00
11月22日(火) 名古屋CLUB QUATTRO 18:00/19:00
12月9日(金) 大阪バナナホール 18:00/19:00
12月17日(土) 札幌ペニーレーン24 17:00/18:00
12月25日(日) KT Zepp Yokohama 17:00/18:00

SPiCYSOL Tour 2022

KENNY(Vo)、AKUN(Gt)、KAZUMA(Dr)、PETE(Key,Trumpet,Cho)の4名から成る
2021年10月にリリースしたメジャー1stアルバム「From the C」はiTunes R&Bチャート1位を獲得。
Spotify&Apple Musicでの人気プレイリストにも数多くの楽曲が選曲され、これまでのストリーミング総数は1億再生を超える。
湘南茅ヶ崎から発信する彼らの楽曲は、ソウル・ファンク等のブラックミュージックを昇華させ、ボーカルKENNYのメローな歌声により、唯一無二のコントラストを生みだしている。
今の「SHONAN SOUND」を代表する4人組バンド。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 何度も訴訟を経験する彼が最近訴えた相手とは? 50セント、今までに弁護士費用で約30億円ほどを使ったと明かす

    2022.11.25 18:00

    2003年にリリースされたデビューアルバム『Get Rich Or Die Tryin’』が900万枚を超える大ヒットとなった50セント。今ではラッパーとしてだけではなく、俳優や映像ディレクターとしても活躍する彼は今までに様々な訴訟に巻き込まれている。 YouTuberのBrian Robertsとのインタビューで、ジョージ・フロイドの遺族がカニエ・ウェストに対して損害賠償訴訟を起こしたことについて語った50セント。彼は自身の経験について、以下のように語った。 「2003年に成功をしてから、俺は2,300万ドル(約32億円ほど)を弁護士費用で使ったんだ。だから自分が“成功した”とか、レベルが違<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14061/">…

    #50 Cent#50セント

  • 「1年前の私」と同じ質問に答える企画の最新版が公開 ビリー・アイリッシュ、新アルバムの制作を開始したと明かす

    2022.11.29 18:30

    2017年から毎年10月18日に老舗カルチャーマガジンVanity Fairのインタビュー動画に出演しているビリー・アイリッシュ。15歳のときから毎年同じ質問に答えている彼女であるが、本日2022年版が公開された。そちらのインタビューで、彼女は新作アルバムの制作を開始したと明かしている。 「最近兄のフィニアスと会っているか?」という質問を聞かれたビリー・アイリッシュは、以下のように答えている。 「あーもちろん一緒に家族で住んでいたときに比べたら会ってないけど、頻繁に会っている。しかも今また音楽を作り始めたから。ちょうど新しいアルバムの制作プロセスを開始したから、楽しみ。今では特定の決まった日に<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14417/">…

    #Billie Eilish#ビリー・アイリッシュ

  • 初回盤は初の清水依与吏弾き語りCD付き back number、4年ぶり7枚目のオリジナルアルバム『ユーモア』発売決定

    2022.11.08 18:00

    back numberが、約4年ぶりとなる7枚目のオリジナルアルバム『ユーモア』を2023年1月17日(火)にリリースすることを発表し、ジャケット画像を公開した。 同アルバムには、前作『MAGIC』リリース後最初の作品として2020年10月に東野圭吾原作によるドラマの主題歌となった「エメラルド」、ストリーミング再生1億回を超える「怪盗」、2020年にYouTubeのみで発表しその1年後に配信リリースされ未だヒットチャート上位にチャートイン、ストリーミング累計再生数が3億を超える「水平線」、山戸結希監督によるMVも話題となった「黄色」、この夏公開された池井戸潤原作の映画『アキラとあきら』主題歌「<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12701/">…

    #backnumber#ユーモア

  • アコースティック&トークメインのライブに THE BAWDIESが笑って歌い福を呼ぶ、新春イベントを東名阪で開催

    2022.11.08 22:00

    THE BAWDIESが、東名阪を巡るツアー「THE HAPPY NEW YEAR ACOUSTIC SESSION 2023 〜話して、笑って、歌って、福来て!〜」を2023年1月に開催することを発表した。 本日11月8日より全国ツアー「BIRTH OF THE REBELS TOUR 〜MARCYの復讐・TAXMANの逆襲〜」をスタートさせたばかりのTHE BAWDIES。同ツアーは11月に誕生日を迎えるMARCYとTAXMANがメインとなりセットリストを決める特別なBIRTHDAY TOURとなっている。 また、今回発表されたツアーは「アコースティック&トーク!」をメインに、2023年の<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12700/">…

    #THE BAWDIES

  • アジカン、indigo la End、ヒトリエが出演 キタニタツヤが新曲「化け猫」を来週配信、3月に東名阪対バンツアーを開催

    2022.12.02 21:00

    キタニタツヤが、新曲「化け猫」を12月9日(金)に配信リリースすることを発表し、ジャケット写真を公開した。 ヨルシカのサポートメンバーとしての活動や、Ado、まふまふなどの楽曲参加、ジャニーズWESTや私立恵比寿中学などへの楽曲提供なども行いつつ、11月23日にはTVアニメ『BLEACH 千年血戦篇』オープニングテーマの「スカー」をリリースしたばかりのキタニタツヤ。 新曲「化け猫」は、2021年11月より行なっていた作業PCの中のデモ音源の一部をリークしていく流出企画「Leaks From His Laptop」にて“流出”されていた音源の一つ「化け猫 (Leaks From His Lapt<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14637/">…

    #ASIAN KUNG-FU GENERATION#indigo la End#キタニタツヤ#ヒトリエ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube