Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

8thアルバムを10月19日にリリース

ドレスコーズ志磨遼平がいざなう非現実 『戀愛大全』で描いた“どちらでもない”世界

2022.10.17 12:00

2022.10.17 12:00

全ての画像・動画を見る(全10点)

ドレスコーズが8枚目のアルバム『戀愛大全』を完成させた。コロナ禍真っ只中に生み落とされた前作『バイエル』からおおよそ1年と4ヵ月を経て10月19日(水)に発売される今作は、1曲1曲に物語が吹き込まれた“10本の《架空の短編映画》のサウンドトラック”をイメージしてつくられた全10曲のフルアルバム。

「疫病」に加え、世界では「戦争」が勃発した2022年──いわば“非日常”に溢れたこの夏をあえて美しく描くことで、聴く者を“非現実”の世界へ誘う快作を誕生させたドレスコーズこと志磨遼平。ある意味達観の境地から名付けられたタイトル『戀愛大全』が象徴するものとは? その制作の裏側や、「拘り」の一言では片付けられない程巧みな仕掛けなど、聞き手が志磨と旧知の中である庄村聡泰だからこそ語ってくれた今作の“中身”について、じっくりと精読してほしい。

ドレスコーズ 志磨遼平

──まず自分の話からしちゃって恐縮ですが、実は大学生のときにライター志望だったこともあって。回り回ってこうなるのかと思っているんですけど、志磨さんもライターの仕事ってされたことありますよね?

たまに『ユリイカ』(月刊芸術総合誌)とかに寄稿するくらいですけども。「澁澤龍彦」についてとか「T.Rex」についてとか、あと「パタリロ!」についてとか。

──それって元々志望していたことだったんですか?

うん、評論みたいなものを書くのはずっと好きでした。小学生のときに読書感想文で最優良賞をもらったくらいだから(笑)。それからもROCKIN’ ON JAPANとかを毎月端から端まで熟読するような子供だったから、ポップスについて思想的にこねくり回して考える癖がついちゃって。それが未だに抜けないのかもしれない。

──でも、最近はそういう書き方をする媒体さんはなくなりましたね。

誰かの新譜がすごく酷評されてるのとか見ないもんね(笑)。

──喧嘩腰のインタビュアーとかもいないですし。

ね、みんなやさしい。喧嘩腰だったのはタナソー(田中宗一郎)さんが最後だな(笑)。

──それで言えば、ドレスコーズって今回もそうだと思うんですけど、特に前作の『バイエル』なんか、もっと媒体がこねくり回していい作品だと思っていて。志磨さんはそういうアーティストだし、舌戦を繰り広げられる人でもあるし。今はつかみ合いの喧嘩になったり、「あの媒体は出禁だ!」ってことに多分ならないじゃないですか。

そういうの、ファンからすると最高に面白いのにね。僕らが10代の頃はまだ音楽雑誌でそういうことがよくあったんですよね。誌面上でミュージシャンとインタビュアーがすごい喧嘩して、その次の号で謝罪文が載るみたいな(笑)。某ミュージシャンがインタビュアーをブン殴る事件とか(笑)。

──そうそうそうそうそうそう。

そういう世界にずっと憧れて育ったから、毛皮のマリーズでデビューした頃はインタビュアーの方に名刺をもらうたびに「わーっ!本物の〇〇さんだ!昔ずっと読んでました!」みたいに僕の方がキャーキャー言って(笑)。

──押し付けこじつけから聞き手の耳も広がるし、ミュージシャンのヒントになったりするパターンもあったりするのにな、みたいなことは思いますよね。

今はミュージシャンがプレイリストを作ってそれをファンと共有する、とかなんですかね? 僕らの頃は、好きなミュージシャンのインタビューの中に出てくる知らない洋楽アーティストを全部メモって片っ端から買う、みたいな感じでした。好きな人が影響を受けたっていうから自分も同じ影響を受けたい!みたいな。ああいう音楽的なバックボーンを掘り下げるインタビューとか今あるんですかね?

──いや、全然聞かなくなりました。聴きこんで、自分の中であれはきっとこうでって説をご本人に言ったところ、全部的を射ないみたいなことがあってもいいと思うんです。音楽って作者の手を離れた瞬間、ユーザーのものになるって考え方としては非常に正しいことでもあって。

僕もそう思います。あなたの捉え方は間違ってますよ、なんて思ったこともない。そこまで深読みしてくださってありがとうございます、という気持ち。

──志磨さんの場合だと、それをそのまま曲にできそうな人でもあるし。

自分で言ってたら世話ないですけど、僕が作る音楽はまあまあ批評的な面が強くて。ただのいい曲、泣ける曲、というよりもこねくり回せば回すほどおもしろい音楽が好きなんです。音楽以外のいろんなカルチャーだったり、今のご時勢だったり、そういったいくつものレイヤーが重なってできてるようなものを好きになるし、自分が作る作品もどうしてもそうなる。「いや特に何も考えてないっす」ってインタビューで言える人にも憧れるけどね。

次のページ

コロナ禍が作品に与えた影響

作品情報

アルバム『戀愛大全』(通常盤)

『戀愛大全』通常盤ジャケット

『戀愛大全』通常盤ジャケット

アルバム『戀愛大全』(通常盤)

2022年10月19日(水)リリース
価格:¥3,850(税込)
形態:CD+Blu-ray
品番:KIZC-699~700

予約はこちら

収録内容

CD ※全形態共通
1.ナイトクロールライダー
2. 聖者
3. やりすぎた天使
4. 夏の調べ
5. ぼくのコリーダ
6. エロイーズ
7. ラストナイト
8. 惡い男
9. わすれてしまうよ
10. 横顔

Blu-ray
・「聖者」MUSIC VIDEO
・「エロイーズ」LIVE映像(from 『ドレスコーズ+betcover!!』)

アルバム『戀愛大全』(初回限定盤)

『戀愛大全』初回限定盤ジャケット

『戀愛大全』初回限定盤ジャケット

アルバム『戀愛大全』(初回限定盤)

2022年10月19日(水)リリース
価格:¥7,480(税込)
形態:CD+Blu-ray
品番:KIZC-90697~8

購入はこちら

収録内容

CD ※全形態共通
1.ナイトクロールライダー
2. 聖者
3. やりすぎた天使
4. 夏の調べ
5. ぼくのコリーダ
6. エロイーズ
7. ラストナイト
8. 惡い男
9. わすれてしまうよ
10. 横顔

Blu-ray
・ドレスコーズLIVE VIDEO(11曲)(from 『ドレスコーズ+柴田聡子inFIRE』) 
・メイキング・オブ・戀愛大全

アルバム『戀愛大全』(LP盤)

『戀愛大全』LP盤ジャケット

『戀愛大全』LP盤ジャケット

アルバム『戀愛大全』(LP盤)

2022年10月19日(水)リリース
※KING e-SHOP限定商品
価格:¥4,000(税込)
品番:NAS-2117


購入はこちら

収録内容

1.ナイトクロールライダー
2. 聖者
3. やりすぎた天使
4. 夏の調べ
5. ぼくのコリーダ
6. エロイーズ
7. ラストナイト
8. 惡い男
9. わすれてしまうよ
10. 横顔

イベント情報

ワンマンツアー「the dresscodes TOUR2022」

ワンマンツアー「the dresscodes TOUR2022」

・11月11日(金) 北海道・札幌cube garden
 開場 18:30/ 開演 19:00
・11月13日(日) 宮城県・SENDAI CLUB JUNK BOX
 開場 15:30/開演 16:00
・11月23日(水祝) 岡山県・ YEBISU YA PRO
 開場 15:30/開演 16:00
・11月24日(木) 福岡県・BEAT STATION
 開場 18:30/開演 19:00
・11月26日(土) 愛知県・名古屋CLUB QUATTRO
 開場 15:15/開演 16:00
・11月27日(日) 大阪府・千日前ユニバース
 開場 15:15/開演 16:00
・11月30日(水) 神奈川県・CLUB CITTA'
 開場 18:15/開演 19:00

■チケット料金
前売り¥5,000 当日¥5,500(共にドリンク代別)
2F指定席¥6,000 (ドリンク代別)※札幌・川崎公演のみ

ワンマンツアー「the dresscodes TOUR2022」

※未就学児童入場不可(小学生以上のご入場される方全てにチケット必要)
※枚数制限:お1人様2枚まで/紙チケット、電子チケット(分配可)

L'ULTIMO BACIO Anno 22「12月21日のドレスコーズ」

L'ULTIMO BACIO Anno 22「12月21日のドレスコーズ」

2022年12月21日(水) 恵比寿 The Garden Hall
開場 18:15/開演 19:00

■チケット料金
前売り¥6,800 当日¥7,300(共にドリンク代別)

■ドレスマグ購読者先行発売(オフィシャルスマホファンサイト)
※受付期間中にご登録いただいた方も応募可能
※枚数制限:お1人様1枚まで(分配可)
2022年10月1日(土)12:00〜10月19日(水)23:59 エントリー受付
https://sp.dresscodes.jp

■チケット一般発売
2019年11月5日(土)10:00〜
※未就学児童入場不可(小学生以上のご入場される方全てにチケット必要)
※枚数制限:お1人様1枚まで (分配可)

L'ULTIMO BACIO Anno 22「12月21日のドレスコーズ」

※未就学児童入場不可(小学生以上のご入場される方全てにチケット必要)
※枚数制限:お1人様2枚まで/紙チケット、電子チケット(分配可)

ドレスコーズ

アーティスト情報

志磨遼平 [しま りょうへい]
1982年、和歌山県出身。作詞作曲家・文筆家・俳優。
2003年「毛皮のマリーズ」結成。日本のロックンロール・ムーブメントを牽引し、2011年、日本武道館公演をもって解散。
翌2012年「ドレスコーズ」結成。2014年以降はライブやレコーディングのたびにメンバーが入れ替わる流動的なバンドとして活動中。
最新作は、配信『聖者』『エロイーズ』(2022年)、アルバム『ドレスコーズの音楽劇《海王星》』(2022年)、LIVE Blu-ray & DVD『バイエル(変奏)』(2021年)
近年は菅田将暉やももいろクローバーZ、上坂すみれ、PUFFY、KOHHといった幅広いジャンルのアーティストとのコラボレーションも行なっている。
音楽監督として『三文オペラ』(2018年 ブレヒト原作・KAATほか)、『人類史』(2020年 谷 賢一・KAAT)、『海王星』(2021年 寺山修司原作・PARCO劇場ほか)上演。
また、文筆活動のほか、俳優として映画『溺れるナイフ』、『グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-』、『ホットギミック』、『ゾッキ』に出演。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 車、時計、レコードなどを紹介する タイラー・ザ・クリエイターが自身のラグジュアリーコレクションを公開

    2022.11.08 19:15

    2021年の6月にリリースした新アルバム「CALL ME IF YOU GET LOST」がBillboard 200で1位を獲得し、第64回グラミー賞でも最優秀ラップ・アルバム賞を受賞したタイラー・ザ・クリエイター。自身のブランド「GOLF le FLEUR*」のフレグランスを発売したり、コンバースとコラボをしたり、様々な分野でアイディアを実現させている。そんな彼が自身のラグジュアリー・コレクションを公開した。 タイラー・ザ・クリエイターは、ラグジュアリーメディアRobb Reportにて自身の車、時計、レコードなどのコレクションを公開し、好きなブランドなども紹介している。彼は時計をつけなが<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12731/">…

    #タイラー・ザ・クリエイター

  • 今まで楽曲使用は全て断ってきたと語る メタリカのメンバーが『ストレンジャー・シングス』に楽曲使用を許可した理由を明かす

    2022.11.30 19:00

    先日、12枚目となるニュー・アルバム『72 Seasons』を2023年4月14日にリリースすると発表したメタリカ。今年の夏には人気曲「Master Of Puppets」がドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』シーズン4の最終回にて大々的に使用されたことが話題になった。この度メタリカのドラマーであるラーズ・ウルリッヒが、「Master Of Puppets」の使用を許可した理由を明かした。 今月28日に有名パーソナリティHoward Sternのラジオ番組に出演したラーズ・ウルリッヒ。彼はメタリカが楽曲のライセンス許可を下ろした理由について、以下のように語っている。 「メタリカは、今<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14519/">…

    #Metallica#Stranger Things#ストレンジャー・シングス#メタリカ

  • ラストシーンの「いってきます」が全てを物語る作品 齋藤飛鳥が渋谷駅ホームでソロダンス、乃木坂46「ここにはないもの」MV公開

    2022.11.19 12:00

    乃木坂46が、12月7日(水)にリリースする31stシングルよりタイトル曲「ここにはないもの」のミュージックビデオを公開した。 同シングルは、年内いっぱいでグループを卒業する齋藤飛鳥が5度目のセンターを担うラストシングルで約11年間の全てが詰まった渾身の1作。 公開されたMVは、アパレルショップで働く齋藤飛鳥が半ば諦めかけていたデザイナーの夢を再び追い始めるストーリーで、今年10月末から11月上旬に3日間に渡って撮影が行われた。全員でのダンスシーンは六本木ヒルズ屋上のスカイデッキ、ドラマや齋藤飛鳥のダンスシーンは東京メトロ銀座線・渋谷駅など、都内の様々な場所で収録されている。 ダンスを撮影した<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13635/">…

    #乃木坂46#齋藤飛鳥

  • 渡辺淳之介が昨今のTwitterの状況を鑑みて判断 BiSヒューガー、目標フォロワー未達ながら赤目&鼻血加工無しの素顔公開

    2022.11.22 18:00

    BiSの新メンバー・ヒューガーの赤目&鼻血加工無しの素顔写真が、目標として掲げていたTwitter25,000フォロワーは未達ながらマネージャーの渡辺淳之介の判断で公開された。 ヒューガーの素顔公開は、Twitterフォロワーが2万5000人を超えた段階か、WACK代表でBiSマネージャーの渡辺淳之介がフォロワー数の増加状況を見て判断とのことだったが、Twitterにおける昨今の状況も鑑みた上で、25,000人のハードルの高さも考慮した結果とのこと。 ヒューガーが加わったBiS新体制は、11月23日(水)に開催される「Even without BiSH,this is WACK」でお披露目され<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13842/">…

    #BiS

  • 本間昭光のMUSIC HOSPITAL Lucky Kilimanjaroの中心人物、熊木幸丸と語り合うダンスミュージックの可能性

    第5回 熊木幸丸(前編) 2022.11.20 17:00

    これまでポルノグラフィティの作曲&トータルプロデュースやいきものがかりのサウンドプロデュースなど、数々のヒットソングを生み出した本間昭光の対談連載「本間昭光のMUSIC HOSPITAL」。本間氏がホストとなり、毎回現代のセルフプロデュースに長けた若手アーティストを招いての音楽談義や楽曲制作にまつわるトークをお届けします。 今回本間のプライベートスタジオを訪れたのは、「世界中の毎日をおどらせる」というテーマを掲げるバンド・Lucky Kilimanjaro(通称ラッキリ)のコンポーザー、熊木幸丸。彼らのステージを「ずっと観てみたかった」という本間と、ポルノグラフィティが楽器を志したきっかけだと<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12674/">…

    #Lucky Kilimanjaro#インタビュー#本間昭光#本間昭光のMUSIC HOSPITAL#熊木幸丸

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube