Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SERIES

久保田悠来の◯ける漫画 第4回

推せる──【推しの子】

2023.01.30 17:00

2023.01.30 17:00

全ての画像・動画を見る(全9点)

彼らは誰しもを惹きつける存在。

元来の意味するところは偶像。しかし今それは憧れの対象と意味を変え、彼、彼女たちに熱狂し、おかげで日々の生活に張りが出たり目標ができたり、心が潤い満たされる。
何でもない毎日に彩りを与え、何でもない毎日を特別な日にすら変えてしまえる、日本の芸能史においてもジャンルを超越しどこでも活躍し燦然と輝く存在……そうアイドルである。
そこで今回紹介する漫画『【推しの子】』である。

 

まず“推し”。

ひと昔前はアンダーグラウンドでどこかで肩身狭く世に潜んでいたこの活動が、今や市民権を獲得し大手を振って語られるまでに至った。
推し活、推し事、先述した通り人々は毎日の糧にこれらの活動をし同じ同士達とSNSにおいて井戸端会議を繰り広げる。
そんな圧倒的なアイドルである自分の“推し”を全面的に応援していく子の人生にフォーカスが当たる……

『【推しの子】』第1巻より
(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

わけではないんですよね、これ。
もちろんどんなところにいても他に混ざる事ない抜きん出る存在感、何年かに一度彗星のごとく現れる逸材のアイドルが物語の中心ではある。
しかしこのアイドルが裏では妊娠という大スキャンダルを抱えるものの、その真っ直ぐな魅力と危うさで周りを懐柔し皆を味方に、一方表ではアイドルとしての偶像を遺憾なく発揮しこれでもかとファンを魅了する。
そしてある日その秘密を嗅ぎつけられ事件が起こる……のだが、勝手に抱いた先入観を良い意味で大きく裏切られる展開の目白押し。
もしかすると本当にこういうものなんじゃないかと、偶像を追う人達にはある意味アイドルや芸能界の現実という残酷さを突きつけかねないストーリー。

『【推しの子】』第1巻より
(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

もちろん私も業界に携わる人間なので誤解なきよう申し上げたいのだが、描かれていることが真実だと言いたいのではなく全部があり得ると思わせるくらいリアリティのある現場のあるあるが詰まっているんです。
これは相当に関係各所からの伝聞や取材をしているのであろう事が伺える。
というか、なんなら内通者いますか?それとも元々関係者なんですか?
どうなんですか?
兎にも角にもこのリアルフェイクモキュメンターテインメントといった感じがひりひりと現実と虚像を彷徨わせてくれたまりません。
そして当事者達にはむしろこれからの芸能界や現場を生き抜く上でのバイブルにすらなるかもしれない作品ともいえる。
そんな息もつかせぬサスペンス要素と芸能界という特異な世界への転生サバイバルを併せ持つ『【推しの子】』のリアルと偶像は読んだ誰しもを惹きつける。 うんマジでおもしろいです。


撮影協力:WASH&FOLD中目黒高架下店

久保田悠来のコミュニティはこちら

久保田悠来のRシテぃ

久保田悠来のRシテぃ

なんでもシテいいR指定都市。ここでは久保田悠来の“今”をお届けします。
・この都市について決して口外してはならない
・名前とは裏腹に年齢制限はない
・なんでもシテいい(本当は良くない)
・楽しめ
これらを守れる皆様、ご入会を心よりお待ちしております。

入会はこちら

全ての画像・動画を見る(全9点)

作品情報

【推しの子】

(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

(C)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社

【推しの子】

著者:赤坂アカ×横槍メンゴ
コミックス第1〜10巻発売中

【ストーリー】
「この芸能界において嘘は武器だ」
地方都市で、産婦人科医として働くゴロー。芸能界とは無縁の日々。一方、彼の”推し”のアイドル・星野アイは、スターダムを上り始めていた。そんな二人が“最悪”の出会いを果たし、運命が動き出す……!?
”赤坂アカ×横槍メンゴ”の豪華タッグが全く新しい切り口で“芸能界”を描く衝撃作開幕‼︎

公式サイト

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 久保田悠来の◯ける漫画 キける──カラオケ行こ!

    第3回 2022.10.13 12:00

    ギャップが好きだ。いわゆる意外な一面なわけだが、第一印象のそれが大きく左右すると思う。しかもマイナスから入れば入るほどそれはポジティブに働くように思う。かく言う私も黙っていると怖がられること多々だが、少し笑えば良い人だと思ってもらえるのでラッキーだ。 さてそこで今回の『カラオケ行こ!』。和山やま先生は話と登場人物にギャップをもたらす天才だと思う。物語は簡潔にいうと少年とヤクザのカラオケの話だ。 ね、すでにギャップだらけでしょ。中学の合唱部部長の少年・聡実くんと歌が上手くなりたいヤクザ・成田狂児の梅雨から夏にかけての物語。歌が上手くなりたいアラフォーのヤクザがまず合唱コンクールを観に行って、優勝<a href="https://bezzy.jp/2022/10/10289/">…

    #カラオケ行こ!#久保田悠来#久保田悠来の◯ける漫画

  • 久保田悠来の◯ける漫画 漕げる──海が走るエンドロール

    第2回 2022.08.25 12:00

    タイトルからどんな漫画なのか誰しも少なからず推測する。作り手側もここに対するこだわりがないわけはない。それはその作品の印象と行く末を担うものであり大きな伏線にして回収であったりもする。そして今回とりあげる漫画はこちら。 『海が走るエンドロール』 気になる。もう気になる。我々が第一印象で浮かぶ“海”は決して走らないし、エンドロールとは映画などで暗転してから最後に流れる作品関係者たちのクレジットだ。そもそも映画大好き人間の僕は元々エンドロールのあの時間が好きだった。余韻に浸りつつこんなにも大勢の人達が作品に関わっているのだと思いながら眺めていた。近年役者になってからは、そこに自分の名前がある喜びや<a href="https://bezzy.jp/2022/08/6724/">…

    #たらちねジョン#久保田悠来#久保田悠来の◯ける漫画#海が走るエンドロール

  • 久保田悠来の◯ける漫画 カける──地雷震

    第1回 2022.07.18 12:00

    気がつけば僕はまたここに必死に“駆けつ”ける。 『地雷震』との出会いは齢19の頃…20年以上前になる。 これまでも家にあったものは何度も繰り返し読んでいたりと、漫画が好きには変わらなかったのだが、別段新しく買い足すこともそれほどなく、なんとなくな浪人生活を過ごしていた。 そんなある朝、とあるきっかけで(またその作品の時に話せるはず)どうしてもその作品が読みたくなり近所の書店に原チャリ飛ばして駆けつけ夢中で読破。そして久保田悠来に第2次漫画ブームが起こる。 しかも今度はより一層大人向けで刺激あるいわゆる青年誌を中心に。 その時に次何を読もうかなと本棚舐めまわしていたところふと目があったのが『地雷<a href="https://bezzy.jp/2022/07/3746/">…

    #久保田悠来#久保田悠来の◯ける漫画

  • 久保田悠来の◯ける漫画 アける──“◯ける”漫画

    2022.07.04 00:00

    皆様ごきげんよう初めまして久保田悠来です。この度Bezzyにて連載を仰せつかることになりました。 最初にジャンルは何でもいいので、何か定期的に連載をということでお話を頂きました。多種多様なテーマがある中、やはりこれまでの人生で変わらずずっと好きであり、私の人格形成や人生設計において、多大なる影響を受け、もはや有り難い事に仕事でも関わることが増えてきたものをここに記していきたいなと思いました。 ということで、『漫画』です。物心ついた頃より気づけば傍らにあった漫画たち。実家の渡り廊下の本棚で日に焼けた漫画を何度も何度も飽きずに読み返していた幼少期。兄が集め引き出しにコレクションしてた漫画を見せても<a href="https://bezzy.jp/2022/07/1607/">…

    #久保田悠来#久保田悠来の◯ける漫画

  • 久保田悠来の◯ける漫画 転がされる──変

    第13回 2024.06.21 19:00

    なんとも変である。思春期当時の僕の心境、この漫画を読んでモヤモヤモヤモヤしていた。モヤモヤすぎてモヤというよりもはや煙。煙に巻かれている感覚である。 どっちがどうでどれがどうでどうなんだと。そして奥浩哉先生らしい抜群のスタイルやビジュアルのキャラクターとその摩訶不思議ストーリーが、思春期好奇心爆発誘発でその手を止められない止まられないどこぞのかっぱえびせん状態に誘われるのである。 『変』 まず主役の1人である鈴木。高校生にして190cmの長身、容姿端麗にスポーツ万能だが、目立つリーゼント頭のケンカも滅法強い不良。1人暮らしで、相手を見つけては部屋に女性を連れ込んではたらしこむモテっぷり。そんな<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46179/">…

    #久保田悠来#久保田悠来の◯ける漫画#変#奥浩哉

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube