Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SERIES

久保田悠来の◯ける漫画 第2回

漕げる――海が走るエンドロール

2022.08.25 12:00

2022.08.25 12:00

全ての画像・動画を見る(全7点)

タイトルからどんな漫画なのか誰しも少なからず推測する。
作り手側もここに対するこだわりがないわけはない。
それはその作品の印象と行く末を担うものであり大きな伏線にして回収であったりもする。
そして今回とりあげる漫画はこちら。

『海が走るエンドロール』

気になる。
もう気になる。
我々が第一印象で浮かぶ“海”は決して走らないし、エンドロールとは映画などで暗転してから最後に流れる作品関係者たちのクレジットだ。
そもそも映画大好き人間の僕は元々エンドロールのあの時間が好きだった。
余韻に浸りつつこんなにも大勢の人達が作品に関わっているのだと思いながら眺めていた。
近年役者になってからは、そこに自分の名前がある喜びや、出てない作品でも御世話になった人の名前や、やっぱりあの人が携わっていたのかなどと答え合わせをしたりと、よりエンドロールを楽しんでいる。

そこで話を戻すと『海が走るエンドロール』だ。
こんなにも具体であり抽象的なタイトルは大好物で想像を掻き立ててくれる。
エンドロールはきっと映画に纏わる話か、人生の締め括りに向かってみたいな話、海が走るに関しては悪いが知らん、よし読もう 。ここから始まった。

物語は65歳にして未亡人となった女性うみ子さんが、亡き旦那さんとよく映画を観てたなとふと思い出すもビデオデッキの故障で再生できず、何年ぶりかに独り映画館まで足を運ぶところから始まる。
映画が始まり思い出とともに蘇る旦那さんとの会話。

「座席ばかり気にして変わってる、あなたは映画が好きなのではなく、映画を観てる人が好きなんですね」

 

『海が走るエンドロール』第1話より (c)たらちねジョン(秋田書店)2021

わかる。
めちゃめちゃわかる。
僕も昔からそうなんですようみ子さん。
時折ことあるごとに言ってきたんですけど、僕はある種の群集フェチなんです。映画館でもどこでみんながどんな顔してみてるかを観れる席に座るし、舞台も周りがどんな反応してるかを観察するのが好きで、スポーツでは熱狂してる人達を観てると感動してくるんです。
もうこの最初の最初の数ページで僕の心は共感とともに鷲掴み。

そして映画が終わる頃、うみ子さんが客席を観てたのに気づいた美大生と出会う。
彼もまた客席を観たくなる青年だと。
僕もなんですと2人の会話に参加したいが読者なので我慢したが我慢しきれずここに記している。
そしてビデオデッキを直してもらうべく、家にきてもらい2人で昔のビデオを観る。
彼の名前は海(カイ)。
なるほど2人の“うみ”か。
そして海くんが帰り際に放つ一言。

うみ子さんさぁ こっち側なんじゃないの?

『海が走るエンドロール』第1話より (c)たらちねジョン(秋田書店)2021

“映画を作りたい”と書いてこっち。
たらちねジョン先生、うみ子さん同様僕の気持ちにも答えが出ました。
今はそんなことはないが、昔初めてライブに誘われを観に行った時にも、生意気ながら若い僕はなんだか煽られることに苛立ちを覚えていた。思い起こせばあれは僕もそこに立ちたかったんだ、出る側になりたかったんだと。
そして映画館や舞台を観ているときの行為は作り手になりたかったんだと。

こうしてカイの言葉にうみ子さんは引き潮の如く寄せる波に打たれ引き寄せられ、物語は始まっていく……。

物語が進み映画作りに熱を帯びていくうみ子さんがカイや若い子達と接することで、自分の凪いでいた海にまた波が押し寄せてくる感覚は読んでいる自分にも勇気をくれ新たなチャレンジは何歳になっても遅くはないんだと新たな海への航海を後押ししてくれる。

『海が走るエンドロール』
読後このタイトルをまた改めて考えるとうみ子さんと海の行く末が楽しみになること間違いなし。
そしてあなたも今の自分の感覚が波立ち、何歳であってもまだ見ぬ未来という大きな海とエンドロールに向かい船を“漕げる”だろう。
もう“ける”に濁点がついてしまったがお許しを。
ではまた。

久保田悠来のコミュニティはこちら

久保田悠来のRシテぃ

久保田悠来のRシテぃ

なんでもシテいいR指定都市。ここでは久保田悠来の“今”をお届けします。
・この都市について決して口外してはならない
・名前とは裏腹に年齢制限はない
・なんでもシテいい(本当は良くない)
・楽しめ
これらを守れる皆様、ご入会を心よりお待ちしております。

入会はこちら

全ての画像・動画を見る(全7点)


作品情報

海が走るエンドロール

『海が走るエンドロール』第1巻表紙

『海が走るエンドロール』第1巻表紙

海が走るエンドロール

65歳を過ぎ夫と死別し、数十年ぶりに映画館を訪れたうみ子。そこには、人生を変える衝撃的な出来事が待っていた。海(カイ)という映像専攻の美大生に出会い、うみ子は気づく。自分は「映画が撮りたい側」の人間なのだと……。
心を騒ぎ立てる波に誘われ、65歳、映画の海へとダイブする!!

試し読みはこちら

著者紹介

たらちねジョン


既刊は『アザミの城の魔女』全4巻(竹書房)『グッドナイト、アイラブユー』全4巻(KADOKAWA)など。2020年より秋田書店「月刊ミステリーボニータ」で『海が走るエンドロール』を連載中。「たらつみジョン」名義でBL作家としても活動している。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ! 現代社会に通じるテーマの不朽の傑作『切腹』

    第5回 2022.09.18 12:00

    関根勤が偏愛するマニアックな映画な語る連載「関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!」。第5回目は1962年に公開された映画『切腹』。舞台は1630年。幕閣の中枢として活躍を認められていた井伊家の江戸屋敷門前に、老いた浪人(仲代達矢)が突然訪ねてくる。生活苦の末、生き恥を晒していくのも何なので、武士らしく切腹して死のうと思うから、その場所にお宅の庭先を貸してくれ、という要件だった。これを聞いて不審に思った家老の斎藤勘解由(三國連太郎)は彼を家にあげ、つい先日全く同じことを訪ねてきて切腹をした若い浪人の話を聞かせる……。滝口康彦の小説『異聞浪人記』(1958年)を原作に、小林正樹監督が撮っ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8846/">…

    #仲代達矢#切腹#関根勤#関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!

  • 渡辺みり愛のソラ模様 私は水族館に住みたい

    第6回 2022.09.24 17:00

    今回は水族館!私の愛してやまない水族館 ずっと応援してくださっている方は私が水族館好きな事は知ってますかね?ウミガメが好き過ぎてグッズ作ったりしてるくらいだから流石に分かりますよね!笑 さて水族館ということで今回はすみだ水族館にお邪魔しました。これ言っていいのか分かりませんが1番通ってる水族館です(いや言うんかい) 水族館をいつから好きになって通うようになったのか定かではありませんしそれこそウミガメもいつからこんなに愛しているのか本当に覚えてなくてでも何年も前から愛してるから(なんかきもい)時期というのははっきりは言えないんですけど。 水族館に1人で行くようになったのはここ1、2年の話ですね。<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9287/">…

    #渡辺みり愛#渡辺みり愛のソラ模様

  • × ナノカ × × サウナ ①

    第3回 2022.09.07 12:00

    第3回目になりました。タイトルの通り、今回は『サウナ』への想いを綴ろうと。しております。 企画の軸であるカメラマンとのコラボはどうなったんや?と、思われている方もいるかもしれません。 そちらも引き続きやります!!!そちらの計画も進んでおります! 撮影に関してはいいタイミングが重なった時に決行できる感じなので他にも色んなワタクシゴトを聞いてくださると嬉しいです。 そしてたまにくるカメラマンコラボ回も楽しみにしていてくださると嬉しいです。そんなわがままな私です。どうぞよろしくお願いします。 ということで!改めて今回は『サウナ』について。よく聞かれる事にも答えていきながら菜乃花的サウナへの向き合い方<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7917/">…

    #× ナノカ ×#サウナ#菜乃花

  • 木﨑ゆりあの“昨日の自分を愛せるか?” 「バレエを習う日」

    #3 2022.09.17 12:00

    唐突ですが、バレエを習いたい!! そうです。お気づきの通り現在バレエブームが到来中です。 私は若干影響されやすいタイプでして、最近はキッチンで爪先立ちしてみたり、ジャンプして移動してみたり、なにも無いところでターンしてみたり、もう日常がバレエ一色。 というのも実は最近、マシュー・ボーン演出の『白鳥の湖』を観まして、これはトミー賞も取った傑作なのですが、なんと言ってもお目当てはアダム・クーパー!!!! もう彼が凄いったらありゃしない。スターとは彼のためにある言葉、手足の長さはもちろん、筋肉のバランスの良さ、背中から漂おうオーラ、目鼻立ち、表情、もうどこをとっても、いつ、どこから、誰が見ても完璧す<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7989/">…

    #木﨑ゆりあ#木﨑ゆりあの昨日の自分を愛せるか

  • チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー みんなで食べたら美味しいね

    第3回 by 小春 2022.09.04 12:00

    今日も冷やし中華の昼ごはんの日がやってきた。夏休みになると毎週やってくるのだ。絵日記と、アイスと、スイカと、冷やし中華の思い出が強い。毎年夏が来れば思い出す。母がせっせと色々な食べ物を細切りにする。卵だとかきゅうりだとか。他は忘れたけどとにかく細切りにしたものを黄色い麺の上に乗せてつゆをかけて食べる。毎年食べているので味はなんとなく知っている。そして家族みんなと一緒に食べるたびに一人ぼんやり思っていた。 これ、美味しいか…? 多分母は料理が下手ではないのでこの料理自体の好みの問題ということはよくわかっていた。そして毎週出てくるので毎週考えていた。この料理のどこが苦手なのか。だからといって別に残<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7513/">…

    #チャラン・ポ・ランタン#チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube