Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SERIES

久保田悠来の◯ける漫画 第1回

カける──地雷震

2022.07.18 12:00

2022.07.18 12:00

全ての画像・動画を見る(全8点)

気がつけば僕はまたここに必死に“駆けつ”ける。

『地雷震』との出会いは齢19の頃…20年以上前になる。

これまでも家にあったものは何度も繰り返し読んでいたりと、漫画が好きには変わらなかったのだが、別段新しく買い足すこともそれほどなく、なんとなくな浪人生活を過ごしていた。

そんなある朝、とあるきっかけで(またその作品の時に話せるはず)どうしてもその作品が読みたくなり近所の書店に原チャリ飛ばして駆けつけ夢中で読破。そして久保田悠来に第2次漫画ブームが起こる。

しかも今度はより一層大人向けで刺激あるいわゆる青年誌を中心に。

その時に次何を読もうかなと本棚舐めまわしていたところふと目があったのが『地雷震』

1巻の表紙の飯田響也(主人公)とまさしく読んで字の如く目が合ったのだ。

久保田悠来が目が合ったという『地雷震』第1巻表紙

当時はそこまでネットにレビューなどが落ちてるわけでもなくとりあえずジャケ買い的な買い方をしていた。自分的な当たり外れも読んでみなければわからないのでとりあえず3巻くらいまで買ってみる。

結果いつの間にか再び原チャリに跨がり宝庫に駆けつけ全巻を購入。

更に僕の漫画ブームは加速し、そして高橋ツトム作品の虜になり、そのまま先生の作品は片っ端から買い漁ることとなった。

主人公の飯田響也は刑事である。事件解決の為なら善悪手段を選ばない男。一歩間違えば犯罪者側にいてもおかしくないような人間故に犯罪心理を巧みに読み取り冷徹に事件を片付けていく。そんな中時折見せる優しさ。そんなものはずるいに決まっている。こんな男になりたい。彼の愛煙しているショートホープも吸いたいくらいだ。生まれてこの方非喫煙者だが。

『地雷震』第1巻より ©️高橋ツトム/講談社

読み進めていくうちに人間の深淵をいつの間にか覗き込んでいる俯瞰の自分を飯田響也の視線に気づかされる。

そしてその飯田と対峙する犯罪者達もどこかカリスマ的に描かれている人物や強い信念を持っているためドラマが両視点から繰り広げられ犯罪心理描写はより深みへと堕ちていくのだ。

事件解決後の飯田響也の放つ一言には毎度撃ち抜かれ全身の毛が起立を越え敬礼する。

役者をやっている今、この地雷震で描かれるているものがどこか演技の血肉となっているのは間違いない。

そしていつの日かこんな役に巡り会えたらと思わせてくれる男飯田響也。

僕はその日まで駆け続け、役者人生を“力ける”。

久保田悠来のコミュニティはこちら

久保田悠来のRシテぃ

久保田悠来のRシテぃ

なんでもシテいいR指定都市。ここでは久保田悠来の“今”をお届けします。
・この都市について決して口外してはならない
・名前とは裏腹に年齢制限はない
・なんでもシテいい(本当は良くない)
・楽しめ
これらを守れる皆様、ご入会を心よりお待ちしております。

入会はこちら

全ての画像・動画を見る(全8点)


作品情報

地雷震

地雷震

高橋ツトムの原点。
人間の“生”と“死”、そして“犯罪”という“本能”――。凶眼の刑事・飯田響也(いいだきょうや)が人間の心の暗部を抉(えぐ)り出す! 油断をすれば飲み込まれてしまう深く暗い闇。己の闇から、目を背けるな。

第1巻試し読み

著者紹介

高橋ツトム

『GOTAVOICE』で1987年アフタヌーン四季賞春のコンテスト準入選受賞。代表作は『地雷震』『鉄腕ガール』『スカイハイ』『爆音列島』『SIDOOH』『ヒトヒトリフタリ』など。

公式サイト
Twitter(@tsutomu69)
Instagram(@tsutomu69takahashi)

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 個性と実力を兼ね備える4人からのコメントが到着 舞台『パラサイト』 寄生する家族役は古田新太、宮沢氷魚、伊藤沙莉、江口のりこ

    2023.01.20 04:30

    6月5日(月)から7月2日(日)まで東京のTHEATER MILANO-Za、その後大阪にて上演される舞台『パラサイト』のキャストが発表された。 社会問題化している「格差社会」というテーマを描きながらも、所々に散りばめられた緻密な「伏線」や「テーマ性」が話題を呼び、サスペンス、ブラックコメディ、ヒューマンドラマなどの“ジャンルを超えた傑作”として世界各国で称賛の嵐を巻き起こした映画『パラサイト 半地下の家族』を舞台化した本作。台本・演出は映画『愛を乞う人』『焼肉ドラゴン』、舞台『泣くロミオと怒るジュリエット』などを手掛け、舞台・映画と幅広く活躍しそのパワーを遺憾なく発揮する脚本・演出家の鄭 義<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17420/">…

    #パラサイト#伊藤沙莉#古田新太#宮沢氷魚#江口のりこ#鄭 義信

  • チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー 免許とれる。予定。

    第8回 by もも 2023.01.12 17:00

    免許とれる。今月とれる。予定。もうすぐ取れる。もう取れる。予定。 前回からの大きな進み具合としましては、特定講習と呼ばれる、高速道路を走ったり応急処置の教習、危険予測教習を一日8時間くらいかけて学ぶやつをやって、そして本免許の学科試験に無事に合格しました。仮免の学科試験の時と同様、試験場の斜め向かいにある、いわゆる裏校と呼ばれる試験当日の朝5:30から鬼勉強させてもらえる素晴らしい塾その名も『サクセス』へ行きましたさ。それはもう文字通りの鬼勉強をして、無事一発合格。さすがのサクセス大先生のおかげで、スムーズな進みです。 たった今は、絶賛路上練習中。今月に本免技能試験があるので、いよいよ今月中に<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16837/">…

    #チャラン・ポ・ランタン#チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー

  • 岩松了が手掛ける“赦し”の物語 黒島結菜&井之脇海が支え合う兄妹に 舞台『カモメよ、そこから銀座は見えるか?』6月より上演

    2023.01.24 12:00

    M&Oplaysプロデュースの舞台『カモメよ、そこから銀座は見えるか?』が、6月3日(土)から6月25日(日)まで東京・本多劇場にて上演されることが決定。東京公演後は、富山、大阪、新潟と全国へ巡演される。 本作は『結びの庭』(2015年)、『家庭内失踪』(2016年)、『少女ミウ』(2017年)、『二度目の夏』(2019年)など次々と話題作を発表してきたM&Oplaysと岩松了が定期的に行っているプロデュース公演の最新作。アキオとイズミは早くに両親を亡くし、二人寄り添うように生きてきた。アキオは銀座の広告代理店で働いており、忙しい兄のためにイズミは手作りの弁当を職場に届けている。兄が大好きで、<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17709/">…

    #カモメよ、そこから銀座は見えるか?#井之脇海#岩松了#松雪泰子#櫻井健人#青木柚#黒島結菜

  • 月刊yami-Ani!-編集長yamiはアニメ愛を伝えたい- 大好きすぎる『ポケットモンスター』 共に冒険した主人公への思いとは?

    第7回 2023.01.27 12:00

    今回のテーマは『ポケットモンスター』!実は大のポケモンファンで、アニメでもゲームでもグッズでも幅広く楽しんでいるyami編集長。昨年完全新作ゲーム『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』が発売され、アニメではサトシ主役での最終章が開始。改めて人気が爆発中の“ポケモン”について、あらゆる角度から語ります。 ──yamiさん、2023年に入って初めての連載ですね。あけましておめでとうございます。 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!(日本語で) ──本年も楽しい連載にしてまいりましょう!お正月はゆっくりできましたか? お仕事と引っ越しをしていたので、結構忙しくして<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17921/">…

    #yami#ポケットモンスター#ポケモン#月刊yami-Ani!

  • チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー 忘れたオムレツ

    第9回 2023.01.29 16:00

    どうも小春です。こちらの連載、私はキッチンにまつわると言いますか食に関するようなものを書いてゆくというコンセプトだったかと思います。こんなに何度かここに文章を書き記しておきながらいうもんではないかもしれない話ではありますが、私はいうて食にこだわりがあったりするわけではないんですよね。なのに、今まで仲良くさせていただいていた異性のあれやこれやの方々は何故かどの人もこだわりを持っておられました。違う感性の持ち主と関われているということで良いことだったんだろうとは思うのですけど。なので毎度相手の食の好みによって私も食生活も一緒に変更されてゆく日々でありました。 ジャンクフードが好きな奴、自分で作るの<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17907/">…

    #チャラン・ポ・ランタン#チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube