Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

電子的な要素は入らないと明かす

ダフト・パンクのトーマ・バンガルテルが1stソロアルバムのリリースを発表

2023.01.25 18:45

トーマ・バンガルテル『Mythologies』

2023.01.25 18:45

全ての画像・動画を見る(全2点)

フランスのエレクトロニック・ミュージックのデュオ、ダフト・パンク。通算で6度グラミー賞を受賞するなど、ダンスミュージック史上最も影響力のあるアーティストとも言われているが、2021年に突然の解散。その動向が注目されていたが、メンバーのひとりであるトーマ・バンガルテルがソロプロジェクトを発表した。

トーマ・バンガルテルは、今年の4月7日に1stソロアルバム『Mythologies』をリリースするとのこと。このアルバムはフランスの振付師Angelin Preljocajによる同名のバレエ作品のために制作された模様で、昨年の7月にはボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団によって披露されている。90分にも及ぶスコアは「バロック音楽への愛を見せつつ、アメリカのミニマリズムをほのめかしている。短いフレーズがプログレッシブなバリエーションに従っている」とプレスリリースで明かされており、電子的な要素は含まれていないようだ。

このプロジェクトは2019年の秋にAngelin Preljocajがトーマ・バンガルテルを招待したときに制作が開始され、オペラ・ナショナル・ド・ボルドーのバレエ団のダンサー10名、Angelin Preljocajの会社とボルドー大劇場のオーケストラ10名が披露するために制作されたと明かされている。

トラックリストは以下の通り。

1. Premiers Mouvements
2. Le Catch
3. Thalestris
4. Les Gémeaux I
5. Les Amazones
6. LArrivée dAlexandre
7. Treize Nuits
8. Danae
9. Zeus
10. LAccouchement
11. Les Gorgones
12. Renaissances
13. Le Minotaure
14. Eden
15. Arès
16. Aphrodite
17. Les Naïades
18. Pas de Deux
19. Circonvolutions
20. Les Gémeaux II
21. Icare
22. Danse Funèbre
23. La Guerre

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

トーマ・バンガルテル『Mythologies』

『Mythologies』ジャケット

『Mythologies』ジャケット

トーマ・バンガルテル『Mythologies』

2023年4月7日(金)リリース

購入はこちら

収録内容

1. Premiers Mouvements
2. Le Catch
3. Thalestris
4. Les Gémeaux I
5. Les Amazones
6. LArrivée dAlexandre
7. Treize Nuits
8. Danae
9. Zeus
10. LAccouchement
11. Les Gorgones
12. Renaissances
13. Le Minotaure
14. Eden
15. Arès
16. Aphrodite
17. Les Naïades
18. Pas de Deux
19. Circonvolutions
20. Les Gémeaux II
21. Icare
22. Danse Funèbre
23. La Guerre

ダフト・パンク

アーティスト情報

トーマ・バンガルテルとギ=マニュエルのエレクトロ・ミュージック・デュオで、母国フランスはもちろん世界中の数え切れないアーティスト達に影響を与えているダンス・ミュージック界の最高峰アーティスト。01年の2ndアルバム『ディスカバリー』では、本人達の夢でもあった日本漫画界の巨匠、松本零士氏とのコラボレーション・プロジェクトが実現、近年ではau「FULL CONTROL」篇TVCMソング等でも有名な「ワン・モア・タイム」を始め、アルバム収録全曲が映画『インターステラ5555』として発表されたことも話題となった。05年に3rdアルバム発売&ワールドツアーを行うも、その後は映画「トロン: レガシー」のサウンドトラックを手掛ける等以外は活動休止状態だった彼らが、このたび初のレーベル移籍、結成20周年を迎えた2013年にオリジナル作としては8年ぶりとなる4thアルバムを発売。

コンピュータのメインメモリ「RAM」の最後に複数形を表わす「S」を付けたアルバム・タイトル『ランダム・アクセス・メモリーズ』はダフト・パンク流のヒューマニティーを表現、オフィシャル・サイトにて今作のイメージが発表された際には、世界中からアクセスが集中してサイトが一時ダウンするハプニングもありながらたった1日で10万以上の「いいね!」と1万を超えるシェアがされ、1stシングル「ゲット・ラッキー」は日本を含む世界56カ国のラジオ局でナンバーワンを獲得、YouTube(オフィシャルオーディオ)とSpotifyでは1億回の再生回数を突破した。アルバム発売後は世界34カ国のナショナル・チャート(iTunesでは97カ国)でナンバーワンを獲得、ここ日本では「オリコン洋楽アルバム週間ランキング」や「iTunes週間アルバム・ランキング」、「タワーレコード全店の週間チャート」で2週連続1位に輝いた他、「オリコン週間アルバム総合ランキング」では、自己最高記録を10位以上も更新して総合3位にランクイン、ゴールド・ディスクにも輝いた。

そして2014年の第56回グラミー賞では、主要「最優秀レコード」「最優秀アルバム」部門を含む最多5部門を受賞、ダフト・パンクとしてはこれで計7冠に輝くこととなった。

(引用)https://www.sonymusic.co.jp/artist/daftpunk/profile/

トーマ・バンガルテル

アーティスト情報

トーマ・バンガルテル (Thomas Bangalter、 1975年1月3日 - )は、フランス出身のミュージシャン。ギ=マニュエル・ド・オメン=クリストと共に ハウス /エレクトロデュオ 「ダフト・パンク」の一人として活動していた。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%AB

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 初回盤付属ライブ映像のダイジェストも くるりが新作『愛の太陽 EP』トレーラー公開、新曲2曲の一部が試聴可能に

    2023.01.20 18:00

    くるりが、3月1日(水)にリリースする『愛の太陽 EP』のトレーラー映像をバンド公式YouTubeチャンネルにて公開した。 今作には、2月23日(木・祝)に全世界配信&劇場公開される有村架純主演&今泉力哉監督のNetflix映画『ちひろさん』主題歌「愛の太陽」、佐賀県江北町制70周年記念楽曲「宝探し」、Netflixシリーズ『リラックマと遊園地』主題歌「ポケットの中」、Amazon Originalドラマ『モアザンワーズ / More Than Words』主題歌「八月は僕の名前」、3年ぶりに京都梅小路公園で実施された『京都音楽博覧会2022』開催日にリリースされた「真夏日」、新曲とな<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17549/">…

    #くるり#ちひろさん

  • カップリング曲のセンターは二期生・大園玲 櫻坂46がカラフルな衣装で躍動、5thシングル『桜月』全ジャケット解禁

    2023.01.18 10:00

    櫻坂46が、2月15日に発売する5thシングル『桜月』の全5形態のジャケットアートワークを解禁した。 メンバー全員がカラフルな衣装を着用して躍動感のある動きをしており、視覚で音を感じさせるようなビジュアルを表現。今回も5形態での発売となっており、TYPE-Aのジャケットでは表題曲「桜月」のセンターを務める守屋麗奈が掲載されている。 そしてカップリング曲でセンターを担当するメンバーも発表され、二期生の大園玲が務めることが明らかになった。大園玲も守屋麗奈と同じく、2018年に開催された坂道合同新規メンバー募集オーディションから坂道研修生として活動スタート。2020年に欅坂46の新二期生としてグルー<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17267/">…

    #櫻坂46

  • 新田たつおによる不朽の名作が令和に復活 『静かなるドン』が伊藤健太郎主演で映画化、今春公開へ

    2023.01.20 09:00

    映画『静かなるドン』が2023年春に全4話・2週連続で公開されることが発表された。 原作は「週刊漫画サンデー」にて1988年〜2013年まで連載され、累計発行部数4500万部突破の新田たつおによる同名コミック。高杉真宙主演の『ナニワ金融道』に続く「令和アウトローレーベル」第二弾作品として公開される。 関東最大規模の暴力団新鮮組のひとり息子近藤静也。けれど、彼は「ヤクザなんて嫌い、カタギとして平和に生きたい」と願い、デザイン会社で働き、イマドキの草食系男子として生きている。仕事ができないと怒られながらも、同僚の秋野さんに淡い恋心を抱き、普通に働く毎日。それが静也の幸せ。しかし、そんな静也の生活が<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17461/">…

    #伊藤健太郎#山口健人#新田たつお#本宮泰風#静かなるドン

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube