Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

アイコニックなヘルメットの購入方法を紹介

ポケモン新作にダフト・パンクのようなヘルメットが登場すると話題に 

2022.11.28 18:00

How To Get the DAFT PUNK HELMET In Pokemon Scarlet and Violet!

2022.11.28 18:00

全ての画像・動画を見る(全4点)

フランスのエレクトロニック・ミュージックのデュオ、ダフト・パンク。2021年に解散を発表したダフト・パンクは、ダンスミュージック史上最も影響力のあるアーティストとも言われており、通算で6度グラミー賞を受賞している。ギ=マニュエル・ド・オメン=クリストとトーマ・バンガルテルのヘルメットが印象的なグループであるが、ポケモンの新作ゲームにヘルメットが登場するようだ。

11月18日に発売された『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』。発売から3日で1,000万本の販売を記録した話題沸騰中のゲームであるが、こちらのゲーム内でダフト・パンクのギ=マニュエル・ド・オメン=クリストが装着するゴールドのヘルメットを再現したようなものを購入できるという。「クールヘルメット」と題されたヘルメットは、下記に動画の通り、今作の舞台となるパルデア地方の西部にある都市、カラフシティの奥にあるセグーロというショップで購入することができる。「クールヘルメット」は16色から選ぶことができ、ゴールドを購入するとまさにダフト・パンクになれるのだ。

ダフト・パンクが2013年にリリースした『Random Access Memories』は、グラミー賞で最優秀アルバム賞と最優秀レコード賞を含む5つの賞を受賞しており、ファレル・ウィリアムスとナイル・ロジャースが参加した「Get Lucky」は世界32カ国でトップ10入りを果たしていた。今までに「Around The World」「One More Time」「Harder, Better, Faster, Stronger」などのヒット曲を世に出した彼らは、2021年の2月に28年に及ぶ活動に終止符を打った。解散発表を行った際の動画は以下から見ることができる。

全ての画像・動画を見る(全4点)

ダフト・パンク

アーティスト情報

トーマ・バンガルテルとギ=マニュエルのエレクトロ・ミュージック・デュオで、母国フランスはもちろん世界中の数え切れないアーティスト達に影響を与えているダンス・ミュージック界の最高峰アーティスト。01年の2ndアルバム『ディスカバリー』では、本人達の夢でもあった日本漫画界の巨匠、松本零士氏とのコラボレーション・プロジェクトが実現、近年ではau「FULL CONTROL」篇TVCMソング等でも有名な「ワン・モア・タイム」を始め、アルバム収録全曲が映画『インターステラ5555』として発表されたことも話題となった。05年に3rdアルバム発売&ワールドツアーを行うも、その後は映画「トロン: レガシー」のサウンドトラックを手掛ける等以外は活動休止状態だった彼らが、このたび初のレーベル移籍、結成20周年を迎えた2013年にオリジナル作としては8年ぶりとなる4thアルバムを発売。

コンピュータのメインメモリ「RAM」の最後に複数形を表わす「S」を付けたアルバム・タイトル『ランダム・アクセス・メモリーズ』はダフト・パンク流のヒューマニティーを表現、オフィシャル・サイトにて今作のイメージが発表された際には、世界中からアクセスが集中してサイトが一時ダウンするハプニングもありながらたった1日で10万以上の「いいね!」と1万を超えるシェアがされ、1stシングル「ゲット・ラッキー」は日本を含む世界56カ国のラジオ局でナンバーワンを獲得、YouTube(オフィシャルオーディオ)とSpotifyでは1億回の再生回数を突破した。アルバム発売後は世界34カ国のナショナル・チャート(iTunesでは97カ国)でナンバーワンを獲得、ここ日本では「オリコン洋楽アルバム週間ランキング」や「iTunes週間アルバム・ランキング」、「タワーレコード全店の週間チャート」で2週連続1位に輝いた他、「オリコン週間アルバム総合ランキング」では、自己最高記録を10位以上も更新して総合3位にランクイン、ゴールド・ディスクにも輝いた。

そして2014年の第56回グラミー賞では、主要「最優秀レコード」「最優秀アルバム」部門を含む最多5部門を受賞、ダフト・パンクとしてはこれで計7冠に輝くこととなった。

(引用)https://www.sonymusic.co.jp/artist/daftpunk/profile/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 冨田菜々風をセンターに“僕”目線の「淡い片想い」を描く ≠MEの1stアルバムタイトルが『Springtime In You』に決定、ジャケット&リード曲MV公開

    2024.02.17 21:50

    指原莉乃がプロデュースを手掛けるアイドルグループ・≠ME(ノットイコールミー)が3月20日(水)にリリースする1stアルバムのタイトルが『Springtime In You』に決定し、ジャケット写真と新アーティスト写真が解禁。併せてリード曲「ラストチャンス、ラストダンス」のミュージックビデオが公開された。 リード曲でセンターを務めるのは冨田菜々風。MVでは歌詞に登場する“僕”目線で、学校のマドンナたちの視線を追う「淡い片想い」を描く。日常に起きる“輝きの瞬間”を切り取ったような「綺麗な表情」「切ない表情」「何気ない表情」などが散りばめられており、ダンスシーンは青空の下、春の日差しに照らされるプ<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40752/">…

    #≠ME#ノイミー#冨田菜々風

  • 3組の3人ユニットなど全収録曲の歌唱メンバーも発表 櫻坂46、8thシングル共通カップリングの三期生楽曲MV公開 センターは村山美羽

    2024.02.20 00:15

    櫻坂46が、2月21日(水)に発売する8thシングル『何歳の頃に戻りたいのか?』の共通カップリング曲「何度 LOVE SONGの歌詞を読み返しただろう」のMUSIC VIDEOをオフィシャルYouTubeチャンネルで公開した。 センター・フォーメーション・参加メンバーが明かされないままMVが公開された本楽曲は、村山美羽がセンターの三期生楽曲と判明。MVの監督は池田一馬が務めた。同シングルからはこれまで表題曲「何歳の頃に戻りたいのか?」とBACKSメンバーによる「油を注せ!」のMVがすでに公開されており、3曲目のMV公開に併せてシングルに収録される全曲の歌唱メンバーも発表されている。 また、シン<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40801/">…

    #村山美羽#櫻坂46

  • フレディが考えるリフの難しさを説明 ブライアン・メイが「ボヘミアン・ラプソディ」のギターリフは“不自然なフレーズ”だと語る

    2024.02.22 19:54

    1973年にデビューし、世界で約3億枚のセールスを誇るロック・バンド、クイーン。近年は映画『ボヘミアン・ラプソディ』なども話題になり、世代を超えて愛されるアイコニックなバンドだが、ギタリストのブライアン・メイが「Bohemian Rhapsody」のリフがいかに難しいかを語った。 Total Guitar誌の新インタビューに登場したブライアン・メイによると、同曲のリフはフレディー・マーキュリーがピアノで作ったもので、ピアノで考案されたが故にギターで弾くには「不自然なフレーズ」だったようだ。 「“Bohemian Rhapsody”は考えうるなかで最も不自然なリフなんだ。ギタリストが自然に弾くよ<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40930/">…

    #Queen#クイーン

  • 2015年からラストステージまで捉えたフォトブックも付属 The Birthday、レコーディング済みの新曲3曲入りEP『April』4月3日リリース

    2024.02.09 12:00

    The Birthdayが新曲3曲を収録したEP『April』を4月3日(水)にリリースすることを発表した。 2023年のThe Birthdayは6月に5年ぶりとなる全国のクラブクアトロ4ヵ所を廻るツアー、夏にはフェス出演、秋には全国ツアーを控えていたが、4月24日にチバユウスケの食道がん治療専念のため休養を発表。この直前までライブの合間で曲作りからプリプロ、レコーディングといった音源の制作作業を続けていた。2023年9月に『September』、2024年4月に『April』というミニアルバム2作のリリースを見据えた制作だったという。 これらの音源を完成させようとしていたチバの遺志を受け、<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40299/">…

    #The Birthday#チバユウスケ

  • Vo.宮崎一晴が監督、Dr.秦愛翔がプロデュースに初挑戦 クジラ夜の街、ストレートなラブソング「ショコラ」MVをバレンタインデーに公開

    2024.02.13 21:00

    クジラ夜の街が、12月6日に発売したメジャー1stフルアルバム『月で読む絵本』より「ショコラ」のMVを明日2月14日(水)にYouTubeでプレミア公開する。 「ショコラ」は現在開催中のアルバムのレコ発・全国ワンマンツアー2024「輝夜を捜して」でも演奏されているストレートなラブソング。 今回のMVはメンバーの宮崎一晴(Vo.)が初監督、秦愛翔(Dr.)が初プロデュースした作品で、バンドのキャッチコピーである「ファンタジーを創るバンド」のキャッチコピーを具現化しつつ、レトロな映像のテイストが魅力的な自信作。プレミア公開に先駆け、予告映像が本日より視聴可能になっている。 また、宮崎と秦から初めて<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40509/">…

    #クジラ夜の街

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube