Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

3ヵ月連続配信シングル第2弾をリリース

竹内アンナが紡ぐ何気ない日常、歌で届ける“誰もが主人公”の物語

2022.11.10 19:00

2022.11.10 19:00

全ての画像・動画を見る(全13点)

今年メジャーデビュー4周年を迎えたシンガーソングライター・竹内アンナ。今年は3月にリリースした2年ぶりのアルバム『TICKETS』を皮切りに、ツアーに配信リリースにと、これまで以上に精力的なアクションが続いている。9月からは3ヵ月連続配信リリースをスタート、9月の「あいたいわ」に続く第2弾が「made my day feat. Takuya Kuroda / Marcus D」だ。タイトルにあるとおり、世界的トランペッターの黒田卓也と、こちらも世界を股にかけて活躍するビートメイカー、マーカス・Dが参加。これまでの竹内アンナとは一味違ったチルでジャジーなトラックの上で、とある深夜の恋人たちの風景が描かれる、とても気持ちのいい楽曲だ。

音楽を通した「旅」をテーマにした『TICKETS』以降、竹内の表現はどんどん外向きに、そしてパワフルになってきている。さりげない日常の風景にも豊かなドラマが潜んでいること、気持ちや見方ひとつでそれを見つけることができること。これまでもずっと彼女が歌い続けてきたテーマがここにきてより突き詰められているということを「made my day feat. Takuya Kuroda / Marcus D」は教えてくれる。進行中の弾き語りツアーも含め、現在進行形の竹内アンナのモードについて語ってもらった。

竹内アンナ

──竹内さん、メジャーデビューして今年で4周年ですが、この4年という時間は長かったですか? 短かったですか?

私としてはあっという間に4年って感じがあります。デビューしたときから今まで常に新鮮な出来事がたくさんあったので、濃い4年間を過ごせたなって。

──この4年で自分は変わったなと思います?

すごく変わったと思います。曲作りの面においてもだし、メンタル的な面においても変化があって。もともと人見知りだったし、あと趣味が全然なかったんですよね。それがすごくコンプレックスで。音楽しかやってこなかったから、「音楽を取ったら自分に残るものって何だろう」ってすごく考えた時期もあって。でも今は「そういう自分でもいいじゃん」と思えるようになったし、シンプルに「趣味がないなら作ればいいじゃん」って思うようになって、すごくポジティブになれた。それで「I My Me Myself」という曲を作ったんですけど、「どんな私も私だし、ダメな自分も私だし」って1回認めてしまえばすごく楽だなっていうことに気づけて、そのことですごく楽になれたんです。

Anna Takeuchi – I My Me Myself (Official Audio)

──うん。

最近でいうと去年の夏にリリースした「ICE CREAM.」っていう曲があるんですけど、それももう一つ自分に大きな変化をもたらしてくれた曲で。曲を作るときにはいつも「私らしさって何だろう」って自問自答しながら考えるんですけど、その「私らしさ」っていうのが良くも悪くも枠になってたな、自分を抑え込んでしまう制限になってしまってたなっていうことに気づいて。1回そういうのをとっぱらって思い切ってめちゃくちゃかわいい曲を作ってみたらどうなるだろうと思って作ったのが「ICE CREAM.」だったんです。作ってみて「やりすぎたな」って思ったんですけど(笑)、実際にリリースして反応を見てみるとそんなことは誰も気にしていなくて。気にしていたのは実は私だけだったんだって。天井をとっぱらってやってしまえば、曲作りも幅が広がるなって気づいたので、それも一つ、曲作りの次のフェーズに行けたタイミングだったなって思います。

Anna Takeuchi – ICE CREAM. (YouTube edition)

──作品聴かせていただいても、竹内アンナというアーティストがどんどん自由になっていく感じがすごい伝わってくるなと思っていたんですよね。しかもそうやって自由になることをご自身がすごく楽しんでいるという。

うん、そうですね。

──いいですよね。だって、普通はキャリアを重ねれば重ねるほど固まっていくものだと思うんですよ。でも竹内さんの場合は逆に自由になっていくっていう。

本当に好き勝手やらせてもらえる環境があるっていうのもすごくありがたいんですけど、素直にやりたいと思ったことをどんどんやってくことですごく幅も深さも広げられているかなっていうのはすごく思いますね。

次のページ

2022年のモードはヘルシー?

作品情報

配信シングル『made my day feat. Takuya Kuroda / Marcus D』

「made my day feat. Takuya Kuroda / Marcus D」ジャケット

「made my day feat. Takuya Kuroda / Marcus D」ジャケット

配信シングル『made my day feat. Takuya Kuroda / Marcus D』

2022年10月26日(水) 配信リリース
作詞・作曲:竹内アンナ
編曲:Anna Takeuchi / Shu Inui / Marcus D

配信はこちら

配信シングル『あいたいわ』

「あいたいわ」ジャケット

「あいたいわ」ジャケット

配信シングル『あいたいわ』

2022年9月28日(水) デジタルリリース
作詞・作曲:竹内アンナ

配信はこちら

イベント情報

竹内アンナ 弾き語り TOUR2022 atELIER café -アトリエカフェ-

竹内アンナ 弾き語り TOUR2022 atELIER café -アトリエカフェ-

11月23日(水) 金沢・白鷲美術(16:30/17:00)
11月26日(土) 仙台・cafe Mozart Atelier(18:30/19:00)
11月27日(日) 札幌・musica hall café(13:30/14:00)
11月27日(日) 札幌・musica hall café(16:30/17:00)
12月10日(土) 高松・四国村カフェ(13:30/14:00)
12月11日(日) 岡山・城下公会堂(17:30/18:00)

竹内アンナ 弾き語り TOUR2022 atELIER café -アトリエカフェ-

竹内アンナ 弾き語り TOUR 2022 atELIER -アトリエ-

竹内アンナ 弾き語り TOUR 2022 atELIER -アトリエ-

10月16日(日) 東京・自由学園 明日館 講堂 (14:00/14:30)
10月16日(日) 東京・自由学園 明日館 講堂 (17:00/17:30)
11月2日(水) 福岡・石蔵酒造 博多百年蔵 (18:30/19:00)
11月4日(金) 大阪・大阪市中央公会堂 中集会室 (18:30/19:00)
11月11日(金) 名古屋・千種文化小劇場 (18:30/19:00)
11月12日(土) 東京・淀橋教会 インマヌエル礼拝堂 (13:30/14:00) ※追加公演

竹内アンナ 弾き語り TOUR 2022 atELIER -アトリエ-

竹内アンナ

アーティスト情報

1998年4月25日、アメリカ・ロサンゼルス生まれ日本・京都出身。
ポップミュージックを基盤にしつつ、その世代や生い立ちからジャンルに捉われない解釈、卓越されたギタープレイで熱心な音楽ファンから、また同世代のアイコンとしても注目されているシンガー・ソングライター。
自身の音楽活動以外にもKinKi Kids、伊藤美来、菅沼千紗、UNCHAINなどへの楽曲提供のほか、ハウス食品株式会社のテレビCM歌唱、映画「SING/シング:ネクストステージ」の日本語吹き替え版ではウサギ役として配役されている。
アコースティック・ギターにスラッピングを取り入れたプレイスタイルと、透明感のある歌声が各所話題になり、2018年アメリカ・テキサス州オースティンで行われた大型フェス「SXSW 2018」に弱冠19 歳で出演。
合わせてニューヨークからサンフランシスコまで、全米7 都市を回る「Japan Nite US tour 2018」にも参加。
帰国後、地元関西限定で急きょCD をリリース、表題曲「alright」が全国のラジオ局で大プッシュされ、同年8月8日に4曲入りE.P『at ONE』でメジャー・デビュー、収録楽曲「ALRIGHT」の勢いは更に加速し全国22ヶ所のパワープレイを獲得。
2020年3月18日に待望の1st ALBUM『MATOUSIC』をリリース。収録楽曲「RIDE ON WEEKEND」はWOWOWオリジナルドラマ「有村架純の撮休」主題歌としても話題になった。
2021年4月より全国13ヶ所26公演のツアーを開催。各地で完売が続く中、同時に過去の楽曲をアコースティックでセルフカバーし3作連続配信。
2022年3月2日には2年ぶりとなるフルアルバム『TICKETS』をリリース。収録楽曲「手のひら重ねれば」は日本テレビ系「スッキリ」のテーマ曲として起用された。Music Videoは80万回再生を突破し今尚支持される代表曲となる。
同年、7月2日「泡沫SUMMER」を配信リリース。江ノ島海岸をジャックし、多くの反響を呼んだ。
9月から3ヶ月連続リリースを発表。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • リリックムービーは11月17日プレミア公開 イヤホンズの連続配信企画第二弾「タイムカプセル」配信決定、ジャケ写公開

    2022.11.14 19:00

    高野麻里佳、高橋李依、長久友紀の3人からなる声優ユニット・イヤホンズが、連続配信リリース企画第二弾楽曲「タイムカプセル」を11月18日(金)0時より配信リリースする。 同連続配信リリースは「手紙」をテーマにした楽曲を連続で配信していく企画で、10月には大切にしていた”失ったもの”へ宛てた手紙としてしたためられた第一弾楽曲「在りし日」が配信された。 今回第二弾楽曲「タイムカプセル」のジャケット写真も公開。部屋の中で少女と女性がパステルカラーで描かれた印象的なイラストに、タイトルでもある「タイムカプセル」という文字が刻まれた画像から、どのようなメッセージがこもった楽曲になるのか想像が膨らむジャケッ<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13236/">…

    #イヤホンズ#長久友紀#高橋李依#高野麻里佳

  • 写真家・鳥居洋介による新アー写も公開 The Novembers、東名阪ワンマンツアー「かなしみがかわいたら」開催発表

    2022.11.10 21:00

    The Novembersが、東名阪を巡るワンマンツアー「The Novembers Tour 2023 “かなしみがかわいたら”」を2023年に開催することを発表した。 デビュー15周年イヤーの始まりを、本日恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンライブでスタートさせたThe Novembers。新たに発表されたツアーも、LIQUIDROOMにて4月11日(火)12日(水)に2DAYSを行い、大阪・Umeda CLUB QUATTRO、愛知・Nagoya CLUB QUATTROと巡る。 また、同ツアーの発表に合わせて新しいアーティスト写真も公開。写真家・鳥居洋介が、より自然体なバンドの空気感<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12876/">…

    #The Novembers

  • SNSによって明るみに出たと語る ヒップホップは昔より暴力的になった? 50セントが自身の考えを述べる

    2022.11.10 19:30

    2003年にリリースされたデビューアルバム『Get Rich Or Die Tryin’』が900万枚を超える大ヒットとなった50セント。今ではラッパーとしてだけではなく、俳優や映像ディレクターとしても活躍する彼であるが、近年のヒップホップにおける暴力や殺害事件について語った。 ニプシー・ハッスルやポップ・スモークなど、ヒップホップ界で起こった殺害事件を調査するWETV番組『Hip Hop Homicides』をローンチした50セント。彼は番組ホストのVan Lathanとともに、昔より今のほうがヒップホップは暴力的になったのか?という疑問に答えている。 「昔とエネルギーは同じだと<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12914/">…

    #50 Cent#50セント#ニプシー・ハッスル#ポップ・スモーク

  • 日記を書くように制作し生のまま提示した12曲 坂本龍一、6年ぶりオリジナルアルバム『12』を71歳の誕生日に発売

    2022.11.21 04:00

    坂本龍一が、2017年にリリースした『async』以来約6年ぶりとなるオリジナルアルバム『12』を2023年1月17日に発売することを発表した。 今作はいまだ続く闘病生活の中、日記を書くように制作した音楽のスケッチの中から12曲を選び1枚のアルバムにまとめた作品集。各曲のタイトルは曲を制作した日付となっている。 アートワークは坂本と親交のある美術家・李禹煥が本作のためにドローイングを制作。発売日は坂本龍一71歳の誕生日である2023年1月17日となっている。 また、2022年12月11日に事前収録済のピアノソロコンサート「Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano <a href="https://bezzy.jp/2022/11/13602/">…

    #坂本龍一

  • 北川悠理&林瑠奈ほかユニット曲は初組み合わせばかり 乃木坂46『ここにはないもの』収録曲発表、カップリングに齋藤飛鳥ソロ曲など

    2022.11.14 12:00

    乃木坂46が12月7日(水)に発売する31thシングル『ここにはないもの』の商品概要の第一弾発表が行われた。 今作は、年内いっぱいでグループを卒業する齋藤飛鳥が5度目のセンターを担うラストシングルで、約11年間の全てが詰まった渾身の1作。表題曲「ここにはないもの」はすでに『乃木坂配信中』でフルサイズ披露され、歌番組でのパフォーマンスやラジオ番組「乃木坂46のオールナイトニッポン」でも初オンエアされている。 全形態共通カップリング曲は、“悪い成分”が入った恋だとわかっていても自分を止められない心情を歌ったアンダー曲「悪い成分」、初回仕様限定(CD+Blu-ray)盤Type-Aの3曲目には齋藤飛<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13185/">…

    #乃木坂46#齋藤飛鳥

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube