Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

最新曲「共感されなくてもいいじゃない」をリリース

高橋李依が歌に込める自分自身、歌手活動で覚えた“相乗効果”のためのバランス感覚

2022.10.22 19:00

2022.10.22 19:00

全ての画像・動画を見る(全8点)

歌手として新曲「共感されなくてもいいじゃない」をリリースした高橋李依。同曲がオープニングを飾る『悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました』では主人公のアイリーンの声も担当、ほかにも『魔法つかいプリキュア!』『Re:ゼロから始める異世界生活』で主演、来年もすでに【推しの子】主人公アイ役、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』神谷薫役など多数の話題作出演が発表されるなど、まさに破竹の勢いの活躍をみせている。

アーティストとしては2015年に声優ユニット・イヤホンズでの活動がスタートしているが、意外にもソロ歌手としてのデビューは昨年。兼ねてよりソロデビューを待ち望む声が寄せられるなか、なぜ“満を辞して”の始動を選んだのか。決断までの背景や葛藤、そして怒涛の譜割が続く歌唱難易度MAXの新曲「共感されなくてもいいじゃない」に詰めたこだわりなど、”歌手・高橋李依”の活動について、並々ならぬ思いを楽曲さながらアップテンポに語ってくれた。

高橋李依「共感されなくてもいいじゃない」Music Video

──前作のEP『透明な付箋』を持ってソロアーティストとしてのキャリアをスタートなされた形ですが、2014年頃から歌手的な活動はされていましたよね。

2015年にイヤホンズを結成させていただいて、いま7周年なんですけど、(イヤホンズは)声優ユニットなので、また別物だなってソロアーティストを始めてから感じています。

──前作と今作を聴かせていただいて、今作はより地の声にフォーカスしたというか。いち個人・いち人間としての表現の振れ幅があって、すごく面白いなと感じまして。

実はイヤホンズも結構珍しいユニットで。最初はキャラソンだったんですよ。1stアルバムを出すタイミングで、演じているキャラ自身が声優役なので、声優さんだったら色んな声出せるみたいなところでがっと幅を広げて、アーティストとして続けていきましょうっていう判断が行われて。割とシームレスな流れでキャラソンから声優ユニットに変わっていったチームなんです。

──そこで原作の縛りから外れて、3人にフォーカスした形で自由に羽ばたいていけるようになったんでしょうか?

キャラクターだったらこう歌うみたいなことを考えない作り方のおかげで、今度は3人の声質の相性を考えてだったりとか、プロデューサーさんが思う実験的なことに挑戦したりと、また違った楽しさのあるユニット活動をやらせていただいていますね。

──そういった経験を経てのソロデビューという形ですが、どの段階で高橋李依としてやっていくべきなのか、やっていきたいのかという気持ちが芽生えたんでしょう。

具体的に何年の何月からっていうのは覚えていないんですけど、イヤホンズをやり始めて間もない頃に、実はソロデビューのお声掛けはいただいていたみたいなんです。ただ私が、自分の声優業におけるキャパシティの問題などで全く考えられていなくて。あと、自分はイヤホンズがあるからいいかなと思っていたんですよ。なので「自分にはご縁がないもの」って、はっきりインタビューで答えたこともあって。

──絶対聞かれますもんね。

「いやぁ、私は全然そんな気はないです」って言っていたら、数年かけてそれが呪縛っぽくなって、やりたくなったときに何にも言えなくなっちゃったんですよ。そんな数年を過ごしながら、周りでデビューした子たちから、ソロ活動を声優業にも落とし込めているという、いい話をたくさん聞くようになって。自分は結構慎重派なのでマイナス要素ばっかり探しちゃってたんですよ。ソロ活動をしたら声優業が疎かになるとか、両立ができなくなるとか、作品にとって良くない影響が出てしまうのではないかとか。いろいろ考えていたんですけど、実際にされている方がそうでもなさそうだと知り、「やりたいな」と薄ぼんやり思い始めて。そんな中、コロナ禍前あたりに軽くお話が出たので、これは逃しちゃいけないなと。でも、数年悩んでいた自分がいたから、ここまで待って今決断するにはしっかりとした理由がないといけないなと思ったんですね。

──自分で言ったことと決着をつけるためでもあるわけですね。

過去の自分を納得させるためというか。理由を1個ずつあげてみたら、めちゃくちゃいっぱいあって。例えば、ちょっと不純な動機かもしれないんですけど、単純に歌がうまくなりたいと思った時に、作りながらディレクションいただいて経験を積むのもうまくなる方法だなとも思ったし、自分が大好きなキャラクターソングを生で披露して人と共有したいなとも思ったんですよね。生で披露するにはライブを制作する方々の力が必要だと思いまして。仲間が欲しいといいますか、自分のこれやってみたい、あれやってみたいという思いを具現化してくださるチームが欲しいなと思ったんです。高橋李依という声優はもちろん裏方の作業ではあるんですけど、こういう特徴がありますよって知ってもらう一歩として、次のステージに上がりたいなと思ったし、そういった理由がたくさん出てきて。たまたまコロナ禍で考える時間もたくさんあって、決断してやることを決めました。

次のページ

高橋李依にとっての「アーティストでいる時間」

作品情報

高橋李依『共感されなくてもいいじゃない』

『共感されなくてもいいじゃない』ジャケット

『共感されなくてもいいじゃない』ジャケット

高橋李依『共感されなくてもいいじゃない』

10月7日配信リリース

配信はこちら

2月27日生まれ。埼玉県出身。『魔法つかいプリキュア!』(朝日奈みらい/キュアミラクル役)、『Re:ゼロから始める異世界生活』(エミリア役)、『からかい上手の高木さん』(高木さん役)など、人気実力ともに兼ね備えた今注目の声優。
何色にも染まる稀有な表現力と、染まらない確固たる透明感で彩る声に定評があり、多方面で活躍し続けている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 本日よりオンエアがスタート BUMP OF CHICKEN「天体観測 Rerecording Version 2022」がSUBARUのCMソングに

    2022.12.01 11:00

    BUMP OF CHICKENの「天体観測 Rerecording Version 2022」が、SUBARU新型「クロストレック」のCMソングに決定した。 今回CMでオンエアされる「天体観測(2022 Rerecording Version)」は、BUMP OF CHICKENの2001年リリースの大ヒット曲「天体観測」を空間オーディオ対応で再レコーディングし、今年3月よりApple Music限定で配信されている楽曲。 新型「クロストレック」はコンパクトなボディと本格的なSUV性能とラギッドかつスポーティなデザインを組み合わせることにより、都会からアウトドアシーンまで幅広く活用出来る多用途<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14531/">…

    #BUMP OF CHICKEN

  • 本日スタートしたツアーではメンバーデザインのグッズが登場 どんぐりず、来年4月に東名阪ツアー「DONGURIZU SPRING TOUR 2023」開催

    2022.11.19 20:00

    どんぐりずが、来年春に東名阪ツアー「DONGURIZU SPRING TOUR 2023」を開催することを発表した。 11月18日に2曲入りシングル『Lucky Police Day』をリリースし、本日の東京・渋谷WWW X公演より東阪ツアー「DONGURIZU AUTUMN TOUR 2022」をスタートさせたどんぐりずが、本日の公演中に来春の新ツアー開催を発表。4月7日(金)の名古屋・ell.FITS ALLを皮切りに、4月15日(土)に大阪・味園ユニバース、4月21日(金)に東京・LIQUIDROOMでライブを行う。 また、本日からスタートした東阪ツアーではメンバーがデザインを手がけた新<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13700/">…

    #どんぐりず

  • 新曲「世界はここでまわるよ」先行配信も 君島大空、初フルアルバム『映帶する煙』1月にリリース

    2022.11.29 20:00

    君島大空が、1stフルアルバム『映帶する煙』(読み方:えいたいするけむり)を2023年1月18日(水)にリリースすることを発表した。 2019年に1st EP『午後の反射光』でデビューして以来、シンガーのadieuやアイドルグループRYUTistへの楽曲提供、FUJI ROCK FESTIVAL2021やVIVA LA ROCK2022への出演、スタジオコーストでのワンマンライブがソールドアウトになるなど、様々な分野で活動している君島大空。 本作には、SoundCloudで公開されライブでファンの間で人気の楽曲「都合」や「19℃」、3rd EP『袖の汀』にも収録された「光暈(halo)」の合奏<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14350/">…

    #君島大空

  • 2023年グラミー賞では8部門にノミネート ケンドリック・ラマーが最新アルバムから『Rich Spirit』のMVを公開

    2022.11.17 18:00

    今年の5月13日にアルバム『Mr. Morale & the Big Steppers』をリリースしたケンドリック・ラマー。アルバムからは今までに「N95」と「We Cry Together」の映像が公開されており、後者は2023年アカデミー賞のアカデミー短編映画賞カテゴリーの候補に入ったと8月に報じられていた。 ケンドリック・ラマーが『Mr. Morale & the Big Steppers』から「Rich Spirit」のミュージックビデオを公開した。「Rich Spirit」のミュージックビデオはリル・ナズ・Xの「Old Town Road」を手掛けたCalmaticが<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13505/">…

    #Kendrick Lamar#Mr. Morale & the Big Steppers#ケンドリック・ラマー

  • 来年2月に恵比寿ガーデンホールでワンマン開催 米オルタナ・3ピースロックバンド“ワロウズ“の初来日公演が決定

    2022.11.08 13:30

    米LAを拠点に活動する3ピースロックバンド“ワロウズ”が、初の来日公演となるワンマンライブ「WALLOWS TELL ME THAT IT’S OVER ASIA TOUR 2023 TOKYO」を2023年2月24日(金)に東京・恵比寿ザ・ガーデンホールで開催することを発表した。 ワロウズは、ディラン・ミネット、ブレーデン・レマスターズ、コール・プレストンからなる米オルタナティブ・ロックバンド。2017年4月に1stシングル『Pleaser』がSpotify Global Viral50チャートで2位を獲得、2018年にはAtlantic Recordsと契約し、グラミー賞を受賞<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12681/">…

    #WALLOWS#ワロウズ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube