Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

最新曲「共感されなくてもいいじゃない」をリリース

高橋李依が歌に込める自分自身、歌手活動で覚えた“相乗効果”のためのバランス感覚

2022.10.22 19:00

2022.10.22 19:00

全ての画像・動画を見る(全8点)

歌手として新曲「共感されなくてもいいじゃない」をリリースした高橋李依。同曲がオープニングを飾る『悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました』では主人公のアイリーンの声も担当、ほかにも『魔法つかいプリキュア!』『Re:ゼロから始める異世界生活』で主演、来年もすでに【推しの子】主人公アイ役、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』神谷薫役など多数の話題作出演が発表されるなど、まさに破竹の勢いの活躍をみせている。

アーティストとしては2015年に声優ユニット・イヤホンズでの活動がスタートしているが、意外にもソロ歌手としてのデビューは昨年。兼ねてよりソロデビューを待ち望む声が寄せられるなか、なぜ“満を辞して”の始動を選んだのか。決断までの背景や葛藤、そして怒涛の譜割が続く歌唱難易度MAXの新曲「共感されなくてもいいじゃない」に詰めたこだわりなど、”歌手・高橋李依”の活動について、並々ならぬ思いを楽曲さながらアップテンポに語ってくれた。

高橋李依「共感されなくてもいいじゃない」Music Video

──前作のEP『透明な付箋』を持ってソロアーティストとしてのキャリアをスタートなされた形ですが、2014年頃から歌手的な活動はされていましたよね。

2015年にイヤホンズを結成させていただいて、いま7周年なんですけど、(イヤホンズは)声優ユニットなので、また別物だなってソロアーティストを始めてから感じています。

──前作と今作を聴かせていただいて、今作はより地の声にフォーカスしたというか。いち個人・いち人間としての表現の振れ幅があって、すごく面白いなと感じまして。

実はイヤホンズも結構珍しいユニットで。最初はキャラソンだったんですよ。1stアルバムを出すタイミングで、演じているキャラ自身が声優役なので、声優さんだったら色んな声出せるみたいなところでがっと幅を広げて、アーティストとして続けていきましょうっていう判断が行われて。割とシームレスな流れでキャラソンから声優ユニットに変わっていったチームなんです。

──そこで原作の縛りから外れて、3人にフォーカスした形で自由に羽ばたいていけるようになったんでしょうか?

キャラクターだったらこう歌うみたいなことを考えない作り方のおかげで、今度は3人の声質の相性を考えてだったりとか、プロデューサーさんが思う実験的なことに挑戦したりと、また違った楽しさのあるユニット活動をやらせていただいていますね。

──そういった経験を経てのソロデビューという形ですが、どの段階で高橋李依としてやっていくべきなのか、やっていきたいのかという気持ちが芽生えたんでしょう。

具体的に何年の何月からっていうのは覚えていないんですけど、イヤホンズをやり始めて間もない頃に、実はソロデビューのお声掛けはいただいていたみたいなんです。ただ私が、自分の声優業におけるキャパシティの問題などで全く考えられていなくて。あと、自分はイヤホンズがあるからいいかなと思っていたんですよ。なので「自分にはご縁がないもの」って、はっきりインタビューで答えたこともあって。

──絶対聞かれますもんね。

「いやぁ、私は全然そんな気はないです」って言っていたら、数年かけてそれが呪縛っぽくなって、やりたくなったときに何にも言えなくなっちゃったんですよ。そんな数年を過ごしながら、周りでデビューした子たちから、ソロ活動を声優業にも落とし込めているという、いい話をたくさん聞くようになって。自分は結構慎重派なのでマイナス要素ばっかり探しちゃってたんですよ。ソロ活動をしたら声優業が疎かになるとか、両立ができなくなるとか、作品にとって良くない影響が出てしまうのではないかとか。いろいろ考えていたんですけど、実際にされている方がそうでもなさそうだと知り、「やりたいな」と薄ぼんやり思い始めて。そんな中、コロナ禍前あたりに軽くお話が出たので、これは逃しちゃいけないなと。でも、数年悩んでいた自分がいたから、ここまで待って今決断するにはしっかりとした理由がないといけないなと思ったんですね。

──自分で言ったことと決着をつけるためでもあるわけですね。

過去の自分を納得させるためというか。理由を1個ずつあげてみたら、めちゃくちゃいっぱいあって。例えば、ちょっと不純な動機かもしれないんですけど、単純に歌がうまくなりたいと思った時に、作りながらディレクションいただいて経験を積むのもうまくなる方法だなとも思ったし、自分が大好きなキャラクターソングを生で披露して人と共有したいなとも思ったんですよね。生で披露するにはライブを制作する方々の力が必要だと思いまして。仲間が欲しいといいますか、自分のこれやってみたい、あれやってみたいという思いを具現化してくださるチームが欲しいなと思ったんです。高橋李依という声優はもちろん裏方の作業ではあるんですけど、こういう特徴がありますよって知ってもらう一歩として、次のステージに上がりたいなと思ったし、そういった理由がたくさん出てきて。たまたまコロナ禍で考える時間もたくさんあって、決断してやることを決めました。

次のページ

高橋李依にとっての「アーティストでいる時間」

全ての画像・動画を見る(全8点)

作品情報

高橋李依『共感されなくてもいいじゃない』

『共感されなくてもいいじゃない』ジャケット

『共感されなくてもいいじゃない』ジャケット

高橋李依『共感されなくてもいいじゃない』

10月7日配信リリース

配信はこちら

2月27日生まれ。埼玉県出身。『魔法つかいプリキュア!』(朝日奈みらい/キュアミラクル役)、『Re:ゼロから始める異世界生活』(エミリア役)、『からかい上手の高木さん』(高木さん役)など、人気実力ともに兼ね備えた今注目の声優。
何色にも染まる稀有な表現力と、染まらない確固たる透明感で彩る声に定評があり、多方面で活躍し続けている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • メンバーの振り返りトーク&秋元真夏卒業の1日を追う 乃木坂46『11th YEAR BIRTHDAY LIVE』ライブBlu-ray&DVDの特典映像予告編公開

    2024.02.15 20:00

    乃木坂46が、2月21日(水)に発売するライブ映像商品『11th YEAR BIRTHDAY LIVE』のBlu-ray&DVD各完全生産限定豪華盤に収録される特典映像「私たちの11thバスラ」と「Making of 秋元真夏 卒業コンサート」の予告編をグループオフィシャルYouTubeにて公開した。 「私たちの11thバスラ」は、当日のライブ映像と共にメンバーが振り返りトークを大展開。マル秘エピソード満載の特典映像となっている。 一方の「Making of 秋元真夏 卒業コンサート」では、ライブ当日のバックヤードを中心としたメイキング映像が満載。リハーサル時から涙を流すメンバー、そして2代目<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40650/">…

    #乃木坂46#秋元真夏

  • 会場は昨年以来のベルーナドームと京セラドーム ONE OK ROCKが延べ3日間の対バンライブ開催 ゲストはWANIMA、Awich、Vaundy

    2024.02.13 18:00

    ロック・バンドONE OK ROCKが、延べ3日間にわたる対バンライブ「SUPER DRY SPECIAL LIVE Organized by ONE OK ROCK」を2024年5月に開催することを発表した。 今回のライブは、昨年開催した自身過去最大規模となる6大ドームツアー以来となるベルーナドームと京セラドーム大阪を舞台に、各日対バン相手が異なるオムニバス形式で実施。5月18日(土)のベルーナドームにはWANIMA、翌19日(日)の同会場にAwich、そして5月25日(土)の京セラドーム大阪にはVaundyが登場する。 2022年9月のアルバムリリースから約1年半にわたって開催された「LU<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40498/">…

    #Awich#ONE OK ROCK#Vaundy#WANIMA

  • 企画・監督は気鋭の映像作家・柏原柚葉 RADWIMPS、流れる車窓と1人の少女の想い出を描く「正解」MV公開

    2024.02.22 21:00

    RADWIMPSが、2月28日(水)に生産限定盤CDとしてリリースする「正解」のミュージックビデオを公開した。 すでにデジタル先行配信リリースもされている「正解」は、2018年にNHK「RADWIMPS 18祭」で披露された楽曲。その後、番組を観た生徒・教師が卒業式等で自発的に「正解」を歌唱した映像がSNSや動画配信サイトに公開され、RADWIMPSのオフィシャルSNSアカウントにも届いていたことから、6年の時を経て新たにスタジオレコーディングをした正式音源となる。 ミュージックビデオの企画・監督は20代で気鋭の映像作家・柏原柚葉が手掛けており、流れる車窓と1人の少女の想い出が楽曲の歌詞と重な<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40928/">…

    #RADWIMPS#野田洋次郎

  • 発売を記念した”メンバー全員サイン会”も実施 CRAVITYが日本初映像作品リリース、クリスマスファンミーティングをBlu-ray化

    2024.02.02 18:00

    K-POP9人組ボーイズグループ・CRAVITYが昨年12月に開催したクリスマスファンミーティング「2023 CRAVITY SPECIAL CHRISTMAS FANMEETING – LOVE! LUV!! LUVITY!!! -」のBLu-rayを3月27日(水)に発売する。 “K-POP第4世代のスーパーポップルーキー”として注目を集め、昨年7月にリリースした日本デビューシングル『Groovy -Japanese ver.-』はオリコンデイリーランキング1位を記録したCRAVITY。アメリカやアジア諸国でのワールドツアーも開催し、12月には初の日本オリジナル作品「Dilly<a href="https://bezzy.jp/2024/02/40017/">…

    #CRAVITY

  • 先行配信も決定「声が乗った時、曲が大化けした」 柏木ひなたの初アルバム『1/24』収録曲解禁、表題曲「踊りましょ」は川谷絵音プロデュース

    2024.02.28 20:00

    柏木ひなたが、3月27日(水)にリリースする1stアルバム『1/24』の楽曲情報を解禁した。 今作のアルバムタイトルには「24年間生きてきた中でソロアーティストとして駆け抜けた1年間を詰め込んだ作品」という意味が込められており、新曲5曲とこれまでリリースされたEP2作に収録の10曲を加えた全15曲が収録。表題曲「踊りましょ」は、私立恵比寿中学在籍時から親交が深い川谷絵音(indigo la End/ゲスの極み乙女/ジェニーハイ/ichikoro/礼賛)がプロデュースした楽曲で、3月6日(水)に先行配信リリースされることも決定した。 昨年には柏木が川谷の手掛けた舞台にゲスト出演するなど普段から交<a href="https://bezzy.jp/2024/02/41083/">…

    #川谷絵音#柏木ひなた

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube