Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SPECIAL

はじめてのフジロック〜SCHOOL OF FUJI ROCK〜 番外編

オーディエンスとして、前夜祭から4日間楽しみ尽くした「はじめてのフジロック」

2022.08.15 17:05

HALSEY

2022.08.15 17:05

全ての画像・動画を見る(全52点)

(取材・文/庄村聡泰)

まあ正味なお話、いつか来るのではなかろうかと思って腹積りはしていたのだ。自身の執筆活動を「#ショウムライター」と銘打つ事として1年と数ヵ月。意外と早くにお鉢が回って来たもんだと、相手取るのは去る7月29、30、31日に開催されていたFUJI ROCK FESTIVAL ’22。こちら完全なる遊びの名目にて前夜祭含め4日間参加していたのだが、ここに記録として綴ることができるのが超嬉しい。

ちなみに筆者とフジロックとの関わりをざっくりと以下に記しておく。

⚫︎2005年、前夜祭と初日(COLDPLAYからのFOO FIGHTERSという、今考えるととんでもない並び)に参加。

⚫︎2014年、初日の終わりから3日目のクロージングアクト(THE POGUES)まで。

⚫︎2015年、[Alexandros]で3日目のGREEN STAGEに出演。

⚫︎2022年、一般客ではじめて“前夜祭から4日間”ひたすらに楽しみ尽くす。
  

前夜祭――7月28日

やっぱりここから行きたい前夜祭。毎年こちらのみ入場無料として行われているものの去年は開催されずで今年は復活。めでたい。フジロックの開幕を告げる苗場音頭には間に合わなんだものの、Helsinki Lambda ClubROOT SOULともち豚串とビールで明日から始まる本祭への英気を養い、来場者出演者スタッフ様への労を勝手にねぎらった。

前夜祭の模様

DAY1――7月29日

いよいよ本番初日。2020年の春に単独来日が予定されていたもののパンデミックの影響によりキャンセル。悲願の初来日となったTHE HU。ツインエレキ馬頭琴やパーカッションを従えた多人数編成にて奏でられる土着音楽 × メタルと言う何とも味わい深いサウンドはさながら映画のサントラを聴いているかのよう。基本的に音程の上下が少ないメロディからはこれも一種のドゥームメタルなのかもなんて思いながらモンゴルの風を感じる。

THE HU

レゲエくてジャズくてアーランベー(R&B)なASOUNDに気持ち良く身を浸した後には今年一杯で無期限活動中止を発表しているKIKAGAKU MOYO。去年の四人囃子を泣きながら配信で観ていた(好き過ぎて)筆者にとってはご馳走とも言える、ハードでサイケでプログレッシブなステージであった。

その後、THE NOVEMBERSがけたたましくも雄大なライブを繰り広げる中、Original Loveへ。26年前にリリースされた 『プライマル』が初聴きだった筆者にとって、生で観るのはお初でした。真っ白なスーツに身を包んだソウルパワーの権化に魅了され長く甘い口づけ(接吻)を賜る。

しかしフジロックとはかくも強烈な磁場である事か。これを書かん訳にはいかんのだが、知人友人先輩後輩にとにかく出くわすフジロック。その数ざっくり3〜40名。立ち話は長話となり、食事や酒を酌み交わす間に自身のタイムテーブルが狂いに狂うのも醍醐味の一つだ。

Awich
HIATUS KAIYOTE

AwichからのHIATUS KAIYOTEというパワフル極まりないコンボに、脳と腰をゴキゲンに揺らされた後は初日のヘッドライナーであるVAMPIRE WEEKEND。過去何度も来日経験のあるバンドであるが、筆者は見逃しまくっており、個人的には念願の体験。大きな地球儀を模したステージセットをバックに、時に大らかに時に性急に、楽曲を畳み掛けていく。[Alexandros]が時折遊びで弾いていた“Cousins”が聴けたのは本当に嬉しかった。あとエズラ(Vo.Gt)がイケメンだった。あと音響トラブルで中断中にチラと観れたSMTKがまたとんでもなくカッコ良かったんだよなあ……。

VAMPIRE WEEKEND

ステージ毎で雰囲気がガラリと変わるのもフジロックの特徴のひとつであるが、今宵の締めはキャンプサイトの奥の方に設置されているPYRAMID GARDENにて、清春。例年Candle JUNEがプロデュースを務めており、ステージ前には大小様々な蝋燭がずらり。揺らめく炎で軽いトランス状態に陥いりそうな中での清春のパフォーマンスは何とアコギとチェロを従えたアコースティック編成。歌とも叫びともつかないフェイクが深夜の森に響き渡る。あえて言っておくが、観なかった方は正直後悔した方がいい(とはいえ俺だってOGRE YOU ASSHOLEもBONOBOも浅草ジンタもおとぼけビ〜バ〜も観たかったさ。泣)と思うくらいの非日常または異空間、或いは亜空間を、体感させてくれた。

次のページ

筆者の大本命、インドのメタル楽団からスタートするDAY2

イベント情報

FUJI ROCK FESTIVAL '22

FUJI ROCK FESTIVAL '22

2022年7月29日(金) 30日(土) 31日(日) 新潟県 苗場スキー場

7月29日(金)
Vampire Weekend / YOASOBI / Hiatus Kaiyote / Original Love / Black Pumas / The Hu
Bonobo / Jonas Blue / D.A.N. / JPEGMAFIA / THE NOVEMBERS / DOPING PANDA
Syd / Awich / Night Tempo / WONK / No Buses / Michael Kaneko
OGRE YOU ASSHOLE / D.A.N.(DJ SET) / Yaffle / 食品まつり a.k.a. foodman
Dawes / SPECIAL OTHERS / SKYE(鈴木茂、小原礼、林立夫、松任谷正隆) / 木村充揮ロックンロールバンド / Kikagaku Moyo / 踊ってばかりの国 …and more

7月30日(土)
Jack White / Foals / 東京スカパラダイスオーケストラ / 折坂悠太(重奏) / ORANGE RANGE / Bloodywood
Cornelius / Dinosaur Jr. / GLIM SPANKY / スネイル・メイル / SHERBETS / Fire EX.
Arlo Parks / CreativeDrugStore / GRAPEVINE / Say Sue Me / 崎山蒼志 / The fin.
Night Tempo(昭和グルーヴDJセット) / パソコン音楽クラブ / どんぐりず / ZOMBIE-CHANG / CYK
Black Pumas / 中納良恵 / KYOTO JAZZ SEXTET feat.森山威男 / toconoma / T字路s / 石橋英子 …and more

7月31日(日)
Halsey / Tom Misch / PUNPEE / ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA(feat. UA、中納良恵、トータス松本) / Japanese Breakfast / go!go!vanillas
MURA MASA / ずっと真夜中でいいのに。 / Superorganism / Black Country, New Road / 鈴木雅之 / 思い出野郎Aチーム / Kroi
Mogwai / Nariaki Obukuro / マカロニえんぴつ / Elephant Gym / 石崎ひゅーい / Acidclank(selected by ROOKIE A GO-GO)
石野卓球 / FUMIYA TANAKA / Fake Creators(LITE、DE DE MOUSE)
ハナレグミ / 中村佳穂 / 角野隼斗 / Altin Gun / 七尾旅人 / 奇妙礼太郎 …and more

FUJI ROCK FESTIVAL '22

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 日本コロムビア移籍第1弾作品 Charaがシングル『A・O・U』を11月リリース、サウンドプロデュースはmabanuaと大橋トリオ

    2022.09.07 18:00

    Charaが、30周年イヤーを締めくくる日本コロムビア移籍第1弾シングル『A・O・U』を11月1日(火)にリリースすることを発表、ニュービジュアルを公開した。 表題曲の「A・O・U」は、ドラマーそしてプロデューサーとして活躍するmabanuaがサウンドプロデュースを担当し、キュートでグルーヴ溢れるトラックに仕上がった。永久凍土の中に眠っていた約3万年前の植物の花が咲いたニュースにインスパイアされたCharaの決意表明的な歌詞となっている。 もう一方の収録曲「面影」は、大橋トリオがサウンドプロデュースを担当。大橋トリオによる演奏と編曲で上質でオーガニックなミディアムチューンが完成した。 マスタリ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7948/">…

    #Chara#mabanua#大橋トリオ

  • 先行配信曲「Detox」のMVも公開 リル・ベイビーがニュー・アルバム『It’s Only Me』のリリース日を発表

    2022.09.05 20:00

    アトランタ出身の人気ラッパー・リル・ベイビーが3rdアルバム『It’s Only Me』を10月14日にリリースすると発表した。 2ndアルバム『My Turn』が大ヒットし、2020年のアルバム収益ランキングで全米1位を獲得したリル・ベイビー。楽曲「The Bigger Picture」がグラミー賞にノミネートされ、トラップ博物館によって「トラッパー・オブ・ザ・イヤー」にも選ばれている彼であるが、自身のInstagramにて「しばらく時間が経ってしまったけど、今まで以上にハードにやるぜ」とコメントしている。 この投稿をInstagramで見る @lilbabyがシェアした投稿 ま<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7714/">…

    #It's Only Me#リル・ベイビー

  • 水鉄砲など夏全開のメンバー映るトレーラーも公開 ももいろクローバーZ、3年ぶりに有観客開催した2022年の「夏のバカ騒ぎ」を映像作品化

    2022.09.30 20:00

    ももいろクローバーZが、今年7月30日(土)・31日(日)に埼玉県・ベルーナドームで約3年ぶりに有観客開催した『ももクロ夏のバカ騒ぎ2022 -MOMOFEST-』のLIVE Blu-ray&DVDを12月21日(水)に発売することを発表した。 ももクロの風物詩とも言われる三大ライブの一つ「夏のバカ騒ぎ」通称“夏バカ”は、水を使用した演出や水着で観覧できる“水着席”の設置、夏ならではのセットリストが特徴的なライブで、2012年に初めて西武ドーム(現:ベルーナドーム)で公演を行ってから10年目の節目となる公演となった。 今年の“夏バカ”は「MOMO FEST(ももフェス)」をテーマにダウ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9752/">…

    #ももいろクローバーZ

  • 新作を引っ提げた全24公演のツアーも ザ・クロマニヨンズ16枚目アルバム『MOUNTAIN BANANA』が2023年1月に発売

    2022.09.26 14:10

    ザ・クロマニヨンズが、16枚目のニューアルバム『MOUNTAIN BANANA』を2023年1月18日に発売することを発表した。 2006年7月の出現以来、17年間コンスタントにシングルとアルバムの発売を重ね、12月14日にはニューシングル『イノチノマーチ』の発売も控えているザ・クロマニヨンズ。 16枚目となるアルバム『MOUNTAIN BANANA』は、番組オンエア開始時から話題の先行シングル「イノチノマーチ」(NHK Eテレ「ギョギョッとサカナ★スター」および総合テレビ「超ギョギョッとサカナ★スター」主題歌)を含む全12曲入りで、楽曲タイトルも発表された。バラエティに富んだアルバムに仕上が<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9376/">…

    #ザ・クロマニヨンズ

  • ヒダカトオルのプロデュース塾!! 神使轟く、激情の如く。――バンドでもアイドルでもないスタイルで戦っていける理由とは?

    第2回 2022.09.07 17:00

    ミュージシャン、そしてプロデューサー、ヒダカトオルです! 近年、DTMやDAWへの関心の高まりとともに「プロデューサーって何する人ですか?本当に必要なんですか?」という質問も増え始めているので、プロデュースとは一体何なのか……?この『プロデュース塾!!』では、そんな疑問を読者の皆さんと紐解いていきます! 今回は、自らプロデュースもこなす“神激”こと神使轟く、激情の如く。のメンバーを迎えて、またひとつプロデュースの真髄に迫っていきたいと思います!(ヒダカトオル/THE STARBEMS)

    #インタビュー#ヒダカトオル#神使轟く、激情の如く。

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube