Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

忍足亜希子、ユースケ・サンタマリアらの出演も決定

吉沢亮が表情で語る『ぼくが生きてる、ふたつの世界』超特報解禁、9月全国公開へ

2024.04.23 08:00

『ぼくが生きてる、ふたつの世界』ティザーポスター ©︎五十嵐大/幻冬舎 ©︎2024「ぼくが生きてる、ふたつの世界」製作委員会

2024.04.23 08:00

全ての画像・動画を見る(全5点)

吉沢亮主演映画『ぼくが生きてる、ふたつの世界』が今年9月に新宿ピカデリー他にて全国公開されることが決定し、ティザーポスターと超特報映像が解禁された。

本作は、2014年モントリオール世界映画祭ワールドコンペティション部門最優秀監督賞に輝き、第87回アカデミー賞外国語映画賞部門の日本代表作品に選出された『そこのみにて光輝く』の監督・呉美保の9年ぶりの長編作品。コーダ(Children of Deaf Adults/きこえない、またはきこえにくい親を持つ聴者の子供という意味)という生い立ちを踏まえて、社会的マイノリティに焦点を当てた執筆活動をする作家・エッセイストの五十嵐大による自伝的エッセイ『ろうの両親から生まれたぼくが聴こえる世界と聴こえない世界を行き来して考えた30のこと』を原作に、『ゴールド・ボーイ』(24)、『正欲』(23)などを手掛ける港岳彦が脚本を担当。吉沢亮が耳のきこえない両親の元で育った息子・五十嵐大の心の軌跡を体現する。

『ぼくが生きてる、ふたつの世界』ティザーチラシ裏面
©︎五十嵐大/幻冬舎 ©︎2024「ぼくが生きてる、ふたつの世界」製作委員会

解禁されたティザーポスターは、主人公・五十嵐大(吉沢亮)が故郷である宮城県から東京に向かう電車の中の一幕を切り取ったもの。車窓をまっすぐに見つめる瞳には故郷への思い、そして未来への期待が込められている。撮影をしたのは写真家・文筆家の齋藤陽道。原作『ろうの両親から生まれたぼくが聴こえる世界と聴こえない世界を行き来して考えた30のこと』の表紙も撮影しており、本作のポスター写真撮影も担当することとなった。

併せて解禁された超特報は、橋梁を走る列車の車窓と駅のプラットフォームで故郷・宮城から上京するための列車を待つ五十嵐大(吉沢亮)を映し出す。きこえる世界の彼が見つめているのは、きこえない世界の母の後ろ姿。そして大を乗せた列車が新緑のトンネルをぬけ、これから経験していくであろう“ふたつの世界”をつなぐかのように進んでいく。母のことを思いながら、未来への思いを馳せる大の表情から本作の物語を伝える映像となっている。

そして脇を固める新キャストも解禁。吉沢亮演じる五十嵐大のろう者の両親を演じるのは、母・明子役に忍足亜希子(おしだりあきこ)、父・陽介役に今井彰人。ろう者俳優として活躍する二人が溢れんばかりの息子への思いを見事に表現し、ユースケ・サンタマリア、烏丸せつこ、でんでんなど個性豊かな俳優陣の出演も発表された。

『ぼくが生きてる、ふたつの世界』新キャスト
©︎五十嵐大/幻冬舎 ©︎2024「ぼくが生きてる、ふたつの世界」製作委員会

忍足亜希子(五十嵐明子 役)コメント
「きこえない親から生まれ育ったコーダの五十嵐大さんの人生、撮影を通して私も親の気持ちで成長させていただきました。 私は五十嵐大さんの家庭とは逆の境遇で、私は生まれつきこえない子供で、きこえる親から生まれ、きこえる世界で育ちました。 自分は何者なのか孤独感や苦悩と葛藤しながらもきこえる世界ときこえない世界を行き来するという、同じ立場だからこそ、とても共感しました。 コーダの世界をひとりでも多く知ってもらえる良い機会になれば見方も変わると思います。 呉美保監督をはじめ吉沢亮さんと共に五十嵐大さんの人生を歩みながら、沢山のことを学ばせていただきました。」

原作者・五十嵐大コメント
「ふたつの世界に挟まれ、まるで揺蕩たゆたうように生きるコーダについて説明するのは、いつだって難しい。だからこそ、理解してもらうことを諦めていた時期もありました。でも、社会は少しずつ前進していて、ようやく、コーダが抱える葛藤にも目が向けられるようになりました。子どもの頃の自分がいまの状況を目にしたら、「世の中は捨てたもんじゃないな」と思うかもしれません。完成した映画は、想像を遥かに超えるものでした。コーダの苦しみが描かれつつも、そこにあるのは普遍的な親子の愛情です。きこえない母ときこえる息子がどんな愛情を紡いでいくのか、ひとりでも多くの方に観ていただけることを願っています。」

なお、原作本『ろうの両親から生まれたぼくが聴こえる世界と聴こえない世界を行き来して考えた30のこと』は『ぼくが生きてる、ふたつの世界』に改題され幻冬舎文庫より近日発売される。

全ての画像・動画を見る(全5点)

作品情報

ぼくが生きてる、ふたつの世界

©︎五十嵐大/幻冬舎 ©︎2024「ぼくが生きてる、ふたつの世界」製作委員会

©︎五十嵐大/幻冬舎 ©︎2024「ぼくが生きてる、ふたつの世界」製作委員会

ぼくが生きてる、ふたつの世界

2024年9月新宿ピカデリー他全国ロードショー
配給:ギャガ

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

監督:呉美保 
主演:吉沢亮 
脚本:港岳彦
原作:五十嵐大「ろうの両親から生まれたぼくが聴こえる世界と聴こえない世界を行き来して考えた30 のこと」(幻冬舎刊)
企画・プロデュース:山国秀幸 
手話監修協力:全日本ろうあ連盟
製作:「ぼくが生きてる、ふたつの世界」製作委員会(ワンダーラボラトリー 博報堂DY ミュージック&ピクチャーズ ギャガ/JR 西日本コミュニケーションズ アイ・ピー・アイ アミューズ 河北新報社 東日本放送 シネマとうほく)

1994年2月1日、東京都出身。2009年芸能界入り。特撮テレビドラマ「仮面ライダーフォーゼ」(11~12・EXEX)のメテオ役で人気を博す。主演映画『リバーズ・エッジ』(1818)で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞、一人二役を演じた映画『キングダム』(1919)で第62回ブルーリボン賞助演男優賞、第43回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞などを受賞。連続テレビ小説「なつぞら」(19・NHKNHK)、大河ドラマ「青天を衝け」(21・NHKNHK)で主人公・渋沢栄一を演じる。翌年に月9ドラマ初出演・初主演となる「PICU小児集中治療室」(22・CX)に出演。2023年には6作品(『ファミリア』、『東京リベンジャーズ2血のハロウィン編-運命-』『『東京リベンジャーズ2血のハロウィン編-決戦-』、『キングダム 運命の炎』、『かぞく』、『クレイジークルーズ』)が公開されるなど目覚ましい活躍を続けている。本作で、初めて呉美保監督とタッグを組む。

忍足亜希子

アーティスト情報

1970年、北海道千歳市生まれ。1999年に映画『アイ・ラヴ・ユー』で日本最初のろう者主演俳優としてオーディションで選ばれデビュー。同作で第54回毎日映画コンクール「スポニチグランプリ新人賞」、第16回山路ふみ子映画賞「山路ふみ子福祉賞」を受賞。その後も映画や舞台に出演の他、講演会、手話教室開催、執筆活動など、多岐に渡り活躍中。2021年には、夫で俳優の三浦剛との共書「我が家は今日もにぎやかです」を出版。近年作品は、映画『僕が君の耳になる』(21)、『親子劇場』(23)、NHK土曜ドラマ「デフ・ヴォイス」(23)等。

1990年12月26日、群馬県出身。2009年に日本ろう者劇団へ入団。初代代表の米内山氏の師事の元、舞台「エレファントマン」(10)にて初主演で俳優デビュー。映画美学校のアクターズ・コース10期生。牧原依里・雫境共同監督『LISTEN リッスン』(16)、KAAT短編映像作品『夢の男』(22)主演、今井ミカ・今井彰人・草田一駿共同制作作品『湧動』(23)、今年3月に公開となった宮崎大祐監督『MY LIFE IN THE BUSH OF GHOSTS』(24)等に出演。

ユースケ・サンタマリア

アーティスト情報

1971年3月12日、大分県出身。ラテンロックバンドのヴォーカル&司会者としてデビュー。俳優、司会者、タレントとして幅広く活躍。主な出演作に、映画『交渉人 真下正義』(05)、『あきらとアキラ』(22)、『沈黙の艦隊』(23)等。ドラマ「踊る大捜査線」(98~)シリーズ、「テセウスの船」(20・TBS)、大河ドラマ「麒麟がくる」(20・NHK)、「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」(22・NTV)、「新聞記者」(22・Netflix)、「モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~」(22・AmazonPrimeVideo)、「THE MYSTERY DAY~有名人連続失踪事件の謎を追え~」(23・NTV) 、「沈黙の艦隊シーズン1~東京湾大海戦~」(24・AmazonPrimeVideo)大河ドラマ「光る君へ」(24・NHK)等。呉美保監督作は『酒井家のしあわせ』(06)以来2本目の出演となる。

烏丸せつこ

アーティスト情報

1955年2月3日、滋賀県出身。1979年6代目 (1980年度) クラリオンガールに選出され、芸能界デビュー。映画 『海潮音』に出演し、女優としてのスタートをきる。五木寛之のベストセラー 『四季・奈津子』(80)の映画化で四姉妹の主役・奈津子役に抜擢され、映画初主演、圧倒的な存在感を示した。主な出演作は、『64』、『二重生活』、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(16)、『教誨師』、『祈りの幕が降りるとき』(18)、『明日の食卓』 、『彼女』(21)、主演作『なん・なんだ』、『夕方のおともだち』(22)、ドラマでは、大河ドラマ「功名が辻」(06)、「砂の塔〜知りすぎた隣人」(TBS)、「隠れ菊」(NHK-BS)(16)、 連続テレビ小説「スカーレット」(19-20・NHK)等。

福岡県出身。1980年『お笑いスター誕生‼』への出演を機に、1981年森田芳光監督の映画『の・ようなもの』で俳優の道へ。2011年、園子温監督の『冷たい熱帯魚』で、二面性のある連続殺人鬼役を演じ、多数の映画賞を受賞。その独特の存在感と持ち前のキャラクターは、どの役柄にもリアリティーを持たせ、映像作品にも欠かせない俳優として活躍している。近年の主な出演作は、映画『ある男』(22)、『仕掛人・藤枝梅安㊀㊁』(23)、『山女』、『ミステリと言う勿れ』(23)、ドラマ「緊急取調室」(14~・EX)、「アトムの童」(22・TBS)、連続テレビ小説「あまちゃん」(13)、「おかえりモネ」(21)(NHK)、大河ドラマ「おんな城主直虎」(17)、「どうする家康」(23)(NHK)、「THE DAYS」(23・Netflix)等。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 2部構成のイベントでMC川島葵と15周年を祝う 吉沢亮が公式ファンクラブ開設、パシフィコ横浜で単独イベント開催も決定

    2024.04.21 12:00

    吉沢亮が公式ファンクラブ「吉沢亮ファンクラブ」の開設を発表し、さらに2024年7月10日(水)に単独イベントの開催が決定した。 2009年15歳でデビューし、今年30歳を迎えた吉沢亮。デビュー15周年企画第1弾の写真集発売決定に続き、第2弾として開設される公式ファンクラブは、アミューズ所属アーティストの公式デジタルファンサービス「Amuse+(アミューズプラス)」内に6月21日(金)にグランドオープンする。ここでしか見られない吉沢のOFFな姿や、会員限定イベントなど、さまざまなコンテンツを今後展開していく。 さらに、第3弾として開催されるイベントは「吉沢亮 ~15周年記念~ トークイベントしり<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43570/">…

    #吉沢亮

  • 「見たことの無い景色を目に焼き付けたい」現在も稽古に励む 横浜流星が映画『国宝』に出演決定、吉沢亮の親友でライバルとなる歌舞伎界の御曹司を演じる

    2024.04.10 05:00

    2025年に公開される吉沢亮主演映画『国宝』の新キャストが解禁され、主人公の親友でライバルとなる歌舞伎界の御曹司・大垣俊介役に横浜流星が決定した。 原作を手がける吉田修一は2002年『パレード』で山本周五郎賞、『パークライフ』で芥川賞、2007年『悪人』で毎日出版文化賞など数々の賞に輝く小説家で、中でも『国宝』は最高傑作との呼び声高い作品。2017年から朝日新聞にて連載され、歌舞伎界を舞台にした内容が話題となり、2018年に単行本化された。吉田修一自身が3年間歌舞伎の黒衣を纏い、楽屋に入った経験を血肉にし書き上げた渾身の作品となり、2019年には第69回芸術選奨文部科学大臣賞と第14回中央公論<a href="https://bezzy.jp/2024/04/43027/">…

    #吉沢亮#国宝#李相日#横浜流星

  • 呉美保監督が9年ぶりの長編映画に臨む 吉沢亮主演、耳のきこえない母ときこえる息子の物語『ぼくが生きてる、ふたつの世界』公開決定

    2023.12.09 08:00

    呉美保が監督、吉沢亮が主演を務める映画『ぼくが生きてる、ふたつの世界』が2024年に公開されることが決定した。 今年9月公開の『私たちの声』の一編、シングルマザーの日常を描いた杏主演の短編『私の一週間』で8年ぶりに監督作を発表した呉美保監督。9年ぶりの長編となる本作のテーマに選んだのは、コーダ(Children of Deaf Adults/きこえない、またはきこえにくい親を持つ聴者の子供という意味)という生い立ちを踏まえて、社会的マイノリティに焦点を当て執筆活動をする作家・エッセイストの五十嵐大による実録ノンフィクション『ろうの両親から生まれたぼくが聴こえる世界と聴こえない世界を行き来して考<a href="https://bezzy.jp/2023/12/37153/">…

    #ぼくが生きてる、ふたつの世界#吉沢亮#呉美保

  • 吉沢亮は「とても幸せな時間でした」と振り返る 実の親子のような役所広司&吉沢亮 映画『ファミリア』メイキング写真公開

    2023.01.05 11:00

    1月6日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開される映画『ファミリア』から、初共演となる役所広司と吉沢亮のメイキング写真が公開された。 本作は、国籍や育った環境、話す言葉などさまざまな違いを超えて「家族」を作ろうとする人々を描いたヒューマンドラマ。山里に一人暮らす陶器職人の神谷誠治(役所広司)のもとに、アルジェリアに仕事で赴任している学(吉沢亮)が婚約者ナディア(アリまらい果)を連れて一時帰国。結婚を機に会社を辞め、焼き物を継ぐと宣言した学に誠治は反対する。一方、誠治が住む隣町の団地に住む在日ブラジル人青年のマルコス(サガエルカス)は半グレに追われたときに助けてくれた誠治に亡き父の面影を重ね<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16334/">…

    #ファミリア#吉沢亮#役所広司#成島出

  • 成島出監督が吉沢亮の透明感を絶賛 新たな魅力を解き放つ吉沢亮、愛あふれる表情の『ファミリア』場面写真公開

    2022.12.07 15:00

    2023年1月6日(金)より新宿ピカデリーほかにて全国公開される映画『ファミリア』から、場面写真が公開された。 本作は、陶器職人の誠治と、誠治の息子・ 学、誠治が知り合う在日ブラジル人青年マルコスの3人の関係を軸に、独自の視野から”家族”という普遍的なテーマに挑んだヒューマンドラマ。山里に一人暮らす陶器職人の神谷誠治(役所広司)のもとに、アルジェリアに仕事で赴任している学(吉沢亮)が婚約者ナディア(アリまらい果)を連れて一時帰国。結婚を機に会社を辞め、焼き物を継ぐと宣言した学に誠治は反対する。一方、誠治が住む隣町の団地に住む在日ブラジル人青年のマルコス(サガエルカス)は半グレに追われたときに助<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14771/">…

    #ファミリア#吉沢亮#役所広司#成島出

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube