Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

新宿LOFTを皮切りに4会場8公演まわるツアーに

[Alexandros]が2年ぶりCDシングル『SINGLE 1』発表、リリース記念したライブハウスツアーも

2024.03.17 20:00

2024.03.17 20:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

[Alexandros]が、2022年2月16日に発売した『Rock The World / 日々、織々』以来となるCDシングル『SINGLE 1』(読み:シングル ワン)を2024年5月15日(水)にリリースする。

[Alexandros]はこの週末、青山学院で凱旋ライブ「Back To School!! celebrating Aoyama Gakuin’s 150th Anniversary」を開催。本日3月17日公演には新シングルのリリースのみならず、ライブハウスツアーの開催も終演後に映し出されたスクリーンにて告知された。

シングルリリースを記念したライブハウスツアー「SINGLE 1 TOUR」は6月より東京・福岡・名古屋・大阪の4会場8公演にて開催。シングルとライブハウスツアーの詳細は後日アナウンスされる。

全ての画像・動画を見る(全2点)

作品情報

[Alexandros] CDシングル『SINGLE 1』

[Alexandros] CDシングル『SINGLE 1』

2024年5月15日(水)発売
形態:CD Single
※詳細は後日発表

イベント情報

[Alexandros]「SINGLE 1 TOUR」

[Alexandros]「SINGLE 1 TOUR」

2024年
6月4日(火) 東京 新宿LOFT
6月5日(水) 東京 新宿LOFT
6月11日(火) 福岡 福岡BEAT STATION
6月12日(水) 福岡 福岡BEAT STATION
6月18日(火) 愛知 NAGOYA JAMMIN'
6月19日(水) 愛知 NAGOYA JAMMIN'
6月25日(火) 大阪 心斎橋 Music Club JANUS
6月26日(水) 大阪 心斎橋 Music Club JANUS
※詳細は後日発表

[Alexandros]「SINGLE 1 TOUR」

[Alexandros] presents THIS FES ’24 in Sagamihara

[Alexandros] presents THIS FES ’24 in Sagamihara

(ヨミ: ディスフェス トゥエンティーフォー イン サガミハラ)
日程:
2024年10月26日(土)、27日(日)

会場:相模原ギオンフィールド、及びその周辺
主催:THIS FES ’24 in Sagamihara実行委員会(株式会社UKPM/RX-RECORDS/相模原市スポーツ協会グループ/ライブマスターズ株式会社)
後援:相模原市(70th Anniversary Sagamihara City)
協力:ユニバーサルミュージック合同会社
企画:株式会社UKPM
制作:ライブマスターズ株式会社
運営:株式会社ディスクガレージ

[Alexandros] presents THIS FES ’24 in Sagamihara

[Alexandros]ー東日本ではアレキ、西日本ではドロス。まるでマクドとマック論争のようにファンの間で愛称が二分される。

2010年インディーズレーベルRX-RECORDSから1stアルバム「Where‘s My Potato?」でデビュー。リリース後はロックシーンやメディアに大きな衝撃を与え、瞬く間にその名を轟かせ、ここからバンドの快進撃がスタートする。当時はライブハウスを中心として活動をしていたが、キャパが追いつかず、チケットも入手困難な状況に。そのライブは、圧倒的なライブ本数とパフォーマンスを武器に頭角を表し、急速に脚光を浴びる。
ユニバーサルミュージックとグローバル契約を締結、パートナーシップを結び、2015年3月 シングル「ワタリドリ/Dracula La」、6月にはアルバム「ALXD」でメジャーデビュー。
翌年には6枚目のフルアルバム「EXIST!」をリリース、オリコンウィークリーチャートで初登場1位を獲得する。
2018年8月 千葉・ZOZOマリンスタジアムにてワンマンライブ「VIP PARTY 2018」を開催、3万5000人を動員。この頃から大規模のアリーナツアーやワールドツアーなど飛躍ぶりは目覚ましく、世界を股にかける彼らの動向から目が離せなくなる。
2019年12月 NHKにて制作された「[Alexandros] 18祭」では1000人の18歳世代と共演し生まれた楽曲「Philosophy」が話題に。配信限定シングルとしてリリースされる。この年、「ワタリドリ」のミュージックビデオが YouTubeで1億回再生突破。邦楽アーティストとしては21組目の快挙となる。日本のみならず海外でも同曲の人気は高く、広く評価されていることが証明される。またサブスクリプションでの再生数も加えると3億回再生を突破。発売から7年経っても色褪せることなく、幅広いリスナーに支持され続けた楽曲は、映画「明烏 あけがらす」主題歌やアサヒビール「アサヒ ザ・ドリーム」、SUBARU「SUBARU XV」CMソングなど多岐にわたり起用される。
2021年ドラムの庄村聡泰が局所性ジストニアによりバンドを勇退。庄村が加入後、苦楽を共にしたかけがえのない10年間という時間と庄村がここから歩む新たな人生に敬意を表し「脱退」ではなく「勇退」として発表する。
その後、3名体制の時代を経て、新たに“エジプト人の父と日本人の母"を持つリアド偉武を正式メンバーとして加入。さらに国際色豊かなバンドになる。
近年は、映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の主題歌やパナソニック×花王アタックとタッグを組んだ「#センタク」プロジェクトに楽曲を提供するなど数多くのコラボレーション依頼が殺到。
2022年2月16日には通算20枚目のシングル「Rock The World / 日々、織々」をリリース。
表題曲「Rock The World」は、アニメーション映画「グッバイ、ドン・グリーズ!」(KADOKAWA配給)の主題歌、「日々、織々」はパナソニック×花王アタック「#センタク」プロジェクトのテーマソングに起用。
2022年4月よりNHK Eテレ テレビアニメ「アオアシ」オープニングテーマソングに、新曲「無心拍数」が起用。
7月発売のオリジナルアルバム「But wait. Cats?」をひっさげたホール・アリーナ ツアーを終え、2023年5月からは久々の対バンツアー『THIS SUMMER FESTIVAL TOUR '23』を開催。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube