Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

映画をこよなく愛する2人が映画の素晴らしさや影響を語る

岡奈なな子&テラシマユウカが振り返る2023年の“シネ活” 一緒に観たい作品と個人的ベスト5は?

2023.12.19 19:00

2023.12.19 19:00

全ての画像・動画を見る(全23点)

2023年も残りわずか。自身の活動で多くのファンを獲得しながらも、私生活でこよなく映画を愛する2人の対談が行われた。

1人はメインのYouTubeチャンネル登録者数が60万人超え(2023年12月時点)、映画紹介用サブチャンネルを持つクリエイターの岡奈なな子。もう1人は13人組アイドルグループGANG PARADEのメンバーで、コラムやSNSで溢れる映画愛を発信するテラシマユウカ。初邂逅の2人が映画の魅力や受けた影響を語らいながら、今年観て印象的だった5作をセレクト。互いに一緒に観るなら?というテーマでもおすすめ映画を挙げてもらった。

2人とも観る映画は“ジャケ”で決める

岡奈なな子(以下、岡奈) 2016年のBiSオーディションを見ていました。ドルオタ時代があったので今日は嬉しいです。

テラシマユウカ(以下、テラシマ) 嬉しいです!(笑)私も岡奈さんのことは存じておりました。映画のコメントを出させてもらえるようになってから、他の人のコメントも勉強していて。YouTubeも観てて、岡奈さんの日常は理想の食生活なんですよね。

岡奈 ありがとうございます(笑)。

テラシマ 私が映画を好きになったきっかけは『ハリー・ポッター』で、家族でずっと観ていたんです。DVDも全部あって、常に兄弟の誰かしらがDVDを流しているような状況だったので、最初から映画好きというよりは『ハリー・ポッター』が好きでずっと観てました。そんな中、中学生になってから友達とホラー映画を観ようってなって、『パラノーマル・アクティビティ』にたどり着いたんです。その時に「私って映画が好きなんだ!」って気が付いて、そこが目覚めだった気がします。

岡奈 うちの家族も映画好きなんですよ。お姉ちゃんが『ハリー・ポッター』が好きで、双子出てくるじゃないですか? その2人を推していて、ずっと聞かされてて「そうなんだ」と思いながら育ちました(笑)。あと、父が『スターシップ・トゥルーパーズ』とかSF映画が好きで、晩御飯の時にB級映画観ながらご飯食べるっていうのが日常でした。自分が映画好きだと自覚したのは結構遅くて、21歳の時ですね。ニートになって、友達から「サブスクで映画観れるんだよ」って言われて、初めてHuluに手を出しました。それでドラマの『ウォーキング・デッド』を観始めて、ゾンビ面白いなってなりました。ゾンビ映画好きですか?

岡奈なな子

テラシマ 基本グロいのとか、映像が刺激的なものの方が好きです(笑)。日常系は一旦通ったんですけど、年を取るにつれて感性の振れ幅が狭くなるというか、びっくりすることが小さくなっていって、よりホラー映画とかの方が感動できるようになったかもしれないです。

岡奈 『エクソシスト』とか子供の頃めっちゃ怖くなかったですか?

テラシマ 怖かったです。子供の頃に『仄暗い水の底から』を観て、それがずっとトラウマで。全編観たわけじゃないんですけど、自分の中で切り抜きみたいな感じで記憶に残っているので、ルーツ的にはホラー映画苦手なはずなんですよね。だけど突然変異しました(笑)。

岡奈 ジェットコースターと一緒ですよね。日常にない刺激というか。

テラシマ 映画館で観ますか? 家で観ますか?

岡奈 コロナ前は映画館にめっちゃ通ってたんですけど、コロナになって行けなかったじゃないですか。コロナ明けて、『イコライザー THE FINAL』観に行ったら椅子が合わなくて、めっちゃ腰が痛くって……コロナ中にベッドで横になって観ることが習慣ついちゃって(笑)。

テラシマ わかります。だからいい椅子がある映画館では、たまに課金したりします。私は映画館には1人でしか行かなくて。一緒に行ける人がいたらいいなって思います。たまにメンバーと行って「よくわかんなかった」って言われた時に「どうしたらいいんだ……」ってなっちゃって(笑)。難しい映画だったとしても、説明するのも違うのかなと思って。

テラシマユウカ

岡奈 私もよく友達に言われます。「なんだよ、このくそ映画は!」って(笑)。私は「うるせえ!」って言いますね、逆らうなって(笑)。難しいですよね。

テラシマ 理解してほしいわけではないけど、ちょっとでも共感があったら嬉しいなって思いますね。

岡奈 私は友達とサブスクで、通話しながらせーのでボタン押して観ることがあります。Prime Videoだったらウォッチパーティーできるじゃないですか。だからそれで観たりも。私も映画館は1人で行きますね。最近観た中では『死霊のはらわたライジング』がめっちゃ面白かったです。もし一緒に観るんだったら、12月22日に公開される『TALK TO ME トーク・トゥ・ミー』ですね。

テラシマ あー! 気になっていました!

岡奈 A24好きだろうなと思って選びました。私、映画のあらすじとか番宣を一切観ないんですよ。予告とかに終盤のシーン映ってたら嫌なので、ポスターだけ見て想像して行くんです。

テラシマ 全く一緒です。絶対に予告観ないです。

『TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー』本予告

岡奈 “ジャケ選び”ですよね。『Smile スマイル』観ました?

テラシマ 観ました! めっちゃよかったです。

岡奈 大人になって人生で初めて怖いと思った映画です。

テラシマ 確かに。自分が純粋に求めてるものだ!って思いました。2回観ました。

岡奈 私も3回観ました。毎回違う人と、わざわざホラー苦手な人呼んで(笑)。

テラシマ 私は一緒に観るなら来年1月公開の『哀れなるものたち』がいいですね。試写で1回観たんですが、めっちゃよかったです。ヨルゴス・ランティモス監督だ!って感じで。最初のシーンからすごくて、試写会出た後しばらく歩きました。

『哀れなるものたち』予告編│2024年1月26日(金)公開

岡奈 この人の作品どれも考えさせられるっていうか、頭の中ぐちゃぐちゃにされません?

テラシマ そうなんですよ。クセ強い設定が表面に出てくるけど、その奥を見ていくと整理に時間がかかったりして、1回じゃ無理でした。

岡奈 頑張って理解しようっていう整理の時間がかかりすぎて悔しくなりますよね。同じ人間なのになんでこんな作品作れるんだろう?って。

テラシマ わかります。私も最近、短編映画を1つ作ったんですよ。脚本もやったんですけど本当に浮かばなくて。撮影期間1日で会話劇中心だったんですけど、ただの日常の会話が一番難しいなと思ったのと、何かを発言した時の返しの台詞がめっちゃむずいなと思って、改めて映画ってすごいなって思いました。

岡奈 私も知り合いと新しいことにチャレンジしたいっていう話をしてたんですよ。そしたら「映画撮ってみたら?」って言われて。基本、やりたいことにガツガツ行くことができなくて、与えられた仕事をこなすのが好きなんですけど、機会があればやってみたいことではあります。

テラシマ 私も機会があればまた撮りたいと思うんですけど、自分がこれ以上物語を作れるのかっていう不安があります。だから、思いついたらメモに書いたりしていて、それがいつか形にできるってなった時に実現すればいいなと思っています。前回は色んなものに追われてやっていたので、自然発生したというよりは絞り出したという感じで、次は自然発生したものをやってみたいです。

次のページ

2023年に観て面白かった映画5選

全ての画像・動画を見る(全23点)

作品情報

ヴァチカンのエクソシスト

© 2023 Screen Gems, Inc., 2.0 Entertainment Borrower, LLC and TSG Entertainment II LLC. All Rights Reserved.

© 2023 Screen Gems, Inc., 2.0 Entertainment Borrower, LLC and TSG Entertainment II LLC. All Rights Reserved.

ヴァチカンのエクソシスト

2023年7月14日公開
2023年製作/103分/PG12/アメリカ・イギリス・スペイン合作
原題:The Pope's Exorcist
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

監督:ジュリアス・エイヴァリー
出演:ラッセル・クロウ、ダニエル・ゾヴァット、アレックス・エッソー、フランコ・ネロ

ジャンヌ・ディエルマン ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地

(C)Chantal Akerman Foundation

(C)Chantal Akerman Foundation

ジャンヌ・ディエルマン ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地

2022年4月30日公開
1975年製作/200分/G/ベルギー・フランス合作
原題:Jeanne Dielman, 23, quai du commerce, 1080 Bruxelles
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム

購入はこちら

スタッフ&キャスト

監督:シャンタル・アケルマン
脚本:シャンタル・アケルマン
撮影:バベット・マンゴルト
出演:デルフィーヌ・セイリグ、ジャン・ドゥコルト、ジャック・ドニオル=バルクローズ

ジャンゴ 繋がれざる者

© 2012 Visiona Romantica, Inc. All Rights Reserved.

© 2012 Visiona Romantica, Inc. All Rights Reserved.

ジャンゴ 繋がれざる者

2013年3月1日公開
2012年製作/165分/R15+/アメリカ
原題:Django Unchained
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

監督・脚本:クエンティン・タランティーノ
製作:ステイシー・シェア、レジナルド・ハドリン、ピラー・サヴォン
製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン、マイケル・シャンバーグ、シャノン・マッキントッシュ、ジェームズ・W・スコッチドープル
撮影:ロバート・リチャードソン
出演:ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ドン・ジョンソン

バトル・ロワイアル

(C)2000「バトル・ロワイアル」製作委員会

(C)2000「バトル・ロワイアル」製作委員会

バトル・ロワイアル

2000年12月16日公開
2000年製作/113分/R15+/日本
配給:東映

配信はこちら

スタッフ&キャスト

監督:深作欣二
原作:高見広春
脚本:深作健太
製作総指揮:高野育郎
企画:佐藤雅夫 岡田真澄 鎌谷照夫 香山哲
プロデューサー:片岡公生 小林千恵 深作健太 鍋島壽夫
協力プロデューサー:麓一志 富山和弘 加藤哲朗 大野誠一 松橋真三 竹本克明
出演:藤原竜也、前田亜季、北野武、山本太郎、安藤政信、柴咲コウ、栗山千明、塚本高史

バビロン

(C)2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

(C)2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

バビロン

2023年2月10日公開
2022年製作/189分/R15+/アメリカ
原題:Babylon
配給:東和ピクチャーズ

配信はこちら

スタッフ&キャスト

監督:デイミアン・チャゼル
製作:マーク・プラット、マシュー・プルーフ、オリビア・ハミルトン
製作総指揮:マイケル・ビューグ、トビー・マグワイア、ウィク・ゴッドフリー、ヘレン・エスタブルック、アダム・シーゲル、ジェイソン・クロス、デイブ・キャプラン
脚本:デイミアン・チャゼル
出演:ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、ディエゴ・カルバ、ジーン・スマート、ジョバン・アデポ、リー・ジュン・リー、トビー・マグワイア、オリビア・ハミルトン

ブルータル・ジャスティス

(C) 2018 DAC FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED

(C) 2018 DAC FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED

ブルータル・ジャスティス

2020年8月28日公開
2018年製作/159分/R15+/カナダ・イギリス・アメリカ合作
原題:Dragged Across Concrete
配給:クロックワークス

配信はこちら

スタッフ&キャスト

監督:S・クレイグ・ザラー
製作:キース・キャルバル、ダラス・ソニアー、ジャック・ヘラー、タイラー・ジャクソン、セフトン・フィンカム
製作総指揮:ウェイン・マーク・ゴッドフリー、ロバート・ジョーンズ、シャフィン・ダイアモンド・テジャニ、レビ・シェック、マイク・ロウ、ディーン・ブキャナン、ベン・ラフマン
脚本:S・クレイグ・ザラー
出演:メル・ギブソン、ビンス・ボーン、トリー・キトルズ、マイケル・ジェイ・ホワイト、ジェニファー・カーペンター、ローリー・ホールデン、フレッド・メラメッド、ウド・キア、トーマス・クレッチマン、ドン・ジョンソン

フェイブルマンズ

© Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

© Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

フェイブルマンズ

2023年3月3日(金)全国公開
2022年製作/151分/PG12/アメリカ
原題:The Fabelmans
配給:東宝東和

配信はこちら

スタッフ&キャスト

監督・脚本:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:トニー・クシュナー
音楽:ジョン・ウィリアムズ
衣装:マーク・ブリッジス
美術:リック・カーター
編集:マイケル・カーン、サラ・ブロシャー
撮影:ヤヌス・カミンスキー

ザ・メニュー

(C)2022 20th Century Studios. All rights reserved.

(C)2022 20th Century Studios. All rights reserved.

ザ・メニュー

2022年11月18日公開
2022年製作/107分/R15+/アメリカ
原題:The Menu
配給:ディズニー

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

監督:マーク・マイロッド
製作:アダム・マッケイ、ベッツィー・コック、ウィル・フェレル
製作総指揮:マイケル・スレッド、セス・リース、ウィル・トレイシー
出演:レイフ・ファインズ、アニャ・テイラー=ジョイ、ニコラス・ホルト、ホン・チャウ、ジャネット・マクティア、リード・バーニー、ジュディス・ライト

ノースマン 導かれし復讐者

(C)2022 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2022 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ノースマン 導かれし復讐者

2023年1月20日公開
2022年製作/137分/PG12/アメリカ
原題:The Northman
配給:パルコ

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

監督:ロバート・エガース
製作:ラース・クヌードセン、マーク・ハッファム、ロバート・エガース、アレクサンダー・スカルスガルド、アーノン・ミルチャン
製作総指揮:ヤリフ・ミルチャン、マイケル・シェイファー、サム・ハンソン、トーマス・ベンスキー
脚本:ショーン、ロバート・エガース

アステロイド・シティ

© 2023 POP. 87 PRODUCTIONS LLC & FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

© 2023 POP. 87 PRODUCTIONS LLC & FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

アステロイド・シティ

2023年9月1日公開
2023年製作/104分/G/アメリカ
原題:Asteroid City
配給:パルコ

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

監督・製作:ウェス・アンダーソン
製作:スティーブン・レイルズ、ジェレミー・ドーソン
製作総指揮:ロマン・コッポラ、ヘニング・モルフェンター、クリストフ・フィッサー、チャーリー・ウォーケン
出演:ジェイソン・シュワルツマン、トム・ハンクス、スカーレット・ヨハンソン、エドワード・ノートン、マーゴット・ロビー、エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、ジェフリー・ライト、マット・ディロン

岡奈なな子

アーティスト情報

1994年1月4日生まれ

築50年以上の祖母の家で一人暮らしをするYouTuber。
YouTubeチャンネル「岡奈なな子の日常short movie」では、昭和レトロな雰囲気を醸しだす、飾らない日常動画が人気を博し、日本を超え海外でも話題となる。
YouTubeチャンネル登録者数は現在60万人。趣味は映画鑑賞と音楽鑑賞。とりわけ映画をこよなく愛し、年間鑑賞本数は500本を超える。YouTubeチャンネル「岡奈なな子の映画紹介」では自身が好きな映画を中心に紹介中。

テラシマユウカ

アーティスト情報

13人組アイドルグループ「GANG PARADE」メンバーのテラシマユウカ

2018年から映画コラムを毎週掲載しているほどの大の映画好き。
11月15日(水)にリリースした『ソムニウム』(1st EP『The Night Park E.P.』)の作詞も担当し、「宇宙人の恋」をテーマにした映画の世界観のような楽曲となっている。
所属グループであるGANG PARADEは2024年1月28日(日)に、日比谷野外音楽堂にて『天晴れ!真冬の大ギャンパレ音楽祭 in 日比谷野音』を開催予定。

「みんなの遊び場」をコンセプトに活動する、ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、月ノウサギ、キラ・メイ、チャンベイビー、キャ・ノン、ナルハワールド、アイナスター、カ能セイの13人からなるアイドルグループ。
2014年に結成された前身ユニットから2度の改名とメンバーの増減を経て、 2019年4月にワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル「FUELED BY MENTAIKO」より、シングル『ブランニューパレード』でメジャーデビュー。
その後グループの分裂やメンバーの加入・脱退を経て、2022年5月より13人体制での活動がスタートした。
2023年5月には、メジャー2ndアルバム『OUR PARADE』をリリースし、オリコン/ビルボードでの週間1位を獲得。9月からはGANG PARADE結成史上最大規模の全国ツアー「TRICK OR SMILE TOUR」を開催し、全国12都市13公演を完遂。11月15日にはグループ初のEP作品『The Night Park E.P.』をリリースした。収録曲の「Träumerei」は、MBSほかドラマシャワー枠「体感予報」のオープニング主題歌に抜擢されている。
勢いをつけたまま、2024年1月28日(日) にはGANG PARADEの歴史としては4年8ヶ月ぶり、再始動後は初となる日比谷野外大音楽堂公演での「天晴れ!真冬の大ギャンパレ音楽祭 in 日比谷野音」に挑む。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube