Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

過去には「Paranoid Android」も“マリオカバー”

レディオヘッド『In Rainbows』を『スーパーマリオ64』の音色でカバーした動画が話題に

2023.01.24 18:15

© Nintendo/Radiohead『In Rainbows』

2023.01.24 18:15

全ての画像・動画を見る(全2点)

2007年にリリースされたレディオヘッド7枚目のアルバム『In Rainbows』。今年の2月24日に日本独自企画の高音質CD2枚組仕様で復刻販売されることが発表され話題となっているが、同アルバムをNINTENDO 64の音だけで“カバー“した者が現れた。

YouTubeにて数々のカバー曲を投稿しているクリエイターのon4word氏。今回は『スーパーマリオ64』のサウンドフォント(音色データ)を使用し、レディオヘッドの『In Rainbows』をカバーした動画を投稿しており、ファンから称賛の声が挙がっている。on4word氏は、『In Rainbows』の収録曲を全てカバーしており、楽曲「Faust Arp」に関してはゼルダのサウンドフォントも使用しているようだ。

音色はNINTENDO 64でも、オリジナルのアルバムと聴き比べると楽曲の細かいところまでカバーされていることがわかる。以前、on4word氏は同じく『スーパーマリオ64』の音色データを使用し、レディオヘッドの名曲「Paranoid Android」もカバーしており、そちらも大きな話題になっていた。

サウンドフォントとは、サンプラー機能に与える音色のデータフォーマットであり、on4word氏はレディオヘッド以外にも『スーパーマリオ64』のサウンドフォントを使用したテーム・インパラやエイフェックス・ツインなどの“マリオカバー”を公開している。

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

Radiohead『In Rainbows』[Japanese Expanded Edition]

『In Rainbows』[Japanese Expanded Edition] ジャケット

『In Rainbows』[Japanese Expanded Edition] ジャケット

Radiohead『In Rainbows』[Japanese Expanded Edition]

2023.02.24 FRI ON SALE
日本盤2CD(解説・歌詞対訳付/高音質UHQCD仕様)
XL1247CDJP/3,200円(税別)

購入はこちら

収録内容

Disc 1
01.15 Step
02.Bodysnatchers
03.Nude
04.Weird Fishes/ Arpeggi
05.All I Need
06.Faust Arp
07.Reckoner
08.House Of Cards
09.Jigsaw Falling Into Place
10.Videotape

Disc 2
01.MK 1
02.Down Is The New Up
03.Go Slowly
04.MK 2
05.Last Flowers
06.Up On The Ladder
07.Bangers + Mash
08.4 Minute Warning

レディオヘッド

アーティスト情報

レディオヘッド(英語: Radiohead)は、イギリスのロックバンド。1985年に前身にあたるバンドを結成。1992年のメジャー・デビュー以降、外部ミュージシャンの起用は多いものの、同じパーマネント・メンバーで活動している。

彼らのルーツであるポストパンクやオルタナティヴ・ロックの大枠に、ポストロックや電子音楽、ジャズ、クラシック、現代音楽などを混交した多彩な音楽性や、アルバムごとの急進的な実験性・変化が特徴。また、ソロ活動も盛んである。 アルバム総売上は3,000万枚を超えている。

2011年「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第73位。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 2nd EP『青を生きる』に秘めた思いとは 高橋李依が到達した新たな高み、「好き」が実を結んだ6曲の物語

    2023.01.27 19:00

    多くの話題作でメインキャラクターを演じるなど大活躍中の声優・高橋李依が、歌手として2nd EP『青を生きる』をリリースした。前回のインタビューでは歌手デビューを決断するまでの葛藤、新しい挑戦を模索する気持ちを希望とともに届けてくれたが、今作『青を生きる』はその全てが結実したと思える作品だ。 さまざまなジャンルからアプローチされた豊かな楽曲群で構成され、その全ての曲で複雑な心情を抱えた主人公が描かれており、6曲入りながら1枚のフルアルバムを聴いたような充実感に浸ることができる。さらには昨年10月にリリースされたシングル「共感されなくてもいいんじゃない」で巡らせた伏線も回収するなど、人気声優として<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17977/">…

    #インタビュー#高橋李依

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube