Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

齋藤飛鳥が乃木坂46卒業後初の映画出演

坂口健太郎主演、行定勲×伊藤ちひろが贈る映画『サイド バイ サイド 隣にいる人』4月公開決定

2023.01.20 07:00

©2023『サイド バイ サイド』製作委員会

2023.01.20 07:00

全ての画像・動画を見る(全6点)

坂口健太郎が主演する映画『サイド バイ サイド 隣にいる人』が、4月14日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開することが決定。作品概要、キャストと監督のコメント、場面写真6点が一挙に解禁された。

『サイド バイ サイド』=隣同士で/一緒に という題名を冠された本作は、リアルとファンタジーが混在する「マジックリアリズム」が息づく物語。『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)をはじめ、行定勲と数々の作品を作り出してきた伊藤ちひろがオリジナル脚本を書き下ろし、監督も務めた。

美術・装飾スタッフ出身である伊藤監督の感性が光る詩的な映像世界の主人公を演じるのは、坂口健太郎。不思議な力を持ち、傷ついた人を癒す青年・未山を、童話『幸福の王子』を彷彿とさせる柔らかくも神秘的な雰囲気で魅せる。また、かつて起きたある事件がきっかけで未山の前から姿を消していた元恋人・莉子を、乃木坂46からの卒業発表後初の映画出演となる齋藤飛鳥が演じる。そのほか、未山と共に生活を共にしている看護師の恋人・詩織に市川実日子、高校時代の後輩であり、ミュージシャンとして活動している草鹿に浅香航大。詩織の娘・美々(みみ)に磯村アメリといった、個性的なキャストが名を連ねる。

そこに存在しない“誰かの想い”が見える青年・未山(坂口健太郎)。その不思議な力で身体の不調に悩む人や、トラウマを 抱えた人を癒やし、周囲と寄り添いながら、恋人で看護師の詩織(市川実日子)とその娘・美々(磯村アメリ)と静かに暮らしていた。 そんな未山はある日、これまで体感したものとは異質の強い想いを感じ始める。それは、高校時代の後輩で、遠く離れた東京で活躍するミュージシャン・草鹿(浅香航大)のものだった。その真意を確かめるため、彼のライブ会場に足を運び、草鹿と対面を果たす。重い口を開いた草鹿から過去に未山と恋人・莉子(齋藤飛鳥)が遭遇した事件の顛末を明かされ、それ以来一度も会うことがなかった莉子と再会を果たすことに……。彼女の存在によって紐解かれていく、未山の秘密。 彼は一体、どこから来た何者なのか?やがて誰も知らなかった彼の秘密が明らかになっていくとき、思いがけないラストが訪れる。

発表されたキャストおよび監督・脚本・原案を務めた伊藤ちひろ、企画・プロデュースを務めた行定勲からのコメントは以下の通り。

坂口健太郎(未山 役)
登場⼈物それぞれに、未⼭という像があり、どれも真実でどれも嘘のような、
彼が何者なのかをみんなで模索し、答えを導き出す旅をしているような不思議な体験でした。
この作品ならではの世界観に浸ってもらえると嬉しいです。

坂口健太郎(未山 役)©2023『サイド バイ サイド』製作委員会

齋藤飛鳥(莉子 役)
わかるような、わからないような
わかりたいようで、わかりたくないような。
曖昧で切なくて、美しい体験をさせていただきました。
見てくださるみなさんにも、そんな体験が待っていますように。

齋藤飛鳥(莉子 役)©2023『サイド バイ サイド』製作委員会

浅香航大(草鹿 役)
とても不思議な作品でした。
正直、台本から仕上がりの想像がつかない映画で、出来上がった作品を見て泣いてしまうとは想像していませんでした。
伊藤ちひろ監督とは昔からの付き合いですが、伊藤さんの頭の中にこのようなものがあったなんて、驚きです。
泣いてしまったと言いましたが、前向きに、この地球に生きている自分を愛してあげたくなるような映画でした。

浅香航大(草鹿 役)©2023『サイド バイ サイド』製作委員会

磯村アメリ(美々 役)
スタッフさんとトランプしたり、ご飯食べに行ったり、カエルをみせてもらったり、みんなが沢山遊んでくれて、毎日楽しいお仕事でした!
未山くん(坂口健太郎さん)はいつも抱っこしてくれて、牛を触らせてくれたり、隠れんぼしたりいつもいっぱい遊んでくれました!未山くんのお腹でお昼寝するシーンは本当に眠くなっちゃって未山くんって、優しくて天使だなって思いました。
監督さんが美々がアメリで良かったって言ってくれたのが嬉しくてアメリも美々になれて嬉しかったです。
監督さん優しくて大好きになっちゃったから、バイバイが嫌で最後泣いちゃいました(笑)

映画を観て、アメリは最後感動して泣いちゃいました。
楽しくお仕事できたから楽しくみんなで観てください♪

磯村アメリ(美々 役)©2023『サイド バイ サイド』製作委員会

市川実日子(詩織 役)
光がきれいな初夏の長野で、撮影をしました。
口下手で繊細な心を持つ監督が、もっと饒舌な方だったら。このお話もこの映画も生まれていないんだろうなと感じています。
目に見えるもの、見えないもの。ひとの強さや優しさ、美しさ。言葉で形容しがたいものを、探し体感し続ける旅のようでした。
公開をたのしみにしていただけたら、うれしいです。

市川実日子(詩織 役)©2023『サイド バイ サイド』製作委員会

伊藤ちひろ(監督・脚本・原案)
これは坂口健太郎さんの持つ圧倒的な透明感に魅了されてできた作品です。
未山というキャラクターは、主人公でありながら、物語のなかでもっとも謎に包まれた存在ですが、その神秘性や繊細さのような、そういった言葉にはなかなか表しづらい複雑さを、坂口さんはとても丁寧に表現してくださいました。
サイドバイサイドというこの映画のタイトルは「隣にいる」という意味があります。
自分の隣にはいま誰がいるのか、これまで誰が隣にいたか、人生を振り返ったらどんなひとのいくつの横顔が浮かぶのか、そして誰にいてほしいと感じるのか。
距離感の取り方を意識する時代のなかで、そういったことを、ふと考えます。
素晴らしい演者の方々の色鮮やかな感性の力により、その隣にいる様々な関係を豊かにつくっていくことができました。

行定勲(企画・プロデュース)
脚本は、伊藤ちひろ監督ならではのマジックリアリズムを用いた世界観が面白く、重くなりがちな背景をおかしみを交えたユニークな表現で中和させる卓越したものだった。
坂口健太郎演じる主人公の未山くんは、無口で透明感のある風貌とその佇まいだけで惹きつけられる圧倒的な魅力があった。素晴らしいキャストによって作られていく澄んだ空気に相まって、長野の美しい自然に拘って撮られたロケーションに癒される作品になったと思います。コロナ時代を生きる私たちの心に響く映画になることを切に願います。

全ての画像・動画を見る(全6点)


作品情報

サイド バイ サイド

サイド バイ サイド

4月14日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

製作:「サイド バイ サイド」製作委員会
制作プロダクション:ザフール
製作幹事・配給:ハピネットファントム・スタジオ

キャスト&スタッフ

キャスト:
坂口健太郎
齋藤飛鳥  浅香航大 磯村アメリ
市川実日子


監督・脚本・原案:伊藤ちひろ

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 若手からは新たに藤間爽子、ヒコロヒーが出演 6月公開『大名倒産』杉咲花らと共に主演・神木隆之介の脇を固めるキャスト第2弾発表

    2023.01.19 08:00

    2023年6月23日(金)全国公開される映画『大名倒産』にキムラ緑子、梶原善、髙田延彦、藤間爽子、ヒコロヒー、勝村政信、石橋蓮司が出演することが発表された。 数々のヒット作を生み出しているベストセラー作家・浅田次郎の傑作時代小説『大名倒産(文春文庫刊)。2019年に上下巻で単行本が出版された本作が、待望の実写映画化を迎える。監督は『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』『老後の資金がありません!』『そして、バトンは渡された』など、立て続けにヒット作を生み出し続ける前田哲。本作が時代劇初挑戦となる。脚本は、映画『七つの会議』やドラマ『半沢直樹』の丑尾健太郎と、ドラマ『特捜9 season2〜4』<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17348/">…

    #キムラ緑子#ヒコロヒー#勝村政信#大名倒産#梶原善#石橋蓮司#藤間爽子#髙田延彦

  • 14万人を動員した日産スタジアムの熱い光景が蘇る全6形態 乃木坂46『10th YEAR BIRTHDAY LIVE』Blu-ray&DVDの全ジャケット写真が公開

    2023.01.19 12:00

    乃木坂46がデビュー記念日の2月22日(木)に発売するBlu-ray&DVD『10th YEAR BIRTHDAY LIVE』のジャケット写真が完成し、グループのオフィシャルサイトで公開された。 昨年5月14日と15日に日産スタジアムにて行われた同ライブ。1期生として約11年間グループを牽引してきた秋元真夏、齋藤飛鳥を筆頭に、DAY1には生駒里奈と伊藤万理華、DAY2には生田絵梨花、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、松村沙友理といった卒業生も会場に駆けつけ、乃木坂46のオールスター的なメンバーでデビュー10周年を一緒に祝った伝説のライブとしてファンの間でも語り継がれている。 今作は全6形態で販売。<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17396/">…

    #乃木坂46

  • ダンスシーンでは現在と過去の齋藤飛鳥が交錯 齋藤飛鳥、乃木坂46として最後のMV「これから」公開

    2022.12.07 12:00

    乃木坂46が、本日リリースした31stシングル『ここにはないもの』の初回仕様限定盤Type-Aに収録されている齋藤飛鳥ソロ曲「これから」のミュージックビデオを公開した。 『ここにはないもの』は、乃木坂46の1期生最年少としてグループに加入し、年内いっぱいでグループを卒業する齋藤飛鳥が5度目のセンターを担うラストシングル。 本MVは齋藤飛鳥が乃木坂46として出演する最後の作品で11月末と12月頭に撮影が行わた。これまでの歩みと現在の姿、そして“これから”別の場所に向かう姿を映し出す事をコンセプトに制作され、「とにかく楽しい!」と動物園で動物と触れ合う齋藤飛鳥の姿を8mmフィルムで撮影。ダンスシー<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14910/">…

    #乃木坂46#齋藤飛鳥

  • 坂口健太郎と訓練に励む仲睦まじい様子も 岡田准一が技闘デザイン 映画『ヘルドッグス』アクション詰め合わせ映像公開

    2022.09.09 18:00

    9月16日(金)より公開される岡田准一が主演映画『ヘルドッグス』より、岡田が格闘術“ステゴロ”などを披露した過激で強烈なアクションシーン映像が解禁された。 『関ヶ原』『燃えよ剣』に続いて、岡田とダッグを組み原田眞人が監督・脚本を務めるノンストップ・クライム・エンターテイメント映画である本作は、腕っぷし一つでヤクザ組織に潜入しのし上がる元警官・兼高昭吾(かねたか・しょうご)を岡田が演じ、兼高と警察のデータ分析によると相性98%のバディ役・室岡秀喜(むろおか・ひでき)を坂口健太郎が演じる。 劇中、岡田准一演じる兼高や坂口健太郎演じる室岡らが、敵をバッタバッタとなぎ倒す珠玉のアクションシーンが息つく<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8116/">…

    #ヘルドッグス#坂口健太郎#岡田准一

  • 話題作に続々出演、9月には主演映画も 福地桃子の頑固さは“芯の強さ” ──丁寧に日々と向き合う注目女優の等身大の素顔

    2022.08.14 12:00

    目を見張る透明感と、それに相反する存在感と輝きを放ち、数々の作品、CM、雑誌で活躍の幅を広げている女優・福地桃子。現在放送中の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)では坂口健太郎演じる北条泰時の妻「初」を演じ、7月25日より放送がスタートしたなにわ男子・大橋和也が主演を務める日本テレビ系シンドラ『消しゴムをくれた女子を好きになった。』ではヒロイン・伊藤さとみ役に抜擢。さらに9月には主演映画『あの娘は知らない。』の公開も控えている。 そんな彼女をいざ目の前にすると、オファーが絶えないことを一瞬で納得してしまうほど吸い込まれそうな魅力に圧倒されるが、話すとそれに負けないくらい等身大の魅力も併せ持っ<a href="https://bezzy.jp/2022/08/5453/">…

    #あの娘は知らない#インタビュー#福地桃子

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube