Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

話題作に続々出演、9月には主演映画も

福地桃子の頑固さは“芯の強さ” ――丁寧に日々と向き合う注目女優の等身大の素顔

2022.08.14 12:00

2022.08.14 12:00

全ての画像・動画を見る(全9点)

目を見張る透明感と、それに相反する存在感と輝きを放ち、数々の作品、CM、雑誌で活躍の幅を広げている女優・福地桃子。現在放送中の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)では坂口健太郎演じる北条泰時の妻「初」を演じ、7月25日より放送がスタートしたなにわ男子・大橋和也が主演を務める日本テレビ系シンドラ『消しゴムをくれた女子を好きになった。』ではヒロイン・伊藤さとみ役に抜擢。さらに9月には主演映画『あの娘は知らない。』の公開も控えている。

そんな彼女をいざ目の前にすると、オファーが絶えないことを一瞬で納得してしまうほど吸い込まれそうな魅力に圧倒されるが、話すとそれに負けないくらい等身大の魅力も併せ持っていることに気付く。今回のインタビューでは、いま最も目が離せない女優の一人となった現在の状況を彼女自身がどう見ているか、これまでの女優人生を振り返りながら素顔の魅力に迫った。

福地桃子

──映画にドラマにお忙しい日々を過ごされていると思いますが、そんな現状をご自身ではどう捉えていますか?

現場に行くたびに違いを感じたり、いろんなスタッフさんやキャストの方とお会いしたり。出会いの連続だなと思っています。

──ドラマと映画の違いはどんなところに感じましたか?

カメラの台数や、撮り方も、“今、何を見せたいのか”でも全然変わるのだとか。同じ映像作品でも、違いはすごく感じます。映画やドラマの現場ではその都度コミュニケーションを取りながら一つの作品を完成させる。どちらにも違う要素がありますが、まだ発見もたくさんあるんだと思い、楽しみながらお芝居をさせていただいています。

──大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に初登場されましたが、出演が決まったときのお気持ちは?

大河ドラマへの参加が初めてということもあり、不安はもちろんありました。ですが、『鎌倉殿の13人』を楽しませてもらっていた1人として、こんなに光栄なことはないなという気持ちで。あとは、演じられている皆さんのエネルギーを画面から感じていたので、そこに対する興味もありました。

──不安もありつつ、好奇心や楽しみも大きかったと。

声をかけていただけるとは思っていなかったので、驚きました。映像として観てきたものに、生の空間で触れることができる機会はなかなかないと思ったので、いただいた役を丁寧に演じようと思いました。

──たしかに視聴者として観ていた世界に入っていくというのは、珍しいことですよね。

出来上がっているチームの中に入っていくことも初めてだったので、「どんな空気なんだろう」と思っていたけれど、撮影初日から本当に温かく迎えてくださって。クランクインするまでは、正直、想像がつかず殺伐としている可能性もあるのではないかなと思っていたんです(笑)。こんなに穏やかだとは思わなかったので、その空気に初日から救われました。

──たとえば『消しゴムをくれた女子を好きになった。』のように同年代の方が多い現場もある中で、大河ドラマは年上の方が多い現場ですよね。

自分自身の居方はそこまで変わらないんですけど、やっぱり手を差し伸べてもらうことがたくさんあります。声をかけてくださるたびに、「こんな大人になりたいな」と思うような方がいっぱいいます。

──素敵な役者の方がたくさんいらっしゃいますもんね。

モニターを見ているのもとても楽しいです。メイクをしてもらいながら、前のシーンが撮影されているのが流れているの見て、「台本で読んでたところだ」って。台本を読んでいるときに想像をしていたものとはもちろん違うので、そこもまた楽しいです。

次のページ

演じる役との距離感は?

作品情報

あの娘は知らない

映画『あの娘は知らない』ポスター(C)LesPros entertainment

映画『あの娘は知らない』ポスター(C)LesPros entertainment

あの娘は知らない

2022年9月23日公開/76分

若くして、海辺の町にある旅館・中島荘の主を務めている中島奈々(福地桃子)。この中島荘が休業中の9月上旬、ひとりの⻘年・藤井俊太郎(岡山天音)が「どうしても泊めてほしい」と訪ねてくる。
彼は一年前に愛する人を失い、その恋人が亡くなる直前に、この旅館に宿泊していたというのだ。俊太郎は死んだ恋人の足跡をたどるため、昼も夜も町に海にと彷徨い、歩き回る。そんな俊太郎の姿を目にしていた奈々は、この土地の案内役を買って出て、いつしか彼と行動をともにするように。この土地のことは、彼女が一番よく知っているのだ。それに彼女もまた、大切な人を失った痛みを抱えながら生きる存在でもある。こうして奈々と俊太郎は同じ時を過ごし、互いの秘密を共有し、影響を与え合うことで、それぞれの止まっていた時間はやがて動き出していく......。

作品公式Twitter

キャスト&スタッフ

キャスト:福地桃子 岡山天音
野崎智子 吉田大駕 赤瀬一紀 丸林孝太郎 上野凱久保田磨希 諏訪太朗/安藤玉恵

脚本・監督:井樫彩
撮影:富田伸二(J.S.C.) 照明:太田博 録音・音響効果:光地拓郎 音楽:鷹尾まさき
編集:小林美優 美術:内田紫織 スタイリスト:藤山晃子 ヘアメイク:藤原玲子
スチール:水津惣一郎 助監督:水波圭太 制作担当:金子堅太郎
エグゼクティブプロデューサー:本間憲
プロデューサー:菊地陽介、木滝和幸、小峰克彦、⻄田敬
制作プロダクション:マグネタイズ
製作:レプロエンタテインメント、東放学園映画専門学校
配給:アーク・フィルムズ

1997年生まれ。東京都出身。2019年、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に夕見子役で出演して話題に。

テレビドラマ『#リモラブ~普通の恋は邪道~』、『女子高生の無駄づかい』、映画「あの日のオルガン」(平松恵美子監督)など、幅広く出演。

2022年はNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』、日本テレビシンドラ『消しゴムをくれた女子を好きになった』、映画『サバカン』(金沢知樹監督)などに出演し、今後も複数の映像作品への出演を予定している。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube