Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

様々な喪失と再生を描く3作品の場面写真&予告編も解禁

秦 基博の新曲から誕生した映画『イカロス 片羽の街』 葵わかな、菅生新樹らキャスト発表

2023.01.18 18:00

©2023「イカロス 片羽の街」フィルムパートナーズ

2023.01.18 18:00

全ての画像・動画を見る(全6点)

2月11日(土)よりU-NEXTにて独占配信される映画 『イカロス 片羽の街』から予告編と場面写真、そしてキャスト情報が公開された。

本作は、2月1日(水)に配信リリースされる秦 基博の新曲「イカロス」にインスピレーションを受けて制作された3つの物語を1つに束ねた作品。秦 基博の出身地でもある横浜を舞台に、様々な形の喪失と再生を描く。

それぞれの物語の監督3名が脚本も務め、児山隆は『トイレのハナコ』、枝 優花は『豚知気人生』、中川龍太郎は『十年と永遠』を手掛けた。主演はそれぞれ、『トイレのハナコ』では小川未祐と菊地姫奈、『豚知気人生』では菅生新樹、『十年と永遠』では葵わかなが務める。

また、本作の上映開始と同日の2月11日(土)18時より、秦 基博の撮りおろし最新LIVE映像が『秦 基博×UNEXT FILM「イカロス 片羽の街」&PREMIUM LIVE「ICARUS」』としてU-NEXTにて独占ライブ配信される。配信チケットは本日1月18日(水)18時より販売がスタート。2つの作品は映画と音楽ライブが融合した新たな試みとなっており、映画の中にはライブへと繋がる仕掛けが散りばめられている。

なお、楽曲「イカロス」は今夜24時から放送される秦がパーソナリティを務めるJ-WAVE「SPARK」にて初オンエアされる。

<秦 基博 x 3人の映画監督>映画『イカロス 片羽の街』U-NEXTで独占ライブ配信!

全ての画像・動画を見る(全6点)

作品情報

イカロス 片羽の街

©2023「イカロス 片羽の街」フィルムパートナーズ

©2023「イカロス 片羽の街」フィルムパートナーズ

イカロス 片羽の街

2023年2月11日(土)よりU-NEXTにてライブ配信
→好評につき2023年2月24日(金)よりU-NEXTにて独占配信

価格:1,200円(税込)/視聴期限:3⽇
制作:レプロエンタテインメント、ブリッジヘッド

視聴ページはこちら

スタッフ&キャスト

『トイレのハナコ』監督:児山 隆
出演者:小川 未祐、菊地 姫奈、細川 洋平、村上 寿子、片山 友希

『豚知気人生』監督:枝 優花
出演者:菅生 新樹、渋川 清彦、安藤 玉恵、酒井 大成、伊奈 聖嵐、本多 力、池谷 のぶえ

『十年と永遠』監督:中川 龍太郎
出演者:葵 わかな、和田 庵、神山 慎太郎、佐野 大、大杉 侑暉、須藤 蓮

秦 基博 × U-NEXT FILM「イカロス 片羽の街」&PREMIUM LIVE「ICARUS」

©2023「イカロス 片羽の街」フィルムパートナーズ

©2023「イカロス 片羽の街」フィルムパートナーズ

秦 基博 × U-NEXT FILM「イカロス 片羽の街」&PREMIUM LIVE「ICARUS」

2023年2月11日(土)よりU-NEXTにて独占配信
→好評につき2023年2月24日(金)よりU-NEXTにて独占配信

価格:1,200円(税込)/視聴期限:3⽇

視聴はこちら

キャスト&スタッフ

『トイレのハナコ』
監督 児山 隆
出演:小川 未祐 菊地 姫奈 細川 洋平 村上 寿子 片山 友希

ストーリー:
県内でも有数の進学校である女子高に通っている主人公の季美は、学校での成績、家庭内の不和など、ありきたりだが重大な思春期の悩みに押しつぶされそうになっていた。
そんな日常から逃げ出すようにたどり着いた横浜の街で家出少女ハナコと出会う―。
偶然出会った二人の刹那的な青春の物語。

『豚知気人生』
監督 枝 優花
出演:菅生 新樹 渋川 清彦 安藤 玉恵 酒井 大成 伊奈 聖嵐 本多 力 池谷 のぶえ

ストーリー:
自由奔放、常に家族を振りまわした挙句、突然死んだ父。
そんな父を忘れられず霊媒師に頼り、躁鬱を繰り返す母。
家族をぶっ壊した父を恨みながら、学校をサボり続ける息子・ツキ。
ツキの唯一の友達は河原のホームレスだった。
そんなある日、ホームレスからプレゼントされた豚のぬいぐるみに、父が転生してきて...

『十年と永遠』
監督 中川 龍太郎
出演:葵 わかな 和田 庵 神山 慎太郎 佐野 大 大杉 侑暉 須藤 蓮

ストーリー:
数学教師の純葉に淡い恋心を寄せる生徒 中里。
解答用紙の裏に詩を綴ったり詩集を渡すなどして、想いを伝える。
しかし純葉の心には十年前に亡くなった恋人の存在があった。
中里の存在によって純葉の心は動き出すのか…?

制作:レプロエンタテインメント、ブリッジヘッド

秦 基博 デジタルシングル『イカロス』

『イカロス』ジャケット

『イカロス』ジャケット

秦 基博 デジタルシングル『イカロス』

2023年2月1日(水)配信リリース

配信はこちら

宮崎県生まれ、横浜育ち。2006年11月シングル「シンクロ」でデビュー。“鋼と硝子で出来た声”と称される歌声と叙情性豊かなソングライティングで注目を集める一方、多彩なライブ活動を展開。
2014年、 映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌「ひまわりの約束」が大ヒット、その後も数々の映画、CM、TV番組のテーマ曲を担当。デビュー10周年には横浜スタジアムでワンマンライブを開催。
初のオールタイム・ベストアルバム「All Time Best ハタモトヒロ」は自身初のアルバムウィークリーチャート1位を獲得、以降もロングセールスが続いている。♬ SoftBank music project テレビCM「卒業」篇CMソング『仰げば青空』や、映画『ステップ』主題歌「在る」を収録した4年ぶりとなる最新アルバム「コペルニクス」を2019年12月にリリース。
2020年11⽉よりスタートしたNHK連続テレビ⼩説『おちょやん』の主題歌に新曲「泣き笑いのエピソード」が起用された。
2021年11月には「Hata Motohiro 15th Anniversary LIVE」を横浜アリーナ、大阪城ホールで開催。12月には日本武道館で「HATA MOTOHIRO 15th Anniversary LIVE “Philharmonic Night”」の開催がされた。
2022年4月13日には、UNITED ARROWS green label relaxingコーディネーション・ソングに起用された、約1年ぶりの新曲「Trick me」もリリース。7月6日にリリースされた『映画ざんねんないきもの事典』主題歌「サイダー」に続いて、7月28日にはテレビ朝日系木曜ドラマ『六本木クラス』挿入歌「残影」をリリース。3月22日には約3年ぶりとなる7thアルバム『Paint Like a Child』を発売した。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 児山隆、枝優花、中川龍太郎がオリジナル脚本で映像化 秦 基博が新曲「イカロス」発表、インスピレーションを受けた監督による映画がU-NEXTで配信

    2022.12.21 04:00

    秦 基博が、ドラマ『六本木クラス』挿入歌に起用された楽曲「残影」以来約半年ぶりの新曲「イカロス」を2023年2月1日(水)に配信リリースすることを発表した。 ギリシャ神話に登場するイカロスをタイトルに掲げた今作のテーマは”喪失”。秦自身が「この時代を生きる中で湧き上がるように生まれてきた」と語る楽曲になっている。 また、同曲にインスピレーションを受けた3本の映画が制作され、その作品群を束ねた映画『イカロス 片羽の街』が完成。それぞれの作品の監督をつとめたのは、児山隆(代表作『猿楽町で会いましょう』)、枝 優花(代表作『少女邂逅』)、中川龍太郎(代表作『やがて海へと届く』)の3人。監督陣自ら脚本<a href="https://bezzy.jp/2022/12/15536/">…

    #イカロス 片羽の街#中川龍太郎#児山隆#枝 優花#秦 基博

  • 白い壁にタイトルが印字されたティザージャケットを公開 秦 基博、3年ぶりオリジナルアルバム『Paint Like a Child』3月22日に発売

    2023.01.12 18:00

    秦 基博が、前作『コペルニクス』以来3年3ヵ月ぶりとなる7thオリジナルアルバム『Paint Like a Child』を3月22日(水)にリリースすることを発表した。 タイトルの「Paint Like a Child」とは晩年のピカソが残した言葉で、「ようやく子供のような絵が描けるようになった」という意味。秦 基博がこれまでのキャリアを経てなお、子どもの落書きのようにはみ出していく自由さや遊び心を持って制作したアルバムとなっているとのこと。 今作には、NHK連続テレビ⼩説『おちょやん』主題歌の「泣き笑いのエピソード」やテレビ朝日系木曜ドラマ『六本木クラス』挿入歌「残影」をはじめ、2月1日(水<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16860/">…

    #秦 基博

  • 本人撮影の富士山使用したグッズ付き限定盤も 秦 基博の山中湖ライブ『GREEN MIND 2022』映像作品が12月リリース

    2022.09.22 18:00

    秦 基博が2022年5月4日に山中湖畔で開催した野外コンサートを収録した映像作品『GREEN MIND 2022』を12月7日(水)にリリースする。 2008年より5月4日のみどりの日に合わせて不定期で開催している秦 基博のアコースティック・ライブシリーズ「GREEN MIND」。今年5月4日に山中湖畔で久々に野外開催され、天候にも恵まれ快晴のもと雄大な富士山をバックに最高のロケーションでアコースティックなステージを繰り広げた。日が傾き出してからのライティングの演出も素晴らしく、美しい自然と心地良い演奏を最大限楽しめる映像作品となっている。 なお、ファンクラブ限定盤は本人とライブ出演したバンド<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9118/">…

    #秦 基博

  • 主人公・新の激動の人生を表現 秦 基博、『六本木クラス』挿入歌「残影」をドラマ内で解禁 本日緊急リリース

    2022.07.28 21:54

    韓国ドラマ『梨泰院クラス』を、日韓共同プロジェクトのもと竹内涼真主演でテレビ朝日がリメイクし、東京・六本木を舞台に日本初のドラマ化に挑む『六本木クラス』。 毎回放送時に前情報なしに解禁される挿入歌もドラマとともに大きな話題を呼んでいたが、本日28日放送の第4話で、秦 基博による書き下ろしの新曲「残影」が初公開された。 竹内涼真演じる主人公・宮部新の激動の人生を表現した本楽曲は、店のリニューアルオープンに向けて徹夜で働きづめの新を心配する葵(平手友梨奈)に、「夜は眠れないんだよね」と新が語るシーンでイントロが流れ、その後に続く、新が亡き父を思い出しながらひとり乾杯、そして夜明けに走り出すというシ<a href="https://bezzy.jp/2022/07/4731/">…

    #六本木クラス#梨泰院クラス#秦 基博

  • 映画内のどうぶつたちが登場 秦 基博が新曲の『映画ざんねんないきもの事典』Ver.MV公開、代表曲で構成されたプレイリストも

    2022.07.13 18:00

    秦 基博が、新曲「サイダー」の『映画ざんねんないきもの事典』バージョンのMVを公開した。 本楽曲は、現在全国劇場公開中の『映画ざんねんないきもの事典』の主題歌として書き下ろされたもの。今回公開されたMVは、映画で展開されるオリジナル・ストーリー「オーストラリア編」「南極編」「日本編」それぞれのハイライト・シーンを詰め込んだ内容で、様々などうぶつたちが登場する躍動感ある映像に仕上がった。 さらに、本作のファンクラブ限定CDパッケージの発売も7月14日(木)で受注が締め切られる。映画の中の「南極編」で登場するペンギンをモチーフにウチヤマユウジ監督がデザインしたオリジナル・キャラクター「はたペンギン<a href="https://bezzy.jp/2022/07/3355/">…

    #映画ざんねんないきもの事典#秦基博

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube