Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

35歳の誕生日に2022年を振り返る

スクリレックスが音楽活動を休止していた理由を明かす 「人生の目的を失っていた」

2023.01.17 17:45

By Marilyn Hue

2023.01.17 17:45

全ての画像・動画を見る(全2点)

今月に新曲「Rumble」と「Way Back」を公開した世界的人気DJ/プロデューサーのスクリレックスが、しばらく音楽活動から遠ざかっていた理由を明かした。

1月15日に35歳の誕生日を迎えたスクリレックスは、Twitterにて2022年を以下のように振り返っている。

「2022年は人生で最も大変な年だった。多くの人にとってもそうだったかもしれない。前に進むドライブがない状態で、人生の目的を失っていた。母親がLollapaloozaツアーの2日目に亡くなり、それを乗り越えられないでいた。痛みを飲み込み、進み続けた。みんな私が消えた理由を聞くけど、私にとって2022年は転機で、自分のプロジェクトやキャリアを止めないといけなかった。
本当のことを言うと、SunsetとMovementフェスティバルの出演をキャンセルしたのは、アルバム制作が理由ではなく、自分をケアしないといけなかったからだ。ここ4年、5年間で初めて新しく心の平穏を見つけた。ここまで来るのにたくさんの努力と犠牲があった。これが私の誕生日ツイートだ。35歳になって、世の中には全く気にせずに無視していいことがあるって気がついて、それによってより自由でいられる」

また、彼はファンに感謝を示しつつ、「このようにショーをキャンセルするようなシチュエーションにならないように自分をケアする」と述べた。今年に入り「Rumble」と「Way Back」をリリースしたスクリレックスは、ダブルアルバムをリリースすることも示唆している。

全ての画像・動画を見る(全2点)


スクリレックス

アーティスト情報

スクリレックス(英: Skrillex、1988年1月15日 - )は、アメリカ合衆国の音楽プロデューサー、作曲家、編曲家、トラックメイカー兼DJ。カリフォルニア州ロサンゼルス出身。本名はソニー・ジョン・ムーア。

2004年から2007年のソロキャリアをスタートさせるまでは、アメリカ合衆国のポスト・ハードコアバンドであるフロム・ファースト・トゥ・ラストのリードボーカルとして2つのスタジオ・アルバムを制作している。2007年のソロ活動開始から2010年以降、売り上げと知名度を着実に上げていき、2010年代のブロステップムーブメントの象徴的存在となった。

2009年にソロ活動初のEPである『Gypsyhook』を発売した後、ソニー・ムーアとEP製作者ノア・シャーインとの間で自身のデビューアルバムである『Bells』リリースすることが予定されていたが、ムーア自らがこのアルバムのリリースを中止。その後、自身の公式なMyspaceのページ上で初のミニアルバムである『My Name Is Skrillex EP』を発表し、ここから正式なスクリレックスとしての活動がスタートした。2010年にはスクリレックス名義のEPである『Scary Monsters and Nice Sprites』を発表、2011年には、『 More Monsters and Sprites』を発表した。同年11月3日、スクリレックスは新人賞を含めて第54回グラミー賞で5つの部門にノミネートされ、3つの部門でグラミー賞を受賞した。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube