Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

「サンプル・ブレイン」の構想に20年費やす

エイフェックス・ツインがサンプル音源を別の音色で差し替えることができるアプリを公開

2022.09.26 20:30

Aphex Twin「Richard D. James Album」

2022.09.26 20:30

全ての画像・動画を見る(全1点)

90年代の音楽に大きなインパクトを残したテクノ界の大御所、エイフェックス・ツインが「サンプル・ブレイン」というソフトウェアを公開した。

「サンプル・ブレイン」はサンプルをマッシュアップするアプリであり、指定したサウンドを別の音で差し替えられるようになるソフトである。サンプル音源をチョップし、類似性のある他のサンプルで再生できるようにネットワーク上で接続されるようだ。サンプル・ブレインが公開されているページでは、「ターゲットのサンプルを同じようにブロックにチョップし、各ブロックが元のサンプルにリアルタイムでマッチするようにプレイできる」と説明されている。

エイフェックス・ツインとDave Griffithsが共同開発したこちらのソフトは、構想に20年近く費やしたようで、エイフェックス・ツインは以下のようにコメントしている。

「このアイディアはかなり昔に思い浮かんだ。2002年ぐらいだったと思うけど、mp3が出てきて、ハードドライブに始めて大量のmp3を入れたときだった。素晴らしいShazamがローンチしたばかりだった。“こんなに色んな音源があって、単に再生したりDJをするだけ以外で使えないだろうか” と考えた。当時Shazamの創業者たちにこのアイディアを話したんだけど、彼らは自動でDJをするプログラムを作るのに忙しかった。今でもShazamは他の素晴らしいものに応用できると思っているが、その間に“サンプル・ブレイン”ができた」

また、彼は「もしアカペラや泥の音で303のリフをつくれたら?おかしなメロディを歌って、クラシカルの音楽ファイルから再構築できたら?それがサンプル・ブレインでは実現できる」と、ソフトのポテンシャルについて語った。サンプル・ブレインはこちらから使用することができる。

全ての画像・動画を見る(全1点)


エイフェックス・ツイン

アーティスト情報

エイフェックス・ツイン (Aphex Twin)、本名リチャード・D・ジェームス(Richard David James、1971年8月18日 - )はイギリスのミュージシャン、音楽家、作曲家、DJである。その作曲ジャンルは多岐にわたり、テクノ、アンビエント、エレクトロニカ、ドラムンベース、アシッド・ハウスと多彩である。同時に複数のアーティスト名義を使うことでも知られる。
アイルランドのリムリックで生まれ、イギリスのコーンウォールで育つ。
イギリスでテクノシーンが隆盛していた時期、地元でDJをしていた。この頃からAphex Twinの名義を用いだす。1991年に自身のレーベルであるリフレックス・レコーズ(Rephlex Records)を設立。同時に他のレコード会社へもデモテープを送り、1991年にはTVTレコーズからAFX名義で、後にシリーズ化するシングル盤の「Analogue Bubblebath」をリリースした。1992年にはR&SレコーズからAphex Twin名義で、1993年にはワープ・レコーズからPolygon Window名義でそれぞれアルバムをリリースした。
1994年にAphex Twin名義でのリリースがR&Sからワープに移る。Aphex Twin名義の初期はアンビエントをリリースする名義であったが、1996年のアルバムではドラムンベース(ドリルンベース)、2001年にリリースしたアルバムではプリペアド・ピアノを取り入れたりと実験的な曲もリリースする名義になっている。2004年からリリースしたシングル「Analord」シリーズでは、アシッド・ハウス寄りの曲をリリースしている。
2014年、Aphex Twin名義の作品としては13年ぶりとなるアルバム「Syro」をリリース。同作は2015年のグラミー賞においてBest Dance/Electronic Album部門を受賞した。
FACT Magazineは1992年のアルバム『Selected Ambient Works 85-92』を90年代ベストアルバム・リストの1位とし、NME[要曖昧さ回避]はオールタイムベストアルバムの92位に選出。96年の『Richard D. James Album』は55位に、ピッチフォーク・メディアは90年代のベストアルバム40位に選んでいる。またシングル「Windowlicker」はNME[要曖昧さ回避]の1999年ベストトラック・リストの1位に、ピッチフォーク・メディアの90年代ベストトラック・リストの12位に選出されている。
人材を発掘する手腕にも優れており、リフレックス・レコーズから独特の才能を持つアーティストを次々とデビューさせた。とりわけ有名なのは私的な友人でもあったルーク・ヴァイバート、共作のアルバムを発表したμ-Ziq、そして自らがライナーノーツを手がけたスクエアプッシャーのいわゆるコーンウォール一派である。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%84%E3%82%A4%E3%83%B3

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 先行配信曲「Under My Skin」MVも公開 DYGLが1年半ぶり日本ツアー&SXSW出演含むUSツアー開催を発表

    2022.11.24 17:40

    DYGLが、12月9日(金)にリリースする新作アルバム『Thirst』を引っ提げ日本とアメリカでツアーを開催することが決定した。 本アルバムはレコーディングからミックスまで自分達の手で制作された完全セルフプロデュース作品で、音楽を始めた頃の根源的なギターロックの楽しさを捉え直し、素直に自分たちが「今本当に聴きたい」音楽を形にしたアルバム。2023年1月20日の東京公演を皮切りに約1年半ぶりとなる日本ツアーを12公演開催する。チケットの先行予約は12月2日まで行われている。 それに伴い3月にはアメリカでのツアーを開催。アメリカではSXSWや「Treefort Music Fest」への出演のほか<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14028/">…

    #DYGL

  • Curly Giraffeらとの演奏シーンを中心とした映像作品 藤原さくら「まばたき」MV公開、映画監督・松本花奈がディレクション

    2022.11.09 12:00

    藤原さくらが、本日11月9日に約2年ぶりにフィジカルリリースしたシングルEP『まばたき』より表題曲「まばたき」のミュージックビデオを公開した。 シンガーソングライターとしてはもちろん、現在オンエア中のTVドラマ『束の間一花』にヒロイン役として出演するなど、多彩な活動を行なっている藤原さくら。 同曲は、ABEMA『恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK』の主題歌。MVは、レコーディングに参加したプロデューサーのCurly Giraffe(高桑圭 / Ba)、山本達久(Dr)、名越由紀夫(Gt)と藤原さくらによるゆったりとした演奏シーンを中心とした美しい映像が印象的な作品となっており、ディ<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12760/">…

    #藤原さくら

  • 来年2月に恵比寿ガーデンホールでワンマン開催 米オルタナ・3ピースロックバンド“ワロウズ“の初来日公演が決定

    2022.11.08 13:30

    米LAを拠点に活動する3ピースロックバンド“ワロウズ”が、初の来日公演となるワンマンライブ「WALLOWS TELL ME THAT IT’S OVER ASIA TOUR 2023 TOKYO」を2023年2月24日(金)に東京・恵比寿ザ・ガーデンホールで開催することを発表した。 ワロウズは、ディラン・ミネット、ブレーデン・レマスターズ、コール・プレストンからなる米オルタナティブ・ロックバンド。2017年4月に1stシングル『Pleaser』がSpotify Global Viral50チャートで2位を獲得、2018年にはAtlantic Recordsと契約し、グラミー賞を受賞<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12681/">…

    #WALLOWS#ワロウズ

  • TAKU INOUEと元・相対性理論の西浦謙助も参加 anoと元・相対性理論の真部脩一が共作、『チェンソーマン』第7話ED曲「ちゅ、多様性。」配信

    2022.11.23 00:30

    タレント、女優、モデルとマルチに活動をしながら2020年9月よりソロ音楽活動を開始させたanoが、新曲「ちゅ、多様性。」を本日配信スタートさせた。 今作はテレビ東京系6局ネットにて放送中のTVアニメ『チェンソーマン』エンディング・テーマの1曲で、第7話の放送内でanoが担当していることが解禁となった。 本楽曲は元・相対性理論の真部脩一とanoによる共作で、アニメ第7話を踏襲したポップでキュートな側面、カオスかつダークな側面、相反する性質を持ち合わせており、2人による言葉遊びやオマージュなどが楽曲に散りばめられている。編曲はTAKU INOUE、ドラムは元・相対性理論の西浦謙助が担当していること<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13824/">…

    #ano#TAKU INOUE#チェンソーマン#真部脩一#西浦謙助

  • リリース日よりcaféを巡る弾き語りツアーがスタート 竹内アンナがエレキギターを弾く、3ヵ月連続配信第3弾「サヨナラ」来週配信

    2022.11.17 21:00

    シンガーソングライター・竹内アンナが、3ヵ月連続リリースの第3弾楽曲「サヨナラ」を11月23日(水)に配信することを発表した。 9月から3ヵ月連続配信リリースをスタートした竹内アンナ。今作は、第1弾楽曲「あいたいわ」、第2弾楽曲「made my day feat. Takuya Kuroda / Marcus D」に続く第3弾楽曲となっている。 昨日竹内アンナのSNSにタイトルや配信日が明かされないまま彼女のギターソロ動画がアップされ、動画を見たフォロワーから「エレキのソロかっこいい!」「まさか、新曲? 超楽しみ!」「新曲の一部では無いか?」と多くの反響が寄せられていた。実際、最終楽曲となる今<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13519/">…

    #竹内アンナ

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube