Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

子供たちに「手を挙げるだけで稼げる」と言われ傷つく

デヴィッド・ゲッタ、DJが「簡単な仕事」だと思われていることに物申す

2022.12.02 18:15

By MTV International

2022.12.02 18:15

全ての画像・動画を見る(全1点)

“人類史上最強DJ“と呼ばれるフランス出身の人気DJ、デヴィッド・ゲッタ。17歳にDJキャリアをスタートして以来、数々のクラブやフェスでミックスをしてきた彼であるが、DJが「簡単な仕事」だと思われていることに不満を感じているようだ。

Daily Star誌に出演したデヴィッド・ゲッタは、自分の子供たちもDJという職業の難しさをわかっていないと明かす。

「私の子供たちは、何かを買ってほしいときに冗談で、“お父さんいいじゃん、買ってよ。5分間手を挙げてれば、これ買えるぐらいのお金もらえるじゃん”って言うんだ。そういう傷つくようなことを言うんだ。私がお金を稼ぐためにやってることを知らずに。
人々は、“こいつは単に手を挙げて、人々に曲を歌わせるだけだ”って言うけど、1曲をリリースするために100曲作ってるってことを知らないんだ。ハードドライブにクソみたいな曲がたくさんあるからね!」

「観客の前で手を挙げているだけでお金を稼げる」と思われることが不服だと語ったデヴィッド・ゲッタ。また、彼は自身のキャリアが長続きをしていることについて、以下のように語っている。

「キャリアを長続きさせる秘訣は、エゴを持たないことだ。エゴは多くのキャリアを殺してきた。私は若い世代のアーティストを見つけたとき、全員認めて擁するんだ。TikTokとかで16歳とか18歳とかのプロデューサーたちもフォローして、メッセージしたりもする」

全ての画像・動画を見る(全1点)


デヴィッド・ゲッタ

アーティスト情報

17歳からDJとしてのキャリアをスタートし、02年にソロ名義としてデビュー。
若くからハウス・ミュージックを世界へと広げる活動に没頭しており、地元のパリはもちろん、イビサまでをも制覇し、イビサ一の大ハコ「PACHA」で行われるレジデント・パーティー「F*** ME I'M FAMOUS」はあまりにも有名。現在までに5枚のアルバムをリリースしており、09年にリリースした『ONE LOVE』でインターナショナルな成功を収めた。『ONE LOVE』の合計セールスは350万枚を超え、1200万以上のダウンロードを記録。エイコンをフィーチャした「セクシー・ビッチ」は全米・全英でNo.1を獲得、ケリー・ローランドを迎えた「ラヴ・テイクス・オーバー」はヨーロッパで11週連続1位に。米ビルボード・クラブ・チャート1位に4曲を送り込み、全英シングル・チャートでも同じく4曲が1位を獲得。

その後もブラック・アイド・ピーズの「アイ・ガッタ・フィーリング」大ヒットの立役者となったり、フロー・ライダーの全英1位シングル「クラブ・キャント・ハンドル・ミー」など多数のヒットを飛ばす。

マドンナの「リヴォルバー」のリミックスで2年連続グラミー賞を受賞するなど、今や世界で最も需要のあるプロデューサーとしても活躍。2011年に発表したアルバム『ナッシング・バット・ザ・ビート』からは「ホエア・ゼム・ガールズ・アット(feat.ニッキー・ミナージュ&フロー・ライダー)」(全米14位)、「ウィズアウト・ユー(feat.アッシャー)」(全米4位)、「タイタニウム(feat.シーア)」(全米3位)、「ターン・ミー・オン(feat.ニッキー・ミナージュ)」(全米4位)など大ヒットを連発。アルバムも全米チャートで最高5位を記録する自身最大のヒットとなった。

2013年末には国際連合(United Nations)が推進する世界的なチャリティ・キャンペーン=“The World Needs More” のサポート・ソングとして「One Voice(feat. Mikky Ekko)」を提供し、2014年に入ると海抜マイナス424メートルの地で一夜限りのパーティーを行いその模様を『A Party 424 Meters Under the Sea』として公開するなど、常に話題を振りまく彼は、経済誌「Forbes」で推定年収が3千万ドル(30億円)と報道されるなど “人類史上最強のDJ” としてダンス・ミュージック界に君臨するトップアーティストである。

(引用)https://wmg.jp/davidguetta/profile/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 初アルバム『NEW BORN GHOST』取扱店が15店舗に拡大 Tele、心に寄り添うミディアムナンバー「鯨の子」2月15日配信リリース

    2023.02.06 20:00

    谷口喜多朗によるソロプロジェクトTeleが、2月15日に新曲「鯨の子」をリリースする。 昨年6月1日にリリースした初アルバム『NEW BORN GHOST』が各所で反響を呼び、ニューミュージックシーンより高い注目度を集めているTele。今年1月にはSpotifyが毎年新進気鋭・国内アーティストをピックアップする名物セレクション「RADAR:Early Noise 2023」に選出された。また、2月に東阪にて行うワンマンライブ「nai ma ze」は即日ソールドアウトさせている。 今作はTeleらしい言葉の数々を優しく語りかけるような歌声がそっと心に寄り添ってくれるミディアムナンバー。音源は来週<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18702/">…

    #Tele

  • ヒップホップで社会を生き抜く! Run-DMCとエアロスミスの「Walk This Way」 最も偉大なコラボ曲が実現した経緯

    第12回 2023.01.29 17:30

    1980年代前半より始動した3人組で、MCのRUNとDMC、2002年に亡くなったDJのJam Master Jayから成る伝説のグループRun-DMCが、今年4月に最後のコンサートを開催することが先日発表された。ファイナルコンサートはニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催される模様で、現在制作中のRun-DMCのドキュメンタリーフィルム用に撮影もされるという。 そんな彼らの代表曲を考えたとき、1986年にリリースしたエアロスミスとのコラボ曲「Walk This Way」を思い浮かべる人も多いだろう。エアロスミスが1975年にリリースした原曲をRun-DMCがカバーをし、レコーディ<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17575/">…

    #Aerosmith#Run-DMC#エアロスミス#ヒップホップで社会を生き抜く!#ラン-DMC

  • チケット代は2,600円 ELLEGARDEN、全国のライブハウス巡るワンマンツアー開催

    2023.01.11 18:00

    ELLEGARDENが、昨年12月21日(水)にリリースしたフルアルバム『The End of Yesterday』を引っ提げて全国のライブハウスを巡るワンマンツアー「The End of Yesterday Tour 2023」の開催を発表した。 2006年にリリースされた5thアルバム『ELEVEN FIRE CRACKERS』以来、16年ぶりのリリースとなったアルバム『The End of Yesterday』。9月9日に先行配信された新曲「Mountain Top」、10月31日に配信された「Strawberry Margarita」を含む全11曲が収録されている。 ツアーは3月5日(<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16768/">…

    #ELLEGARDEN

  • 前作の廃工場から今回は宇宙空間へ XGが星空の下で輝く魅力を放つ、「SHOOTING STAR」パフォーマンスビデオ公開

    2023.02.07 18:50

    7人組HIPHOP/R&BガールズグループXGが、「SHOOTING STAR」のパフォーマンスビデオを公開した。 廃工場を舞台に撮影された前作「MASCARA」に対し、今回の「SHOOTING STAR」は煌々と輝く照明に星空を思わせる天井とまるで宇宙空間にいるかのような舞台で撮影。前作以上にメンバーのパフォーマンスを魅力的に感じることができる。 なお「SHOOTING STAR」のMVは公開から約2週間で1,200万回再生を突破。YouTube急上昇チャートではイギリス、カナダ、日本で1位、アメリカで3位を含む25の国と地域でランクイン。さらにワールドワイドを対象としたMVトレンド<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18763/">…

    #XG

  • 撮影監督の川上智之が人間の自然な姿を映し出す 北村匠海が中川⼤志からの電話で呆然となる 『スクロール』本編映像公開

    2023.01.26 19:00

    2⽉3⽇(⾦)より全国公開される映画『スクロール』から、北村匠海と中川⼤志を映した本編映像が公開された。 原作は、YOASOBIの⼤ヒット曲「ハルジオン」の原作者としても知られる橋⽖駿輝が2017年に発表した同名小説。理想と現実のギャップに溺れながらも、社会、そして⾃分と必死に向き合う若者たちの姿を描く。 学⽣時代に友だちだった“僕”とユウスケのもとに、友⼈の森が⾃殺したという報せが届く。就職はしたものの上司からすべてを否定され、「この社会で夢など⾒てはいけない」とSNSに想いをアップすることで何とか⾃分を保っていた“僕”と、毎⽇が楽しければそれでいいと刹那的に⽣きてきたユウスケ。森の死をきっ<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17905/">…

    #スクロール#中川大志#北村匠海#川上智之#清⽔康彦

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube