Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

REPORT

新旧楽曲を織り交ぜた熱演の一夜

Superflyが3年ぶりの有観客ライブでみせた新境地、過去と未来を同時に照らした15周年記念公演

2022.11.26 18:00

2022.11.26 18:00

全ての画像・動画を見る(全13点)

来年6月17日から全国9ヵ所13公演のアリーナ・ツアーを開催することを発表し、ファンを狂喜させた3年ぶりの有観客ライブは、タイトルで「Superfly 15th Anniversary Live “Get Back!!”」と謳っているとおり、ライブも含め本格的な活動の再開をアピールするという意味で、Superflyのキャリアにおけるマイルストーンの1つとなった。

1万4,000人を集めた、そんな一夜限りの有明アリーナ公演は、360度観客に囲まれるようにアリーナの真ん中に作ったピースマーク型の円形ステージの中央で越智志帆(Vo)が「行くぞ、有明アリーナ!」と声を上げ、「Bi-Li-Li Emotion」でスタート。そこから「タマシイレボリューション」「Hi-Five」とソウルフルなロック・ナンバーを、いきなりジェットスモークやキャノン砲のテープ打ちを交えつつ、観客の度肝を抜きながらたたみかけ、「Hi-Five」のアウトロでジャニス・ジョプリンばりのスキャットをアドリブで聴かせ、客席を沸かせると、志帆はこんなふうに言った。

「誰かの前で歌うのは3年ぶり。心臓が口から飛び出るくらい緊張して、ライブってどうやってやるんだっけ⁉って心配しながらステージに立ったけど、みんなを目の前にしたら、あっという間に思い出しますね!」

Superfly

生粋のライブ・パフォーマーの面目躍如を思わせる言葉に頼もしいとわくわくさせられた。「全力で1公演に賭けたいと思ったので、会場に来られたのは1万4,000人だけど、WOWOWの生配信を見ている人達に届くように、みんなでこの会場に熱い空気を作りたい。15周年記念ライブってことで、懐かしい曲もやるし、久々にやる曲もあります。どんな曲が来るか、みんな、楽しみにしていてほしいです!」

この日Superflyが2時間半の熱演で演奏したのは、「懐かしい曲もやるし」と言った直後に披露した2007年発表の1stシングル「ハロー・ハロー」をはじめ、新旧のレパートリーから選んだ全19曲。コーラス隊が会場全体を包みこむような志帆の歌声にゴスペルのニュアンスを加えた「輝く月のように」、メロディをたたみかけるエモーショナルなサビが観客の気持ちをぐっと掴んだ「Wildflower」、円形ステージを覆い隠すように降りてきた紗幕に海の世界の映像を映し出しながら熱唱を披露したサザン・ソウル風バラード「On Your Side」など、バラードを中心にじっくりと聴かせた前半。そして、ギター、キーボード、ベース、ドラム、ストリングス、コーラス、ホーンと長尺のソロ回しで盛り上げたところに衣装を変えた志帆が4人のダンサーを従えステージに登場した「Beep!!」、志帆がブルース・ハープのソロも披露して、演奏し終わった後、「眠っていた何かが目覚めちゃいますね」と破顔一笑したブルース・ロックの「マニフェスト」、ウェーブする観客と一体感を作った「Alright!!」、ファイヤーボールに加え、いつの間にかステージの左右に降りていた幕に疾駆する馬の映像を映し出して、またもや観客の度肝を抜いたファンキーな「ダイナマイト」など、アップテンポの曲をたたみかけた後半。

ともに見どころはアリーナならではのスぺクタクルな演出やダンサーも含め、21人のバンド・メンバーとともにショウアップしたステージングもさることながら、何と言っても志帆の圧倒的なボーカル・パフォーマンスだったことは言うまでもないが、今回はそこに新旧のレパートリーの数々とともに表現した志帆の心境の変化も付け加えてみたい。

次のページ

MCでは過去の音源を聴き直した話も

イベント情報

Superfly Arena Tour 2023

Superfly Arena Tour 2023

2023年6月17日(土) 横浜アリーナ
2023年6月18日(日) 横浜アリーナ
2023年7月1日(土) 新潟・朱鷺メッセ
2023年7月8日(土) ポートメッセなごや 第1展示館
2023年8月11日(金・祝) 仙台・セキスイハイムスーパーアリーナ
2023年8月19日(土) 広島グリーンアリーナ
2023年8月26日(土) 福岡国際センター
2023年8月27日(日) 福岡国際センター
2023年9月2日(土) 愛媛武道館
2023年9月3日(日) 愛媛武道館 
2023年9月23日(土) 札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
2023年9月30日(土) 丸善インテックアリーナ大阪
2023年10月1日(日) 丸善インテックアリーナ大阪

Superfly Arena Tour 2023

越智志帆によるソロプロジェクト。
1984年2月25日生まれ、愛媛県出身。

2007年にシングル『ハロー・ハロー』でデビュー。
翌年には1stアルバム『Superfly』をリリースし、オリコンアルバムランキング1位を記録。以降、オリジナルアルバム及びベストアルバム計6作品でオリコンアルバムランキング1位を獲得。

デビュー当初からライブパフォーマンスへの評価も高く、2009年にはニューヨーク郊外で行われたウッドストック40周年ライブに日本人として唯一出演し、ジャニス・ジョップリンがかつて在籍したBig Brother & The Holding Companyと共演。

2008年『愛をこめて花束を』が大ヒット。
その後も『Alright!!(2009)』『タマシイレボリューション(2010)』『輝く月のように(2012)』『Beautiful(2015)』『Ambitious(2019)』『覚醒(2019)』等数々のドラマや映画主題歌を歌いヒット曲を生み出す。

2019年11月、NHK連続テレビ小説の主題歌「フレア」をリリース。
同年秋には自身最大規模となる全国10箇所15公演のアリーナツアー「Superfly Arena Tour 2019 “0”」を敢行し、全公演完売で11万人を動員。

2020年1月には、ほぼすべての曲の作詞作曲を越智志帆自らが手がけた6thアルバム『0』をリリース。
また、コロナ禍においては、リモートで制作した楽曲「Together」のリリースや、初の連載エッセイ「ウタのタネ」(新潮社運営「考える人」)を開始。11月に開催された初のオンラインライブ「Superfly Live at Studio "Sing Together"」は大盛況を収め、大晦日には4年連続5度目の「NHK紅白歌合戦」に出場。東京フィルハーモニー交響楽団との共演で「愛をこめて花束を」を歌唱した。

2021年8月にYouTubeで公開された「Superfly Online Live "うぶ声"」では、神秘的な洞窟内でのアカペラ披露の他、未完成の新曲「Voice」を発表。
2022年4月4日のデビュー15周年記念日にデジタルシングルとしてリリースを迎えた『Voice』は、“不安な世の中だからこそ自分の気持ちを声に出していく”ことの大切さが表現されており、重厚なコーラスとダンサブルなサウンドのアレンジが加わってSuperflyの節目の幕開けにふさわしい一曲となった。

また、4月スタートのフジテレビ系新番組「ポップUP!」のテーマソングに新曲「Love & Peace Again!」が決定。
2022年5月にはボートレース2022新CMシリーズ「アイ アム ア ボートレーサー」の主題歌である、デジタルシングル『ダイナマイト』をリリース。疾走感のあるメロディと迫力のあるバンドサウンドに、志帆の突き抜けるボーカルが印象的な楽曲だ。

シンガーソングライターとしてのオリジナリティ溢れる音楽性、圧倒的なボーカルとライブパフォーマンスには定評があり、デビュー16年目を迎えてもなお進化を止めずに表現の幅を拡げ続けているアーティストである。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • ドクター・ドレーのラブソングの見解を50セントが明かす 全米1位獲得の50セント「21 Questions」にドクター・ドレーが懐疑的だった理由とは?

    2023.01.17 19:00

    エミネムのレーベル〈Shady Records〉とドクター・ドレーのレーベル〈Aftermath Entertainment〉から2003年にデビューしたラッパー、50セント。ドクター・ドレーがエグゼクティブ・プロデュースした1stアルバム『Get Rich Or Die Tryin’』は全米で900万枚を超える大ヒットとなり、アメリカで最も売れたヒップホップアルバムの10位にランクインしている。 ラジオ番組Big Boy’s Neighborhoodに出演した50セントは、全米1位を獲得した2ndシングル「21 Questions」について語った。「21 Questions」は、<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17250/">…

    #50セント#エミネム#ドクター・ドレー

  • 4人のボーカルが混然一体となる渾身のバラード CHEMISTRY×Da-iCEの初コラボシングル『スパロウズ』3月リリース決定

    2023.02.02 04:00

    CHEMISTRYが、3月8日に発売する約3年半ぶりのシングルでDa-iCEのボーカリスト大野雄大、花村想太と初めてコラボレーションすることが発表された。 2021年にサブスクの総再生回数が1億5,000万回を超えた大ヒット曲「CITRUS」で第63回日本レコード大賞で大賞を受賞したことも記憶に新しい男性5人組アーティストDa-iCEから、4オクターブのツインボーカル大野雄大、花村想太を迎えた楽曲のタイトルは「スパロウズ」。 トータルプロデュースと作詞は松尾潔が担い、作曲はDa-iCEメンバーも愛してやまないというCHEMISTRY初期の代表作バラード「You Go Your Way」を手がけ<a href="https://bezzy.jp/2023/02/18394/">…

    #CHEMISTRY#Da-iCE

  • 医療関係者だと勘違いされる ノエル・ギャラガーが人生で初めて職業を訊かれて衝撃を受けたと明かす

    2023.01.19 18:50

    オアシスのメイン・ソングライター/シンガー/ギタリストとして数々の人気曲を生み出したノエル・ギャラガー。6月2日にノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズとしてアルバム『Council Skies』をリリースすると発表した彼であるが、最近とある出来事にとても驚いたという。 Absolute Radioに出演したノエル・ギャラガーは、外出をして様々な人と会話をすることが人生において重要だと語っている。そのなかで、彼は人生で初めて自分の職業を訊かれてと明かしている。 「毎週木曜日にロンドンのウェストエンドにいって、ファイヤーハウスというところで色んな人にくだらないことを語っているんだ。こない<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17440/">…

    #オアシス#ノエル・ギャラガー

  • STAYC Japan Debut!! 特集 スミン、シウン、アイサ──“姉”チームが紹介する互いの持ち味と隠し味(?)

    第2回 2023.01.16 18:00

    抜群のビジュアルと高い歌唱力、そして名曲揃いの楽曲群が世界で注目を集める6人組K-POPガールズグループ・STAYCが昨年11月に待望の日本デビュー。彼女たちの魅力をたっぷりとお届けする特集の第2弾と第3弾では、日本デビューのために来日した彼女たちをお姉さんチーム(スミン・シウン・アイサ)と妹チーム(セウン・ユン・ジェイ)に分けて、初ショーケースを経て肌で感じた日本デビューをじっくりと語ってもらいました。撮り下ろし写真は全てフィルムカメラで撮影。貴重な写真とともにお楽しみください! みんなでがんばって日本語を勉強してきた ──日本デビューを迎えて、本当に日本でデビューしたんだなという実感は湧き<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17038/">…

    #STAYC#インタビュー

  • 初回盤Blu-rayには昨年11月のソロライブ映像を収録 幾田りら、1stアルバム『Sketch』を3月8日にリリース

    2023.01.17 18:00

    音楽ユニットYOASOBIのボーカルikuraとしても活動する幾田りらが、1stアルバム『Sketch』を3月8日(水)にリリースすることを発表した。 本日1月17日(火)に新曲「蒲公英」を配信リリースした幾田りら。同曲は、男女が逆転した江戸パラレルワールドを描いてセンセーションを巻き起こした、よしながふみの同名コミックが原作のNHKドラマ10『大奥』の主題歌になっている。 初アルバムには「蒲公英」をはじめ、KISSME主催『会ったことあるのに、はじめまして』プロジェクト書き下ろしソング「ヒカリ」、東京海上日動あんしん生命『あんしん就業不能保障保険』CMソング「Answer」、ABEMA『今日<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17221/">…

    #幾田りら

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube