Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

トリオの要であったテイクオフを追悼

ミーゴスが音楽トレンドやファッションに与えた影響 故テイクオフが魅せたラップスキルも紹介

2022.11.08 15:00

写真:Press Association/アフロ

2022.11.08 15:00

全ての画像・動画を見る(全10点)

テイクオフのスキル

ミーゴスの3人のなかでも、特にテイクオフは三連符に緩急を与え、言葉遊びと巧みなライムスキームで、ヒップホップファンの間では高く評価されている。どのような路線の楽曲でも、テイクオフが持ち前のラップとライムでヒップホップグループとしての土台を作っていたとも感じる。クエイヴォも「テイクオフが一番ミーゴスで上手い」とインタビューで明かしており、クエイヴォとオフセットに比べてメディア露出が少ないテイクオフであったが、ラッパーとしてはミーゴスのなかで最も評価されていたと言えるだろう。2018年のソロアルバム『Last Rocket』も、ミーゴスメンバーのソロアルバムのなかで最もメディアから高く評価されており、2022年の10月にはクエイヴォとのアルバム『Only Built For Infinity Links』をリリースしている。

「Trap History」の著者であるA.R. Shawは、「テイクオフがミーゴスを結びつけている存在であることを知らない人は多い。彼はミーゴスのなかで最年少であったが、他の2人が彼の後ろをついていっている形だった。彼は最も静かで、控えめな性格であったが、ミーゴスのなかで最も優れたリリシストだと評価している人は多い」と語っている。また、クエイヴォとオフセットが音楽をやる前から、テイクオフが本格的に音楽活動をするために自宅に簡易的なホームスタジオをつくったとも明かされている。テイクオフがいなかったら同じ家に住んでいたクエイヴォとオフセットが音楽をやることもなかったと考えることもできる。

クエイヴォとオフセットに比べて落ち着いたイメージでのテイクオフであったが、「Drink Champs」のインタビューに出演した際に、一般的にも自分が評価されるときがきたと明かしていた。「俺は静かで落ち着いているけど、まじで盛り上げるときがきた。適切に評価されるときがきたんだ。亡くなってから称賛するのではなく、今評価してくれ」と語っていた。そんなテイクオフとミーゴスがラップ、そしてポップカルチャー全体に及ぼした影響は計り知れない。

記事トップへ戻る

全ての画像・動画を見る(全10点)

米アトランタ出身3人組ラップ・グループ<ミーゴス>。クエイヴォ、オフセット、テイクオフの3名で構成される。
2ndアルバム『カルチャー』が米ビルボード・チャート初登場1位にランクインし、第60回グラミー賞では最優秀ラップ・アルバムと最優秀ラップ・パフォーマンスにノミネートされる。
米ブラック・ミュージックの祭典、BETアワーズ2017ではベスト・グループ賞を受賞。「バッド・アンド・ブージー」feat.リル・ウージー・ヴァートではベスト・コラボレーション賞を受賞。
グループとしてのみでなくメンバーそれぞれが活躍しており、彼らが参加する楽曲は軒並み米チャート上位にランクイン。米音楽シーンで最も勢いのあるアーティストといえる。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/migos/biography/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 初日はNF会員向け、2日目は一般公開で配信 サカナクション、“完全復活”と銘打った全国アリーナツアー最終公演2日間を生配信

    2024.06.15 21:00

    サカナクションが、現在開催中の全国アリーナツアー「SAKANAQUARIUM 2024 “turn”」の最終会場となるぴあアリーナMM公演の生配信を発表した。 生配信は7月9日(火)と10日(水)の2日間に実施。9日(火)はサカナクションのオフィシャルファンサイト会員であるNF member限定で、10日(水)は一般公開の生配信となる。 「SAKANAQUARIUM 2024 “turn”」はサカナクションにとっておよそ2年ぶりとなる全国アリーナツアー。“サカナクション完全復活”と銘を打って開催された今回のツアーでは、これまでのサカナクションのベストとも言えるステージ演出と音響的な死角を減らす<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45974/">…

    #サカナクション

  • 清水依与吏&村瀬健ドラマプロデューサーがコメント back numberが目黒蓮主演の月9ドラマ主題歌担当、引き出された楽曲は「新しい恋人達に」

    2024.06.20 04:00

    back numberの新曲「新しい恋人達に」が7月から放送されるフジテレビ系月9ドラマ『海のはじまり』の主題歌に決定した。 月9ドラマの主題歌をback numberが担当するのは、クリスマスの定番曲となった「クリスマスソング」での2015年『5→9〜私に恋したお坊さん〜』以来約9年ぶり。今回書き下ろされた「新しい恋人達に」も「クリスマスソング」と同じく小林武史がプロデュースを担当した。 また、back number清水依与吏と村瀬健ドラマプロデューサーからのテキストコメントも到着。主題歌の一部は本日6月20日(木)の「めざましテレビ」にて初解禁され、その後フジテレビ公式YouTubeやドラ<a href="https://bezzy.jp/2024/06/46196/">…

    #back number#海のはじまり#目黒蓮

  • 7月11日にお披露目イベントも開催決定 一夫多妻制ユニット“清 竜人25”が再結成、新たな妻4名にプロポーズ

    2024.05.27 21:10

    本日5月27日に誕生日を迎えた清 竜人が、21時にYouTubeでプレミア公開した「大切な発表」と題した映像で清 竜人25(キヨシリュウジントゥウェンティファイブ)の再結成を発表した。 清 竜人25とは、ソロアーティストとして活動していた清 竜人が2014年に立ち上げた一夫多妻制アイドルユニット。プロデューサー兼メンバーの清 竜人とその妻である女子メンバーで構成される。 妻たちとともに一緒に歌い踊り、ハーレム状態でパフォーマンスする清 竜人をはじめ、アイドルの固定概念を覆す新しいエンターテイメントを披露した同ユニットは、2017年6月に幕張メッセイベントホール公演「清 竜人25 “ラスト♡コン<a href="https://bezzy.jp/2024/05/44987/">…

    #清竜人#清竜人25

  • 水面に広がるスカートで個々の個性も表現 櫻坂46、9thシングル『自業自得』新ビジュアル公開 センター山下瞳月が強い眼差しを向ける

    2024.06.03 10:50

    櫻坂46が、6月26日(水)に発売する9thシングル『自業自得』の新アーティストビジュアルを公開した。 昨夜放送されたレギュラー番組「そこ曲がったら、櫻坂?」(テレビ東京)の番組内CMにてティザー映像が公開され、発表が待ち望まれていた新ビジュアル。櫻坂46のメンバーが水面に佇む中、センターを務める三期生・山下瞳月が強い眼差しを向けており、水面に広がるスカートが個々の個性を彩っているように見える。 また、表題曲「自業自得」のMusic Videoが6月5日(水)22時にYouTubeでプレミア公開されることも決定。さらに、楽曲がMusic Video公開に先駆けて同日6月5日(水)0時から先行配<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45253/">…

    #山下瞳月#櫻坂46

  • タワレコ2店舗かオンラインの予約購入者から抽選で招待 a子、1stアルバムリリースを記念した初フリーライブ「Good News Sessions」7月23日開催

    2024.06.10 19:00

    シンガーソングライターa子(読み:エーコ)が、1st Album『GENE』のリリースを記念して自身初のフリーライブ「a子 Free Live“Good News Sessions”」の開催を発表した。 7月23日(火)に品川・クラブeXにて行われるフリーライブには、期間内にアルバム『GENE』をタワーレコードオンラインまたはタワーレコード渋谷店・新宿店にて予約・購入すると配布されるシリアルコードで応募が可能。応募者の中から抽選で公演に参加することができる。応募の1次受付は本日よりタワーレコードオンライン予約購入限定でスタートしており、詳細はタワーレコード特設ページで確認することができる。 a<a href="https://bezzy.jp/2024/06/45644/">…

    #a子

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube