Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

トリオの要であったテイクオフを追悼

ミーゴスが音楽トレンドやファッションに与えた影響 故テイクオフが魅せたラップスキルも紹介

2022.11.08 15:00

写真:Press Association/アフロ

2022.11.08 15:00

全ての画像・動画を見る(全10点)

11月1日にテキサス州ヒューストンで撃たれ、亡くなったミーゴスのテイクオフ。ミーゴスはアトランタ出身のヒップホップトリオで、ヒップホップのサウンドを変えたと言われるほどの影響力を持ったグループである。クエイヴォ、オフセット、そしてテイクオフの3人からなるミーゴスは、今までに2部門でグラミー賞にノミネートされており、2010年代で最もポップカルチャーに影響を及ぼしたグループのひとつと言っても過言ではないだろう。血縁関係にある3人のメンバーから繰り出されるフロウとアドリブは多くのフォロワーを生み出した。そんなテイクオフのトリビュートとして、ミーゴスの功績、そしてテイクオフのヴァースが特に光っているヴァースを紹介したい。

ヒップホップサウンドのトレンドの中心地であるアトランタで2008年に結成された彼らにとってブレイクスルーとなったのが2013年の「Versace」である。「Versace」は近代のラップのフロウの変えた非常に重要な楽曲と言っても過言ではない(後述)。ドレイクも「Versace」のリミックスに参加し、2016年にリリースされた「Bad and Boujee」は全米1位になる。1stアルバム『Culture』は全米1位を獲得し、グラミー賞にもノミネートされた。『Culture』に収録された「T-Shirt」、そして全米1位を獲得した2ndアルバム『Culture II』に収録された「Motorsport」「Stir Fry」「Walk It, Talk It」はビルボードトップ10入りをした。

影響はケンドリック・ラマーからアリアナ・グランデまで

ミーゴス、そのなかでも特にテイクオフの功績としては三連符のラップフロウを流行らせたことであろう。今ではJ. コールのような硬派なラッパーからアリアナ・グランデのようなポップスターまでが使用している三連符ラップであるが、特に「Versace」は近代のヒップホップにおけるフロウを変えた楽曲と言える。緩急をつけた三連符のラップ・フロウは後に「ミーゴス・フロウ」や「Versaceフロウ」とも呼ばれるようになり、2010年代にはあまりにも定番になりすぎてスヌープ・ドッグが「今はみんな同じようにラップしようとしている。ミーゴスかフューチャーが作ったのかはわからないが、全員同じように聞こえる」とコメントしていたほどだ。

三連符のフロウでラップをしたのはミーゴスが初ではなく、以前からスリー・6・マフィアや8 Ball & MJGなどのメンフィスのグループが三連符ラップを頻繁に披露していた。しかし、トラップのハイハットと連動し、エネルギーを溜めて一気に解放をするような三連符はミーゴスのシグネチャー・スタイルとして現代に広まったと言えるだろう。ミーゴスの一つ前の世代とも言えるグッチ・メインやヤング・ジーズィーのようなトラップは、大きくリズムを取り、ダイナミックに揺らすようなフロウが印象的であったが、ミーゴスのフロウはそれまでのアトランタのラップとは全く違うスタイルであった。ケンドリック・ラマーが2017年にリリースした『DAMN.』に収録されている「DNA.」でも、ビートスイッチ直後の最も盛り上がるパート、そして最新作『Mr. Morale & The Big Steppers』のシングル「N95」でも2ndヴァース(1:10〜)と3rdヴァース(2:03〜)から三連符が頻繁に使用されている。

ファッションに与えた影響

 ミーゴスの功績は三連符のフロウを流行らせただけではない。彼らのラグジュアリーブランドを纏ったファッションは、多くのラッパーに影響を及ぼし、ヒップホップファッションのイメージを変えた。もちろんミーゴス以前からハイブランドについてラップするラッパーは多かったが、特にミーゴスは楽曲「Versace」をヒップホップコミュニティに広めたように、ファッションアイコンとしての存在感も大きかった。ルイヴィトン、プラダ、カルバン・クラインなどのデザイナーズ・ブランドを着こなし、ラッパーのパブリック・イメージを変えたとも言えるだろう。BET Networkが公開している下記の動画では、いかにミーゴスがファッションアイコンとして影響力を持っていたかがわかる。

次のページ

テイクオフが魅せたラップスキル

米アトランタ出身3人組ラップ・グループ<ミーゴス>。クエイヴォ、オフセット、テイクオフの3名で構成される。
2ndアルバム『カルチャー』が米ビルボード・チャート初登場1位にランクインし、第60回グラミー賞では最優秀ラップ・アルバムと最優秀ラップ・パフォーマンスにノミネートされる。
米ブラック・ミュージックの祭典、BETアワーズ2017ではベスト・グループ賞を受賞。「バッド・アンド・ブージー」feat.リル・ウージー・ヴァートではベスト・コラボレーション賞を受賞。
グループとしてのみでなくメンバーそれぞれが活躍しており、彼らが参加する楽曲は軒並み米チャート上位にランクイン。米音楽シーンで最も勢いのあるアーティストといえる。

(引用)https://www.universal-music.co.jp/migos/biography/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 子供たちに「手を挙げるだけで稼げる」と言われ傷つく デヴィッド・ゲッタ、DJが「簡単な仕事」だと思われていることに物申す

    2022.12.02 18:15

    “人類史上最強DJ“と呼ばれるフランス出身の人気DJ、デヴィッド・ゲッタ。17歳にDJキャリアをスタートして以来、数々のクラブやフェスでミックスをしてきた彼であるが、DJが「簡単な仕事」だと思われていることに不満を感じているようだ。 Daily Star誌に出演したデヴィッド・ゲッタは、自分の子供たちもDJという職業の難しさをわかっていないと明かす。 「私の子供たちは、何かを買ってほしいときに冗談で、“お父さんいいじゃん、買ってよ。5分間手を挙げてれば、これ買えるぐらいのお金もらえるじゃん”って言うんだ。そういう傷つくようなことを言うんだ。私がお金を稼ぐためにやってることを知らずに。人々は、“<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14631/">…

    #デヴィッド・ゲッタ

  • フジテレビ系W杯番組への書き下ろしテーマソング 幾田りらの新曲「JUMP」が11月20日配信スタート、ジャケット画像も公開

    2022.11.17 12:00

    YOASOBIのボーカルikuraとして活躍し、シンガーソングライターとしても活動する幾田りらの新曲「JUMP」が11月20日(日)に配信リリースされることが決定した。 同曲はフジテレビ系『FIFAワールドカップ カタール2022』の番組公式テーマソングとなっており、幾田りらが書き下ろした楽曲。疾走感溢れる楽曲で、曲中にある印象的なシンガロングパートは昨年まで自身も所属していたアコースティック・セッション・ユニット「ぷらそにか」のメンバーが担当している。 配信日決定の発表とあわせてジャケット画像も公開された。

    #YOASOBI#幾田りら

  • 本間昭光のMUSIC HOSPITAL Lucky Kilimanjaroが提唱する“踊る楽しさ”と“楽しく踊れる”ライブ体験

    第5回 熊木幸丸(後編) 2022.11.30 12:00

    日本を代表する音楽プロデューサー、アレンジャーである本間昭光の対談連載「本間昭光のMUSIC HOSPITAL」。本間氏がホストとなり、毎回現代のセルフプロデュースに長けた若手アーティストを招いての音楽談義や楽曲制作にまつわるトークをお届けします。 前回記事に続き今回のゲストは「世界中の毎日をおどらせる」をテーマに掲げ、本日最新作となるシングル『一筋差す』をデジタルリリースしたLucky Kilimanjaroのコンポーザー、熊木幸丸。本間に「日本のダンスミュージックの最先端」と言わしめた対談前編に続き、後編では機材に明るい本間と熊木ならではのディープな機材話や、2人が定義する“グルーヴ”の話<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13571/">…

    #Lucky Kilimanjaro#インタビュー#本間昭光#本間昭光のMUSIC HOSPITAL#熊木幸丸

  • 原作の装画手がける遠田志帆によるジャケット公開 福山雅治、清原果耶主演ドラマ主題歌「妖」デジタルリリース決定

    2022.11.26 15:00

    福山雅治が、女優・清原果耶が主演を務める日本テレビ系10月期日曜ドラマ『「invert 城塚翡翠 倒叙集」/「霊媒探偵・城塚翡翠」』主題歌「妖」を12月5日(月)にデジタルリリースすることを発表した。 ドラマの原作は、相沢沙呼によるシリーズ累計55万部突破の大ヒット小説『medium 霊媒探偵城塚翡翠』(講談社文庫)。「このミステリーがすごい!2020年版」国内編1位をはじめ、「2020本格ミステリ・ベスト10」1位、「2019年SRの会ミステリーベスト10」1位、「第20回本格ミステリ大賞」受賞、「2019年ベストブック」選出など、ミステリーランキングを総ナメにした話題作の連続ドラマ化となる<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14138/">…

    #invert 城塚翡翠 倒叙集#清原果耶#福山雅治

  • 25周年アニバーサリーツアーのファイナル公演 Dragon Ashが3年ぶりに声出し解禁、代々木第一体育館ワンマンライブを来年2月に開催

    2022.11.21 18:00

    Dragon Ashが、デビュー25周年アニバーサリーツアーのファイナル公演「DRAGONASH 25th ANNIV. TOUR 22/23 ~ ENTERTAIN ~ FINAL」を2023年2月23日(木・祝)に東京・国立代々木競技場第一体育館で開催することを発表した。 今年9月のZepp Fukuoka公演を皮切りに、アニバーサリーイヤーツアー「DRAGONASH 25th ANNIV. TOUR 22/23 〜ENTERTAIN〜」をスタートさせたDragon Ash。ライブハウス公演7本、ホール公演18本の計25公演を来年2月までかけて開催中だ。 今回発表された公演は、約3年ぶりに<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13768/">…

    #Dragon Ash

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube