Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

最新作のインスピレーションになったとも発言

スリップノットが22年間所属したレーベルを去った理由を明かす

2022.10.13 19:15

2022.10.13 19:15

全ての画像・動画を見る(全3点)

9月30日にニュー・アルバム『The End, So Far』をリリースしたスリップノット。2021年に、デビュー時から所属していたレーベル〈Road Runner Records〉との契約を満了し、脱退した人気メタルバンドであるが、ボーカリストのコリー・テイラーが契約を更新しなかった理由を明かした。

NMEのThe Big Readのインタビューにて、数々の人気メタルバンドを輩出したレーベル〈Road Runner Records〉を去った理由を聞かれたコリー・テイラーは、以下のように語っている。

「私たちが最初契約したときと、全く違うレーベルになってしまったんだ。バンドのことを気にしない人たちと仕事をするようになると、ただのビジネスになるんだ。そのようなことが起きた。
今までの作品を出すために、毎回レーベルと戦う必要があった。今あのレーベルで働いている人たちは、本当はわけわかっていないのに、自分たちが何をやっているか理解していると思い込んでいる。私たちにアドバイスをしようとしてくるけど、“何を言ってるんだ?このバンドをなんだと思っているんだ?”という感じだった」

契約したデビュー当時から全く違うレーベルになってしまったことが離脱の理由だと明かしたコリー・テイラー。彼は〈Road Runner Records〉からの脱退がニュー・アルバム『The End, So Far』のタイトルのインスピレーションになっているともコメントしている。当アルバムはBillboard 200にて2位にチャートインし、Billboard Artist’s100では1位を獲得している。

Slipknot – The Dying Song (Time To Sing)

全ての画像・動画を見る(全3点)


作品情報

スリップノット『The End, So Far』

『The End, So Far』ジャケット

『The End, So Far』ジャケット

スリップノット『The End, So Far』

2022年9月30日(金)リリース
国内盤CD:WPCR-18550
2,860円(税込)

購入はこちら

収録内容

1. Adderall
2. The Dying Song (Time to Sing)
3. The Chapeltown Rag
4. Yen
5. Hivemind
6. Warranty
7. Medicine For The Dead
8. Acidic
9. Heirloom
10. H377
11. De Sade
12. Finale

スリップノット

アーティスト情報

SLIPKNOTの結成は1995年の事。アイオワ州デモインという、それまでは誰にも知られる事のなかった街でこの巨大な怪物は産声をあげる。
全員赤のジャンプスーツに、ハンドメイドのグロテスクなマスクを身につける、というスタイル、そして強烈なライヴ・パフォーマンスにより地元では異常なまでの人気を博す。
その後自主制作として『Mate, Feed, Kill, Repeat』を発表、この作品がロス・ロビンソンの耳に届き、彼によるプロデュースの基、99年デビュー・アルバム『SLIPKNOT』を発表。
あらゆるジャンルを飲み込み昇華させ、9人全てが一体となった究極のヘヴィ・サウンドは瞬く間に話題となり、本国アメリカでは00年に100万枚を超えるセールスを記録している。
00年には全公演即日完売となった初来日公演を、翌年にはSUMMER SONIC 01出演の為来日を果たすと、直後に2作目『アイオワ』を発表。日本で初登場4位を記録するという快挙を成し遂げる。
翌年には3度目の来日公演も行うも、ツアー後にしばらくSLIPKNOTは活動を停止、各々が個別に活動を始める。
その後3年の時を経てメンバーが再び集結、リック・ルービンをプロデュースに迎え、更なる混沌さとヘヴィネスを手に入れた3作目、『VOL. 3:(ザ・サブリミナル・ヴァーシズ)』を04年に発表。オリコン・チャート初登場2位を記録したのを始め、各国で大ヒットを記録、現在全世界で200万枚を超えるセールスを記録している。
また同年には単独公演を、そして05年のにはSUMMER SONICへの来日を果たした。
このツアー後、05年にバンド自身初となるライヴ・アルバム『9.0:Live』を、06年には9人の内面を曝け出した衝撃の映像作品『Voliminal: Inside The Nine』を発表。
その後再びそれぞれの活動に専念するためこの怪物はしばらく活動を休止するが、08年、約4年ぶりとなる、全世界が渇望したニュー・アルバム『All Hope Is Gone』をリリース。
このアルバムは世界で驚異的なチャートを記録、ここ日本でも総合チャート2位、アメリカでは全米チャート1位を記録した。その後LOUD PARK 08の初日のトリを飾った後、ヨーロッパ/北米ツアーを敢行、ツアーが終了した段階でまた活動を休止させる。
2010年5月、オリジナル・メンバーでもあるポール・グレイが死去、今後のSLIPKNOTとしての活動が一切見えなくなる。
それから約1年後、突如バンドは2011年6月よりヨーロッパのフェスティバルへの出演をはじめ、2012年には初のKNOTFESTを開催、2日間で5万人を超える動員を記録、その存在感の大きさを世界中に見せつけた。
2013年5月に開催されたOZZFEST JAPANの初日ヘッドラインとして、6年ぶりに来日公演を行った。2014年10月にはアルバム『.5:The Gray Chapter』リリース、11月にはKNOTFEST JAPAN初上陸で大盛況のうちに幕を閉じた。
2016年11月には2回目の開催となるKNOTFEST JAPAN 2016で再び来日。数々の苦難、受難を乗り越え2019年に再始動、8月には6枚目のアルバム『We Are Not Your Kind』をリリース。究極の混沌が再び世界を覆い尽くす…

(引用)https://wmg.jp/slipknot/profile/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 名古屋芸術大学で撮影された疾走感溢れる映像 SIX LOUNGE、TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』最新EDテーマ「キタカゼ」MV公開

    2023.01.14 22:00

    大分発のロックバンド、SIX LOUNGEが新曲「キタカゼ」のMusic Videoを公開した。 本楽曲は1月7日(土)から放送がスタートしたTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』6期第2クールのエンディングテーマとなっており、先行配信が1月8日にスタート。疾走感溢れるロックサウンドに躓きながらも前を向く力強い歌詞が注目されていた。 Music Videoは「キタカゼ」のタイトルにリンクするように向かい風を受けながら演奏をするメンバーの周囲を巡る激しいカメラワークが施され、疾走感をさらに引き立てる印象的な映像表現が加えられている。 撮影は全て名古屋芸術大学の構内で行われ、光の差し込む屋内での演奏<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17025/">…

    #SIX LOUNGE#僕のヒーローアカデミア

  • STAYC Japan Debut!! 特集 セウン、ユン、ジェイ──“妹”チームが天真爛漫に語るメンバー愛と日本愛

    第3回 2023.01.17 18:00

    昨年11月にシングル『POPPY』で待望の日本デビューを果たした6人組K-POPガールズグループ、STAYCの魅力をたっぷりとお届けするこの特集。その第2弾と第3弾では、『POPPY』発売の瞬間を日本で迎えるために来日した彼女たちを3人ずつに分け、一人ひとりにじっくりとショーケースの思い出や今後の意気込みを聞いてきました。前記事のお姉さんチームに続き、今回はセウン・ユン・ジェイの妹チーム。お姉さんチームより少し(だいぶ?)キャピキャピした雰囲気をお楽しみください! お姉さんたちは言わなくてもわかってくれる ──お姉さんチームに続いて、3対3に分かれて、一人ひとりにフォーカスするインタビューをし<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17058/">…

    #STAYC#インタビュー

  • 個性と実力を兼ね備える4人からのコメントが到着 舞台『パラサイト』 寄生する家族役は古田新太、宮沢氷魚、伊藤沙莉、江口のりこ

    2023.01.20 04:30

    6月5日(月)から7月2日(日)まで東京のTHEATER MILANO-Za、その後大阪にて上演される舞台『パラサイト』のキャストが発表された。 社会問題化している「格差社会」というテーマを描きながらも、所々に散りばめられた緻密な「伏線」や「テーマ性」が話題を呼び、サスペンス、ブラックコメディ、ヒューマンドラマなどの“ジャンルを超えた傑作”として世界各国で称賛の嵐を巻き起こした映画『パラサイト 半地下の家族』を舞台化した本作。台本・演出は映画『愛を乞う人』『焼肉ドラゴン』、舞台『泣くロミオと怒るジュリエット』などを手掛け、舞台・映画と幅広く活躍しそのパワーを遺憾なく発揮する脚本・演出家の鄭 義<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17420/">…

    #パラサイト#伊藤沙莉#古田新太#宮沢氷魚#江口のりこ#鄭 義信

  • TikTokに最適な曲を求めるレーベルに対してコメント マック・デマルコがTikTokが音楽業界にもたらす影響について“憂鬱になる”と語る

    2023.01.23 20:00

    1月20日にニューアルバム『Five Easy Hot Dogs』をリリースしたカナダ出身のシンガーソングライター、マック・デマルコ。2018年の「FUJI ROCK FESTIVAL」ではレッドマーキーのヘッドライナーを務めた彼が、Variety誌のインタビューに登場した。 彼はインタビュー内で、レーベルがアーティストにTikTokに適した楽曲を作るように指示していることについて聞かれた際に、以下のように答えている。 「憂鬱になるよ。問題は、アーティストが自分が演じないといけない役に滑り込んでしまうことだ。“こういうことをやらないと…”って。でも本当は別にやらなくてもいい。でもも<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17740/">…

    #Mac DeMarco#マック・デマルコ

  • 若き実力派俳優たちのぶつかり合いに注目 映画『あつい胸さわぎ』奥平大兼、佐藤緋美、前田敦子を捉えた新場面写真公開

    2023.01.19 12:00

    2023年1月27日(金)から公開される映画『あつい胸さわぎ』から8点の新場面写真が公開された。 演劇ユニットiakuの横山拓也氏が作・演出を務め各所で大きな話題を呼んだ傑作舞台「あつい胸さわぎ」を、上海国際映画祭アジア新人賞を受賞したまつむらしんご監督が映画化。『凶悪』(2013年)で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した脚本・髙橋泉とのタッグで、“若年性乳がん”と“恋愛”をテーマに揺れ動く母娘の切実な想いを繊細さとユーモアを持って描いている。主人公・千夏役には、ドラマ『ドラゴン桜』(TBS/2021年)などで注目を集める若手女優・吉田美月喜、そして千夏の母親を常盤貴子が演じる。 この度公開さ<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17336/">…

    #あつい胸さわぎ#佐藤緋美#前田敦子#奥平大兼

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube