Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

REPORT

5月から始まったツアーの千秋楽リキッドルーム公演をレポート

TENDOUJIが5ヵ月にわたる2マンライブツアー完走、04 Limited Sazabysを迎えたファイナル公演

2022.09.30 12:30

2022.09.30 12:30

全ての画像・動画を見る(全19点)

先の見えない“コロナ禍”は、あの始まりから2年半が経った今も続いている。そんな状況下でも、人々は楽しめることを見つけ、希望を見出し進んできた。TENDOUJIがスタートさせた「EASY PUNK PARK」も、そんな企画のひとつである。イベントにこめられているのは「気軽に街のライブハウスへ行ける感覚を、みんなに取り戻してほしい。俺らもライブをやりまくる日常をちょっとずつでも取り戻したい」という願いだ。

そんな想いと共に5月から始まった2マンライブツアー「EASY PUNK PARK in West」「EASY PUNK PARK in East」は、9月21日に開催された東京公演「EASY PUNK PARK in TOKYO」で千秋楽を迎えた。対バン相手には04 Limited Sazabysを迎え、恵比寿LIQUIDROOMにそれぞれの信じる音楽を刻んだのである。

04 Limited Sazabys

場内が暗くなると一斉に拍手が巻き起こり、先攻である04 Limited Sazabysを出迎えた。ジャーンと勢いよくかき鳴らされる楽器はすさまじい音圧で、足元から地鳴りのようにビリビリと振動が伝わってくる。GEN(Vo./Ba.)が「準備できてる? 一緒にやれる?」とフロアをたきつけ、「days」によりライブを封切った。ド頭からフルギアを踏みこんだ演奏に、オーディエンスも自然とハンズアップ&ジャンプ。前半で「Do it Do it」や「Now here, No where」といった懐かしいナンバーを投下し会場を沸かせると、後半では「Utopia」「Alien」など最近のヘビーチューンで盛り上げていく。

一段と会場が熱を帯びたのは、GENの歌いだしで始まる「Grasshopper」だ。彼がスゥッとブレスを取ると声なき歓声が響き、フロアがさらに前のめりになる。全12曲を「monolith」で締めくくると、最高な状態でTENDOUJIへステージを繋いだ。

みな自然体で身を委ねる、TENDOJIの音楽

後攻のTENDOUJIは、アサノケンジ(Vo./Gt.)のスーパーギターが冴えわたる「Kids in the Dark」によりスタートした。不規則に揺れるオーディエンスの頭は、それぞれが音を掴み楽しんでいることの証明といってもいいだろう。“お前の好きに楽しめよ”というTENDOUJIのアティチュードが、浸透していることを感じさせる。

グルーヴが波によって押し寄せる「Stupid!!」、サイケデリックなサウンドがクセになる「NINJA BOX」、ギターのカッティングに自然と躍らせられる「HEARTBEAT」とバラエティーに富んだ楽曲を展開。彼らの音楽を浴びた観客は、体を揺らしたり、クラップをしたり、こぶしを掲げたり。TENDOUJIの作り出す空気に、自然体なまま馴染んでいた。

怒涛の勢いで突き進むのかと思いきや、「I don’t need another life」を導いて一気にクールダウン。アサノの声に重なるコーラスは海風のように柔らかくなびき、無心で身を委ねたくなるような心地よい温度感を生み出す。モリタナオヒコ(Vo./Gt.)は「夏も終わりなんで、夏の曲をやります!」と宣言し「Young Love」を導き、爽やかなエモーショナルを紡いで前半を駆け抜けた。

TENDOUJI

折り返しポイントでは、オオイナオユキ(Dr.)が初めて作詞作曲を手掛けた「Blur blur」を投入。ドラムを叩きながら歌う彼が見えやすくなるように、ヨシダタカマサ(Ba)はそっとセンターからずれる。マーチを彷彿させる跳ねたリズムは軽やかで、“適当にいこうぜ”というメッセージをより説得力あるものにしていた。

「CRAZY」ではガレージロックを色濃く鳴らし、「Killing Heads」では叶わぬ恋をメロディックに歌いあげる。このご時世ゆえにコール&レスポンスできないのが心苦しいが、時期が時期であればファンの呼応が会場に響き渡っていたことだろう。タイミングを狙い定めて掲げられる手は、TENDOUJIの音楽はオーディエンスと“楽しい”を分かち合うことによって完成するのだと示唆しているようだった。

その後も「FIREBALL」「Peace Bomb」と“EASY PUNK”を体現するナンバーが続く。「COCO」ではステージ上手に出現した銅鑼を、助っ人のGENが力いっぱいに鳴らす一幕も。ラストスパートをかけるかのように、演奏は次第に熱を増していった。

最後を飾ったのは、爽やかかつブライトな「Boys」だ。穏やかな歌声は教会に響く讃美歌のようにピュアで、ハピネスが会場に充満する。歌詞も進行も劇的に変化する楽曲ではない。しかし、だからこそ王道にして至高であり、美しい。音楽が好きでたまらないということを、バンドが楽しくてしょうがないということを、TENDOUJIは純真な想いで伝えきる。爽やかに「ありがとうございました!」と叫ぶと、ステージを去ったのだった。

本編終了後には、アンコールの拍手に導かれ『MADCITY ONEMAN SHOW』の開催予告動画がステージに映し出される。その告知を受けて『MADCITY』に収録されている「HAPPY MAN」「THE DAY」「GROUPEEEEE」をアンコールで披露。モリタは「また、たくさんたくさんライブしようと思ってます!」と告げると、全国ツアーを締めくくったのだった。

いまだに自粛を必要とする日々は続いているし、元通りにならない日常に辟易してしまうこともあるだろう。しかし、少しでも“当たり前”を取り戻そうと行動するTENDOUJIのような存在もいる。こんな状況でも、変わらずにありのままで楽しめる場所を示してくれるバンドがある。彼らが全身全霊で表現する“楽しい”に身を委ねていれば、こんな現実だって気づいたときには越えられているのかもしれない。


Photo by 藤井拓(04 Limited Sazabys)
Photo by MOTO(TENDOUJI)

セットリスト

04 Limited Sazabys
1. days
2. Do it Do it
3. Now here, No where
4. climb
5. Utopia
6. Alien
7. discord
8. Grasshopper
9. Letter
10. hello
11. Just
12. monolith

TENDOUJI
1. Kids in the Dark
2. Stupid!!
3. NINJA BOX
4. HEARTBEAT
5. I don’t need another life  
6. Young Love
7. Blur blur
8. CRAZY
9. Killing Heads
10. FIREBALL  
11. Peace Bomb
12. COCO
13. Boys
EN1. HAPPY MAN
EN2. THE DAY
EN3. GROUPEEEEE

全ての画像・動画を見る(全19点)


イベント情報

TENDOUJI“EASY PUNK PARK oneman tour PEACH”TENDOUJI“EASY PUNK PARK oneman tour PEACH”ビジュアル

TENDOUJI“EASY PUNK PARK oneman tour PEACH”

2022年
11月11日(金)愛知 名古屋 UPSET
11月21日(月)福岡 voodoo lounge
11月22日(火)兵庫 神戸 太陽と虎
11月24日(木)宮城 仙台 enn 2nd
チケット:4,500円(税込・ドリンク別)

TENDOUJI“EASY PUNK PARK oneman tour PEACH”TENDOUJI“EASY PUNK PARK oneman tour PEACH”ビジュアル

2014年、中学の同級生であったモリタナオヒコ(Vo,Gt)、アサノケンジ(Vo,Gt)、ヨシダタカマサ(Ba)、オオイナオユキ(Dr)により結成。
自主レーベル「浅野企画」を設立して、これまでフルアルバム3枚、EP3枚、シングル9作品をリリース。
類まれなメロディーセンスと90年代のオルタナシーンに影響をうけた爆発力のあるサウンドを武器に、全ての会場をハッピーなグルーヴに包みこむ4人組バンド。
2018年、アメリカ最大級のフェス「SXSW」に出演。
2019年、「TEENAGE FANCLUB」の来日公演のサポートアクトを務める。また各地大型フェスに多数出演。11月に初のシングル『COCO』を発売。
2020年2月、ツアーファイナル恵比寿リキッドルームワンマン完売。6月、両A面シングル『HEARTBEAT/SUPER SMASHING GREAT』発売。9月以降で「YEAH-SONG」、「SURFPUNK」、「FIREBALL」と連続に配信シングルをリリース。
2021年、2ndアルバム『MONSTER』を4月28日にリリース。2度目の出演となる「FUJI ROCK FESTIVAL’21」でも熱いライブを披露。夏以降も立て続けに新曲を配信。12月8日にこの年2枚目のアルバムリリースとなる3rdアルバム『Smoke!!』をリリースし、話題を呼んでいる。
“EASY PUNK”をステートメントに掲げ、カンタンで楽しい音楽を体現。2022年もさまざまな箇所でのライブを予定している。

04 Limited Sazabys

アーティスト情報

2008年名古屋にて結成の4ピースロックバンド。
2015年に1st Full Album『CAVU』をリリースしメジャー進出。
2016年4月、バンド主催の野外フェス"YON FES 2016"を地元・愛知県で初開催。
2017年には日本武道館公演を行い即日完売。2018年には結成10周年を迎え、東名阪アリーナツアーを行う。
同年10月には3rd Full Album『SOIL』をリリース、2019年9月にシングル「SEED」を缶の形態でリリース。さいたまスーパーアリーナで単独公演"YON EXPO"を開催。2020年11月には、Aichi Sky Expoにて"YON EXPO'20"を開催した。
2021年9月に約2年ぶりの新作となる「fade / Just」をリリース、全国ツアー『Deliver 04 you tour』を敢行、11月に幕張メッセにて"YON EXPO'21"を開催した。2022年4月2日、3日に"YON FES 2022"を主催。
2022年10月12日に4年ぶりとなる04th Full Album『Harvest』をリリース。10月18日より全36公演の全国ツアー「Harvest tour 2022-2023」を開催する。

Vo.GENの少年のようなハイトーンボイスから繰り出されるグッドメロディーかつ疾走感溢れる楽曲と、圧倒的なライブパフォーマンスは観る者の心を掴む。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube