Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

INTERVIEW

9月23日公開、海辺の町で出会う「喪失」を抱えた男女の物語

福地桃子、岡山天音、井樫彩が過ごした濃密な瞬間、3人で振り返る映画『あの娘は知らない』

2022.09.24 12:00

2022.09.24 12:00

全ての画像・動画を見る(全26点)

福地桃子が主演、岡山天音が共演する映画『あの娘は知らない』が、9月23日に公開された。本作は、海辺の町でひっそりと旅館を営む中島奈々(福地)と、喪った恋人の足跡を辿り、その町に行き着いた青年・藤井俊太郎(岡山)の新たな紐帯と希望を描く物語。映画『真っ赤な星』の井樫彩が、脚本・監督を手掛けたオリジナル作品だ。

取材当日、半年以上ぶりに顔を合わせたという福地、岡山、井樫監督は「お久しぶりです。元気でした?」「元気でした」と懐かしそうに頬を緩める。自分の想いを言葉にするのが苦手だという福地を、井樫監督は姉のように、また岡山は兄のように柔らかな瞳で見守る中、ゆったりと行われたインタビュー。そこはかとなく似た雰囲気を持つ3人に、撮影を振り返ってもらった。

映画『あの娘は知らない』予告篇

これまで経験のないことばかりでした(福地)

──まずは完成した映像をご覧になった感想をお願いします。

福地 この作品は、監督と初めてお会いしたときから映画ができるまでの時間を一緒に歩んできました。撮影が一つひとつ終わっていったときにも不思議な気持ちになりましたし、鑑賞前は今までに経験したことのない、「ちょっと観るのが怖いな」という気持ちもあって。でも、楽しい気持ちや嬉しい気持ちももちろんあったので、いろいろな感情を抱きながら映像を観ました。(試写会などで鑑賞してくださった方から)「良かったよ」「救われた」といった言葉をいただいたときに、自分にもできることがあったのかなと感じて、たくさんの人に観てもらいたいなと思いました。

──ふだんと違う感情があったというのは、携わった時間の長さや濃さによるものでしょうか?

福地 そう思います。まず初めに監督とお話をして、そこから脚本ができていく、ということも初めてでした。監督にちょっとずつ自分のことを話していく中で、何かを感じてもらったり、それを言葉で伝えてもらったり。これまでに経験のないことばかりでした。

福地桃子

──岡山さんはいかがでしたか?

岡山 最初の感想としては、「ああ、こんな感じになってるんだ」って。そういった意外性が、他の作品よりも大きかった気がしますね。僕は福地さんと2人の場面がほとんどでしたし、作品の内容的にもすごい濃く、その瞬間、瞬間に没入しながら撮影していたので、本当に自分の人生を場面場面で切り取られているような感覚があったんです。みなさんも、もしそれを試写で観たら不思議な気持ちになると思うんですけど、まさにそういう感じというか。自分のお芝居を振り返ってみても、コントロール内で取り組んでいた割合が少なかったですね。俯瞰で見てデザインしたお芝居というよりも、その瞬間に強く居た。だから、映像としてすべてが繋がったものを観たときには不思議な気がしましたし、2人ですごい喋ってるなと思いました(笑)。

──たしかに、すごくたくさん喋っていました(笑)。井樫監督は映像をご覧になって、いかがでしたか?

井樫 難しい質問ですね。自分の作品だと、なかなか感想って……。

──では、質問を変えますね。今回はオリジナル作品ということで、このテーマを描こうと思われたきっかけをお願いします。

井樫 そうですねぇ……うーん……。

岡山 いやもう今日、何も答えないんですか?(笑)

井樫 違う違う違う(笑)。脚本を書く前に、福地さんと結構お話ししたんですよ。パーソナルな部分というか、「この人はどういう人なんだろう」みたいな質問をしていったんですけど、福地さんは周りの人の話ばかりするんです。家族や友人の話ばかりで、全然、本人が出てこない。そこでちょっと意地悪ですけど、今回はわざと誰も身内がいない“一人ぼっち”という状況に置くことにしました。とはいえ、作品を作っていく中で自分に近いものがなければ距離が生まれてしまうので、福地さんが持っているものと、私が実社会で感じていることを混ぜ合わせて。そこから、脚本を考え始めた感じです。

次のページ

ロケ地の印象と福地桃子の座長ぶり

作品情報

あの娘は知らない

映画『あの娘は知らない』ポスター(C)LesPros entertainment

映画『あの娘は知らない』ポスター(C)LesPros entertainment

あの娘は知らない

2022年9月23日公開/76分

若くして、海辺の町にある旅館・中島荘の主を務めている中島奈々(福地桃子)。この中島荘が休業中の9月上旬、ひとりの⻘年・藤井俊太郎(岡山天音)が「どうしても泊めてほしい」と訪ねてくる。
彼は一年前に愛する人を失い、その恋人が亡くなる直前に、この旅館に宿泊していたというのだ。俊太郎は死んだ恋人の足跡をたどるため、昼も夜も町に海にと彷徨い、歩き回る。そんな俊太郎の姿を目にしていた奈々は、この土地の案内役を買って出て、いつしか彼と行動をともにするように。この土地のことは、彼女が一番よく知っているのだ。それに彼女もまた、大切な人を失った痛みを抱えながら生きる存在でもある。こうして奈々と俊太郎は同じ時を過ごし、互いの秘密を共有し、影響を与え合うことで、それぞれの止まっていた時間はやがて動き出していく......。

作品公式Twitter

キャスト&スタッフ

キャスト:福地桃子 岡山天音
野崎智子 吉田大駕 赤瀬一紀 丸林孝太郎 上野凱久保田磨希 諏訪太朗/安藤玉恵

脚本・監督:井樫彩
撮影:富田伸二(J.S.C.) 照明:太田博 録音・音響効果:光地拓郎 音楽:鷹尾まさき
編集:小林美優 美術:内田紫織 スタイリスト:藤山晃子 ヘアメイク:藤原玲子
スチール:水津惣一郎 助監督:水波圭太 制作担当:金子堅太郎
エグゼクティブプロデューサー:本間憲
プロデューサー:菊地陽介、木滝和幸、小峰克彦、⻄田敬
制作プロダクション:マグネタイズ
製作:レプロエンタテインメント、東放学園映画専門学校
配給:アーク・フィルムズ

1997年生まれ。東京都出身。2019年、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に夕見子役で出演して話題に。

テレビドラマ『#リモラブ~普通の恋は邪道~』、『女子高生の無駄づかい』、映画「あの日のオルガン」(平松恵美子監督)など、幅広く出演。

2022年はNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』、日本テレビシンドラ『消しゴムをくれた女子を好きになった』、映画『サバカン』(金沢知樹監督)などに出演し、今後も複数の映像作品への出演を予定している。

1994年生まれ。東京都出身。2009年『中学生日記』シリーズでデビュー。
17年公開の主演映画『ポエトリーエンジェル』で第32回高崎映画祭最優秀新進男優賞受賞。
最近の主な出演作に、映画『青くて痛くて脆い』『FUNNY BUNNY』、ドラマ『最愛』『ミステリと言う勿れ』『恋なんて、本気でやってどうするの?』など。2022年は、『キングダム2』『さかなのこ』『百花』『沈黙のパレード』と公開作が続く。

1996年、北海道出身。学生時代に制作した『溶ける』(2016年)が、第 70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門正式出品。初長編映画『真っ赤な星』(2018年)で劇場デビュー。他監督作に山戸結希プロデュース『21世紀の女の子/君のシーツ』(2019年)、TVドラマ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」(2020年/MBS・TBS系)、TVドラマ「復讐の未亡人(2022年/Paravi・テレビ東京)、ホリプロ創業60周年記念映画『NO CALL NO LIFE』(2021)など。映画やドラマに囚われず、マカロニえんぴつ『恋人ごっこ』MV、PARCO、GUCCIのショートムービーなど幅広く活動している。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube