Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

あなたは彼女となり、“あのこと”の一部始終を体感する

ヴェネツィア映画祭で最高賞を受賞した衝撃作『あのこと』12月2日公開

2022.09.09 08:00

© 2021 RECTANGLE PRODUCTIONS - FRANCE 3 CINÉMA - WILD BUNCH - SRAB FILM

2022.09.09 08:00

全ての画像・動画を見る(全2点)

2021年ヴェネチア国際映画祭にて、圧巻の審査員満場一致で最高賞である金獅子賞を受賞した『Happening(英題)』が、邦題『あのこと』として12月2日(金)よりBunkamuraル・シネマ他にて全国順次公開されることが決定。合わせてポスターと予告映像が公開された。

『パラサイト 半地下の家族』でアカデミー賞4冠に輝いたポン・ジュノ監督が、審査員長を務めた2021年ヴェネチア国際映画祭での最高賞受賞を皮切りに、世界の映画賞を席巻した本年度最大の話題となっている本作。

舞台は1960年代、法律で中絶が禁止され、処罰されていたフランス。望まぬ妊娠をした大学生のアンヌ(アナマリア・ヴァルトロメイ)が、自らが願う未来をつかむために、たった一人で戦う12週間が描かれる。この作品の特別なところは、本作と対峙した観客が、「観た」ではなく「体験した」と、それもアンヌと身も心も一体化して、「恐怖と怒りと情熱」を体感したと語ること。全編アンヌの目線で描かれる本作は、観ている者の主観がバグるほどの没入感をもたらし、溺れるほどの臨場感であなたを襲う。

監督を務めるのは、本作をきっかけに世界中から注目を集める女性監督、オードレイ・ディヴァン。主演は子役時代に『ヴィオレッタ』で美しすぎる娘役を怪演し、本作でセザール賞を受賞したアナマリア・ヴァルトロメイ。原作はノーベル賞に最も近い作家とリスペクトされるアニー・エルノーが、自身の実話を基に書き上げた『事件』。

この度公開されたポスターは、主人公アンヌがこちらを見据える強いまなざしが印象的なビジュアルに仕上がっている。その視線には、戸惑いと焦燥におびえながらも覚悟をつけた女性の鋭い光が宿り、訴えるようにも、拒絶するようにも見える瞳と、結ばれた口元がこの映画の力強さを伺わせる。中央におかれた平仮名4文字のタイトル「あのこと」は「表立って具体的に口外できない事件・禁忌」を思わせ、4文字を2列に分け置かれていることも意味深だ。また、「あなたは〈彼女〉を体験する。」というコピーからは、単なる鑑賞を超えた体験型の作品であることが期待させられる。

合わせて公開された予告編は、前途有望なアンヌの妊娠が発覚し、狼狽するシーンから始まる。「違法行為になる」と医者から突き放される様子や、「妊娠したら、大学を辞め働くしかない」「刑務所に入りたいの?」と話す友人の会話が、1960年代当時のアンヌを取り巻く社会を物語っている。しかし、アンヌの選択は一つ。未来のために命がけであらゆる方法を模索しながら、迫りくるタイムリミットの中で焦燥し、どんどん孤立し追い詰められていく様が描かれている。

全ての画像・動画を見る(全2点)


作品情報

『あのこと』

© 2021 RECTANGLE PRODUCTIONS - FRANCE 3 CINÉMA - WILD BUNCH - SRAB FILM

© 2021 RECTANGLE PRODUCTIONS - FRANCE 3 CINÉMA - WILD BUNCH - SRAB FILM

『あのこと』

12月2日(金)Bunkamura ル・シネマ他 全国順次ロードショー
2021年/フランス映画/カラー/ビスタ/5.1ch デジタル/100分/翻訳:丸山垂穂
配給:ギャガ

公式サイトはこちら

スタッフ&キャスト

監督:オードレイ・ディヴァン
出演:アナマリア・ヴァルトロメイ、サンドリーヌ・ボネール
原作:アニー・エルノー「事件」

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube