Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

REPORT

無数の“YAZAWA”タオルが舞った夜

矢沢永吉が国立競技場の新たな幕開けを彩った2日間ーーMISIAとB’zと世代を超えた共演でデビュー50周年祝う

2022.08.31 17:30

矢沢永吉(Photo:HIRO KIMURA)

2022.08.31 17:30

全ての画像・動画を見る(全13点)

「50th ANNIVERSARY TOUR “MY WAY”」と題した矢沢永吉の全国ツアーが8月27日、国立競技場からスタートした。

メンバー全員が黒い革ジャンとリーゼントでキメたロックンロール・バンド、キャロルのボーカリスト/ベースシストとしてデビューしてから50年。日本のロック・シーンにおけるパイオニアとして、常にシーンの最前線を走り続けてきたキャリアを振り返ると、タイトルに掲げた「50th ANNIVERSARY」という言葉は、より意義深いものになる。そんなあまりにも大きな節目にふさわしく、ツアーの始まりは合計11万人を集めた国立競技場2デイズ公演に。

「50th ANNIVERSARY TOUR “MY WAY”」初日より
(Photo:HIRO KIMURA)

その初日は午後6時になっても気温が下がらない、うだるような暑さの中、重心の低いミッドテンポのロック・ナンバー「苦い雨」から始まった。

「みなさん。ようこそ。やっと今日の日が来ました!」

そこから2時間半たっぷりと矢沢はステージの上手から下手まで、さらにはアリーナの真ん中まで延びた花道をエネルギッシュに動きながらアンコールを含め、全23曲を熱唱していった。しなやかなその姿はとても72歳の大ベテランとは思えない。そして、そんな矢沢を、アリーナとスタンド席を埋め尽くした5万人の観客が手拍子で称える。

5万人の観客を前に歌う矢沢永吉(Photo:HIRO KIMURA)

「めちゃめちゃ暑いんだけど! こんなオヤジに5万人の前で野外ライブをやらせてくれてありがとう! 2022年、矢沢50周年。でかいところでバチッとキメましょうと考えていたけど、(終わると思っていた)コロナ禍が終わらない。それくらいしぶとい。今年もう1年、マスクでがまんしてくださいとお願いしないといけない。でも、必ず僕らが勝ちます!」

次のページ

5万人を魅了したMISIAとのデュエット

イベント情報

EIKICHI YAZAWA 50th ANNIVERSARY TOUR「MY WAY」EIKICHI YAZAWA 50th ANNIVERSARY TOURロゴ

EIKICHI YAZAWA 50th ANNIVERSARY TOUR「MY WAY」

2022年8月27日(土)、8月28日(日)東京・国立競技場
OPEN 16:00/START 18:00

2022年9月18日(日)福岡・福岡 PayPayドーム
OPEN 15:00/START 17:00

2022年9月25日(日)大阪・京セラドーム大阪
OPEN 15:00/START 17:00

EIKICHI YAZAWA 50th ANNIVERSARY TOUR「MY WAY」EIKICHI YAZAWA 50th ANNIVERSARY TOURロゴ

1972年、ロックンロールバンド「キャロル」のリーダーとしてデビュー。1975年、日比谷野音で燃え盛る炎の中、キャロル解散。同年秋に「アイ・ラヴ・ユー, OK」でソロデビューを果たす。1977年、日本人ロックアーティストとして初の武道館公演を敢行し、78年には後楽園球場公演と、快進撃を続けた矢沢は、自らの生きざまを語り下ろした著書『成りあがり』で一大「矢沢ブーム」を作りあげた。2022年6月8日にはライブ作品『ALL TIME BEST LIVE』をリリースし、8月27日(土)、8月28日(日)には「EIKICHI YAZAWA 50th ANNIVERSARY TOUR『MY WAY』」で新国立競技場初の有観客ライブを開催する。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube