Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

SERIES

巫まろの放課後リバイバル #1

浴衣着て、金魚すくい、君が、、、2匹?

2022.08.06 12:00

2022.08.06 12:00

全ての画像・動画を見る(全34点)

暑い日、いや、”暑すぎる日”が続く毎日ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

さっそくこの連載で本格的なロケがスタートしました。

初回でも綴った通り、学生時代のわたしがたくさんやり残してしまった青春を
今のわたしがもう一度取り戻したい!という思いから、色々なやりたいことを頭に浮かべてみたのですが

季節は夏

あれ!?わたし、浴衣をプライベートでちゃんと着てお祭りを楽しんだことがないぞ!

ということに気づいたのです。

世間で夏祭りが行われる時期、わたしは9歳の頃から毎年恒例の当時の所属事務所のコンサートがあり、先輩たちの後ろでバックダンサーとしてツアーをまわったりさせていただいていたので

当然土日は全滅!

仕事終わりに偶然お祭りに遭遇することは時々ありましたが、
予定を立てて、ワクワクしながら浴衣を用意して、お祭りに行くことは一度もありませんでした。

そこで今回はこの連載の力を使って「仲良い友達と浴衣で縁日をたのしむ⭐️」を叶えさせていただくことにしました!

青春を取り戻す企画なんだけど大人の力をゴリゴリ使わせていただいてるのもなんかまたとても好きなポイントなのです。笑

誰を誘おうか、めちゃくちゃ悩んだのですが、悲しいことに大人になってからできた友達たちは、基本的に一緒にお酒を飲むことで成立してる友達だということに気付いてしまい
シラフでも素を出して楽しめる友達という条件となるとかなり絞られてしまったのです。

うう…悲しい…
(この連載で友達も作りたい!)

そこで仕事の友達、プライベートの友達、飲み友達、地元の友達 etc…
全てフラットにして考えた時に一番に浮かんだのが

METAMUSEのメンバーであり親友のにっちやんこと西井万理那ちゃんでした!

にっちやんとは年齢も3つ離れていれば性格も趣味も全然違うのですが
いちばん一緒に居やすいというか、何かやりたいことが浮かんだときに
あ!にっちやん誘ってみよう!と思わせてくれる人。

今回も声を掛けるとすぐにOKしてくれて、撮影当日までにっちやんとどんな浴衣を着ようかとうきうきする毎日でした。

撮影当日、時間通りに集合場所のレンタル着物屋さんにあらわれないにっちやん

ですが、わたしとにっちやんはZenlyというアプリで位置情報を共有しているのでZenlyを開いてみると
全然違うレンタル着物屋さんに入ってしまってることが発覚しました。

急いで電話をかけ、電話越しに道を案内し、なんとか合流!

あまりにたくさんの種類の浴衣に2人ともめちゃくちゃ迷いました。

いつもの自分たちらしい浴衣にするか、あえていつも着ない色を着てみるか、
選択肢が多すぎて冒険してみたい気持ちになったりもして…

「まろが先に選んでくれたらそれに合う浴衣を選ぶよ!」とにっちやんが言ってくれたので
その言葉に甘えて自由に選びました。

悩みに悩んだ末、わたしは薄いピンクに大きな赤いお花の柄の浴衣を着ることに。

ぱっと見でかわいいなぁ〜!と思ったのもありますが、わたしの顔がにっちゃんの顔と対照的ではっきりとした顔立ちではないので
柄が淡いと顔がぼやけるかなぁ?と思い、写真映えのバランスなども考えてパキッとした柄をあえてチョイスしたのと

大きな赤い花柄なんて、普段METAMUSEの撮影で浴衣を着ることになったとしても
わたしにまわってくる柄ではない!絶対に藍染カレンちゃんが着る柄だ!と思ったので
今日くらい着ておこうというどうしても仕事モードになってしまうチョイスになったのです。

こういう考えになっちゃうのは完全に抜け切らない職業病だよなぁなんて思いつつ

いざ着てみると、「まろっぽい!!かわいい!!」とにっちやんがベタ褒めしてくれたのでよかった!結果オーライ!

にっちやんは淡いラベンダーの花柄の浴衣で、わたしとは全然違う柄なのですが、どこかお揃いにしたいねという話になり
帯のアレンジとヘアアレンジを、着付けのお姉さんににおそろいにしていただきました。

ヘアアレンジはお姉さんに完全おまかせで
今流行っている”たまねぎヘア”というものらしいです!

最初に、「たまねぎヘアにしてあげるからね〜」とお姉さんに言われた時は頭に黒柳徹子さんが浮かび
にっちやんと目が合った瞬間に、お互いが「おわった…」と思っているのをテレパシーで感じましたが

完成した姿を鏡で見てみると、その不安が一気に晴れるほどのめちゃくちゃおしゃれなたまねぎヘアでした〜よかった〜

着付けも終わりいざ浅草の街へ!

次のページ

夏の浅草を満喫!

METAMUSEのコミュニティはこちら

museum みゅーずあむ!

museum みゅーずあむ!

METAMUSEを応援する皆さん同士で、楽しんでいただけたらなという思いからコミュニティを開設しました!
限定の写真や動画、ボイスや生配信などを発信していく予定です。

入会はこちら

METAMUSE(ZOC)

アーティスト情報

超歌手・大森靖子がプロデューサー兼メンバーとして率いる「ZOC」が2022年7月より改名。新グループ名は「METAMUSE」。身体的で実存だからこそ崇高な生身の表現で、デジタルの海を叩き割って届けにいく。他人が嵌め込む偶像ではなく、自分の思い描く偶像を崇拝し表現におとしこむ“実像崇拝”を繰り返すパフォーマンスユニット。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • × ナノカ × × サウナ ①

    第3回 2022.09.07 12:00

    第3回目になりました。タイトルの通り、今回は『サウナ』への想いを綴ろうと。しております。 企画の軸であるカメラマンとのコラボはどうなったんや?と、思われている方もいるかもしれません。 そちらも引き続きやります!!!そちらの計画も進んでおります! 撮影に関してはいいタイミングが重なった時に決行できる感じなので他にも色んなワタクシゴトを聞いてくださると嬉しいです。 そしてたまにくるカメラマンコラボ回も楽しみにしていてくださると嬉しいです。そんなわがままな私です。どうぞよろしくお願いします。 ということで!改めて今回は『サウナ』について。よく聞かれる事にも答えていきながら菜乃花的サウナへの向き合い方<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7917/">…

    #× ナノカ ×#サウナ#菜乃花

  • 渡辺みり愛のソラ模様 私は水族館に住みたい

    第6回 2022.09.24 17:00

    今回は水族館!私の愛してやまない水族館 ずっと応援してくださっている方は私が水族館好きな事は知ってますかね?ウミガメが好き過ぎてグッズ作ったりしてるくらいだから流石に分かりますよね!笑 さて水族館ということで今回はすみだ水族館にお邪魔しました。これ言っていいのか分かりませんが1番通ってる水族館です(いや言うんかい) 水族館をいつから好きになって通うようになったのか定かではありませんしそれこそウミガメもいつからこんなに愛しているのか本当に覚えてなくてでも何年も前から愛してるから(なんかきもい)時期というのははっきりは言えないんですけど。 水族館に1人で行くようになったのはここ1、2年の話ですね。<a href="https://bezzy.jp/2022/09/9287/">…

    #渡辺みり愛#渡辺みり愛のソラ模様

  • 月刊yami-Ani!-編集長yamiはアニメ愛を伝えたい- 『進撃の巨人』――展開も!キャストも!グッズも!全部が熱い超大作

    第3回 2022.09.02 12:00

    『進撃の巨人』は圧倒的な力を持つ巨人と、それに抗う人間たちとの戦いを描いたダーク・ファンタジー漫画。2009年に『別冊少年マガジン』で連載を開始し、単行本世界累計発行部数1億部を突破した超ビッグタイトルです。伏線が張り巡らされた重厚なストーリーとスリリングな世界観が話題を呼び、2021年の完結まで驚きと衝撃の連続の展開で人気を博しました。 手に汗握る戦いが描かれた作品がもともと好きだというyami編集長。『進撃の巨人』名場面を振り返りつつ、作品が放つさまざまなメッセージや思い出を振り返ります。 ――今回は『進撃の巨人』について色々お話しいただきます! 私が『進撃の巨人』を知ったのはアニメ1話の<a href="https://bezzy.jp/2022/09/7446/">…

    #yami#月刊yami-Ani!

  • チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー 地獄の仮免技能試験〜怒涛の連続三回落ち〜

    第4回 by もも 2022.09.15 12:00

    何回落ちるのか。何回落ちれば受かるのか。私は一生免許取得に辿り着けない地獄にいる。 一発試験は難しいと聞いた。聞いてはいたが出来ないものなどこの世には存在しないと思った。ましては、私は誰よりも負けず嫌いであり、頑張り屋さんであり、めげずに踏ん張る力を持っていると自負している。私は私を褒めながらここまでやってきた。しかしどうだろう。何回落ちるんだろう。何回試験を受けて何回試験に落ちるんだろう。私はこれでも私を褒められるだろうか。自分が試されている。何があっても褒めてきた。そうして自分のモチベーションとやらを思いっきり上げてきた。ここまで保って来たのだ。飽き性で落ち込みやすい自分と付き合ってきたん<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8535/">…

    #チャラン・ポ・ランタン#チャラン・ポ・ランタンのキッチン・カー

  • 関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ! 現代社会に通じるテーマの不朽の傑作『切腹』

    第5回 2022.09.18 12:00

    関根勤が偏愛するマニアックな映画な語る連載「関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!」。第5回目は1962年に公開された映画『切腹』。舞台は1630年。幕閣の中枢として活躍を認められていた井伊家の江戸屋敷門前に、老いた浪人(仲代達矢)が突然訪ねてくる。生活苦の末、生き恥を晒していくのも何なので、武士らしく切腹して死のうと思うから、その場所にお宅の庭先を貸してくれ、という要件だった。これを聞いて不審に思った家老の斎藤勘解由(三國連太郎)は彼を家にあげ、つい先日全く同じことを訪ねてきて切腹をした若い浪人の話を聞かせる……。滝口康彦の小説『異聞浪人記』(1958年)を原作に、小林正樹監督が撮っ<a href="https://bezzy.jp/2022/09/8846/">…

    #仲代達矢#切腹#関根勤#関根勤のマニアック映画でモヤモヤをぶっ飛ばせ!

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube