Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

REPORT

注目のリベンジマッチをレポート!

ODD Foot Woks × Kroi、マルちゃんも驚きの“赤と緑”の熱すぎる饗宴

2022.07.06 18:00

2022.07.06 18:00

全ての画像・動画を見る(全35点)

ODD Foot Worksの自主企画『GALAXY MOTEL vol.6』が渋谷CLUB QUATTROにて去る6月16日に開催された。本来はこちらのツーマン、4月15日に『GALAXY MOTEL vol.5』として行われる予定ではあったもののKroiメンバーの新型コロナウイルス感染により延期となったという経緯があり、奇しくも、また、満を持しての、リベンジマッチとも言えるカードとなった。

そんな世紀の一夜を目撃せんと会場に集結したオーディエンスを迎えるのは場内BGMの鈴木雅之「め組のひと」である。ODD側のセレクトかKroi側のセレクトかはいざ知らずであるものの、相変わらず選曲からして分かってるよなあ、こないだのTHE FIRST TAKEサイコーだったもんなあ(THE FIRST TAKEバージョンの「違う、そうじゃない」は必見必聴)の思いで気持ち良く身体を揺らしていると、まずは先攻であるKroiが登場。

Kroi/photo by Yosuke Torii

深いハモンドオルガンのイントロが鳴り響き、そこから鋭いギターリフへ。「Small World」からのスタートだ。ノースリーブのTシャツを着用し何故か出立ちが1人だけやたらとメタリック(それは最早マーティ・フリードマンのコスプレかと紛うくらいのメタリックであった)であった長谷部悠⽣(Gt)が繰り出す切れ味抜群のプレイに呼応するかの様な内田怜央(Vo,Gt)の動きもキレにキレているし、曲中盤に挟み込まれる千葉⼤樹(Key)のシンセソロもキレキレ。先日Zepp DiverCityでのワンマンを終えたばかりという事もあるのだろうし、何しろ今宵のリベンジマッチに1番燃えているのは他ならぬ当人達という事もあるのだろう。

内田怜央(Vo,Gt)/photo by Yosuke Torii
長谷部悠⽣(Gt)/photo by Yosuke Torii
千葉⼤樹(Key)/photo by Yosuke Torii

そのままの勢いでテンポよく「Mr. Foundation」をプレイするとMCへ。コロナ感染に対するお詫びと言った内容であったが、裏では次曲を匂わせるカッティングが鳴らされている。ワウがかったカッティングに軽快な歌い出しが繋がり、「Balmy Life」へ。なんと関将典(Ba)は親指でのピッキングと人差し指でのピッキングを展開によって使い分けているではないか。スタッカートを強調したプレイで益田英知(Dr)のリズムに更なる彩りを加える。

関将典(Ba)/photo by Yosuke Torii
益田英知(Dr)/photo by Yosuke Torii

続いての「selva」ではサビの裏で鳴っている運指の練習(笑)みたいな忙しない長谷部のフレーズと千葉のコーラスが冴える。ベースソロとドラムソロが挿入されるアレンジやアウトロには楽器総出のセッションパートまで加えられており、その芸達者っぷりには舌を巻き過ぎて窒息してしまいそうな思いだ。

シームレスに曲は「Page」へと繋がる。内田がパーカッションを打ち鳴らし、打楽器が加わった事でテンションが上がったのだろう、益田も顔を歪めながらスネアの力強さを増していく。中盤でEarth, Wind & Fireの「Let’s Groove」のリフが挟み込まれるアレンジはライブではお馴染みの一幕。血を這う様なフロアタムの刻みから始まるのは目下の最新曲である「Pixie」。サイケデリックな世界観を鬼気迫る様な演奏で叩き付ける。

photo by Yosuke Torii

再びのMCでは内田がVIVA LA ROCKで初日の4月30日に同日出演であった為、ODDのメンバーとすれ違う度に平謝りだったという裏話を明かすが、関曰く「最後の方ちょっとふざけてなかった?」との事(笑)。益田は先の「Page」の熱演で髪が口に入ってしまい、筆者とは別の意味で窒息しそうだったらしい([Alexandros]のライブ中筆者も同じ経験を何度もしているので分かるぜその気持ち)。

「ちゃんとあっためてから次にお渡しするので、あったまってって下さいね!」の宣言と共に「Everybody Funky」の掛け合いが楽しい「Juden」へ。一体感を増す会場の中、やはり1人だけFunkyではなくMetalcな出立ちの長谷部はコミカルな動き(掛け合いの中でこれ見よがしに腕を振り上げるのだが、その脇はつるつるであった)や歯ギター(ジミヘンの得意技)で自身を猛アピールし、内田はボンゴで、関はスラップで、負けじとこれに応戦する。続く「侵攻」でステージをディープに染め上げた後、残り2曲と言うMCを挟んで「HORN」「Fire Brain」という強烈コンボでフィニッシュ(後者の超ハイテンションな演奏は特に凄まじかった事を追記しておく。Kroi、やり散らかしてました笑)。

photo by Yosuke Torii

次のページ

迎え撃つは、拘りと攻めの姿勢を貫くODD Foot Works

イベント情報

ODD Foot Works TOUR 2022

ODD Foot Works TOUR 2022

2022年10月6日(木)愛知:名古屋CLUB QUATTRO
2022年10月7日(金)大阪:ユニバース
2022年10月14日(金)福岡:BEAT STATION
2022年10月20日(木)東京:Spotify O-EAST

act:ODD Foot Works
前売 4,500円(税込・1ドリンクオーダー)
Open 18:15/Start 19:00

ODD Foot Works TOUR 2022

Kroi Live Tour 2022

Kroi Live Tour 2022 "BROADCAST"

2022年11月3日(木祝)大阪・なんば Hatch
2022年11月16日(水)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
2023年1月8日(日)東京・ LINE CUBE SHIBUYA

前売 4,500円(+DRINK)

Kroi Live Tour 2022

※未就学児童入場不可/ / 小学生以上チケット必要
※公演前に発表する注意事項をご確認の上、ご来場をいただきますよう、お願い申し上げます。
※当日は新型コロナウイルス感染拡大防止のガイドラインを遵守し、然るべき安全対策を講じた上で開催されます。
※ガイドラインに合わせて随時レギュレーションを変更する可能性ごさいますことご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

R&B / ファンク / ソウル / ロック / ヒップホップなど、あらゆる音楽ジャンルからの影響を昇華したミクスチャーな音楽性を提示する5人組バンド。
2018年2月に結成し、同年10月に1st Single『Suck a Lemmon』にてデビュー。2021年6月には1st Album『LENS』でメジャーデビュー。
音楽活動だけでなく、ファッションモデルやデザイン、楽曲プロデュースなど、メンバーそれぞれが多様な活動を展開し、カルチャーシーンへの発信を行なっている。

ODD Foot Works

アーティスト情報

Pecori(rap)、Tondenhey(guitar)、SunBalkan(bass)から成るボトムレスな音楽グループ。

2017年3月に全曲オリジナルトラックからなる『ODD FOOT WORKS』をシェア。
耳の早いリスナーのみならず多くのアーティストからも注目を集める。

2020年12月に自主レーベル「Tokyo Invader」より4曲入りのEP『Qualification 4 Files』をリリース。
生音と打ち込みが融合したヒップホップをベースに一歩先の未来を想起させるクロスオーバーなポップミュージックを追求している。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 中川大志&渡邊圭祐や原作者とのコラボ配信も Eveが吉沢亮主役映画『ブラックナイトパレード』主題歌を今週配信

    2022.11.28 21:15

    Eveが、12月23日(金)に公開される映画『ブラックナイトパレード』主題歌として書き下ろした新曲「白雪」を12月1日(木)0時に配信リリースすることが決定し、ジャケット画像が公開された。 本作の原作漫画『ブラックナイトパレード』は2016年より週刊ヤングジャンプで連載開始、現在はウルトラジャンプ、デジタルマーガレットで連載中の中村光の最新クリスマスコメディ作品。『銀魂』シリーズや『今日から俺は!!劇場版』などを監督し、2020年の1年間だけで監督作の興行収入が100億円を超えた日本屈指のヒットメーカー・福田雄一監督がメガホンを取り実写映画化した。福田監督作品初主演となる吉沢亮が主役を務める。<a href="https://bezzy.jp/2022/11/14274/">…

    #Eve#ブラックナイトパレード#吉沢亮

  • ツアーファイナルは東京Zepp Shinjuku 浅井健一率いるSHERBETS、2023年春にニューアルバムリリース&ツアー開催

    2022.12.05 18:00

    来年2023年に25周年を迎えるSHERBETSが、来春にニューアルバムのリリースとツアーを開催することを発表した。 10月16日の渋谷Spotify O-EAST公演を皮切りに始まったツアー「24th→25th ANNIVERSARY TOUR “そして未来へ”」が12月3日に大阪・BananaHallにてファイナルを迎え、アンコールのライブMCにて「来年、SHERBETSは25周年になるからアルバムを出す予定で、ツアーも回るので観に来てね」と浅井健一が明らかにした。 ツアーは「25th ANNIVERSARY TOUR」というタイトルにて、5月18日(木)の新潟CLUB RIVERSTを皮<a href="https://bezzy.jp/2022/12/14782/">…

    #SHERBETS

  • 250曲以上の中から各時代の代表曲を中心に披露 MONKEY MAJIKが3年ぶりフルアルバム発売決定、ヒット曲ツアー開催発表

    2022.11.11 12:00

    宮城県在住の4ピースロックバンドMONKEY MAJIKが、13枚目となるオリジナルフルアルバム『curtain call』を2023年1月25日にリリースすることを発表した。 オリジナルアルバムとしては2020年にリリースした『northview』以来3年ぶりとなる今作には、先月リリースされたスマホゲーム『アークナイツ』イメージソング「Running In The Dark」をはじめ、『ゼロワン Others 仮面ライダー』主題歌「S.O.S」Frontier」などが全14曲が収録される。MONKEY MAJIKらしいジャンルにとらわれないカラフルなアルバムに仕上がっているとのこと。アルバム<a href="https://bezzy.jp/2022/11/12945/">…

    #MONKEY MAJIK

  • 伝説的ギタリストを愛する2人の世代を超えたスペシャル対談 アンドレ・レリス×Katzuya Shimizu、映画『ランディ・ローズ』で呼び起こす自らの原点

    2022.11.19 17:00

    11月11日に劇場公開を迎えた映画『ランディ・ローズ』は、1982年3月19日に25歳の若さで他界した伝説的ギタリストの、あまりにも短い生涯を追ったドキュメンタリー作品である。オジー・オズボーンに選ばれた最初のギタリストであり、『BLIZZARD OF OZZ』(1980年)、『DIARY OF A MADMAN』(1981年)という彼の初期2作で美しくも鬼気迫るプレイを聴かせていた彼が、そこに至るまでにどのような日々を過ごしていたかを垣間見ることができるのみならず、その人物像についても伝えてくれる資料的価値のある作品に仕上がっている。 そして先頃、この作品を手掛けたアンドレ・レリス監督がプロ<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13491/">…

    #Katzuya Shimizu#アンドレ・レリス#ランディ・ローズ#八十八ヶ所巡礼

  • 2nd EP発売直後にバンド編成でライブを披露 高橋李依、初単独ライブイベントを来年2月LINE CUBE SHIBUYAで開催

    2022.11.19 18:00

    シンガーとしても活躍中の声優・高橋李依が、2023年2月26日にソロアーティストとして初のライブイベント「高橋李依 1st LIVE」をLINE CUBE SHIBUYAにて開催することを発表した。 『魔法つかいプリキュア!』『Re:ゼロから始める異世界生活』『からかい上手の高木さん』などを代表作に持つ声優の高橋李依。アニメ『悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました』では主人公のアイリーンの声優も務め、2021年からはシンガーとしての活動もスタートさせている。(高橋李依が歌手活動について語るインタビューはこちら) 2nd EP『青を生きる』を2023年1月25日にリリースした直後に開催される本公<a href="https://bezzy.jp/2022/11/13697/">…

    #高橋李依

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube