Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

COLUMN

ヒップホップで社会を生き抜く! 第1回

フライング・ロータスとタイラー・ザ・クリエイターから学ぶ「アイディアを実現させる」精神性 

2022.07.02 16:00

Tyler, the CreatorとFlying LotusのYouTubeより

2022.07.02 16:00

全ての画像・動画を見る(全4点)

ミュージシャンとしてだけではなく、レーベル<Brainfeeder>の代表、そして映画監督としても活躍する凄腕クリエイター、Flying Lotus(フライング・ロータス)。現在、新作映画を制作している最中のフライング・ロータスであるが、そんな彼が2017年に発表した衝撃作『KUSO』が印象に残っている人も多いだろう。『KUSO』はフライング・ロータスが監督を務めた初の映画であり、サンダンス映画祭で上映した際には、あまりのグロテスクさに、観客400人のうちの20人ほどが退館するというエピソードが話題になった。

フライング・ロータスは、アルバム『Cosmogramma』などの作品で、LAのビートシーンで頭角を現した音楽プロデューサーであるが、実は音楽で成功する以前から映画の世界を志していたようだ。彼は学生時代に、LAフィルムアカデミーに通っていたが、その経験を「捨てた」ことにより、映画をつくることができたと、『No Film School』のポッドキャストにて明かしている。

フライング・ロータス:私は映画学校に通ったけど、映画学校の産物ではない。映画学校に通ったが、自分に満足できなかった。学校に通って、色々学ぶ以前のほうが、面白いアイディアをたくさん持っていたんだ。でも学校では私が表現したいことに対する「理由」が間違えていると言われた。例えば、私は単に「クールだから」という理由で作りたいときもあったけど、「クールだからという理由じゃ足りない、もっとちゃんとした理由が必要」って言われるんだ。もしかしたら、私が間違えた解釈の仕方をしてしまったのかもしれない。しかし「こうしないといけない」という聖書のようなガイドラインがあって、その教えを忘れるのに何年もかかった。

一般的に公開されている映画をつくりたいという原動力ではなく、自分にとって「クール」なアイディアを実現したいという原動力で映画をつくりたかったと語ったフライング・ロータス。映画学校では「このようにしないといけない」というルールを感じた彼は、自身の表現ができないと感じたようだ。しかし彼はまた自分の感覚を取り戻したと語っている。

フライング・ロータス:「こうしないといけない!」ってのがあるから、似たような映画ばかりなんだ。でも本当はセオリー通りじゃなくてもいいはずなんだ。「KUSO」は自分の音楽制作と同じように、本当にフリーフォームで作ることができた。

私の友達であり、音楽と映画どちらも作っているMr. Oizo(Quentin Dupieux)がインスピレーションとなった。彼は「音楽と同じように映画作ってみたら?」って言ってくれたんだ。今ではその感覚がわかる。私は音楽を作るとき、何をするか全く検討がついていないんだ。椅子に座って、色々実験してみたら、車輪が回りはじめて何かができる。たまに事前にアイディアがあったりするけど。そうやってKUSOを作った。映画の脚本を書くときでも、どこに行くかわかんないし、どこに行くかわかってなくてもいいんだ。

音楽と同じように、映像もフリーフォームで作るようになったと彼は明かした。<Edbanger Records>や<Brainfeeder>からもリリースしている彼の友人、Mr. Oizoの助言がインスピレーションになったようだ。さらに彼はこのインタビューにおける最も重要な部分をこのように語った。

フライング・ロータス:重要なのは「待ちすぎない」ことだ。自分にできない言い訳を言い聞かせて、アイディアを実行しないというのが一番危険だ。アイディアを実行しない理由というのは、探せば何百万個も見つけることができる。椅子に座って「準備ができていない」とか言って、実現させない理由を探してしまう。「◯◯の経験がない」とか「◯◯がないとできない」って理由を挙げるだけで一日潰せる。そうやって、底のない自己不信に陥るまで考えてしまう。映画だとその現象に陥ったりすることが多かったけど、今はそれを抜け出してワクワクすることを前に進めているよ。

自分に「言い訳」を言い、アイディアを実行しないことの危険さについて語ったフライング・ロータス。その現象によって、何も前に進められない人も多いだろう。これは映像制作や音楽制作に限ったことではなく、このような「できない理由」を自身に言い聞かせることにより、アイディアを実現できなかったという経験をしたことがある人もいるのではないだろうか?

次のページ

グラミー受賞アーティスト、タイラー・ザ・クリエイターの「実行力」とは?

タイラー・ザ・クリエイター

アーティスト情報

1991年3月6日生まれ。米カリフォルニア州出身のラッパー、ソングライター、音楽プロデューサー、デザイナー、映像作家。本名はタイラー・グレゴリー・オコンマ(Tyler Gregory Okonma)。
2007年、ホッジィ、レフト・ブレイン、ケイシー・ヴェジーズらと共にオルタナティブ・ヒップホップ・グループ「オッド・フューチャー」を結成。2008年11月にデビュー・ミックステープ『ザ・オッド・フューチャー・テープ』をセルフリリースした。
2009年12月、タイラーは初のソロ・ミックステープ『バスタード』をセルフリリース。同ミックステープはピッチフォーク・メディアによる2010年のトップアルバムリストにおいて32位にランクインするなど注目を集めた。
2011年5月、1stアルバム『ゴブリン』で世界デビューを果たし、全米チャート初登場5位を獲得。アルバムに先行して発表した「ヨンカーズ」のミュージックビデオではゴキブリを食べるなどの過激な描写が注目を集め、MTVビデオ・ミュージック・アウォードで最優秀新人賞を受賞した。又、同年、オッド・フューチャーとしてサマーソニックに出演するため初来日を果たす。
2013年4月、2ndアルバム『ウルフ』をリリースし、全米チャート初登場3位を獲得。同年、ソロ名義では初となる来日公演を恵比寿リキッドルームと横浜ベイホールで行った。その後、ソロアーティストとしてTイン・ザ・パークやグラストンベリーにも出演し、1年を通してツアーを続けた。
2015年4月、ファレル・ウィリアムス、カニエ・ウエスト、リル・ウェインら豪華ゲストが参加した3rdアルバム『チェリー・ボム』をリリースし、全米チャート初登場4位を獲得。同年9月には二度目の来日公演を行った。
2017年7月、4thアルバム『フラワー・ボーイ』をリリース。よりメロディに焦点を当てたジャズを多用したサウンドを実験的に取り入れたことで、それまでの作品とは対照的なものとなり、ピッチフォーク・メディアが2017年のベストアルバムリストにおいて第8位、コンプレックスが第6位に選出するなど、批評家からキャリア史上最高の評価を得た。それまでの自身最高位を更新する全米初登場2位を獲得し、第60回グラミー賞の最優秀ラップ・アルバムにノミネートされた。同年10月には3度目となる来日公演を恵比寿リキッドルームで敢行し、深夜という時間のライブではあったが即日完売するなど大盛況となった。
2019年5月、5thアルバム『イゴール』をリリース。アルバムには初めてタイラー自身の歌声がフィーチャーされており、R&B、ファンク、ラップ、ネオソウルが雑然と混ざりあう作風となった。キャリア史上初となる全米チャート1位を獲得し、第62回グラミー賞では念願の最優秀ラップ・アルバム賞を受賞した。また、イギリスのブリット・アワードではインターナショナル男性ソロアーティスト賞を受賞した。
2021年6月16日、突如として新曲「ランバージャック」をリリースし、その翌日には6thアルバム『コール・ミー・イフ・ユー・ゲット・ロスト』を6月25日に緊急リリースすると発表した。

(引用)https://www.sonymusic.co.jp/artist/tylerthecreator/profile/

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

  • 守屋麗奈をセンターにメンバー全員が躍動 櫻坂46の5thシングルタイトルが『桜月』に決定、新ビジュアルも解禁

    2023.01.04 10:00

    櫻坂46が2月15日に発売する5thシングルのタイトルが『桜月』に決定した。“桜月”は陰暦3月の異称で、春、桜の季節を表す言葉。桜舞う春の季節に、彩りを与えてくれるような曲になることが予感できる。 合わせて新ビジュアルも解禁。5thシングルのセンターは二期生の守屋麗奈が務めることが既に発表されており、新ビジュアルでも守屋麗奈が真ん中に立ち、メンバー全員が躍動感のある動きをしているビジュアルとなっている。 二期生・増本綺良がTBS朝の情報バラエティ番組「ラヴィット!」の水曜日・新レギュラーに抜擢されるなど、2023年も活動が注目される櫻坂46。そんな彼女たちの新シングルの全貌は今後明らかとなる。

    #守屋麗奈#櫻坂46

  • 「今年はこの曲で荒稼ぎします!」とコメント さらば森田が歌で参加 堺市の同級生バンド・チュロス「Take it easy」明日配信リリース

    2023.01.13 22:00

    チュロスの「Take it easy」が1月14日(土)に配信リリースされることが決定した。 チュロスとは、お笑い芸⼈・さらば⻘春の光の森田哲矢が学生時代の思い出として、自身のラジオやYouTubeで度々紹介していた同級⽣がやっていたアマチュアバンド。約1年前にさらば⻘春の光の公式YouTubeチャンネルにて公開された動画では、森⽥がチュロスの記憶と共に「Take it easy」の1フレーズを披露し、さらば⻘春の光ファンからも⾳源化を望む声があった。 今回、その「Take it easy」を森田自身が完全再現し、チュロスが時を経てファン待望の楽曲で復活する。森田は「堺市の鬼狭いノリから生まれ<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16962/">…

    #さらば青春の光#チュロス

  • TikTokに最適な曲を求めるレーベルに対してコメント マック・デマルコがTikTokが音楽業界にもたらす影響について“憂鬱になる”と語る

    2023.01.23 20:00

    1月20日にニューアルバム『Five Easy Hot Dogs』をリリースしたカナダ出身のシンガーソングライター、マック・デマルコ。2018年の「FUJI ROCK FESTIVAL」ではレッドマーキーのヘッドライナーを務めた彼が、Variety誌のインタビューに登場した。 彼はインタビュー内で、レーベルがアーティストにTikTokに適した楽曲を作るように指示していることについて聞かれた際に、以下のように答えている。 「憂鬱になるよ。問題は、アーティストが自分が演じないといけない役に滑り込んでしまうことだ。“こういうことをやらないと…”って。でも本当は別にやらなくてもいい。でもも<a href="https://bezzy.jp/2023/01/17740/">…

    #Mac DeMarco#マック・デマルコ

  • 初回特典は当日撮影された写真のポストカード Creepy Nuts、15000人が目撃した「オールナイトニッポン」55周年記念イベントを映像作品化

    2023.01.31 02:00

    Creepy Nutsが、昨年10月に東京国際フォーラムホールにて開催したラジオ番組イベント「Creepy Nutsのオールナイトニッポン『THE LIVE 2022』~オレらのRootsはあくまでラジオだとは言っ・て・お・き・たい ぜ!~」の模様を収録したDVD/Blu-rayを3月1日(水)に発売することを発表した。 本イベントは、Creepy Nutsがレギュラー出演するニッポン放送のラジオ番組『Creepy Nutsのオールナイトニッポン』シリーズ5周年に加えて、ニッポン放送「オールナイトニッポン」55周年記念日当日に行われた公演で、チケットは発売開始後に即完売となった。観客動員数は、<a href="https://bezzy.jp/2023/01/18147/">…

    #Creepy Nuts

  • ニューアルバム『2100年』を元日にリリース Mega Shinnosukeが今ロックを鳴らす理由、夢中になれる未来に放つ会心作

    2023.01.05 12:00

    東京生まれ福岡育ち、現在22歳のクリエイター、Mega Shinnosuke。昨年7月のEP『ハンサムなDANCE』に続く新作デジタルアルバム『2100年』は、資料に「渾身のロックアルバム」とあるとおり、どこを切ってもロックな1作になった。 まあ今でもロックをやったりやらなかったり、ヒップホップをやったりやらなかったり、ダンスミュージックをやったりやらなかったり、つまりはそのときどきの心の赴くままに自由奔放に音楽をやってきたMegaなので、もはや何をやろうと驚かないのだが、今回彼がロックを選んだのには、これまでとは違う確信と必然を感じるのである。何かと閉塞感のあるこの時代、コロナ禍も終わりそう<a href="https://bezzy.jp/2023/01/16320/">…

    #Mega Shinnosuke#インタビュー

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube