Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

4人が初共演の堂本と荻上直子を語るコメントも到着

堂本剛27年ぶりの主演映画『まる』に綾野剛、吉岡里帆、森崎ウィン、小林聡美が出演

2024.06.27 12:00

©︎ 2024 Asmik Ace, Inc.

2024.06.27 12:00

全ての画像・動画を見る(全4点)

10月公開予定の堂本剛主演映画『まる』より新キャストが解禁された。

KinKi Kidsとして2024年にデビュー26周年を迎えた堂本剛が、1997年に公開された『金田一少年の事件簿 上海魚人伝説』以来、27年ぶりに待望の映画主演を果たす本作。近年では音楽活動が中心となっていた堂本が、監督と企画プロデューサーから約2年間の熱烈オファーを受け「自分が必要とされている役なら」と心を動かされ出演に至った。

堂本が演じるのは、美大卒だがアートで身を立てられず、人気現代美術家のアシスタントをしている男・沢田。独立する気配もなければ、そんな気力さえも失って、言われたことを淡々とこなすことに慣れてしまっている。そんなある日、通勤途中の事故で腕を怪我し職を失った沢田は、部屋で見つけた1匹の蟻に導かれるように描いた○(まる)を発端に、日常が○に浸食され始める。これまで自らストーリーを進めていく役柄の多かった堂本だが、本作では不思議な事態に巻き込まれていくキャラクターで、27年ぶりの主演にして新境地を魅せる。

監督を務めるのは、『彼らが本気で編むときは、』(17)で第67回ベルリン国際映画祭の観客賞と審査員特別賞を受賞、『波紋』(23)で第33回日本映画批評家大賞の監督賞を受賞するなど、国内外で高い評価を得る荻上直子監督。円熟の域に達した荻上監督の作家としての神髄が凝縮されたともいえるテーマで堂本と初タッグを組む。

新たに解禁されたキャストは4名。堂本演じる主人公・沢田のアパートの隣人で売れない漫画家・横山を演じるのは、主演映画『カラオケ行こ!』(24)、Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」が記憶に新しく、出演のたびにその役づくりが話題となる綾野剛。そして沢田と同じく現代美術家のアシスタントとして働く矢島を演じるのは、主演映画『ハケンアニメ!』(22)、Netflixシリーズ『忍びの家 House of Ninjas』など、映画・ドラマと話題作へ途切れなく出演する吉岡里帆。

さらにミャンマー出身のコンビニ店員・モーを演じるのは森崎ウィン。日本だけではなく海外でも活躍の場を広げる森崎が自身のルーツに紐づく役柄で、沢田に影響を与えていく。そして野心的なギャラリーオーナー・若草萌子を演じるのは小林聡美。『かもめ食堂』(06)、『めがね』(07)、NTV「2クール」(08)以来16年ぶりの荻上直子監督出演作となる。それぞれ堂本とは初共演となる面々が演じるキャラクターは、不思議な世界観の中でどう動き出すのか。

コメント一覧

綾野剛(隣人の売れない漫画家・横山役)
ひとつひとつ祈りを大切に紡ぐ堂本剛さん。
ひとつひとつ心の襞を大事に編む荻上直子監督。
その無限のキャンバスに全部署の丹精が織り込まれていく。とっても変梃で健やかで、鮮やかで眩しくて。たまらなく愛おしい”まる”が誕生しました。

吉岡里帆(現代美術家アシスタント・矢島役)
荻上組、念願の初参加です。昔から監督の作品のファンで、以前荻上さん脚本の作品に参加させて頂いたこともあり、大変嬉しいお誘いでした。監督の作品から感じる丸くて優しい抱擁して貰えるような世界はある種憧れの場所でした。
しかし、ここに来て今作の”まる”は新しい荻上作品の風がビュンビュンと吹いているように思います!タイトルとは裏腹にまるく収まろう、まるく関わり合おう、まるく落ち着こう、そういった事とは正反対の”まる”からの脱却、逸脱、と良い意味の裏切りを秘めた作品です。荻上監督のパンキッシュな一面に触れることが出来たのが貴重な体験で楽しかったですし、堂本剛さんとの共演も静かにワクワクとする時間でした。
何か収まり良い所から抜け出したいと思っている方にこの作品をぜひ見て頂きたいです。

森崎ウィン(コンビニ店員・モー役)
荻上監督と堂本剛さんの紡ぐ物語の中で、自分のルーツでもあるミャンマー人青年として生きる事ができ、嬉しい限りです。
国を超え遠い地で営む生活。夢や希望だけでは生きていけない現実を目の当たりにしながらも、生きる喜びを味わう。人生に丸をつけるその日まで、どうやって過ごすか、問われているような撮影の日々でした。僕自身も、演じたミャンマー人青年と共に、福徳円満で円満具足な日々に憧れたのかもしれません。
是非、劇場でご体験くださいませ。

小林聡美(ギャラリーオーナー・若草萌子役)
16年ぶりに荻上監督作品に参加させていただきました。演じたのは、物事に意味や価値を求め、狂騒的になっていく私たちの姿を象徴するような、ギャラリーオーナーです。苦み走っています。周りに惑わされず、自分を信じること、表現することは、とても難しいこと。でも、ときには惑わされたり、痛手を負ってもいい。
そんな、「まる」という言葉の哲学的な世界観を突き抜けたあたりを、楽しんでいただければと思います。

全ての画像・動画を見る(全4点)

作品情報

まる

©︎ 2024 Asmik Ace, Inc.

©︎ 2024 Asmik Ace, Inc.

まる

2024年10月ロードショー
製作・配給:アスミック・エース

公式サイトはこちら

キャスト&スタッフ

出演:堂本剛
綾野剛/吉岡里帆/森崎ウィン/戸塚純貴/おいでやす小田/濱田マリ/柄本明/早乙女太一/片桐はいり/吉田鋼太郎/小林聡美

監督・脚本:荻上直子
制作プロダクション:アスミック・エース、ジョーカーフィルムズ

1982年生まれ、岐阜県出身。『横道世之介』『夏の終り』(13)で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。以降、『そこのみにて光輝く』(14)『リップヴァンウィンクルの花嫁』(16)『64 -ロクヨン-』(16)『日本で一番悪い奴ら』(16)『怒り』(16)『ヤクザと家族 The Family』(21)ほか多数の映画・ドラマに出演。直近の主な出演作に映画『花腐し』(23)『カラオケ行こ!』(24)、Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」がある。Netflixシリーズ「地面師たち」が7月25日に配信開始。映画『ラストマイル』が8月23日に公開予定。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube