Bezzy[ベジー]|アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

アーティストをもっと好きになるエンタメメディア

NEWS

元々ボーカリストになる予定はなかったとも語る

トム・ヨークがレディオヘッドの『OK Computer』は酔った状態でレコーディングしたと明かす

2023.09.13 17:45

Photo by Adela Loconte/Shutterstock

2023.09.13 17:45

全ての画像・動画を見る(全1点)

レディオヘッドのボーカル、ギター、ソングライターなどを務めるトム・ヨークが、11月9日に発売されるジェイソン・トーマス・ゴードンによる著書『The Singers Talk』にて音楽活動を開始した当時について語った。

Rolling Stone誌の抜粋によると、成功した歌手のテクニック、スタイル、経験などを紹介する本『The Singers Talk』にてトム・ヨークは本来ボーカリストになる予定はなかったと明かしている。

「自分があまりマイクの前にいるようなキャラクターじゃないと思っていたから、ずっと他の人にボーカルをやってほしいと思っていた。私はクイーンが好きだったんだけど、自分がフレディ・マーキュリーのようになるのは想像できなかった。意外かもしれないけど、ブライアン・メイになることを想像していた。ボーカルをやってくれる人が見つからなかったから、その考えが変わった」

音楽史に大きな影響を及ぼした1997年の大ヒットアルバム『OK Computer』のレコーディングについても、「当時は酔ってないと恥ずかしくてボーカルをレコーディングできなかった。単に酔っ払った人に聴こえるけどね。シラフになるまで破滅的なボーカルレックに何週間も費やしたよ(笑)」とコメントしており、“自分の声”を受け入れるのに時間がかかったとコメントした。

また、トム・ヨークは最も好きなボーカリストとしてエラ・フィッツジェラルド、ニーナ・シモン、スコット・ウォーカー、R.E.M.のマイケル・スタイプ、トム・ウェイツの5人の名を挙げている。

レディオヘッド

アーティスト情報

レディオヘッド(英語: Radiohead)は、イギリスのロックバンド。1985年に前身にあたるバンドを結成。1992年のメジャー・デビュー以降、外部ミュージシャンの起用は多いものの、同じパーマネント・メンバーで活動している。

彼らのルーツであるポストパンクやオルタナティヴ・ロックの大枠に、ポストロックや電子音楽、ジャズ、クラシック、現代音楽などを混交した多彩な音楽性や、アルバムごとの急進的な実験性・変化が特徴。また、ソロ活動も盛んである。 アルバム総売上は3,000万枚を超えている。

2011年「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第73位。

(引用)https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89

トム・ヨーク

アーティスト情報

トム・ヨークはミュージシャンでありヴィジュアルアーティストであり作曲家である。
9枚のアルバムをリリースし、グラミー賞、アイヴァー・ノヴェロ賞を初め高い評価を得ているレディオヘッドのリードシンガー/ソングライターであるトム・ヨークはこの数十年で最も素晴らしく影響力のある活動が広く評価されている。バンドはロックの殿堂入りを果たし、1997年のアルバム『OK Computer』は米国議会図書館に保存されている。
レディオヘッドの他に、トム・ヨークは『The Eraser』(2006)、 『Tomorrow’s Modern Boxes』 (2014) 『Anima』 (2019)の3枚のスタジオソロアルバムをリリースしている。
また、彼はプロデューサーのナイジェル・ゴドリッチ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストのフリー、マウロ・レフォスコらとアトムス・フォー・ピースでコラボレートし、2013年にアルバム『Amok』をリリースした。
ルカ・グァダニーノ監督によるカルト的名作映画『サスペリア』のリメイク版(2017年)のサウンドトラックを作曲するなど、映画や演劇のプロジェクトに音楽を提供してきた。先月には、ダニエレ・ルケッティ監督のイタリア映画『コンフィデンツァ』のオリジナル・スコアがリリースされた。レディオヘッドやハンス・ジマーとともにBBCの『ブループラネットII』シリーズの音楽を担当し、エドワード・ノートンの監督デビュー作『マザーレス・ブルックリン』や大ヒットTVドラマ『ピーキー・ブラインダーズ』の最終シーズンにオリジナル曲を提供している。
最近では、レディオヘッドのメンバーであるジョニー・グリーンウッド、ドラマー兼パーカッショニスト兼プロデューサーのトム・スキナーとコラボレーションし、ザ・スマイルを結成した。彼らはこれまでに2枚のスタジオ・アルバム『A Light For Attracting Attention』(2022年)と『Wall Of Eyes』(2024年)をリリースしている。

RANKINGランキング

RELATED TOPICS関連記事

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube

SERIES & SPECIAL連載&特集

ALL SERIES

RANKINGランキング

OFFICIAL SNS

  • Twitter
  • instagram
  • YouTube